読了時間:約 2

ECサイト国内最大手の楽天が運営する『楽天モバイル』は数ある格安SIMの中でも特に高い人気を誇るキャリアのひとつです。

今回はそんな楽天モバイルの中でも利用者の多い3GBのデータ通信が使える料金プラン『組み合わせプラン』について解説していきます。

同じく人気のプランであるスーパーホーダイとの比較もご紹介するので、どこの格安SIMに乗り換えようか悩んでいる方、楽天モバイルが気になっている方は是非参考にしてみて下さい。

独自のサービスで人気を集める楽天モバイル


画像引用元:楽天モバイル:安心・お得な格安スマホ(スマートフォン)/格安SIM
楽天モバイルは独自のサービスを展開していることで有名な格安SIMです。例えばスーパーホーダイの『通信制限中でも最大1Mbpsで通信できる』などのサービスは特に有名でしょう。

他にも10分までの通話が無料となる『10分かけ放題オプション』や組み合わせプランの『月の途中でもプランを変更出来る』などの他の格安SIMには無いサービスが魅力となっています。

格安SIMではネックになりがちな回線の質も良好であるため、楽天モバイルの独自サービスに魅力を感じるなら乗り換えを検討してみると良いでしょう。

3GBのデータ通信が使える料金プランとは?

データ容量・通話機能を自由に組み合わせられる

タイトルの『3GBのデータ通信が使える料金プラン』とは組み合わせプランを利用して音声通話機能付きSIM、3.1GBプランを選択した場合の料金プランを指します。

組み合わせプランは名前の通り通話オプションの有無やデータ容量を自分の好みで組み合わせられるプランのことで、他社の料金プランに比べて自由度が高いのが魅力です。

選べるデータ容量も高速通信を行わないベーシックプランから30GBプランまでと幅広いので、組み合わせプランを上手く使いこなせれば、他社では出来ないような自分に最適のプランを作ることも出来るでしょう。

データ通信のみのプランも選べる


組み合わせプランでは通話機能のないデータ通信のみのプランを選択することも可能です。データ通信のみのプランの料金は通話の出来るプランから700円引きとなっていることが多く、通話が出来ない分料金は割安です。

通話を多用する方、楽天モバイルで仕事/プライベート兼用のスマホを運用したい方にとっては向きませんが、サブスマホを楽天モバイルで運用するのならデータ通信のみのプランを選ぶことをおすすめします。

注意点として、データ通信のみのプランはドコモ回線限定のプランとなっているため、au回線を選んだ場合は利用することが出来ません。回線によってサービスの内容が大きく変わることはありませんが、念のため留意しておきましょう。

050データSIMが利用出来る

格安SIMでは珍しく、楽天モバイルでは050データSIMを利用することが出来ます。050データSIMとは名前の通り050番号を使って通話の発信、着信が出来るSIMのことで、通常の通話プランより割安で利用することが可能です。

ただ、050番号には110や119などの特殊な番号に電話を掛けられない他、非通知発信が出来ない他、運用できるスマホの種類が通常のプランに比べて減ってしまうなどのデメリットがあります。

そのため、データ通信のみのプランと同様に050データSIMを用いたプランをメインのスマホに適用するのはおすすめ出来ません。基本的に050データSIMはサブスマホで使うものだと考えておきましょう。

3GBのデータ通信が使える料金プランの特長


3GBのデータ通信が行える組み合わせプランはどのような特長を持っているのでしょうか。格安SIMを持つのは初めて、という方にも分かりやすいように解説をしていくので、楽天モバイルが気になっている方は目を通して見て下さい。

データ容量の繰り越しが出来る

格安SIMでは行えない、もしくはオプション扱いになっていることの多いデータ容量の繰り越しですが、楽天モバイルの組み合わせプランでは無料でデータ容量の繰り越しが行えます

繰り越せる量に上限は無く、3GBプランを契約していて1GB余った場合は翌月に1GBのデータ量を繰り越すことが可能です。もちろん下限も存在しないので、数百MBしか余らなかった場合でも余ったデータ量は翌月に繰り越されます。

データ繰り越しに加えて、高速データ通信のオンオフを切り替えられる『楽天モバイル SIMアプリ』も併用すれば、少ないデータ容量でも快適にデータ通信を楽しむことが出来るでしょう。

月の途中でプランの変更が行える


格安SIMに限らず、携帯キャリアのほとんどは一度契約してしまうと容易にはプランを変更できないシステムを採用しています。特に2年縛りプラン、4年縛りプランなどはその中でも代表的なものでしょう。

楽天モバイルの場合はそんな一般的なキャリアとは違い、月の途中でもプランを変更できる仕組みとなっています。ただ、すべてのプランがプラン変更に対応しているわけではありません。

月の途中でのプラン変更自体は組み合わせプランでもスーパーホーダイでも可能ですが、変更できるのはデータ容量に関する部分のみとなっており、通話に関する部分を変更することは不可能です。

この仕様にはSIMカードの仕組みが深くかかわっています。というのも、SIMカードはプランに応じて使える機能が異なるために、通話プランを選択している方がSIMカードの交換無しにデータ通信のみのプランや050データSIMを使うプランに変更することは出来ないのです。

前述のようにデータ容量に関してはいつでも変更することが可能なので、契約時に深く悩む必要はありませんが、通話機能については契約時に必要かどうかしっかり考えておく必要があります。

データシェアオプションに対応

ドコモ回線限定ではありますが、組み合わせプランはデータ容量を他の人に分けることが出来るデータシェアオプションに対応しています。

残念ながらデータの繰り越しサービスとは違い、データシェアオプションは有料となってしまいますが、料金は100円(税抜)/月と格安です。家族で楽天モバイルを使っているのなら入っておいて損は無いでしょう。

また、データシェアオプションはシェア出来る人数こそ5人に限られてしまうものの、大手キャリアのシェアパックなどとは違い、家族だけでなく友人ともデータ量をシェア出来ます。

そのため、家族で楽天モバイルを利用している方だけでなく、既に友人が楽天モバイルを使っているという方や、恋人と一緒に楽天モバイルへ乗り換えようと考えている方にもデータシェアオプションはおすすめです。

スーパーホーダイとの比較


2018年6月に既存プランをリニューアルする形で登場したスーパーホーダイは組み合わせプランと同じく楽天モバイルで人気の料金プランです。

スーパーホーダイの特長は10分以内の国内通話が掛け放題、データの繰り越しが行えるなど一部の仕様は組み合わせプランと似通っていますが、実際のところどちらを選んだ方がお得に使えるのでしょうか。スーパーホーダイと組み合わせプランを比較してみましょう。

選べる回線が異なる

組み合わせプランの場合はau回線とドコモ回線の2種類から好きな方を選ぶことが出来ますが、スーパーホーダイの場合はドコモ回線しか選ぶことが出来ません

キャリア公式オンラインショップなら頭金0円で在庫も充実しているので断然お得!
1 2