Huawei(ファーウェイ) MNP 格安SIM・格安スマホ 楽天モバイル
読了時間:約 1 minute

楽天モバイルは格安SIMでNo,1といえるMVNOです。

ユーザー数が多い相乗効果なのか、他の格安SIMと比べると速度に対する不満も少なめのようです。

そんな楽天モバイルですが月額料金2,000円未満となると半信半疑。大手キャリアユーザーからすれば驚愕の価格ですからね。

今回はつい最近楽天モバイルに乗り換えて料金2000円未満で運用しているユーザーのレビューです。

月々2,000円以下!格安でスマホが使えるおすすめの携帯キャリアを比較

画像引用元:楽天モバイル公式サイト

楽天経済圏に生きる人には楽天モバイルはメリットだらけ|36歳 デザイナー

  • 36歳 デザイナー
  • 楽天モバイル利用歴:2018/9/1〜
  • 月額利用料金:980円
  • 利用機種:zenfone max

楽天のダイヤモンド会員なら楽天モバイル

ほとんど電話も使わず、毎月5000円近くスマホに払っているのが馬鹿らしくなり、ついに格安SIMへ変更しました。

私は楽天のヘビーユーザーで、楽天のダイヤモンド会員なので、楽天モバイルに変更しました。

楽天ユーザーであり、なおかつダイヤモンド会員なので、なんとスーパー放題という高速通信(最低でも1Mbps)と、10分間の電話かけ放題をつけて、月額980円(税別)でした。

普段から節約家なので、電話はほとんど使わず、我慢していたのですが、この10分間かけ放題はとにかく嬉しいです。電話なんて、1回の要件で10分以上なんてかけませんから。

また、普段から高速通信の残容量にヒヤヒヤしていて、制限がかかると我慢してブラウジングなどしていたのですが、楽天モバイルなら、高速通信の容量をすべて使い終わっても、1Mbpsというそこそこ速い速度が保証されるので、私にとってはずっと高速通信が使えるようなものでした。

ですので、いろんなものを我慢しなければならないという制約から開放され、それだけでも結構なストレスの軽減になりました。

楽天モバイルに加入しているだけで楽天ポイントが+2倍

また、楽天のヘビーユーザーなので、楽天モバイルに加入しているだけで、毎月いただける楽天ポイントが+2倍になります。

年間数十万を楽天で購入している人間なので、これはとても大きな違いになります。

体感的には電話・通信代を削りながら、さらに日常のお買い物がお得になったようなものですから、支出を減らして収入を増やしているという素晴らしいことになりました。

現状使っていてデメリットらしいデメリットは感じられません。

海外のSIMフリースマホを安く輸入し、そちらで使っているのですが、楽天モバイルはdocomo回線を使用しているので、通信の品質なども全く問題なく使えています

唯一難点があるとすれば、初期のMNPや、楽天モバイルの開通手続きで初期費用が必要であったり、数年縛りの契約になっているので、より安いプランをどこかの会社が出してきても気軽に乗り換えられないことでしょうか。

しかし、今までのキャリアのしばりのきつさはそんなものではなかったので、私は非常に納得して使えています。

楽天で溜まったポイントを、楽天証券で投資信託を買うのに使ったりと、楽天の経済圏で生きている人間にとって、楽天モバイルは最高だと私は思います。

楽天モバイルへMNPするメリットと手順|格安SIM乗り換えガイド

auからの乗り換えですがドコモ回線を選びました|専業主婦

  • 専業主婦
  • 楽天モバイル利用歴:2018/10/1〜
  • 月額利用料金:1480円
  • 利用機種:iPhone X

楽天の速度制限は緩やかで使える

つい最近auから楽天モバイルにSIM変更しました。変更する時はdocomo SIMを選びました。

乗り換えた理由はなんといっても月額料金の違いでした。

auではもともとピタットプラン1ギガスーパーかけ放題を使っていましたが、機種代込みで月7400円ほどでした。

さすがに最近やっぱり高いと感じるようになり、格安SIMを探していたところ楽天モバイルに出会いました。

色々金額相談を店舗でしましたが、1年後2年後3年後で月の料金が少しずつ高くなりますが、それでも3年後を考えると断然楽天モバイルが安かったので乗り換えました。

メリットとしては1つは速度制限です。auなどの大手とは違いなおかつ格安なのに速度制限がかかった時の通信速度がなんと最大1Mbpsなので制限かかったとしてもあまり困りません。

2つ目は容量がある状態でも高速通信と低速通信を選べることです。

低速通信を選ぶことによって容量使わずに済むことができます。試しに低速通信を使ってみましたが、YouTubeがストレスなく見れるし、LINEも普段通りのスピードで相手にメッセージを送ることができました。

3つ目のメリットは楽天会員だとお得になることです。なおかつダイヤモンド会員ならさらに1年目の月額料金が980円になるとゆうことです。

私は楽天会員でもあり今はダイヤモンド会員なので980円と端末安心保証のオプションをつけて月1480円です。

楽天利用・ドコモ回線じゃないとメリットが減る

次にデメリットですが、1年ごとに割引がなくなっていくことですね。

ダイヤモンド会員だと1年目980円、2年目1480円、3年目2980円とだんだん高くなるのがネックです。

2つ目のデメリットは1年目ダイヤモンド会員なら980円とうたっているが、ダイヤモンド会員である月だけ980円なので楽天カードをあまり使わない人には楽天モバイルはおすすめできません

3つ目のデメリットはau回線ではお得ならないという点です。

docomo回線ならスーパーホーダイというプランがありますが、au回線だとそのプランがなく10分かけ放題がありません。

そのため今回私のようにauキャリアから楽天モバイルに乗り換える時はdocomo回線にするために、いったんSIMフリーにしなければいけないとゆうことになります。

以上楽天モバイルのメリットデメリットを書きましたが、楽天会員でなおかつダイヤモンド会員なら断然楽天モバイルがおススメです。

auから楽天モバイルに乗り換えるために確認するべき手順と準備

回線は安いし混雑の時間帯も工夫次第|33歳 専業主婦

  • 33歳 専業主婦
  • 楽天モバイル利用歴:2018/6/1〜
  • 月額利用料金:1700円
  • 利用機種:HUAWEI P10

契約は楽。トラブルなくすぐ使えた。

以前はドコモを利用していて、月8000円程支払いしていました。

しかし周りで格安simに変える人が出てきて、料金を聞くと1000円台や、高くても3000円台と、信じられないくらい安く驚きました。

私は結構ネットで動画を見るので、月々5GBでも節約しないと超えてしまっていました。速度制限にも度々なり、またそれを気にしないといけない所も憂鬱でした。

データ量の事も聞くと、10GB付けてるよ!20GBのにしてる!等、そこにも大きな魅了を感じ、乗り換える事にしました。

早速比較サイトを見たり、口コミや評価を調べました。会社によってはハイスペック携帯を扱っていなかったり、非常に価格が高かったりした中、楽天モバイルに辿り着きました。

取り扱い機種がとても多く、料金も安い方でネームバリューも有り、その時たまたま楽天スーパーセールの時期で対象機種を半額や大幅割引で販売されていました。

その中に自分の要望に合うスペックのHUAWEI P10が有ったので、ほぼ即決で乗り換える事にし決めました。

6月14日にネットから申し込み、6月16日に本人確認書類の受領メール、6月18日には手元に届きました。

非常にスピーディーで、店舗に行かなくても自分のペースで契約出来るのは手軽で良かったです。

混雑の時間帯はやはり混む。ポケットWi-Fiでカバー

一番心配していた通信速度ですが、朝の通勤通学時間や夕方5時頃、あと夜8時〜10時頃は回線が混雑するのか、私の住んでいる地域では平均で上りが1Mbps、酷い時で0.3Mbps位になる事があります。下りは平均3Mbps位です。

混雑していない時間帯は問題無く動画閲覧も可能です。

メインで使うには困る事があるかな、とこの機会に家に他社のポケットWi-Fiを契約しました。

なので楽天モバイルでは3.1GBプランを契約しています。

家の外では検索を行う位なので私は特に困りません。ただ旅行先で観光地など、多数の画像付きサイトを閲覧する時は読み込みが遅く不便に感じました。

また通話定額オプションは10分で850円であるのですが、私はあまり長電話はしないので、楽天でんわアプリを経由してかけ、30秒で10円です。長電話になる際はスカイプやラインでかけるように意識しています。

気にかかるのはスマホが故障した際に近くに店舗が無いので、修理する間、もしくは新しいスマホが届くまでは不便な所でしょうか。なので1つ予備のスマホがあると安心かなと思います。

結果、特に困ること無く使える事が分かったので夫にも乗り換えてもらい、今まで2人で16000円だったのがWi-Fiも付けても8000円程になり大満足しています。毎月かかるものなので、やはり安いに越したことは無いと思いました。

ドコモから楽天モバイルに乗り換えるために確認するべき手順と準備

ドコモの高い料金に不満が大きく楽天モバイルへ|30代 フリーランス

  • 30代 フリーランス
  • 楽天モバイル利用歴:2018/9/1〜
  • 月額利用料金:1700円
  • 利用機種:HUAWEI nova lite 2

不安点は実際使ってみると解消

長年ドコモを利用していましたが、毎月の料金が高いことに不満がありました。

しかし、家族がみんなドコモユーザーであり、家族間の通話やメールが無料になるサービスがあることから、なかなか乗り換えることができずにいました。

そこで、一時的な解決策として取り入れたのが携帯の2台持ちです。

ドコモではスマホからガラケーに機種変更をして通話とメールのみの利用へ、そしてドコモで使っていたスマホはインターネット通信専用にして格安SIM(通話なしデータ通信のみ)を契約しました。

これで、毎月の料金は大幅に抑えることができましたが、携帯の2台持ちは荷物がかさばるし若干不便さもありました。

その状態でしばらく我慢して過ごしていましたが、「ドコモを解約してもいいよ」とようやく家族の了解を得られたため、今回は格安SIMに乗り換えたのです。

データ通信に関しては、2台持ち状態のときに使っていて不便を感じたことがほぼなかったので特に心配はしていませんでした。

しかし、格安SIMで通話付きのプランは経験したことがなかったので、通話品質や対応エリアなどに問題がないかと若干不安は感じていました。

結果、今のところ特に不便は感じていません。

むしろ、安い料金で普通にスマホが使えるので満足しています。また、格安SIMへ乗り換える際に新しいスマホを安く購入できたことも嬉しかったです。

オンラインで全て完結するのはありがたい

すべての手続きがオンライン上で完了することも私にとってはメリットで、わざわざ店舗に出かける手間が省けるので非常に助かります。

楽天モバイルに申し込みをしてから数日後には新しいスマホとSIMカードが届き、設定したらすぐに使用ができるという手軽さもいいです。

自分で設定するのも手順通りにやればよいため、そこまで大変ではありませんでした。

ひとつだけデメリットをあげるとしたら、申し込みをした日にちに関わらず、その月は一か月分の料金がかかってしまうことです。日割り計算にはなりません。

月の半ばでの契約スタートになったため、少し損したような気分になりました。

しかし、そもそもの月額料金が安いためドコモで普通にスマホを使うことに比べたら大したことではないです。

私は長年ドコモを使っていましたが、近年は特にメリットを感じたことがなく、格安SIMに乗り換えて正解だったと思います。

格安SIM|楽天モバイルの料金プラン比較と機種変更・乗り換え・解約手順

楽天市場との相乗効果が大きい

楽天市場との相乗効果、楽天ポイントのアップなど値引きやポイント獲得の面で、楽天モバイルユーザーは優遇される事が大きいようです。

逆に楽天市場をほとんど使わないユーザーにとってのメリットは減少するとも言えます。

しかしながら回線も価格以上に使えるという事もあり、それもあってNo.1格安SIMキャリアになれたのだと思います。

格安SIM|音声通話にオススメのキャリアは?通話し放題の格安料金プランと端末

Pocket