格安SIM・格安スマホ 楽天モバイル
読了時間:約 2

「楽天モバイルを契約したいけど楽天カードにした方がいいのかな?」「すでに楽天モバイルを契約しているけど楽天カードを持つか迷っている……」という方もおられるのではないでしょうか。

楽天モバイルを契約している方が楽天カードや楽天ゴールドカードへ加入すると、とてもお得な特典を受ることができます。

今回は、楽天モバイル契約者が楽天カードや楽天ゴールドカードを持った場合、どんなメリットがあるか解説していきます。参考にしてみてくださいね。

楽天モバイルとは


画像引用元:楽天モバイル:安心・お得な格安スマホ(スマートフォン)/格安SIM
楽天モバイルは、楽天株式会社が運営している格安SIMで、ユーザーが多いことでも有名です。au回線とdocomo回線が利用できます。

料金プランは、高速通信容量を使い切っても1Mbps使い放題の「スーパーホーダイ」と、お好みの高速通信容量から選べる「組み合わせプラン」からなっています。残った高速通信容量は、翌月に繰り越せるのが特徴です。

現在は、オンラインでの申込みだけではなく、店舗での申込みを行っているので、対面で契約したい方にもオススメの格安SIMサービスです。

楽天スーパーポイントが貯まる


画像引用元:楽天モバイル:楽天スーパーポイント支払い
楽天モバイルの最大の特徴は、楽天のお買い物やサービスに利用できる「楽天スーパーポイント」が貯まる点です。楽天モバイルを利用しているだけで00円につき1ポイントの楽天スーパーポイントが貯められます。

また、楽天モバイルの通話SIMを契約すれば、楽天市場のお買い物で最大6倍のポイントがもらえます。

貯まったポイントは、楽天市場や楽天の他サービスに使うことができますし、楽天モバイルの端末購入や月々の通信量の支払いに利用できます。

楽天カードを持つメリット


楽天モバイルで楽天カードを利用すると、どんなメリットがあるのでしょうか。

ポイントが貯まりやすくなる

楽天のサービスでは、さまざまなサービスの条件をクリアするとポイントアップが適用される「スーパーポイントアッププログラム(SPU)」を実施しています。

楽天会員になると1倍、楽天モバイルを契約すると2倍、楽天カードを持つと2倍となります。楽天会員で楽天モバイルと楽天カードを持てば、全部でポイントが5倍になるのです。

5倍のポイントがもらえるのはかなりお得といえるのではないでしょうか。特に楽天市場をよく利用する方にはメリットがあるでしょう。

ポイントで毎月の利用料金が安くなる

楽天カードと楽天モバイルを同時利用すれば、ポイントが貯まりやすくなります。貯まったポイントは、楽天モバイルの利用料金に充てられます。

例えばカード利用が5万円あれば、5GBのプランが2,150円から1,650円まで下がります。通信量の節約になるのが嬉しいところです。

機種変更がポイントで払える

楽天モバイルは、安価から高価な機種まで、さまざまな端末を販売しています。機種変更をするときは、本体価格をポイントで値引くことができます。

普段から楽天カードを利用してポイントを貯めやすくしていれば、安い値段で端末購入ができますよ。

端末購入が分割手数料無料になる

楽天モバイルで楽天カードを利用して端末を分割購入した場合、分割手数料が無料になります。楽天カード以外で分割払いにすると、クレジットカード会社に準じた分割が手数料がかかってしまうので、楽天カードの方が非常にお得です。

端末価格が高いものを購入するときも安心ですよね。

楽天カードでのお支払いにするとさらにお得

楽天モバイルの支払いを楽天カードに設定すると、利用料金の1%の楽天スーパーポイントが貯まります。ポイントアップ制度(SPU)とは別途に適用されるので、オススメです。

Apple Payが利用できる

iPhoneユーザーであれば、楽天カードでApple Payが利用できます。キャッシュレス決済が可能になるので、会計がスムーズになります。

楽天プレミアムカードならさらにお得

楽天のゴールドカードである楽天プレミアムカード(年会費10,800円)に加入すれば、ポイントが6倍になります。お得にポイントを貯めたい人はゴールドカードがオススメですが、年会費が発生するので、頻繁にショッピングする方向けです。

キャンペーンを利用できる

楽天カードに新規入会し、楽天モバイルの通話SIMに申し込んむと、最大7,000円相当のポイントがプレゼントされるキャンペーンを実施しています。

適用する方法は、専用ページから楽天カードを申し込み、カードが到着したら楽天モバイルの支払いに設定します。さらに、楽天モバイル以外のショッピングに1回使用する必要があります。

ポイント進呈日は、カード初回利用日の翌月20日頃となります。

楽天カードを持つデメリット


楽天カードを楽天モバイルで利用するデメリットについてもみていきましょう。

音声通話SIM以外はポイントが倍にならない

楽天モバイルの契約が音声通話SIM以外の場合は、ポイントがアップしません。音声通話SIMとは、電話とインターネットが利用できるというプランで、ドコモやソフトバンク、auの携帯電話から楽天モバイルに乗り換える際は、ほとんどの方が利用しています。

インターネット通信のみのデータSIMの場合は、楽天モバイルのポイントアップが適用されず、楽天カード利用の2倍だけとなってしまう点に注意が必要です。

入会時に貰えるポイントは期間限定

楽天カードに入会すると、キャンペーンなどで大量のポイントが貰えることが多いです。しかし、付与されたポイントは、有効期限が40日前後となっています。

「楽天モバイルの携帯代に少しずつ充てよう」と考えていると、期限が過ぎてしまう場合があります。携帯電話代への利用だけでなく、早めにショッピングなどで利用してしまうことをオススメします。

楽天スーパーポイントの使い道


画像引用元:【楽天PointClub】:楽天スーパーポイント総合サイト
「貯まった楽天スーパーポイントは結局どんなことに使えるの?」と思われる方もおられるでしょう。貯まったポイントは、1ポイント1円として、楽天のサービスや街のお店で利用することができます。

携帯電話代やショッピングだけでなく、さまざまなサービスに利用できます。ここでは楽天スーパーポイントの使い方についてご説明します。

楽天モバイルで利用する

さまざまな楽天のサービスで貯めたポイントは、楽天モバイルの月々の支払いに充てられます。期間限定のポイントも対象になります。

ただし、一度に利用できるポイント数は、30,000ポイント(ダイヤモンド会員は50,000ポイント)となっているので注意しましょう。

楽天モバイルで楽天スーパーポイントを利用したいという新規申し込みの方は、「お客様情報入力画面」で「楽天スーパーポイント口座番号」の「利用方法」から「全てのポイントを使う」か一「部のポイント」を使うか」を入力してください。

すでに楽天モバイルを利用している方は、メンバーステーションの「会員メニュー」→「登録情報・設定変更」→「楽天スーパーポイント口座情報登録・変更」→「支払い方法の選択」から設定可能です。

注意点として、楽天モバイルでは楽天ポイントが使えないものがあります。それは、端末代金分割金です。分割金は、ポイントで充てることができません。

また、「5分かけ放題オプション」や「楽天でんわ」の利用料金もポイント利用対象外となります。

楽天のさまざまなサービスで使う

楽天スーパーポイントは、楽天が運営している他のサービスでも利用できます。どのようなサービスがあるのかご紹介します。

  • 楽天市場
  • 楽天ブックス
  • ラクマ
  • 楽天マガジン
  • 楽天ミュージック
  • 楽天SHOWTIME
  • 楽天GORA
  • 楽天写真館
  • 楽天ペイ
  • 楽天ビューティー
  • 楽天トラベル
  • 楽天ビューティー
  • 楽天ウェディング
  • Kドリームス
  • RAXY
  • 楽天デリバリー
  • 楽天カフェ

街のお店

街にある楽天ポイントクラブ加盟店では、楽天スーパーポイントを使った支払いが可能です。ただし、一回あたりの利用は5,000円ポイント、月額利用上限は10万ポイントとなっているので注意が必要です。使えるお店の例は次の通りです。

  • 幸楽苑
  • マクドナルド
  • くら寿司
  • ミスタードーナツ
  • MOSDO
  • つぼ八
  • PRONTO
  • しゃぶしゃぶ温野菜
  • 串家物語
  • ペッパーランチ
  • タニタ食堂
  • ロイヤルホスト
  • 大戸屋
  • ツルハドラッグ
  • デイリーヤマザキ
  • 大阪屋ショップ
  • ポプラ
  • 大丸
  • 松坂屋
  • くすりの福太郎
  • ウォンツ
  • ダイコクドラッグ
  • Right-on
  • coen
  • SUIT SELECT
  • 紳士服コナカ
  • スポーツデポ
  • ビックカメラ
  • ソフマップ
  • 引っ越しは日通
  • アリさんマークの引越社
  • 株式会社サカイ引越センター
  • コスモ石油
  • NPC24H
  • カメイ株式会社

楽天カードを楽天モバイルで利用する際の注意点


楽天カードを楽天モバイルで利用するときに気をつけたい点についてまとめました。

クレジットは本人名義のみ

楽天モバイルで楽天カードを支払い設定できるのは、本人名義のカードのみです。配偶者や家族名義での登録はできないので注意しましょう。

ただし、利用者登録すれば、配偶者や子どもの場合でも本人以外のクレジットカードの登録ができます。利用者登録は、原則家族のみとなっています。

楽天カードの引き落とし日をチェック

楽天カードは、月末締めの翌月27日払いとなっています。27日に銀行口座の残高がない場合は、延滞金の書かれたはがきが送られてきます。引き落とし日前には、口座残高をチェックしておきましょう。

ポイント数が足りていない場合

楽天モバイルの月々の料金を一定のポイントで支払うと設定している場合、ポイントが足りない月は、登録してあるクレジットカードの支払いで請求されることになります。

楽天モバイルユーザーなら楽天カードが断然お得


楽天モバイルにするなら、楽天カードにした方がメリットが多いことがということがわかりました。大幅なポイントアップになったり、端末分割金が無料になったりなど、お得な仕組みになっています。

デメリットに関してもみてきましたが、デメリットというデメリットがないのが楽天カードの魅力です。無料で作れるのにサービスが手厚いので、入っておいて損はないでしょう。

楽天モバイルにするときは、楽天カードの利用を検討してみてくださいね。

Pocket