読了時間:約 2

大手キャリアよりも低価格で利用する事が出来る格安SIMは、近年急速にシェアを拡大してきました。総務省によると2017年12月時点で約800社以上の格安会社が運営されているという驚きのデータが発表されましたが、その中でも知名度・人気が高いものは限られています。

ここでは格安SIM会社の中でも特に知名度・人気が高い楽天モバイルを使っている方に向けて、お勧めのクレジットカードをご紹介しています。クレジットカードの活用方法なども合わせてご紹介していますので、これから楽天モバイルへの加入を検討している方も是非チェックしてみてはいかがでしょうか。

楽天モバイルユーザーにお勧めのクレジットカード3選

早速楽天モバイルユーザーにお勧めのクレジットカードをご紹介していきます。楽天モバイルはクレジットカード・口座振替など支払い方法に関わらず、利用料金に応じて楽天スーパーポイントが貯まっていきます。

楽天モバイルの還元率はどの支払い方法でも1%で変わりませんから、それ以外の還元率や特典でクレジットカードを選ぶ事が重要なポイントとなるでしょう。

楽天カード


画像引用元:年会費永年無料の楽天カード|楽天カード

楽天カードを発行・運営する楽天カード株式会社は、楽天モバイルと同じ楽天グループの傘下企業です。ポイントの還元率は100円につき1円分=1%となっていますが、楽天モバイルと同じ楽天スーパーポイントを導入しているため相性が良いのも見逃せません。

楽天モバイルで得られる楽天スーパーポイントがアップするような事はありませんが、還元ポイントは実質的に2%となるためお得なのは間違いないでしょう。楽天会員のランクは獲得ポイント数と回数によって決まりますので、楽天カードを利用する事で最上位のダイヤモンド会員になる確率も高くなります。

また、楽天ポイントカードと電子マネーである楽天Edyの機能を付ける事も出来ますので、クレジットカードとしてだけでなく様々な用途で利用できるのも魅力的。

入会費・年会費が無料なのはもちろん、常に楽天スーパーポイントでの入会キャンペーンを実施しているため最初の1枚にも向いているクレジットカードではないでしょうか。

楽天カードサービス概要
入会費無料
ブランドMASTER,JCB,VISA,AMERICAN EXPRESS
年会費無料
ポイント楽天スーパーポイント
(100円で1ポイント)
その他機能楽天ポイントカード
電子マネーEdy
入会特典あり(楽天スーパーポイントでの還元)

楽天ゴールドカード


画像引用元:楽天ゴールドカード さらにお得な一枚|楽天カード

楽天カードには上位版として年会費2,160円(税込)の楽天ゴールドカードと年会費10,800円(税込)の楽天プレミアムカードが用意されています。

ETC機能無料や楽天市場でポイントが5倍となる事は共通していますが、ゴールドカードであれば国内空港ラウンジが年2回まで無料利用可能・新規入会&1回利用でのポイントプレゼントといった特典が用意されています。

どちらも楽天モバイルでの還元率は1%ですが、楽天市場でのポイントアップ特典が用意されているため通常の楽天カードに比べてポイントを貯めやすいのではないでしょうか。

楽天市場でのポイントアップは通常カードでも3倍に設定されていますが、ゴールドやプレミアムであれば空港ラウンジの無料利用や盗難・旅行保険も付帯しているためよく旅行に行くような方であれば1枚持っていて損はありません。

楽天市場での買い物が多い方は、ゴールドやプレミアムを作成した方が楽天モバイルの利用もよりお得になる可能性があるでしょう。

楽天ゴールドカードサービス概要
ブランドMASTER,JCB,VISA,AMERICAN EXPRESS
入会費無料
年会費2,160円(税込)
ポイント楽天スーパーポイント
(100円で1ポイント)
その他機能楽天ポイントカード
電子マネーEdy
入会特典あり(楽天スーパーポイントでの還元)

Orico Card THE POINT


画像引用元:Orico Card THE POINT| 高還率クレジットカード(オリコ カード ザ ポイント)

株式会社オリエントコーポレーションのOrico Card THE POINTの還元率は通常1.0%ですが、オリコカードが運営する「オリコモール」を経由する事で更にポイントが加算されます。

オリコモールは商品取り扱いサイトを紹介する「ポイントサイト」のように運営されていますので、AmazonやYahoo!ショッピングなどの大手サイトと並び楽天市場も掲載されています。

楽天市場を利用した場合の加算ポイントは0.5%~14%となっており、購入商品によっては楽天カードを利用した場合よりも高額なポイント還元を受ける事が出来ます。また、新規入会から6か月間は通常利用でも還元ポイントが2%となるのは嬉しいポイントでしょう。

還元されるポイントはオリコポイントですので、オリコの移行サイトから楽天スーパーポイントに移行申請しましょう。オリコポイント1ポイント=楽天スーパーポイント1ポイントとして扱われていますから、楽天モバイルの利用料金に充てる事も当然可能なのです。

ただし最低交換ポイントは500オリコポイントからとなっていますので、利用額の少ない方は楽天モバイルに登録してすぐに利用料金に充てるというわけにはいかないかもしれません。

Orico Card THE POINTサービス概要
ブランドMASTER,JCB
入会費無料
年会費無料
ポイントオリコポイント
(100円で1ポイント)
その他機能iD
QUICPay
入会特典あり(オリコポイントでの還元+ポイントアップ)

楽天カードを使うメリットは?


上記でご紹介したOrico Card THE POINTをはじめ、還元率1%以上のクレジットカードは以外と多くあります。楽天モバイルの還元率は常に1%ですので、こうした高還元率のクレジットカードを使った方がお得なのではと考えてしまうかもしれません。

しかし、楽天カードは楽天モバイルと同じ楽天グループ傘下の企業が運営していますので、他のクレジットカードにはないメリットがいくつか存在します。ここでは、楽天モバイルで楽天カードを使うメリットを3つご紹介します。

分割手数料が無料

先の「楽天モバイルの支払い方法」でも触れている通り、楽天モバイルには大きく「クレジットカード/デビットカード」と「口座振替」という支払い方法が用意されています。

このうち端末/アクセサリーの分割払いに対応しているクレジットカードでは、各クレジットカード会社が定める分割手数料を払わなくてはなりません。例えばOrico Card THE POINTで24回分割を選択した場合、実質年率15.0%=現金価格100円あたり16.32円の手数料が必要となります。

端末代金が高額となるほど実質的な支払額も増えますから、端末+SIMセットで高スペックスマートフォンなどを購入したいという方には向いていません。

しかし、唯一楽天カードのみ分割手数料がかかりませんので、分割での端末+SIMセットを検討している方にはメリットが大きいと言えるのではないでしょうか。

ダイヤモンド会員は楽天カード保有者のみ


画像引用元:【楽天PointClub】:ランクアップ・キープの仕組み

楽天モバイルのスーパーホーダイは、楽天会員割と長期割という2つの割引を適用する事で最低980円から利用出来るお得なプランです。楽天会員は登録すればどなたでも条件を達成する事が出来ますが、特に難しいのは最高ランクであるダイヤモンド会員を獲得・キープする事ではないでしょうか。

楽天会員のランクがポイントの獲得数や獲得回数によって上下する事は先にもお伝えしましたが、この中でもダイヤモンド会員は「過去6か月で4,000ポイント以上、かつ30回以上ポイントを獲得、かつ楽天カードを保有」という条件となっています。

獲得ポイント数と獲得回数もさる事ながら、楽天カードの保有が条件となっているのは5つあるランクのうち唯一ダイヤモンド会員のみ。つまり、楽天モバイルのスーパーホーダイの割引を最大限に受けるためには必然的に楽天カードの保有が必要となるのです。

通常の楽天カードであれば入会費と年会費はかかりませんから、あとはポイント数と獲得回数をいかにしてクリアするかが焦点となるでしょう。

楽天カード/ランクアップ・キープの仕組み

ランク条件
ダイヤモンドランク過去6か月で4,000ポイント以上、かつ30回以上ポイントを獲得、かつ楽天カードを保有
プラチナランク過去6か月で2,000ポイント以上、かつ15回以上ポイントを獲得
ゴールドランク過去6か月で700ポイント以上、かつ7回以上ポイントを獲得
シルバーランク過去6か月で200ポイント以上、かつ2回以上ポイントを獲得
レギュラーランクポイント対象の楽天サービス利用でポイント獲得

楽天カードなら楽天市場もお得


画像引用元:楽天モバイル:楽天モバイルご利用でポイント+2倍

1 2