キャリア公式オンラインショップなら分割支払い時の頭金0円で断然お得!
読了時間:約 2

スマートフォンはその手軽さからついつい扱いが雑になってしまい、故障するなんてことがよくあります。便利な機能が搭載されるにつれ、利用する機会も増えていき、結果としてトラブルに遭いやすくなることは仕方ありません。

お使いのSIMフリー端末は保証に入っていますか?もしくは、これからSIMフリー端末を利用しようとしている人で保証に入るか迷っていませんか?

今回は保証に入っていないSIMフリー端末が、画面割れまたは水没で故障してしまった…という場合の修理費用や手続き、期間について見ていきましょう。

SIMフリー端末の保証とは


スマートフォンが自然故障してしまった、もしくは事故や過失により故障してしまい修理に出さなければいけない…というときにはまず保証に入っているかを確認しましょう。

スマートフォンの保証にはつぎのタイプがあります。

  • 製品保証
  • メーカー提供保証オプション
  • MVNO提供保証オプション
  • スマホ保険
  • モバイル保険

製品保証

製品保証とはその製品の発売日または購入日から一定の期間(ほとんどが1年)内の自然故障の場合に、無償で修理をしてもらえる保証のことを指します。

お使いのSIMフリー端末が保証期間内であるかは、各自HPで確認してみてください。そのさいシリアル番号を確認されることがあるので、シリアル番号の確認箇所も調べておきましょう。

ここで注意しておきたいのが、製品保証は自然故障のみの無償保証であることです。過失・事故が故障の原因であることが確認された場合は保証が適用されないので注意しましょう。

メーカー保証

メーカー保証とはスマートフォンを製造している各メーカーが提供する保証オプションのことを指します。オプションなので有償保証という形になります。

ここでは主要なスマートフォンメーカーのみ紹介していますが、お使いのスマートフォンのメーカーの有償保証を知りたくなった場合は各HPのサポートに保証内容が記載されていないか確かめてみてください。

Apple… AppleCare+ 12,800円(一括)
HUAWEI… HUAWEI安心保証4,600円〜16,400円(機種により異なる)
ASUS… ASUS Premium Care 6,480円(一括)※自然故障の延長のみ
ZTE… ZTE安心保証サービス 450円/月

メーカー提供の有償保証では、①製品保証の期間を延長、②自然故障だけでなく事故・過失による故障も対応という内容がほとんどです。これらの修理費用が無償またはオプション価格で受けることができます。

MVNO保証オプション

MVNO(Mobile Virtual Network Operator)保証とは格安スマホを販売している会社が提供する保証オプションのことを指します。こちらもオプションのため、有償保証という形になります。

MVNO保証オプションの注意点が2つあります。1つは格安SIMとスマホの同時購入でなければ加入できない点、もう1つは購入時に加入をしなければならず後から加入はできないという点です。中には他社の端末も保証可能というところもありますが、ほとんどの場合格安スマホセットが対象となります。

月額はMVNOにより異なりますが、月額300円〜500円ほどで製品保証期間外の自然故障や、事故・過失による故障、盗難・紛失の修理・交換対応を無償またはオプション価格で受けることができます。

スマホ保険


スマホ保険とはjustinCase株式会社が提供する水没、画面割れなどの事故・過失による修理費用を補償してくれる保険になります。契約手続きはアプリをダウンロードして申し込むだけでできます。※現在iPhoneのみアプリのダウンロードが可能。Androidはアプリの事前登録をすることができます。

保険料は機種により異なりますが、月額400円〜900円ほどになります。期間は3ヶ月で3ヶ月ごとに契約が自動更新されます。更新前の契約期間に保険を適用しなかった場合は、更新後の保険料が割引されます。

モバイル保険


モバイル保険とはさくら少額短期保険株式会社が提供する水濡れ、損壊など事故・過失による修理費用を補償してくれる保険になります。スマホやノートPC、携帯ゲーム機などのモバイル端末を最大3台まで補償対象に登録することができます。

最大の特徴は1年間で10万円まで何度も補償してくれるところ。メーカー補償もMVNO補償も年2回までなど回数が制限されることが多いです。

保険金額内であれば、リペアパートナーのあるお店に足を運べばその場で無償修理をしてもらうことも可能です。月額は機種にかかわらず700円となっています。

保証外の場合はメーカー問い合わせ


お使いのスマートフォンが先ほど紹介した保証に適用されない場合、修理依頼はメーカーに問い合わせましょう。

今回は修理費用や期間が分かる限りの主要なメーカーの修理問い合わせ先(サポートセンター)を記載しておきます。

Apple 
0120−27753−5
9:00~21:00(年中無休)

HUAWEI
0120-798-288
9:00~20:00(年中無休)

ASUS
0800-123-2787
9:00~19:00(年末年始を除く)

ZTE
0120-978-257
10:00~18:00(年末年始を除く)

どれくらいの故障かを相談したら、修理をする必要があるかの案内がされます。その後修理代金や期間の見積もりが出され、修理することを決める場合は修理方法を決めることになります。

保証がない場合の修理費用


それでは各メーカーの修理費用を確認してみましょう。機種や故障状況により修理費用は異なりますので、お使いのスマートフォンの保証書を確認してみてください。

今回は画面割れ、水没それぞれのパターンの修理費用について確認していきましょう。あくまでも参考価格となります。見積もりで提示された額と異なることがありますがご了承ください。

Apple

・画面割れの場合(税抜き)
31,800円…iPhone X
22,800円…iPhone 4s
19,800円…iPhone 8 Plus/iPhone 7 Plus/iPhone 6s Plus  
17,800円…iPhone 8/iPhone 7/iPhone 6s/iPhone 6 Plus
14,800円…iPhone 6/iPhone SE/iPhone 5s/iPhone 5c/iPhone 5

・水没の場合(税抜き)
60,800円…iPhone X
43,800円…iPhone 8 Plus
38,800円…iPhone 8/iPhone 7 Plus
36,800円…iPhone 6s Plus/iPhone 6 Plus
35,800円…iPhone 7
33,800円…iPhone 6s/iPhone 6
30,800円…iPhone SE/iPhone 5s/iPhone 5c/iPhone 5
22,800円…iPhone 4s

HUAWEI

・画面割れの場合(税抜き)
28,500円…HUAWEI Mate 10 Pro
16,500円…HUAWEI P20 Dual SIM Card 4GB + 128GB(EML-L29)
13,000円…HUAWEI Mate 10 lite(RNE-L22)
12,500円…HUAWEI P20 lite(ANE-LX2J)
12,000円…HUAWEI P10 lite Dual Card(WAS—LX2J)
11,700円…HUAWEI nova lite 2(FIG-lA1)
11,500円…HUAWEI nova(Cannes-L12)
10,500円…HUAWEI Nova Lite(PRA-LX2)

・水没の場合(税抜き)全損交換とします
89,800円…HUAWEI Mate 10 Pro
69,800円…HUAWEI P20 Dual SIM Card 4GB + 128GB(EML-L29)
42,800円…HUAWEI Mate 10 lite(RNE-L22)
37,980円…HUAWEI nova(Cannes-L12)
31,980円…HUAWEI P20 lite(ANE-LX2J)
29,980円…HUAWEI P10 lite Dual Card(WAS-LX2J)
25,980円…HUAWEI nova lite 2(FIG-LA1)
21,980円…HUAWEI Nova Lite(PRA-LX2)

ASUS、ZTE

こちらはHPにて機種ごとの修理代金が記載されていなかったので相場で確認してみましょう。

画面割れだと相場で1,5000円〜、水没だと相場で10,000〜30,000円となります。故障具合や機種により異なるので、もしも故障してしまった場合はサービスセンターに問い合わせて修理費用の見積もりをしてもらいましょう。

保証がない場合の修理手続き・期間


修理手続きはメーカーによって異なりますが、大きく分けると次のパターンになります。

  • 配送手続き
  • 直営店に持ち込む
  • 販売店に持ち込む

しかしメーカーはほとんどの場合販売ショップを持っていないので、配送修理のみ受付という可能性もあります。お使いのメーカー先で確認してみましょう。

今回は配送修理、持ち込み修理に対応しているApple、HUAWEIを代表に手続きの流れや期間を紹介します。他メーカー先も参考にしてみてください。

準備すること

・データのバックアップを取る
修理に出すと交換の対応がされる場合もあります。交換の場合、新しい端末になるため故障した端末に入っていたデータはなくなってしまいます。もしもの場合に備えてしっかりとデータのバックアップを取っておきましょう。

iPhoneの場合はiCloudを利用したバックアップ、パソコンに繋いでiTunesを利用したバックアップの2つから選ぶことができます。Androidの場合はGoogleアカウントと連携したOS基準を利用したバックアップ、アプリを利用したバックアップの2つから選ぶことができます。

・シリアル番号の確認
スマホ本体のシリアル番号の確認をするには以下の方法があります。

<iPhoneの場合>
・製品本体の表面
:iTunes
:Mac
:iPhoneの「設定」→「一般」→「情報」

<Androidの場合>
・Androidの「設定」→「端末情報」→「端末の状態」→「シリアル番号」

・Apple IDまたはGoogleアカウントを確認

Apple IDなどは修理の際に問い合わせが来る場合があります。事前に確認しておきましょう。

<Apple IDの確認方法>
「設定」→「iTunes StoreとApp Store」または「iCloud」→Apple ID

※こちらで確認できなかった場合
「Safari」→「検索/Webサイト名入力」→「iforgot」と検索→「My Apple ID-iForgot」のサイトを開く→「Apple IDをお忘れですか?」を選択→IDを作成した際の登録情報を入力→Apple ID

<Googleアカウントの確認方法>
「設定」→「アカウントと同期」→「Google」→Googleアカウント(Gmail)

※こちらで確認できなかった場合
「Googleログイン画面」→「メールアドレスを忘れた場合」→予備のメールアドレスまたは電話番号を入力→「次へ」→Googleアカウントに登録している姓名を入力→確認コードを確認し入力→Googleアカウント


・ゲームアプリ等のデータは引き継ぎを設定

LINEやゲームなどのデータは個別で引き継ぐ必要があります。それぞれのアプリケーションの設定や初期画面に引き継ぎコードが表示されないか確認しておきましょう。LINEの場合はバックアップを取ることができます。事前にトークのバックアップを取りましょう。

配送手続き

配送修理のメリット・デメリットは以下になります。

メリット…近くに店舗がなくても修理ができる/自宅まで集荷に来てくれる
デメリット…すぐに修理完了品を受け取れない

メーカー修理を依頼する場合、ほとんどのメーカーが代替機の貸出を行っていません。そのため手元にスマートフォンがない状態が何日も続きます。配送修理の場合手元に届くまでだいたい3〜7営業日が必要とされます。

<Apple>

  1. 配送修理の依頼
  2. Appleが指定する配送業者が集荷に来るので修理品を引き渡す(この際、付属のSIMカード、カバー、フィルム等は外して保管しておく)
  3. 修理完了品が出来次第発送される(3〜5営業日の発送が原則)

<HUAWEI>

  1. コールセンターへ連絡(メール/チャット/オンラインでも可)
  2. 修理内容を説明後、HUAWEI側が修理センターへの発送を手配 ※引取サービスを希望することも可能。
  3. ファーウェイ製品 修理依頼兼同意書」の必要事項を記入、修理品と共に「送料着払い」で発送
  4. 修理センターに修理品が到着後、修理金額の見積もりの連絡
  5. 金額に了承をしたら修理着手、完成後完了品の発送となる(3〜4営業日後の発送が原則)

ファーウェイ・修理センター
〒141-0031 東京都品川区西五反田7-22-17 6F 56号室

「ファーウェイ製品 修理依頼兼同意書」は製品保証書の裏面を利用、またはダウンロードで印刷してください。ダウンロードはコチラ
ファーウェイ製品 修理依頼兼同意書

支払い方法は代引き(現金)・NP後払いになります。

持ち込み手続き

持ち込み修理のメリット・デメリットは以下になります。

メリット…すぐに修理してもらうことができる
デメリット…予約が埋まりやすい/店舗数が少ない

<Apple>

・Apple Store

Apple Store 銀座店
〒104-0061 東京都中央区銀座3−5−12 サヱグザビル本館
10:00〜21:00

Apple Store 仙台一番町店

〒980-0811 宮城県仙台市青葉区一番町3−10−24
10;00〜20;00

Apple Store 名古屋栄店
〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄3−17−15 エフエックスビル
10:00〜21:00

Apple Store 心斎橋店
〒542-0086 大阪府大阪市中央区西心斎橋1−5−5 アーバンBLD心斎橋
10:00〜21:00

Apple Store 新宿店
〒160-0022 東京都新宿区新宿3−30−13 新宿マルイ本館
10:00〜21:00

Apple Store 渋谷店
〒150-0041 東京都渋谷区神南1−20−9 公園通りビル
現在休業中

Apple Store 表参道店

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4−2−13
10:00〜21:00

Apple Store 福岡天神
〒810-0001 福岡県福岡市中央区天神2−3−24 天神ルーチェ
10:00〜21:00

いきなり店舗に行くのではなく、まずは来店の日時予約を行いましょう。予約当日にショップへ向かい、専門スタッフとの相談のあと、修理を受けつけてもらいます。修理時間は30分〜1時間ほどとなります。しかし、修理状況によっては日数を要するものもあります。その場合直営店は5営業日以内の所要時間が目安となります。

・Apple正規サービスプロバイダ

Apple正規サービスプロバイダは全国各地に店舗があります。自宅近くに店舗がないかを確認してみましょう。
Apple正規サービスプロバイダを探す

こちらについても来店予約をしておいたほうが当日の受付がスムーズに済みます。修理時間はApple Storeと同じく30分〜1時間ほどとなります。しかし、修理状況によっては日数を要するものもあります。その場合プロバイダは4〜7営業日の所要時間が目安となります。

<HUAWEI>

・ファーウェイ・カスタマーサービスセンター

カスタマーサービスセンターは2箇所あります。

ファーウェイ・カスタマーサービスセンター 銀座店
東京都中央区銀座5丁目1番先 銀座ファイブ2階
10:00〜20:00(1月1日、2月・8月第3月、12月31日休業)

ファーウェイ・カスタマーサービスセンター 梅田店
大阪府大阪市北区梅田1丁目2番2 大阪駅前第2ビル1階
11:00〜20:00(1月1、2、3日休業)

店舗先にてスタッフに故障の状況などを説明しましょう。修理金額の見積もりが提示されるので、了承したあとに修理が始まります。修理は30分〜1時間程度とされます。

支払い方法は現金・クレジットカード・NP後払いになります。

ファーウェイ認定修理店

ファーウェイ認定修理店は7箇所あります。

スマホ修理工房 渋谷モディ店
〒150-0041 東京都渋谷区神南1−21−3 渋谷モディ 6F
11:00〜21:00(休業日はショッピングセンターに準ずる)

スマホ修理工房 マルイシティ横浜店

〒220-0011 神奈川県横浜市西区高島2−19−12 マルイシティ横浜 6F
10:30〜20:30(休業日はショッピングセンターに準ずる)

スマホ修理工房 名古屋パルコ店

〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄3−29−1 名古屋パルコ東館 4F
10:00〜21:00(休業日はショッピングセンターに準ずる)

スマホ修理工房 広島パルコ店

〒730-0034 広島県広島市中区新天地2−1 広島パルコ新館 3F
10:00〜20:30(休業日はショッピングセンターに準ずる)

スマホ修理工房 仙台フォーラス店
〒980-0811 宮城県仙台市青葉区一番町3−11−15 仙台フォーラス 3F
10:00〜20:30(休業日はショッピングセンターに準ずる)

スマホ修理工房 福岡パルコ店
〒810-0001 福岡県福岡市中央区天神11−1 福岡パルコ新館 B1
10:00〜20:30(休業日はショッピングセンターに準ずる)

スマホ修理工房 札幌ル・トロワ店

〒064-0820 北海道札幌市中央区大通西1−13 Le Trois 2F
10:00〜21:00(休業日はショッピングセンターに準ずる)

店舗先での流れ・修理時間はカスタマーサービスセンターと同じです。
※スマホ修理工房での修理代金は先程提示した相場と異なります。
支払い方法は現金・クレジットカードになります。

非正規の修理店に依頼する

保証がないから修理費用が高い!修理するのに悩む…という場合は、非正規ですが街で見かける修理代理店に修理をお願いしましょう。

しかし注意しておきたいのが、非正規の店舗で修理をした場合、機種変更やMNP時の下取り提出が出来ない、ということがよくあります。非正規店舗を利用することはかなりリスクが高いので、よく考えてから決めてください。

保証に入っていない修理はキケン


いかがでしたか?保証に入っていない場合はメーカー先に修理の依頼をしなければいけませんが、メーカーによっては修理代金や期間が明確に記載されていないパターンがよくあります。

サポートセンターで問い合わせをすれば答えてくれますが、水没だけでなく画面割れでも、修理費用は決して安くはない値段になります。

モバイル保険やスマホ保険といったMVNO、メーカー保証ではない新たな保証も誕生しているので、ぜひこの機会にお使いのSIMフリー端末の保証面についてしっかりと考えてみてください。