読了時間:約 3

10月16日に行われたHuawei(ファーウェイ)の新製品発表会で、新型Androidの「Huawei Mate 20」シリーズが発表されました。発表されたのは「Huawei Mate 20」「Huawei Mate 20 X」「Huawei Mate 20 Pro」「Huawei Mate 20 RS」の4機種。

日本での発売は未定ですが、前モデルのMate 10シリーズは、Mate 10 Proのみの発売でしたので、ラインナップが豊富なMate 20シリーズは各モデルが発売されることを期待したいところです。

本記事では、発表されたばかりのMate 20シリーズを発表会の情報をもとに徹底レビュー。一足先に最新Androidを丸裸にします。

Huawei Mate 20 各モデルの特徴は?


画像引用元:HUAWEI Mate 20 | HUAWEI Global

英ロンドンにて10月16日に行われたHuaweiの新製品発表イベントでは、一挙に4機種の新型Androidが発表され、まずはヨーロッパ圏で順次発売となる予定です。

この度発表された「Mate 20シリーズ」は、スタンダートモデルとなる「Huawei Mate 20」、Mate 20のをベースにディスプレイの大画面化が図られた「Huawei Mate 20 X」、シリーズのフラグシップモデルといえる高スペックな「Huawei Mate 20 Pro」、Mate 20 ProをベースにPorsche Design(ポルシェ・デザイン)とコラボした「PORSCHE DESIGN Huawei Mate 20 RS」の4機種。

各モデル共通して、CPUにはHuaweiの新型プロセッサ「Kirin 980」を採用し、背面には3基のカメラが搭載されています。

Huaweiはスマホ市場世界第2位のシェア率

Huawei(ファーウェイ)は中国に本社を置く通信機器メーカー。

日本ではSIMフリースマホ市場に参入したのち、近年ではドコモからHuawei P20 Proが独占販売され、au・ソフトバンクからもHuawei製のスマホがラインナップに加わるなど、知名度が上がってきました。

2018年第2四半期のスマートフォンの世界市場シェアにおいては、Galaxyシリーズで知られるサムスンに次いで、世界第2位にまでシェア率を伸ばし、アップルはいよいよHuaweiの後塵を拝することになりました。

満を持して発売される「Mate 20シリーズ」にも世界中から大きな注目が集まっています。

全モデルに搭載されるKirin 980は現行最高スペック


画像引用元:HUAWEI Mate 20 | HUAWEI Global

AndroidスマホのCPUといえば、米・Qualcomm(クアルコム)社の「Snapdragon (スナップドラゴン)」が有名ですが、Huaweiのスマホには自社系列が開発している「Kirin(キリン)」を採用しています。

「Mate 20シリーズ」に搭載されている「Kirin 980」は従来モデルの「Kirin 970」よりも処理性能が75%、グラフィックス性能が46%向上しています。

2018年秋冬モデルとして発売予定のソニーのXperia XZ3や、サムスンのGalaxy Note9に搭載されている「Snapdragon 845」と比較してもCPU性能が37%も高性能です

デモでは3Dアプリゲームとして人気のPUBG Mobileで60fpsを維持できる性能であることがアピールされました。処理性能は間違いなく現行Androidの最高峰であるようです。

「SDカード非対応」は気になる

Androidに対応した外部ストレージといえば、定番はmicroSDカードですが、Mate 20シリーズにはmicro SDカードスロットが非搭載。独自規格のNMカードが採用されました。

NMカードはNanoSIMと同じサイズのため、NanoSIMスロットに挿入して使用するとのこと。

独自規格となると、気になるのはNMカードの価格や互換性

価格の面ではSDカードよりも高額になるとユーザーに負担がかかり、互換性の面ではPC・スマホ間でデータをやり取りする場合などは、どのような方法になるのか気がかりです。

Mate P20 Proのようにおサイフケータイ対応に期待


日本国内で電子マネー等に使用されているFeliCa(フェリカ)は現状日本の独自規格で、海外で主流のNFCとは互換性がありません。そのため、海外メーカーのSIMフリーモデルではほぼ非搭載。

ですが、ドコモから独占販売された Huawei Mate P20 ProにはFeliCaが搭載され、おサイフケータイを利用できたことを考えると、キャリアから発売されるなら対応する可能性が高いと思われます。

Mate 20シリーズが発表された時点では、日本での発売は未発表ですが、Networkには「Japan」の記載があるので、日本国内でもキャリアから発売されることを期待したですね。

Mate 20シリーズのスタンダート「Huawei Mate 20」の特徴


画像引用元:HUAWEI Mate 20 | HUAWEI Global

ここからは具体的に各モデルのスペックを見ていきます。

Huawei Mate 20はシリーズの標準モデル。「メモリ4GB+ストレージ128GB」と「メモリ6GB+ストレージ128GB」の2つの構成から選ぶことができます。

iPhone XSシリーズのようなベゼルレスなデザインで、6.53インチのディスプレイ上部には小さなノッチ。ディスプレイは一般的なIPS液晶が採用され、解像度はフルHD+の2,244×1,080となっています。

シリーズの特徴となる3基のカメラは背面にある正方形のスペースに配置。1,200万画素の広角カメラ、1,600万画素の超広角カメラ、800万画素の2倍望遠カメラという構成で、ドイツのカメラメーカーLeica(ライカ)が監修しました。

また、最近のハイエンドモデルとしては珍しく、Mate 20とMate 20 Xの2機種には、イヤホンジャックが搭載されています。

価格は4GBモデルが799ユーロ(約104,000円)、6GBモデルが849ユーロ(約110,000円)。

Huawei Mate 20のスペック表

スペック Huawei Mate 20
発売日 ヨーロッパ圏:2018年10月16日(国内未定)
サイズ(高さ×幅×厚さ) 158.2×77.2×8.3 mm
重さ 188g
ディスプレイ 6.53インチIPS液晶
解像度 FHD+ 2,244×1,080
OS Android 9.0 Pie
CPU Kirin 980
メモリ 4GB / 6GB
内部ストレージ 128GB
外部メモリ NMカード (最大256GB)
バッテリー 4,000mAh
メインカメラ 1,200万画素 広角レンズ(F1.8)
1,600万画素 超広角レンズ(F2.2)
800万画素 望遠レンズ(F2.4)
サブカメラ 2,400万画素(F2.0)
Wi-Fi IEEE802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth Bluetooth 5.0
おサイフケータイ 未定
ワイヤレス充電 ×
USB Type-C(USB 3.1 GEN1)
イヤホンジャック
カラー Emerald Green、Twilight、Midnight Blue、Black
価格 4GB+128GBストレージ:約104,000円
6GBメモリ+128GBストレージ:約110,000円
1 2