キャリア公式オンラインショップなら分割支払い時の頭金0円で断然お得!
読了時間:約 2

大手キャリアが値下げを実施する事を発表して以降、あわただしい動きが目立つ携帯電話業界。

急速にシェアを拡大して来た格安SIMは「料金の安さ」が最大のメリットだったため、大手キャリアの値下げにより今後の動きが注目されます。

しかし、今現在のプランであればまだまだ格安SIMに分がある事は間違いありません。

ここでは、月額1,000円台という低価格から運用出来る格安SIMを通信料や料金も含めて比較・ご紹介しています。

格安SIMで月額2,000円台運用ができるのは?MVNOのデータ通信量と料金比較

比較する格安SIMの選定基準


格安SIMを運営する会社は年々増加の一途を辿っており、総務省の発表では2017年12月時点で約800社が参入していました。

シェア・認知度ともに高い「楽天モバイル」や「mineo」などの大手はもちろん、広告を出さず小規模で運営する格安SIMも存在しているのです。

しかし大手であっても低料金を実現している格安SIMは多くありますし、幅広い独自サービスが提供されているのも魅力です。

ここではスマートフォン関連のマーケティング調査を手掛けるMMD研究所が発表した2018年9月のデータより、シェアの高い格安SIM15社を厳選して比較していきます。

楽天モバイルベーシックプランの評判|特徴や料金、気になる速度は?
mineo(マイネオ)の音声通話と3GBのデータ通信が使える料金プランと特長

主要格安SIMのデータ通信料と料金

大手キャリアとは異なり、格安SIMは「SIMカードの単体契約」を中心として運営されています。

もちろん現在では端末のセット販売を手掛ける格安SIMも多くありますので、初めて携帯電話を持つ方でも一括・分割などで契約出来るようになっています。

SIMカードは主に音声通話とデータ通信が出来る「音声通話SIM」をはじめ、通話機能の無い「データSIM」やSMS機能を付けた「SMS+データSIM」があります。

SMSは電話番号を利用したショートメッセージで、1通送信するごとに数円~数十円の費用がかかります。

ただし「SMS+データSIM」を取り扱っている格安SIMは限られますので、今回は主に音声通話SIMとデータSIMだけで比較を行っていきます。

まずは格安SIMの中でも最もシェアの多い音声通話SIMのデータ通信料・料金を比較してみましょう。

格安SIMの主な契約形態
  • SIMカードだけの契約(音声通話・データ+SMS・データ専用)
  • 端末+SIMのセット契約(一括・分割などを選択可能)

音声通話SIMのデータ通信料と料金比較

先ほどご紹介したMMD研究所の「メインで利用している格安SIMサービス」のうち、トップからの15社を比較したものが下記の表です。

最低プランのデータ容量はあえて揃えずご紹介していますが、各社バラバラであり500MB以下~3GBまである事が分かります。

楽天モバイルとDMM mobileの最低プラン容量は分かりにくいですが、実際には通信速度の制限とともに直近3日間や1ヶ月間の制限が設けられています。

音声通話SIMでは最低プランと3GBプランともにb-mobileの「ジャストフィットSIM」が最安です。

ただし今回ご紹介している中では唯一「従量制」となっており、使用するデータ容量によっては他社の方が安くなる可能性があります。

上限を設定する事も可能ですが、通信速度が低速となってしまうため3GB以上使う方なら別の格安SIMを選んだ方が良いかもしれません。

mineoなど回線ごとに料金が異なる格安SIMもありますが、auとドコモと比べるとソフトバンクが一番料金が高いという特徴があります。

なお楽天モバイルと統合したFREETEL SIM、IIJmioの回線を使うBIC SIMはここでは除外していますのでご留意ください。

格安SIM
(通話SIM)
最低プラン/月額(税別)最低プラン以降/月額(税別)
楽天モバイル1,250円/ベーシックプラン1,600円/3.1GBプラン
mineo1,310円/(Aプラン)
1,400円/(Dプラン)
1,750円/(Sプラン)
500MB
1,510円/(Aプラン)
1,600円/(Dプラン)
1,950円/(Sプラン)
3GB
UQ mobile1,680円/データ高速+音声通話プラン(3GB)2,680円/データ無制限+音声通話プラン
OCN モバイル ONE1,600円/110MBコース(1日)1,800円/3GBコース(月)
IIJmio1,600円/ミニマムスタートプラン(3GB)2,220円/ライトスタートプラン(6GB)
BIGLOBEモバイル1,400円/1ギガ音声スタートプラン1,600円/3ギガプラン
イオンモバイル1,130円/音声500MBプラン1,280円/音声1GBプラン
LINEモバイル1,200円/音声通話SIM(1GB)1,690円/コミュニケーションフリー(3GB)
DMM mobile1,140円/ライト(速度・通信料の制限有り)1,260円/1GB
NifMo1,600円/3GB2,300円/7GB
nuroモバイル1,000円(D)・1,200円(S)/お試しプラン(0.2GB)1,400円(D)・1,680円(S)/Sプラン(2GB )
J:COM mobile1,600円/3GB2,100円/5GB
U-mobile1,580円/3GB1,980円/5GB
DTI SIM1,200円/1GB1,490円/3GB
b-mobile(従量制プラン)990円/1GBまで1,290円(ドコモ)・1,690円(ソフトバンク)/3GBまで

データSIMのデータ通信料と料金比較

続いて音声通話機能が無い「データSIM」の通信料と料金を比較してみましょう。

表を見てお気づきの方も多いでしょうがデータSIMは音声通話と比較して低価格で利用出来るのが魅力です。

今回比較しているのは最低プランと次点プランの2つのみですが、それ以上のデータ容量であっても1,000円以内に収まる格安SIMは多くあります。

料金だけなら音声通話SIMと同じくb-mobileが最安ですが、これは従量制プランとなっており月間のデータ容量が100MB以下という条件があります。

データ容量は各社バラバラですが、データSIMで1GB以下を維持できるという方はなかなかいらっしゃらないのではないでしょうか。

1GBのデータ容量で純粋に料金だけで比較すると、イオンモバイルの最低プラン・DMM mobileの次点プラン・b-bmoileの1GBまでが最安となっています。

格安SIM(データSIM)最低プラン/月額(税別)最低プラン以降/月額(税別)
楽天モバイル525円/ベーシックプラン900円/3.1GBプラン
mineo700円/(A・Dプラン)
790円/(Sプラン)
500MB
900円/(A・Dプラン)
990円/(Sプラン)
3GB
UQ mobile980円/データ高速プラン(3GB)1,980円/データ無制限プラン
OCN モバイル ONE900円/110MBコース(1日)1,100円/3GBコース(月)
IIJmio900円/ミニマムスタートプラン(3GB)1,520円/ライトスタートプラン(6GB)
BIGLOBEモバイル900円/3ギガプラン1,450円/6ギガプラン
イオンモバイル480円/データ1GBプラン780円/データ2GBプラン
LINEモバイル500円/LINEフリー(1GB)1,110円/コミュニケーションフリー(SMS付)(3GB)
DMM mobile440円/ライト(速度・通信料の制限有り)480円/1GB
NifMo900円/3GB1,600円/7GB
nuroモバイル300円(D)・500円(S)/お試しプラン(0.2GB)700円(D)・980円(S)/Sプラン(2GB )
J:COM mobile900円/3GB1,400円/5GB
U-mobile680円/ダブルフィックス~1GBまで(容量3GB)790円/1GB
DTI SIM680円/1GB840円/3GB
b-mobile(従量制プラン)190円/100MBまで480円(ドコモ)/1GBまで

月額1,000円台ならどの格安SIMでも良い?

ここまででご紹介した通り、格安SIMの月額料金にはそれほど大きな違いはありません。

UQ mobileIIJmioのように一部2,000円を超えてしまうものもありますが、基本的にデータ容量と料金に大きな差はないと言えます。

つまりデータ通信料にさえ注意すれば、どのような格安SIMを選んでも基本的に月額1,000円台での運用が可能なのです。

しかし、例えば同じ1GBのプランであってもb-mobileとBIGLOBEモバイルでは月額410円の違いがあります。

年間で計算すると約5,000円も差がありますから、なるべく月額料金の安い格安SIMを使った方がお得なのは間違いありません。

ここでは月額1,000円台の運用・料金を安く抑えるポイントなどをご紹介しておきましょう。

データ通信料に気を配ろう


画像引用元:「データ通信量」とは?どのくらい必要?みんなの平均目安 | OCN モバイル ONE | NTTコミュニケーションズ 個人のお客さま

特にこれからスマートフォンを使い始めるのであれば、自身の月額データ容量を把握できている方は少ないのではないでしょうか。

格安SIMは大手キャリアよりも低価格で利用する事が出来ますが月額の利用料金はデータ容量に比例します。

データ専用SIMを契約する方であっても、自身がどれくらいスマートフォンのデータを使用するか事前に把握しておく事は重要です。

データ容量はWebやメールなどを使用する際のパケットの通信の事で、スマートフォンをどれくらい使用するかによって差が出てきます。

参考までに、今回比較に用いたOCN モバイル ONEが公表している110MBでの用途・目安は以下のようになっています。

また、同じくOCNの公式HPで紹介されているNTTコム リサーチのデータではほとんどの方が1日100MB以下=月間3GBにも満たないという結果になっていました。

格安SIMは基本的に最低利用期間が設けられていますが、キャンペーンなどを利用しない限りプラン変更による違約金などはありません。

長時間ゲームをプレイしたり動画を視聴するのでなければとりあえず3GB前後の契約で維持できるのではないでしょうか。

1日に使う事ができる通信料の目安(OCN モバイル ONE/110MB)

用途目安
Webページ閲覧約100ページ
動画視聴約30分
Facebook閲覧約100フィード
LINE約100往復
メール約20通

通話料金は別途必要

MNPを利用して大手キャリアから音声通話SIMに移行したという方も多いのではないでしょうか。

格安SIMの音声通話SIMは基本的に使った分だけの課金となっており、20円/30秒ほどの料金が必要となります。

このためこれまでかけ放題などを利用していた方は元のキャリアよりも月額料金が高くなってしまう可能性があるのです。

しかし多くの格安SIMでは「かけ放題オプション」が用意されており、これを利用する事で月額料金を抑える事が可能となります。

例えばb-mobileにはアプリを利用する「通話5分かけ放題オプション」が用意されており、月額500円で利用する事が出来ます。

5分以上の通話を月に数回以上する場合などはお得になりますし、音声通話SIMと合わせても990円+500円=1,490円(税込1,609円)で利用可能です。

その他に専用の通話アプリを利用する事で通話料金が安くなる格安SIMも多くあります。

格安SIMによって提供されているかけ放題プランには違いがありますので、基本プランとともに事前に確認しておくのが良いでしょう。

通話料金を抑えるポイント
  • 専用のアプリを利用する
  • かけ放題オプションを契約する
2018年 全国 格安SIM会社一覧|エリア・基本料金・特徴・おすすめ度

キャンペーン&割引を利用すると更にお得?


画像引用元:Wでさらにおトク!!月額基本料金割引キャンペーン | mineo(マイネオ)

格安SIMはキャンペーン・割引が豊富であり、上手く活用する事で更に料金を下げられる可能性があります。

内容は時期によって変動しますが、いくつかの格安SIMでは「基本料金から数か月の割引」「独自のポイント還元」といったキャンペーンが実施されているのです。

これらのキャンペーンを利用する事で、契約から6か月~1年以内であれば更に月額料金を抑える事が可能となります。

例えば楽天モバイルでは楽天会員向けの割引である「スーパーホーダイ」、mineoでは月額基本料金からの3ヵ月割引キャンペーンなどが実施されています。

また、最近ではIIJmioの「シェアNo1記念 スマホ100円キャンペーン」など端末がお得に入手できるキャンペーンがあるのも見逃せません。

割引は常時実施される傾向にありますが、キャンペーンは流動的なものが多く加入する時期によって月額料金に差が出てしまうでしょう。

乗り換えもそれほど手間はかかりませんから、一つの格安SIMに拘らずMNPでの移行も視野に入れて契約すると良いかもしれません。

格安SIMのキャンペーン&割引参考

格安SIM主なキャンペーン&割引(2019年4月)
楽天モバイル楽天会員・長期契約での割引を実施
mineo新規契約者向けの3ヶ月間割引キャンペーン
UQ mobile新中高生向けの学割・家族割
OCN モバイル ONE紹介でのギフト券プレゼント、OCN光とのセット割
IIJmio対象端末・月額料金の割引など
BIGLOBEモバイル月額料金の6ヶ月間割引、初期費用無料など
イオンモバイル3年間の学割・端末代の割引
LINEモバイル月額料金の3ヶ月間割引
DMM mobile新規契約手数料無料、月額料金の3ヶ月間割引
NifMo新規契約者向けの端末代割引
nuroモバイル特定プランの月額料金の1年間割引
J:COM mobile月額料金の割引、乗り換えでのQUOカードプレゼント
U-mobile-
(契約後、U-NEXT向けのポイントプレゼント)
DTI SIM-
b-mobile(従量制プラン)-
月額1,000円台で使用できる格安SIMのまとめ
  • どの格安SIMを選んでも基本的に月額1,000円台での運用が可能
  • 格安SIMは大手キャリアよりも低価格で利用する事ができるが、月額の利用料金はデータ容量に比例
  • ほとんどの方が1日に使用する通信量が100MB以下=月間3GBに満たない
  • 格安SIMは通話料金が別途必要だが、「かけ放題オプション」が用意されており、これを利用する事で月額料金を抑える事が可能
  • キャンペーン&割引を利用すると更にお得にりようできるかも!?

格安SIMでスマートフォンの料金を節約しよう

「格安」という名称通り、データ容量にさえ注意すれば格安SIMは月額1,000円台での運用が十分可能です。

キャンペーンや割引はもちろん通話定額サービスを実施している格安SIMも多くありますから、乗り換えを行う事で通信料の大幅な節約が実現できるのではないでしょうか。

大手キャリアと比較して難しい印象も受けますが、一度契約してさえしまえば携帯のプランや通信料について詳しくなれるというメリットもあります。

これまでなんとなくスマートフォンを使っていた方は、この機会に格安SIMで月額1,000円台での運用を行ってみるのはいかがでしょうか。