読了時間:約 2

楽天カードの審査に落ちないコツ

審査で見られる点を知っておく

審査に落ちないようにするためにはまず審査で見られる点を知っておかなければいけません。

楽天カードで重要視されるのは、「楽天カードの審査基準」の項でご紹介した通り、

  • 収入の有無・高低
  • 金融資産の有無
  • 他社借入の有無
  • クレジットヒストリー

の4つです。この4つの点を踏まえた上で申込みを行えば、スムーズに審査が終わり、問題なくカードが発行されます。

例えば、収入も金融資産も無いのなら定職に就く、他社借入が多いならいくらか返済する、などしてから申込みをすると何の問題もなく審査に受かるでしょう。

逆に、審査基準に合致しないにも関わらず申込みをするのはおすすめしません。

というのも、クレジットヒストリーには「クレジットカードの審査に落ちた」という情報も履歴として残るので、後日カードの申込みをする際不利になってしまうのです。

そのため、申込みをする際は審査で見られる点に大きなマイナスポイントが無いかを確認した上で申込みをするようにしましょう。

連続して申込みをしない


楽天カードに限らず、短期間の間に何度もクレジットカードの申込みを行うのは控えた方が良いでしょう。

なぜなら、短期間に連続して申込みを行うと、「お金に余裕がないのでは」と判断されてしまうことがあるからです。

特に1、2か月の間に複数回申込みをしてすべて否決された場合などは最悪で、申込み否決の履歴が無くなるまでカードが作れなくなってしまうこともあります。

もし既に短期間に複数回クレジットカードの申込みを行ってしまっているのなら、少なくとも申込みの否決から1年は時間を置いた上で申込みをした方が良いでしょう。

ブラックリスト登録中は申込みをしない

金融事故を起こして所謂「ブラックリスト入り」してしまったら、余程属性が改善されない限り、しばらくの間はクレジットカードが作れません

また、ブラックリストから除外される前に申込みをすると、前述のようにクレジットカードの審査に落ちたという情報がクレジットヒストリーに残ってしまいます。

そうすると、例えブラックリストから除外された後でも、カード会社に「この人は支払い能力に問題があるのでは」と疑われる余地を残してしまいかねません。

楽天カードは審査の緩いクレジットカードではありますが、クレジットヒストリーにマイナスポイントがあるかどうかについてはシビアに審査をしています。

そのため、ブラックリストに登録されている最中は下手に申込みを行わないようにしましょう。

自分がブラックリストに登録されているかどうかはCICやJICCに照会を行うことで確認することが可能です。

楽天カードの審査に落ちないコツ
  • 審査で見られる点を知っておく
  • 短期間の間に何度もクレジットカードの申込みを行わない
  • ブラックリスト登録されている間は申込みをしない

コツさえ分かれば楽天カードは作りやすい!


画像引用元:楽天カード:お得なクレジットカード ポイントがザクザク!年会費無料
ご紹介したように楽天カードの審査はかなり緩いです。数あるクレジットカードの中でも楽天カードほど緩いカードはそう多くないでしょう。

しかし、「ザル」と言われるほど審査が緩いわけではなく、あまりにも属性が悪いケースでは審査に落ちてしまうこともあります。

そこで重要になるのが「審査に落ちないコツを知っておく」ということです。

審査に落ちないコツさえ知っておけば、例え審査に受かるかどうかギリギリの属性の方でも楽天カードを手に入れられます。

「楽天カードの審査に受かるか心配」と悩んでいる方は、是非ご紹介したコツを踏まえた上で申込みをしてみて下さい。

1 2