キャリア公式オンラインショップなら分割支払い時の頭金0円で断然お得!
読了時間:約 2

格安SIMとして運営されて来た楽天モバイルが大手キャリアへの参入を表明し「第4のキャリア」誕生に注目が集まっています。

国内の携帯電話・通信サービス事業者と言えばドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアが思い浮かびます。

近年では格安SIMもシェアを拡大していますが、大手キャリアの回線を借りている以上安定・信頼の面で一歩及ばないかもしれません。

ここでは楽天モバイルのキャリア参入に先駆け気になる通信品質や料金プランを分かりやすく解説しています。

トップ画像引用元:楽天モバイル: 楽天モバイルは、格安スマホ(MVNO)契約数No.1!

2020年全スマホおすすめ人気ランキング|キャリア/SIMフリー問わず

楽天モバイルは業界トップクラスの格安SIM

楽天モバイルと言えば長らく大手キャリアよりも料金の安い「格安SIM」として楽天の子会社によって運営されて来ました。

サービス開始以降ドコモとau(KDDI)の回線を借りて運営されて来た楽天モバイルですが、いよいよ自社回線を利用したキャリア参入の時が近づいています。

まずは現時点で発表されている楽天モバイルのキャリア参入情報を確認しておきましょう。

楽天モバイルのキャリア参入は決定事項

2019年9月6日、楽天モバイルは自社の携帯キャリア事業についての発表会で今後のサービスの詳細を告知しました。

これによると2019年10月1日よりキャリアサービスをひとまずスタートさせるという事でした。

キャリアに参入するための周波数帯の割り当て自体は2018年4月に行われていましたので、キャリアサービス開始にこぎつけるまで実に1年以上の歳月がかかった事になります。

もちろんこの間も楽天モバイルは自社の基地局を主要都市に設置するなど着々と準備を進めていました。

楽天モバイルのキャリア参入はいつになる?


画像引用元:楽天モバイル:無料サポータープログラム

当初楽天モバイルは2019年10月1日から正式にキャリアサービスを開始するとしていました。

しかし、9月6日の発表会では「無料サポータープログラム」として人数限定の無料サービスを実施するという内容に方向を転換しています。

この「無料サポータープログラム」はプレサービスであり、5,000名限定で音声・データ通信が無制限のプログラムを提供するという内容です。

商用サービスではありませんから、結果だけ見ると「キャリアサービスの延期」ととらえる事もできるでしょう。

本格的なキャリアサービス開始についてはまだ決まっていないようですが、楽天側の発表などをまとめると「2019年内~2020年春以降」となるようです。

無料サポータープログラム概要

期間2019年10月1日受付開始~2020年3月31日
内容・通話無制限0円
・データ容量無制限0円
対象者・東京都23区、大阪市、名古屋市、神戸市にお住まいの方
・満18歳以上の方
・新規契約およびMNPの方
サービス・国内/国際通話、データ通信
・国際ローミング(データ通信)
・SMSを無制限で利用可能
要件・品質テスト/アンケートに回答する事
・楽天回線対応製品を利用する事
・当初5,000名を目途に募集

楽天モバイルのサービス内容

楽天モバイルは現在ドコモとau(KDDI)の回線を利用した格安SIM・MVNOとして運営されています。

現在楽天モバイルへの移行を検討中なら、特にキャリアに参入する事で何がどう変わるのか知りたいという方も多いはずです。

続いてはキャリアに参入した際の楽天モバイルの通信・料金を、現時点で判明している情報を元にチェックしてみましょう。

通信速度&品質は現状問題なし

2018年4月に楽天へと割り当てられた周波数帯は1.7GHzの20MHzです。

この周波数帯は同じく募集の行われていた3.4GHzよりエリアを確保しやすく、十分な基地局があれば通信品質を十分カバーできます。

これに加え基地局のアンテナを増やす「4×4 MIMO」やビット数を増やす「256QAM」といった技術を導入する事で、受信時最大400Mbpsの通信速度を実現できるとしています。

ちなみに格安SIMとしての楽天モバイルは大手キャリアの回線を借りている事もあり定額データを使いきっても最大1Mbpsで使い放題となっています。

「キャリアより格安SIMの回線の方が早い」となると本末転倒ですから、本格的なサービス開始までに通信速度&品質を可能な限り向上させるのではないでしょうか。

楽天モバイルベーシックプランの評判|特徴や料金、気になる速度は?

料金は他キャリアよりも安くなる?


画像引用元:楽天モバイル:スーパーホーダイ

9月6日に行われた発表会では具体的な料金プランなどについては言及されませんでした。

ユーザーはもちろん他キャリアも注目していただけに、この対応は非常に残念だったと言えるでしょう。

ただし楽天のプレリリースなどを見る限りでは「楽天モバイルと同等」もしくは「低廉で利用しやすい」という料金設定となるようです。

現在の楽天モバイルの料金プランは楽天会員割と長期割で2年間1,480円(最低980円/1年)から利用できる「スーパーホーダイ」と「組み合わせプラン」の2種類を中心としています。

楽天モバイルより価格が高くなる可能性はありますが、少なくとも大手キャリアの最低価格よりかは安い料金プランを打ち出してくるのではないでしょうか。

楽天モバイルへMNPするメリットと手順|格安SIM乗り換えガイド

端末のラインナップはどうなる?


画像引用元:楽天モバイル: 9月24日予約受付開始 待望のAndroid登場

楽天モバイルは格安SIMの中でも取り扱っている端末数が多く2019年9月時点でSIMタブレット・ケータイまで含めて30機種以上がラインナップしています。

このうち数機種は既に楽天モバイルのHP上で発表されている通り、今後始まるキャリアの「楽天回線」でも利用する事ができます。

ここでは楽天回線で使えるSIMフリー機や独自端末についてご紹介いたします。

全機種SIMフリーになる

今後サービスが始まる楽天のキャリアでは取り扱われる端末はすべてSIMフリー機になる予定です。

ドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアがこれまで販売する端末にSIMロックをかけていたのに対して、この販売方式は特に注目するべきポイントだと言えるでしょう。

2019年9月6日時点で楽天回線に対応した発売済みスマホは13機種あります。これらは今後行われるソフトウェア・アップデートで順次楽天回線に対応していく予定です。

また、発売予定のスマホでは全9機種が楽天回線に対応するとしています。

iPhoneはまだ対応予定がありませんが、幅広いAndroidスマホがSIMフリーで使える点は大変魅力的です。

SIMロック解除とは?格安SIM・格安スマホに乗り換えるための方法と注意点

楽天回線に対応予定の製品(発売済み)

製品名ソフトウェア・アップテート時期(予定)
AQUOS ZERO SH-M1011月上旬以降
AQUOS R2 compact SH-M0910月上旬以降
AQUOS sense2 SH-M0810月上旬以降
AQUOS sense plus SH-M0712月上旬以降
AQUOS R compact SH-M0612月上旬以降
AQUOS sense lite SH-M0511月上旬以降
Reno 10x Zoom11月下旬以降
AX711月上旬以降
R17 Pro11月下旬以降
Find X11月下旬以降
HUAWEI P30 lite10月上旬以降
HUAWEI nova lite 310月上旬以降
Aterm MR05LN10月上旬以降

独自開発の「Rakuten Mini」にも注目


画像引用元:楽天モバイル:無料サポータープログラム

楽天はキャリアスタートとともにAndroid製の自社独自開発スマホ「Rakuten Mini」を取り扱うと発表しました。

「Rakuten Mini」はCPUにSnapdragon 439、RAM3GB&ストレージ32GBと2019年代のミドルスペックスマホとしては若干低めの性能となっています。

しかし、iPhone SEより小さい3.6インチディスプレイを搭載し重さは約79g、更にFelica=おサイフケータイに対応した国内特化のスマホとなっています。

ディスプレイの小さい小型スマホはミドルユーザーを中心に近年注目を集めていますので、楽天のサービススタートとともに目玉となるのは間違いないでしょう。

Rakuten Miniのスペック

ディスプレイ3.6インチTFT、1,280×720
サイズ&重量約106.2×53.4×8.6㎜、79g
CPUSnapdragon 439
RAM3GB
ストレージ32GB
カメラメイン:約1600万画素
フロント:約500万画素
バッテリー容量1,250mAh
おサイフケータイ/NFC
顔認証

その他確認しておきたいポイントとは?

現在発表されている情報を見るだけでも他キャリアを追従する楽天モバイルの強気の姿勢を見る事ができます。

また、楽天モバイルのHPでもキャリアに移行するにあたってユーザー向けの情報がいくつか掲載されているようです。

最後に通信品質や料金プランなど以外で確認しておきたいポイントをご紹介します。

実店舗&オンラインショップ

大手キャリアと言えば全国に展開するキャリアショップはもちろん、オンラインショップを利用して様々なサービスを受ける事ができます。

楽天は現時点でキャリア移行時の実店舗&オンラインショップの運営には特に言及していませんが、楽天モバイルが順次自社回線へと移行していくのは決定事項です。

楽天モバイルがすぐに使えなくなる事はありませんが、現在楽天モバイルと契約している方についても今後自社回線への移行が推奨されているのです。

このため楽天モバイルが運営している実店舗やオンラインショップでの販売・サービスなどはそのままキャリアに引き継がれるものと思われます。

楽天モバイルの現状

上記で触れた通り、現在格安SIMの楽天モバイルと契約している方は今後運用が開始される自社回線への移行が推奨されています。

この対応は「新規お申込みの方」と「楽天モバイルをご利用中の方」でそれぞれ異なります。

2019年3月14日10:00以降に申し込んだ方は新規扱いとなりますので、自社回線に移行する場合SIMカードの交換などが必要です。

ただしSIMカードを交換しない場合でも楽天モバイルの回線(MVNO)を使えるとしていますので、すぐにサービスが終了するという事はないでしょう。

また、2019年3月14日9:59までに申し込んだ方は今後詳細などを改めて告知するとしています。

「楽天回線に対応予定の製品」でご紹介した端末以外は今後発売されるものを除くと楽天の自社回線に対応していないため、買い替えなども必要となって来るかもしれません。

楽天モバイル「自社回線への移行について」

  • 「新規お申込みの方」は10月以降専用SIMカードを発送
  • 契約中のプランはSIMカード交換後も引き継がれる
  • SIMカードを交換しない場合でも楽天モバイル(MVNO)は利用可能
  • 「楽天モバイルをご利用中の方」は詳細を改めて告知(2019年9月時点)

まずは10月開始のプレサービスをチェック

通信品質や料金プランはもちろん、幅広いサービスでシェアを拡大してきた格安SIMの楽天モバイル。

その楽天モバイルがキャリアに参入するとあって、他キャリアはもちろん多くのユーザーが注目しています。

本格的なサービス開始ではありませんが、10月からは人数を限定したプレサービスが始まります。

プレサービスに参加できる方はもちろん、そうでない方も今後の楽天の動向をしっかりとチェックしておきましょう。

格安SIMで月額1,000円台運用ができるのは?MVNOのデータ通信量と料金比較