楽天モバイルからドコモに乗り換え(MNP)の手順と準備|最安購入方法

楽天モバイルからドコモに乗り換え(MNP)の手順と必要な準備をご紹介します。また、楽天モバイルからドコモに乗り換えるメリットとともに、ドコモに乗り換えで利用できる割引キャンペーンもご紹介していきます。損をしないために必ず確認してください。

  • 2020年7月10日
5G
スマホ本体代を分割支払い時の頭金0円
dカード GOLD申込で最大合計13,000dポイント(期間・用途限定)!

格安スマホとして人気の楽天モバイルから、大手キャリアであるドコモへ乗り換え(MNP)をするにはどうすれば良いのでしょうか。

そこで今回は、楽天モバイルからドコモに乗り換える際の手順や、最安購入方法としてお得なキャンペーン等を紹介していきます。

ドコモに乗り換えで今ならAmazonギフト券5,000円分プレゼント!

>ドコモ公式オンラインショップで機種を探す

画像引用元:NTTドコモ ホーム

楽天モバイルからドコモへの乗り換えメリット

楽天モバイル

画像引用元:楽天モバイル

楽天モバイルから、ドコモへ乗り換えをした際のメリットを見ていきましょう。

楽天モバイルからドコモへ乗り換えるメリット

電話を頻繁にかける人はお得になる

電話をよくかける人にとっては、月々の電話代を抑えられます。

楽天モバイルは5分以内であれば通話し放題のプランが用意されていますが、超過すると30秒あたり20円がかかります。

一方で、ドコモは1,700円でかけ放題となるプランが用意されていますので、仕事などでよく電話をする人はお得です。

最新機種を所持できる

楽天モバイルでは、最新機種の取り扱いがありません。

そのため、ドコモに乗り換えることで最新機種を所持できる点は、大きなメリットといえるでしょう。

通信速度が速いため快適

楽天モバイルは月々の料金は安く利用できますが、通信速度はドコモよりも劣ります。

とくに利用者が多くなる時間帯は通信速度が遅く、快適な操作とはいかない場面もあるでしょう。

しかし、ドコモに乗り換えることで高速通信が可能となり、あらゆる操作を快適に行えます。

2020年3月から開始された5Gについても、ドコモに乗り換えることで利用可能です。

楽天モバイルからドコモへ乗り換える手順

楽天モバイルから、ドコモへ乗り換える手順は下記です。

STEP1.本人確認書類を用意する

まずは、本人確認書類となる運転免許証、または個人番号カードを用意してください。

その際、契約する人の名義であるクレジットカード、もしくは口座番号も準備しなければいけません。

STEP2.MNP予約番号を申請する

電話番号をそのままに、他社に乗り換えられるMNP予約番号を申請しましょう。

楽天モバイルではWebにて申請手続きが行えます。

my楽天モバイルにアクセスをして、契約プランを選択、各種手続きからMNP番号発行を押下することで、即時発行が可能です。

STEP3.ドコモで新たに使う機種を選ぶ

ドコモへ乗り換えた際に、新たに使用する機種を選んでください。

街のドコモショップ、もしくはドコモオンラインショップにて購入できます。

オンラインショップの方が、分割時の頭金や事務手数料がかからないなどメリットがありますので、ぜひご利用ください。

STEP4.利用開始設定をする

新たに使用する端末は、利用開始設定を行う必要があります。

電池パックなどの確認、UIMカードの確認などを行い、データを移行しましょう。

そして、ドコモのUIMカードを挿入すると利用が開始できます。

STEP5.切り替え手続きをする

切り替え設定は、ドコモオンラインショップのページからログインをしてください。

すると、切り替え手続きへ進む項目がありますので選択し、開通前のご確認事項をタップして受付確認メールの送信先を確認を選びます。

次へ進むと内容確認画面になりますので、問題がなければ注文確定を押下してください。以上で切り替え設定は完了です。

楽天モバイルからドコモ乗り換えでかかる費用

楽天モバイル
画像引用元:楽天モバイル

楽天モバイルからドコモへ乗り換えする際に、かかる費用を見ていきましょう。

楽天モバイルからドコモへ乗り換えにかかる費用

MNP転出手数料

楽天モバイルからドコモへ乗り換える際は、MNP転出手数料が1電話番号につき3,000円かかります。

契約解除料

必ずかかる訳ではありませんが、電話機能付き通話SIMを契約していて、最低利用期間を満たしていない場合は契約解除料9,800円が必要です。

最低利用期間は、開通月を1ヶ月目として計算します。

契約事務手数料

ドコモショップで契約した場合は、事務手数料が3,000円かかります。

ただし、上述した通りドコモオンラインショップの場合は事務手数料がかからないので、ぜひご利用ください。

端末代金

当然ですが、ドコモで新たに使用する端末代金がかかります。

こちらについても、ドコモオンラインショップで購入すると分割払いの頭金がかかりません。

少しでも負担を軽減するためにも、お得になる方法として把握しておきましょう。

ドコモのお得なキャンペーン

ドコモではやはり大手ならではのお得なキャンペーンが豊富に揃っているところも、楽天モバイルにはない魅力の一つでしょう。

ここからは、ドコモのお得なキャンペーンについて見ていきましょう。

楽天モバイルからドコモへ乗り換え(MNP)なら最大22,000円割引になる「5G WELCOME割」「はじめてスマホ購入サポート」「端末購入割引」は必ずチェックをしましょう!

5G WELCOME割

5G WELCOME割
画像引用元:5G WELCOME割

5G WELCOME割(税込)※ドコモオンラインショップ
概要5G対応機種購入で機種代金を5,500円割引、または20,000ポイント進呈
キャンペーン期間2020年3月25日(水曜)~
※機種の販売開始時期により異なる
対象手続き:新規契約、のりかえ(MNP)進呈ポイント:20,000ポイント
対象機種:
・AQUOS R5G SH-51A
・Galaxy S20 5G SC-51A
・Xperia 1 II SO-51A
・Galaxy S20+ 5G SC-52A
・arrows 5G F-51A
・LG V60 ThinQ 5G L-51A
※ドコモショップ(店頭)は22,000円割引
対象手続き:契約変更
(FOMA→5G)
(Xi→5G)
割引額:5,500円
対象機種:
・AQUOS R5G SH-51A
・Galaxy S20 5G SC-51A
・Xperia 1 II SO-51A
・Galaxy S20+ 5G SC-52A
・arrows 5G F-51A
・LG V60 ThinQ 5G L-51A
※ドコモショップ(店頭)も5,500円割引
注意点など・ポイント進呈時期は利用開始(開通)の翌々月
・ポイント還元時にdポイントクラブもしくはドコモビジネスプレミアクラブ会員であることが必要
・進呈するポイントは「dポイント(期間・用途限定)/ドコモポイント」

5G WELCOME割は、5G対応機種を購入した際に、手続きに応じて5,500円から22,000円の割引が受けられるキャンペーンです。

オンラインショップの場合は、5,500円割引もしくはdポイントが20,000ポイント進呈されます。

機種によって取り扱いは異なりますので、事前にチェックしておきましょう。

はじめてスマホ購入サポート

はじめてスマホ購入サポート
画像引用元:はじめてスマホ購入サポート

はじめてスマホ購入サポートの対象機種・進呈ポイント(税込)※ドコモオンラインショップ
契約機種pt進呈・割引
他社3G回線からXiへののりかえ
(MNP)
・iPhone SE(第2世代) 64GB
・iPhone SE(第2世代) 128GB
・iPhone SE(第2世代) 256GB
22,000円割引

はじめてスマホ購入サポートは、他社の3G回線からXiへ乗り換えをした場合、対象機種に応じて割引・ポイント進呈が受けられます。

これからスマホデビューを考えている人は、ぜひ活用してお得に購入してください。

端末購入割引

端末購入割引
画像引用元:端末購入割引

手続き内容対象機種割引額
購入時にオンラインショップ価格から割引き
他社4G回線からXiへののりかえ
(MNP)
・iPhone SE 64GB
・iPhone SE 128GB
・iPhone SE 256GB
22,000円割引
進呈ポイント
他社4G回線からXiへののりかえ
(MNP)
・iPhone 11 64GB
・iPhone 11 128GB
・iPhone 11 256GB
・iPhone 11 Pro 64GB
・iPhone 11 Pro 256GB
・iPhone 11 Pro 512GB
・iPhone XR 64GB
・iPhone XR 256GB
・iPhone XS 64GB
・iPhone XS 256GB
・iPhone XS 512GB
・iPhone XS Max 64GB
・iPhone 8 64GB
・arrows Be3 F-02L
・Google Pixel 3a
・Galaxy S10 SC-03L
・Xperia Ace SO-02L
・Xperia 5 SO-01M
・AQUOS zero2 SH-01M
・AQUOS sense3 SH-02M
・LG style2 L-01L
・らくらくスマートフォン me F-01L
20,000pt
・iPhone 7 32GB
・Galaxy A20 SC-02M
15,000pt
・キッズケータイ SH-03M5,000pt

端末購入割引は、他社のスマホからドコモに乗り換えをした場合、最大22,000円の割引、または20,000ポイントが進呈されます。

乗り換えを検討している場合、対象機種を選ぶことでお得に手に入りますので、ぜひチェックしておいてください。

スマホおかえしプログラム

スマホおかえしプログラム
画像引用元:スマホおかえしプログラム | キャンペーン・特典 | NTTドコモ

スマホおかえしプログラム
概要対象機種でプログラムを利用すると分割支払金(最大12回分)の支払いが不要となる
条件①対象機種を36回分割払いで購入、かつプログラムに加入
②プログラム加入後にドコモにスマホを返却する
対象機種・iPhone:24機種(容量違い含む)
・Android:16機種
※ドコモHP掲載分
注意点・dポイントクラブもしくはドコモビジネスプレミアクラブ会員に加入していること
・「ご購入における不備・不正が無い」などの条件を満たす必要がある
・対象機種に故障、水濡れ、著しい外観破損および画面割れが無いなどの査定基準を満たす必要がある
・査定条件を満たしておらず、かつプログラムを利用したい場合は別途20,000円の支払いが必要

スマホおかえしプログラムは、対象機種を36回払いで購入したうえでプログラムに加入し、23ヶ月目以降にドコモへ返却することで、分割支払金が最大12回分不要になります。

もちろん返却せずに使い続けることも可能ですが、安く最新スマホを手に入れるうえで、欠かせない注目のキャンペーンです。

下取りプログラム

下取りプログラム
画像引用元:下取りプログラム

下取りプログラム(ドコモオンラインショップ)
概要現在利用している機種をドコモへ下取り申込みする事でdポイントを進呈
進呈ポイント・対象機種下取り額・下取りポイントおよび対象機種は約1か月毎に変更・更新
申込み後の流れ①機種購入時に下取りプログラム申し込み
②申し込みから1週間~10日程度で「本人限定郵便受取到着のお知らせ」が送付
③送付キット受け取り(契約住所または郵便局)
④必要事項を記入し送付キットを返送
⑤不備がなければdポイントを進呈
購入対象機種ドコモで販売されているスマホ全機種
主な適用条件・ 携帯電話機などの購入時に、下取りの申込みをすること
・ dポイントクラブに加入していること
※法人名義は下取りプログラム利用不可
※新規契約、のりかえ(MNP)はau/SoftBankのスマホも対象
注意点など・端末に不備があった場合などは返送される
・ドコモショップ(店頭)で申し込む場合は機種購入時に使えるdポイントを進呈

下取りプログラムは、今使っている端末を下取りに出すことで、dポイントが進呈されるという内容です。

端末の状態によって下取り価格は異なりますので、日頃から丁寧に扱っておきましょう。

なお、下取りの際は良品・画面割れ品・機能不良品に分けられます。

ギガホ割・5Gギガホ割

5Gギガホ割
画像引用元:5Gギガホ割 | キャンペーン・特典 | NTTドコモ

ギガホ割(税抜)
概要「ギガホ」に加入で最大6か月、月額1,000円割引
キャンペーン期間2019年5月22日(水曜)~
割引適用条件①契約者名義
個人名義・法人名義
②対象料金プラン
ギガホ:定期契約あり
ギガホ:定期契約なし
割引内容[割引額]
月額1,000円(税抜)

[割引期間]
初回適用月から最大6か月間

[割引対象]
対象料金プランの月額基本使用料から割引

[適用開始時期]
対象料金プランが適用した月から割引適用
注意点など・キャンペーンの実施期間および適用期間の終了時期は未定
・対象料金プランの月額基本使用料が日割り計算される場合には「ギガホ割」の割引額も日割り計算となる
・割引適用条件を満たさなくなった場合は「ギガホ割」は廃止となる
5Gギガホ割(税抜)
概要「5Gギガホ」に加入で最大6か月、月額1,000円割引
期間2020年3月25日(水曜)~
対象者「5Gギガホ」を契約する方(個人名義・法人名義)
対象料金プラン5Gギガホ
注意点など・初回割引適用月を1か月目として起算し、対象料金プランを最大6か月間割引
・キャンペーンの実施期間および適用期間の終了時期は未定
・割引期間が終了となる場合、回線契約を解約した場合など適用条件を満たさなくなった場合は当月末までの適用

ギガホ割・5Gギガホ割は、月々の利用料がお得になるプランです。

ギガホ割・5Gギガホ割ともに、月額1,000円が初回適用月から6ヶ月間割引されます。

なお、5Gギガホ割は5G対応機種を使っていなければ契約できないプランなのでご注意ください。

みんなドコモ割

みんなドコモ割は、ファミリー割引グループ内にて条件を満たしている回線数に応じて割引されます。

割引額は2回線で500円、3回線以上は1,000円です。なお、みんなドコモ割はギガプランを契約している人のみ対象です。

ドコモ光セット割

ドコモ光セット割は、ネットとスマホをドコモでまとめて契約することで、永年最大1,000円が月々の料金から割引されます。

ギガプランを契約している人が対象です。

ドコモへの乗り換えを検討している人は、ぜひネットもドコモにまとめてお得に利用してください。

dカードお支払割

dカードお支払割
画像引用元:dカードお支払割 | 料金・割引 | NTTドコモ

dカードお支払割(税抜)
概要ドコモ利用料金の支払い方法をdカード/dカード GOLD(家族カード含む)に設定で月額料金から170円割引
割引額月額170円
対象の料金プラン・5Gギガホ
・5Gギガライト
・ギガホ
・ギガライト
・ケータイプラン
適用条件利用月の末日時点で利用料金の支払方法をdカード/dカード GOLD(家族カード含む)に設定すること
※一括請求代表回線契約者が本条件を満たす場合は、一括請求子回線の対象料金プラン契約者も割引の対象となる
※DCMX/DCMX GOLDも対象

dカードお支払割は、5Gギガホ・5Gギガライト・ギガホ・ギガライト・ケータイプランを契約している人が対象です。

利用料金の支払いを、dカードもしくはdカード GOLDにすることで、毎月170円割引されます。

おすすめのドコモの料金プラン

ドコモのおすすめ料金プランを紹介していきます。

ギガホ&5Gギガホ

ギガホ
5Gギガホ

ギガホ(2019年10月1日提供開始)(税抜)
月額料金
(解約金)
定期契約なし
7,150円(‐)
定期契約あり
6,980円(1,000円)
利用可能データ量30GB(キャンペーンで60GBまで増量中)
※容量超過後は送受信最大1Mbpsの速度で利用可能
国内通話料家族間通話無料
家族以外への通話30秒あたり20円
SMS送信料SMS(国内)
1回あたり3円~(受信無料)
国際SMS
1回あたり50円~(受信無料)
主な割引ギガホ割(最大6か月、月額1,000円割引)
・dカードお支払割(月額170円割引)
・みんなドコモ割(各回線ごとに最大1,000円割引)
・ドコモ光セット割(月額最大1,000円割引)
音声オプションかけ放題オプション
月額料金:1,700円
国内通話かけ放題
5分通話無料オプション
月額料金:700円
国内通話
5分以内:無料
5分超過分:30秒あたり20円
5Gギガホ(税抜)
月額料金(解約金)定期契約なし
7,650円(‐)
利用可能データ量100GB(キャンペーンで無制限)
※容量超過後は送受信最大3Mbpsの速度で利用可能
国内通話料家族間通話無料
家族以外への通話30秒あたり20円
SMS送信料SMS(国内)
1回あたり3円~(受信無料)
国際SMS
1回あたり50円~(受信無料)
主な割引5Gギガホ割(最大6か月、月額1,000円割引)
・dカードお支払割(月額170円割引)
・みんなドコモ割(各回線ごとに最大1,000円割引)
・ドコモ光セット割(月額最大1,000円割引)
音声オプションかけ放題オプション
月額料金:1,700円
国内通話かけ放題
5分通話無料オプション
月額料金:700円
国内通話
5分以内:無料
5分超過分:30秒あたり20円

ギガホは毎月30GB、5Gギガホは毎月100GBまで利用できる、大容量となるプランです。

動画やゲームなどを頻繁に行うことから、毎月多くのデータ量を消費する人にはおすすめ。

なお、5Gギガホは5G対応機種を使用している人のみ契約できます。

仮にデータ量を超過した場合、通信速度はギガホで1Mbps5Gギガホで3Mbpsです。

画像引用元:ギガホ | 料金・割引 | NTTドコモ,5Gギガホ | 料金・割引 | NTTドコモ

ギガライト&5Gギガライト

ギガライト
5Gギガライト

ギガライト(2019年10月1日提供開始)(税抜)
月額料金(解約金)※定期契約なし
[ステップ4]~7GB
6,150円(‐)

[ステップ3]~5GB
5,150円(‐)

[ステップ2]~3GB
4,150円(‐)

[ステップ1]~1GB
3,150円(‐)
※定期契約あり
[ステップ4]~7GB
5,980円(1,000円)

[ステップ3]~5GB
4,980円(1,000円)

[ステップ2]~3GB
3,980円(1,000円)

[ステップ1]~1GB
2,980円(1,000円)
利用可能データ量7GB
※当月のデータ量が7GBを超えた場合、通信速度は送受信最大128kbps
国内通話料家族間通話無料
家族以外への通話30秒あたり20円
SMS送信料SMS(国内)
1回あたり3円~(受信無料)
国際SMS
1回あたり50円~(受信無料)
主な割引・dカードお支払割(月額170円割引)
・みんなドコモ割(各回線ごとに最大1,000円割引)
・ドコモ光セット割(月額最大1,000円割引)
音声オプション<かけ放題>
月額:1,700円
国内通話かけ放題
<5分通話無料>
月額:700円
国内通話
5分以内:無料
5分超過分:30秒あたり20円
5Gギガライト(税抜)
月額料金(解約金)
※定期契約なし
[ステップ4]~7GB
6,150円(‐)

[ステップ3]~5GB
5,150円(‐)

[ステップ2]~3GB
4,150円(‐)

[ステップ1]~1GB
3,150円(‐)
利用可能データ量7GB
※容量超過後は送受信最大128kbpsの速度で利用可能
国内通話料家族間通話無料
家族以外への通話30秒あたり20円
SMS送信料SMS(国内)
1回あたり3円~(受信無料)
国際SMS
1回あたり50円~(受信無料)
主な割引・dカードお支払割(月額170円割引)
・みんなドコモ割(各回線ごとに最大1,000円割引)
・ドコモ光セット割(月額最大1,000円割引)
音声オプションかけ放題オプション
月額料金:1,700円
国内通話かけ放題
5分通話無料オプション
月額料金:700円
国内通話
5分以内:無料
5分超過分:30秒あたり20円

ギガライト&5Gギガライトは、使用したデータ容量に応じて料金が決まる無駄のないプランです。

それぞれ最大7GBまで使用でき、ステップ1からステップ4まで分けられているのが特徴。

ギガホ%5Gギガホと同じく、5Gギガライトは5G対応機種を所持していなければ契約できません。

7GBを超過した場合、通信速度はギガライトと5Gギガライトともに、送受信最大128kbpsとなります。

画像引用元:ギガライト | 料金・割引 | NTTドコモ,5Gギガライト | 料金・割引 | NTTドコモ

楽天モバイルからドコモに乗り換えの際の注意点

楽天モバイルからドコモへ乗り換える際の、注意点について解説していきます。

    SIMカードを返却する

    楽天モバイルからドコモへ乗り換える際は、楽天モバイルにSIMカードを返却しなければいけません。

    返却する際の送料は自己負担となり、ドコモに乗り換えて新たな端末が使えるようになってから1ヶ月以内に郵送しましょう。

    楽天モバイルの利用料について

    楽天モバイルではデータSIM・通話SIMともに解約締め日が15日です。

    解約した際、楽天モバイルでは15日を1日でも過ぎた場合、翌月の解約扱いになります。

    そのため、翌月分の料金も支払わなければいけなくなるため、無駄な出費とならないようご注意ください。

    楽天モバイルからドコモに乗り換えはお得!

    楽天モバイルからドコモに乗り換えをするにあたり、手順や準備物は事前に把握しておくとスムーズに手続きが行えます。

    また、乗り換えをする際に事務手数料等がかかりますが、ドコモオンラインショップを利用することで出費を抑えられますので、ぜひ利用してください。

    さらに、乗り換えをするにあたり、お得になるキャンペーンは数多くあります。

    機種によって割引価格や進呈されるポイントは異なりますが、お得に新機種を購入するために、ぜひ活用してください。


スマホ本体代を分割支払い時の頭金0円
dカード GOLD申込で最大合計13,000dポイント(期間・用途限定)!
ドコモユーザーはdカード GOLDがお得!
dカード GOLD(ゴールド) VISA
国際ブランド
mastercardロゴvisacardロゴ
電子マネー
アイディ
dカード GOLDのメリット
  • ドコモケータイ・ドコモ光の利用料金1,000円(税抜)につき10%還元
  • 最大10万円までのケータイ補償
  • 海外旅行保険が最大1億円
  • 国内・ハワイの空港ラウンジを無料で利用可能
  • Amazon・マツキヨ・スタバ・ローソンなど人気店でポイントがお得
年会費10,000円(税別)審査最短5分で審査完了
ポイントdポイント還元率1~10%
保険国内・海外ありETCカード無料
家族カード1枚目:無料
2枚目:1,000円(税別)
スマホ決済Apple Pay
おサイフケータイ
この記事を書いた人
アバター
記助
IT・転職・ライフハック・Wi-Fi・回線・FX・不動産・投資・金融・トレーニング・家電製品など、さまざまなジャンルにおいて、計5年半から6年ほど記事執筆に携わっております。 記事を閲覧される皆さまにとって、喜ばれる記事を執筆することは勿論のこと、プラスアルファの要素を少しでも多く盛り込んでいけるよう励んでまいります。