格安SIM|楽天モバイルで端末故障・ガラス割れスマホを修理するときの手順

  • 2020年6月12日
楽天モバイルのオンラインショップなら自宅で完結・在庫も豊富でおすすめ!

今や多くの人が肌身離さず持ち歩いているスマートフォン。思いがけないところで落として、ディスプレイのガラスが割れてしまったり、突如として処理が遅くなったりと、精密機器だけに故障は付き物です。

そういった端末の故障に格安SIMでは対応できないと思われがちですが、最近の格安SIMはサービスやオプションが充実しており、故障品の交換や修理も受け付けている場合が増えています。

そこで今回は、格安SIMの中でも高いシェア率を誇る楽天モバイルの修理手順や、修理に出す前に確認すべきポイントを解説しました。楽天モバイルユーザーもそうでない方も気になるところをチェックしてみてください。

楽天モバイルで故障したらどうなる?


楽天モバイル利用中に端末が故障した場合、端末を修理・交換できる方法は以下の3つです。

  • 端末補償
  • つながる端末保証
  • メーカー保証

「端末補償」と「つながる端末保証」は契約時にのみ申し込めるオプションで、「メーカー保証」は端末を製造したメーカーが受け付けている一定期間内の保証です。

iPhoneは「端末補償」の方では対象外、「つながる端末保証」は正規修理店舗での修理対応になります。そのほかiPhoneユーザーはAppleが提供している「AppleCare+」に加入するという方法もあります。

端末補償【Android対象】

「端末補償」は新規契約かつ端末を同時に購入する場合、契約と同時に月額500円で加入できるオプションで、利用中のスマートフォンが故障した場合に、新しい端末と交換できるサービス。水濡れや自損も対象となりますので、メーカー保証では対応できない故障も交換の対象です。

利用できるのは年間2回までで、交換する端末は原則として同一機種の同一カラーです。在庫などの状況によっては故障端末に相当するモデルが提供されます。

機種交換時は一部負担金が必要で、端末によって額が変わってきます。交換する機種と負担金は以下の通りです。

機種交換時の負担金一覧

・負担金7,000円の機種

HUAWEI P20、ZenFone5(ZE620KL)、AQUOS R compact SH-M06、S60、HUAWEI Mate 10 Pro、ZenFone 4、honor 9、HUAWEI P10、HUAWEI P10 Plus、HUAWEI Mate 9、HUAWEI P9、VAIO Phone Biz、HUAWEI Mate S、Xperia J1 Compact、AQUOS SH-M01、ZenFone 2 64GB/4GB、YOGA Tablet

・負担金5,000円の機種

AQUOS sense plus SH-M07、HUAWEI P20 lite、HTC U11 life、HUAWEI MediaPad M3 Lite 10、arrows M04、HUAWEI nova、honor 8、ZenFone™ 3、arrows M03、AQUOS mini SH-M03、Ascend Mate7、honor6 Plus、ZenFone 2 32GB/4GB、AQUOS SH-RM02、ZenFone Selfie、ARROWS M01、ZenFone 2 32GB/2GB、ZenFone 2 16GB/2GB、HUAWEI MediaPad M3、MeMO Pad7、LaVie Tab S

・負担金4,000円の機種

moto g5s、ZenFone 4 Selfie、Aterm MP01LN、ZenFone Max Plus (M1)、HUAWEI nova lite 2、ZenFone 4 Max、HUAWEI MediaPad M3 Lite、AQUOS sense lite SH-M05、ZenFone Live、ZTE BLADE E02、HUAWEI P10 lite、HUAWEI nova lite、ZenFone™ 3 Max、AQUOS SH-M04、ZenFone 3 Laser、ZenFone Max、AQUOS ケータイ SH-N01、P8max、Y6、ZTE BLADE E01、HUAWEI P9 lite、ZenFone Go、arrows RM02、arrows M02、P8 Lite、Desire 626、ZenFone2 Laser 16GB、ZenFone 5、ZenFone2 Laser 8GB、Liquid Z330、Ascend G620S、MediaPad T1 7.0 LTE、MediaPad T2 7.0 Pro、ASUS ZenPad 10(Z300CNL)、HUAWEI E5577、Aterm MR03LN、Aterm MR04LN、Aterm MR04LN RB、Aterm MR05LN

例外的にGRANBEATとVAIO S11は修理対応となります。

つながる端末保証【Android&iPhone対象】

「つながる端末保証」は乗り換え前のキャリアの端末を引き継いで利用する場合や、自分でSIMフリー端末を購入して契約した場合に申し込める月額500円の保証サービス。

加入者は端末が故障した際に、無償修理を受けるか、低価格で端末を交換できます。交換時の利用料金は初回4,000円、2回目8,000円。「端末補償」と同様、申し込みできるのは新規契約時のみです。

サービスを利用できるのは1年間に2回まで、1回の故障につき50,000円までの故障が対象になります。修理期間中は貸し出し機のレンタルを受けることも可能です。

端末の登録を忘れずに

つながる端末保証のサービスを受けるには、事前に端末を登録する必要があります。専用のウェブページからできますので、オプションに加入した際は忘れずに登録しましょう。

保証可能期間に注意

つながる端末保証は国内メーカーの正規品であれば対象となりますが、保証期間には注意が必要です。自然故障の保証期間は端末の発売日から36ヵ月以内で、破損・水没は契約期間中であれば対象となります。それぞれの期間の違いには注意しましょう。

保証期間内はメーカー保証が優先

スマートフォンのメーカーは、一定期間内(多くは1年間)の自然故障に無償で対応するメーカー保証を提供しています。メーカー保証で対応できる故障については、先にメーカーに問い合わせることになります。

オプション加入のメリットは?

メーカー保証外の故障にも対応

故障には「自然故障」「破損・全損」「水没」などがありますが、メーカー保証の有効期間内であっても、メーカーが無償で対応しているのは「自然故障」のみです。

スマートフォンを落として「破損」したり、大雨などで「水没」してしまったりした場合は、修理代金が高額になります。その点、楽天モバイルの2つのオプションは、年間2回までではありますが、破損や水没にも対応しているので安心です。

修理に出すよりもお得

ガラス割れなどの外装破損の一般的な修理代金は20,000円前後で、内部修理が伴えばもう少し上乗せされます。iPhoneシリーズの修理はさらに高額です。

楽天モバイルの端末補償オプションは月額500円なので、1年間で6,000円、2年間で12,000円。期間中に修理に出すなら、端末交換代金を足しても加入していた方が割安に済みます。

盗難・紛失時はどうなる?

いずれのサービスも盗難・紛失・置き忘れなどは保証していません。この場合、サポートセンターにSIMカードの停止と再発行を申し込み、新たに端末を購入することになりますので、注意しましょう。

AppleCare+に自分で加入する【iPhone対象】

iPhoneシリーズを利用している方は、自分で「AppleCare+」に加入する方法もあります。「AppleCare+」は1年間のAppleの保証を2年間に延長するサービス。加入期間中は年2回までの修理保証とテクニカルサポートが受けられます。保証内容は以下の通りです。

保証内容 サービス利用料
画面の損傷 3,400円
そのほかの損傷 11,800円
バッテリー交換 無料

「AppleCare+」はiPhone購入日から30日以内であれば、自分で申し込むことが可能です。公式ページからシリアルを入力してオンラインで購入するか、直営店のApple Storeなどでも購入できます。

Apple | AppleCare製品

故障と決める前に試したいこと


端末の調子が悪いからと言って、故障しているとは限りません。症状が一時的なものであったり、周辺機器が故障していたりする場合もあります。修理を申し込む際に、端末の状況をひと通り聞かれますので、それを把握する意味でも基本的なことは試しておきましょう。

端末の再起動

端末の調子が悪いときにまず試したいことが端末の再起動です。画面がフリーズした、ディスプレイがつかないなどの症状は、ソフトウェアの不具合やメモリ不足が原因の場合があります。端末を再起動してリフレッシュを図ることで、動作が改善するかもしれません。

通常の方法で電源を落とせないときは、電源の長押しなど各端末に強制シャットダウンの手段がありますので、説明書を参照して、再起動を実行しましょう。

SIMカードの抜き差し

SIMカードの抜き差しも、各キャリアのトラブルシューティングで推奨されている方法なので、一度は試しておきましょう。SIMカードの接触不良によるトラブルに有効です。

方法は、端末の電源を落としてからSIMカードを取り出し、柔らかい布などでSIMカードの接触部分を清掃。再度差し込んでから端末を起動します。ただし、SIMカードには重要な情報が記録されていますので、丁寧に扱ってください。

修理に出す前にやっておくべきこと


端末内の大切なデータと個人情報を守るためにも、修理に出す前にはバックアップと初期化を済ませておきたいところ。楽天モバイルはバックアップのオプションなどがありませんので、自分で準備しておく必要があります。AndroidとiPhoneでは多少やり方が違いますので、ぜひチェックしておきましょう。

スマホ機種変更時のデータ移行・バックアップ完全ガイド

バックアップ【Android編】

Androidのバックアップは、OS搭載のバックアップが物足りないので、専用のアプリを使ってバックアップするのがおすすめ。定番の「JSバックアップ」などは無料かつ高機能です。バックアップがとれるデータは以下の通りです。

  • 連絡先、通話履歴、SMS、MMS、カレンダー、ブックマーク、システム設定、ホームショートカット、アラーム、辞書、ミュージックプレイリスト、アプリ、画像、音楽、動画、文書

保存先はSDカードか、Google Driveなどのオンラインストレージのどちらかを選べます。バックアップ後は、新しい端末から「JSバックアップ」をインストールして、データをダウンロードすればデータ移行も完了です。

バックアップ【iPhone編】

iPhoneは、iTunesかiCloudでバックアップ可能です。iTunesは接続したPCに、iCloudはストレージにバックアップデータが保存されます。どちらもデバイスにあるほぼすべてのデータがバックアップされますので安心です。

iTunesを利用する場合は、iPhoneをPCに接続後、iTunesの「概要」からバックアップをとります。iCloudの場合は、iPhoneの「設定→iCloud」からインターネットを経由してのバックアップ。日頃からiCloudeの自動バックアップをオンにしておくのが、一番シンプルで簡単なバックアップ方法です。

機種変更前は必須!iPhoneの簡単バックアップ方法

※アプリ内データのバックアップに注意

なお、LINEのトーク履歴やアプリ内のデータは、それぞれのアプリでバックアップする必要がありますので、注意しましょう。

LINEデータをスマホ変更で引き継ぐ方法|トーク履歴やスタンプなど

端末の初期化【Android&iPhone編】

バックアップが万全になったら、端末を初期化してから修理・交換に出しましょう。以下の手順で初期化しておくと、個人情報の悪用のリスクが減ります。

  1. Googleアカウントの削除
  2. 端末の暗号化
  3. 端末の初期化

バージョンによって細かい部分は異なりますが、いずれも「設定」から行えます。おサイフケータイを利用している方は、初期化前に残高の移行作業も忘れずに行いましょう。

楽天モバイルの修理の手順

「端末補償」を利用する場合【Android対象】

「端末補償」を利用する場合は、例外を除いて新端末との交換対応になります。手順は以下の通りです。

  1. 楽天モバイル端末補償センターへ連絡する
  2. 受付完了後、楽天モバイルが交換端末を送付
  3. 交換端末の受け取りと故障端末の集荷
  4. SIMカード差し替えと初期設定
楽天モバイル端末補償センター 0800-600-1111
受付時間 09:00~18:00

平日16:00、土日祝12:00までの受付で当日中に発送されますので、スマートフォンを利用できない時間が短く済みます。端末の送付・集荷にかかる費用は楽天モバイルが負担します。

「つながる端末保証」を利用する場合【Android&iPhone対象】

「つながる端末保証」を利用する場合は、以下の手順で進めていきます。

  1. 故障から7日以内に修理受付センター連絡する
  2. 故障品を指定の場所に送付する
  3. 修理端末あるいは交換端末を受け取る

修理期間中は、希望すれば代替機を借りることができます。送料はすべて着払いとなりますので、端末を受け取る際の送料はユーザー負担です。

修理受付センター 0120-301-974
受付時間 10:00~19:00

「AppleCare+」を利用する場合【iPhone対象】

AppleCare+を利用する場合の手順は以下の通りです。

  1. 公式サイトから依頼、またはサポートへ電話で依頼する
  2. 受け取りに来た運送会社に端末を渡す
  3. 見積もりの電話~修理申し込み
  4. 修理品受け取り
  5. SIMカード入れ替えと初期設定を行う
Appleサポート 0120-27753-5

Apple直営店や家電量販店への持ち込みでも手続きできます。iPhoneを修理に出す前の準備については以下も参照すると安心です。

Apple | iPhone、iPad、iPod touch を修理に出す準備をする

楽天モバイルには故障に対応できるオプションあり


楽天モバイルには、端末の故障に対応できる「端末補償」と「つながる端末保証」という2つのオプションがあります。ありがちな落下によるガラス割れや水没などは、メーカー保証の対象外で、修理に出すと高額になりますので、不安がある方はぜひ加入しておきたいところです。

キャリアにはiPhoneの故障への補償オプションがありますが、格安SIMでは対応していないことが良くあります。楽天モバイルは、iPhoneを引き継いでの乗り換えに「つながる端末保証」で対応できるので優秀です。

また、故障の場所や度合いによっては端末の操作が難しい状況もありますので、格安SIMユーザーもバックアップなどは万全にしておきましょう。

楽天モバイルへMNPするメリットと手順|格安SIM乗り換えガイド
2018年|格安SIM・格安スマホ徹底比較|主要10社のメリット・デメリット・評判まとめ


楽天モバイルのオンラインショップなら自宅で完結・在庫も豊富でおすすめ!
ドコモユーザーはdカード GOLDがお得!
dカード GOLD(ゴールド) VISA
国際ブランド
mastercardロゴvisacardロゴ
電子マネー
アイディ
dカード GOLDのメリット
  • ドコモケータイ・ドコモ光の利用料金1,000円(税抜)につき10%還元
  • 最大10万円までのケータイ補償
  • 海外旅行保険が最大1億円
  • 国内・ハワイの空港ラウンジを無料で利用可能
  • Amazon・マツキヨ・スタバ・ローソンなど人気店でポイントがお得
年会費10,000円(税別)審査最短5分で審査完了
ポイントdポイント還元率1~10%
保険国内・海外ありETCカード無料
家族カード1枚目:無料
2枚目:1,000円(税別)
スマホ決済Apple Pay
おサイフケータイ