読了時間:約 2

年々利用者が増えている格安SIMのなかでも、2018年シェア率1位を獲得した人気NO1の格安SIMが楽天モバイル

キャリアよりも割安な料金プランに加え、楽天ポイントの還元率の高さや、全国に展開する単独店舗など、他社よりもサービスが充実している点がユーザーに支持されています。

本記事では、そんな楽天モバイルへMNPするメリットと乗り換えの手順について詳しく紹介しますので、格安SIMが気になっている方や乗り換え先を探している方はチェックしてみてください。

トップ画像引用元:楽天モバイル: 楽天モバイルは、格安スマホ(MVNO)契約数No.1!

楽天モバイルを利用すると年間○○円お得!


格安SIMでまず気になるのは月額の利用料金です。楽天モバイルでは、4つの「スーパーホーダイプラン」が用意されています。

通常のプラン料金に楽天会員限定の「楽天会員割」と最低利用期間を設定する「長期割」の割引が適用されます。

会員割の条件の楽天会員は無料で加入できますので、3年間の最低利用期間で長期割が適用されれば、誰でも最安1,480円で利用できるのが「スーパーホーダイ」の魅力です。

各プランの料金の詳細は以下の通り。

プラン名 月額基本料 楽天会員割 長期割
(最低利用3年)
月額
プランS
(2GB)
2,980円 -500円
(2年間)
-1,000円
(2年間)
1,480円 / 月
プランM
(6GB)
3,980円 2,480円 / 月
プランL
(14GB)
5,980円 4,480円 / 月
プランLL
(24GB)
6,980円 5,480円 / 月

「楽天会員割」は利用者がダイヤモンド会員の場合はさらに1年間の500円割引が追加。「長期割」の最低利用期間3年が長いという方は、最低利用期間2年間で500円割引を選ぶこともできます。

キャリアの2年縛りとは異なり、最低利用期間が過ぎてからは解約・乗り換えも自由なので、縛りはそれほど厳しくはありません。

また「スーパーホーダイプラン」すべてに楽天でんわを利用した10分以内の国内通話かけ放題が付いてきますので、通話の面でもかなりお得です。

キャリアの料金プランと比較すると?

実際にキャリアの料金プランと比較するといくらくらいお得になるか見ていきましょう。

ここでは、一般的な使い方のスマホユーザーを想定して、ドコモの料金プランで条件が近いものと比較してみます。

データ容量 通話プラン データ通信 月額利用料
ドコモ ~1GB 1,700円
(5分以内通話無料)
2,900円 4,600円 / 月
~3GB 1,700円
(5分以内通話無料)
4,000円 5,700円 / 月
楽天モバイル ~2GB -円
(10分以内通話無料)
1,480円 1,480円 / 月
~6GB -円
(10分以内通話無料)
2,480円 2,480円 / 月

無料通話とデータ容量の条件に若干差がありますが、いずれのプランでも楽天モバイルの方が3,200円前後安くなっています。

スマホの利用料金の平均は7,000円~9,000円前後というデータが多いですので、例に挙げたケースよりもさらにお得になる方も多いのではないでしょうか。

POINT

大手キャリアから楽天モバイルに乗り換えた方が、年間にするとおよそ38,000円お得です。

楽天モバイルにMNPするメリットは?


ここでは、料金プラン以外の部分で、格安SIMのなかで楽天モバイルを選ぶメリットを紹介していきます。

楽天モバイル利用で楽天市場のポイント還元率アップ


楽天は楽天市場や楽天銀行、楽天カードなど幅広いサービスを提供しています。そうしたサービスを利用した際に貯まるのが楽天スーパーポイント

楽天モバイルを契約するとその楽天スーパーポイントが効率よく貯められます。

楽天モバイルへの月々の支払い額100円につき1ポイントのポイントが付き、さらに契約期間中に楽天市場を利用するとポイント還元率が1%上乗せされます。

貯まったポイントは楽天市場での買い物にも使えますし、楽天モバイルの支払いに使用することもできますので、ポイントを貯めても無駄になることはありません。

また、楽天モバイルへの支払いを楽天カードに設定するとさらに1%のポイント還元を受けられますので、楽天モバイルを利用する際は楽天のその他のサービスと出来るだけ連携させるとお得に利用できます。

速度制限時も最大1Mbpsの通信速度


毎月のデータ容量を使い切ると高速データ通信に速度制限がかかるのは、キャリアでも共通している仕組みですが、楽天モバイルは速度制限時も最大1Mbpsのデータ通信が使い放題です。

Y!mobileの速度制限時が最大128Kbps、UQmobileの速度制限時が最大300Kbpsと比較しても、楽天モバイルの速度制限時の通信速度は高速であることがわかります。

1Mbpsがどれくらいの速度なのかはいまいちピンとこない方も多いと思いますが、SNSやLINE、ブラウジング、Youtubeでの動画再生程度であれば、ストレスなく動作します。

一方、高画質な動画配信サービス、データ通信を頻繁に行うアプリゲーム等は厳しい、といった速度です。

実際に1Mbpsがどれくらいの速度なのかは、楽天モバイルの公式サイトには検証動画も掲載されていますので、気になる方は確認してみてください。

ここに注意

格安SIMの弱点でもある昼の時間帯(12:00~13:00)と夕方の時間帯(18:00~19:00)は最大300Kbpsと他の格安SIMと同等です。

次のページでは楽天モバイルの通話面でのメリットを紹介します。

キャリア公式オンラインショップなら頭金0円で在庫も充実しているので断然お得!
1 2