読了時間:約 2

作りやすいクレジットカードの中では群を抜いて質の高い特典を多く提供している楽天カード。特典を目当てに作りたいと考えている方は多いでしょう。

今回はそんな楽天カードを作りたいと考えている方のために、申込み条件と審査基準、審査に落ちないコツをご紹介していきます。

審査のカラクリさえ分かってしまえば楽天カードを作るのは簡単です。楽天カードを作ろうか悩んでいる方、審査に通るか悩んでいる方は是非参考にしてみて下さい。

画像引用元:価格.com – 楽天カード|クレジットカード比較

楽天カードの審査は厳しい?


画像引用元:価格.com – 楽天カード|クレジットカード比較
結論から言えば楽天カードの審査はかなり緩い部類に入ります。少なくとも銀行系・信販系クレジットカードに比べると格段に緩いです。

しかし、だからと言って誰でも作れるわけではなく、属性によっては審査に落ちてしまうことも少なくありません。

重要なのは楽天カードの審査基準を理解し、落ちないためにはどうすれば良いのか把握しておくことです。

そうすれば、スムーズに楽天カードを手に入れることが出来るでしょう。

逆に審査に落ちないためのコツなどを知らないで申込みをしてしまうと、属性が高い方でも落ちてしまうことがあります。

楽天カードの申込み条件


楽天カードに申込みをする条件として公式にアナウンスされているのは、

  1. 高校生を除く18歳以上の方
  2. 楽天会員の方

の2点です。極論を言えばこの2つの条件を満たすのであれば、例え職に就いていなくとも楽天カードへ申込みを行うことが出来ます。

実際に楽天カードでは働いていない方にもクレジットカードを発行することがあると明言しており、専業主婦の方や学生の方でも楽天カードの審査に通ることは多いです。

年齢問わず高校生の申込みは出来ない

家族カードの暗証番号は本会員カードと同じ
30歳以上と申込み出来る年齢を高く設定しているクレジットカードもある中、楽天カードは年齢制限に関してはかなり条件が緩くなっています。

ただし、例え19歳であろうが20歳であろうが、高校生という身分であれば問答無用で審査に通りません

これは職に就いている場合も同様で、仕事をしながら定時制高校や通信制高校に在籍している方などは注意しておかなければならないでしょう。

会員には入会時になれば良い

楽天カードの申込み条件に「楽天会員の方」という項目がありますが、申込み前に楽天会員ではないからといって、楽天カードが作れないわけではありません。

というのも、条件はあくまで「楽天会員であること」であり、「会員になって~年」というような基準があるわけではないため、申込み時に会員登録しておけば良いのです。

楽天会員への申込みは、楽天市場や楽天ポイントカード公式サイトなどから行えます。

楽天カードを作る際にまとめて会員登録することも出来るので、カード発行と一緒にやってしまうのも良いでしょう。

楽天カードの審査基準


多くのクレジットカードがそうであるように、楽天カードにも発行の可否を判断するための審査基準が存在します。

楽天カードの審査では主にどのような点を見られるのでしょうか。ここでは特に重要な項目をご紹介していきます。

収入の有無・高低

クレジットカードを作る上で最も重要であるとされることの多い「収入の有無・高低」は、楽天カードの審査でも重要視されています。

ただ、楽天カードには「年収~万円以上」というような基準が存在せず、年収がゼロでも審査に受かることが少なくありません。

もちろん、収入が高ければ高いほど審査に落ちにくいのは間違いありませんが、職に就いていないからといって楽天カードの発行を諦める必要もないでしょう。

金融資産の有無


楽天カードでは収入の有無・高低と同じくらい金融資産の有無を重要視しています。

例えば貯金が500万円以上ある、持ち家であるなどの場合は属性が高いと判断され、審査に通りやすくなるのです。

収入が無い方でも楽天カードが発行出来る理由はここにあり、仮に安定収入が無くとも、金融資産が豊富であれば問題なくクレジットカードが発行されます。

ただ、安定収入が無く、尚且つ金融資産もほとんど無い場合は審査落ちしてしまう可能性が高くなってしまいます。

例外として18歳~20歳前後の学生、専業主婦の方など、親や配偶者に安定収入や金融資産があるケースだと問題なく審査に通ることが多いです。

基本的には安定収入もしくは金融資産が一定以上無い場合は審査に落ちてしまう可能性が高い、と考えておいた方が良いでしょう。

他社借入の有無

安定収入が有り、金融資産もそこそこあるという方でも楽天カードの審査に落ちてしまうことがあります。

そのようなケースでは大抵「他社借入が多過ぎる」または後述する「クレジットヒストリーが悪い」のどちらかに該当していることが多いです。

他社借入が多いかどうかは借入の総額が自分の年収の1/3以上を超えているかどうかで判断すると良いでしょう。

例えば、年収300万円の方が150万円の借入をしている場合は他社借入が多いと判断されますが、年収600万円の方の場合はまだ余裕があると判断されます。

また、借入額が年収の1/3未満であったとしても、楽天カードの基準において「他社借入が多い」と判断されると、審査には通りません。

楽天カードが「他社借入が多い」と判断する基準は公式には明かされていませんが、少なくとも年収の1/4以上の他社借入があると審査は厳しいものになるでしょう。

もちろん、クレジットヒストリーが長年無傷、金融資産が豊富にあるなどのケースはその限りではありません。

クレジットヒストリーの良し悪し

新規契約の場合はクレジットカード払いのみ可能
クレジットヒストリーとは名前の通り「クレジットカードの利用履歴」のことで、広義にはローンやキャッシングなどあらゆる借入の履歴を指します。

楽天カードを始めとするカード会社は審査時に申込み者のクレジットヒストリーをCICなどの信用情報機関から情報を取得し、カード発行の可否を判断します。

特に重要なのが「クレジットカードやローンの返済を延滞したことはないか」という点で、複数回延滞をしている場合は審査に受かりにくくなってしまいます。

クレジットヒストリーに傷が付いている状態で楽天カードを作るのは難しいため、傷が付いているのなら申込みをするのは履歴が消えてからにした方が良いでしょう。

次のページでは、楽天カードの審査に落ちないコツをご紹介します。

楽天カードの審査基準
  • 審査で見られる点を知っておく
  • 短期間の間に何度もクレジットカードの申込みを行わない
  • ブラックリスト登録されている間は申込みをしない
1 2