クレジットカード 楽天カード
Pocket

読了時間:約 2

楽天カードを使う際に気になるのが締め日や支払日などの、料金の支払いに関する日程です。

これを把握しないことには、最悪のケースだと支払いの遅延が発生してしまうため、楽天カードを上手に使いたいのなら必ず把握しておかなければいけません。

今回はそんな楽天カードの締め日や料金確定日、支払日について解説していきます。

これから楽天カードを使い始める方も、楽天カードを既に使っているけれど料金に関する日程がよく分かっていない方も、是非目を通して見て下さい。

画像引用元:楽天カード:お得なクレジットカード ポイントがザクザク!年会費無料

楽天カードの支払いに関する日程


まずは締め日、料金確定日、支払日とは何なのか解説しましょう。締め日とは「クレジットカード利用額の合計を計算する日」のことです。

料金確定日は「締め日に計算された次回の支払い額が確定する日」、支払日は料金確定日に決まった支払い額を支払う日のことを指します。

締め日、料金確定日、支払日の3つは似ているようでまったく異なり、認識を誤ると思わぬトラブルを引き起こしてしまいかねません。

よくあるのが「締め日に支払い額をチェックして、口座振替用の銀行口座へお金を入れておいたのに、残高不足で引き落とされなかった」というトラブルです。

このトラブルは締め日と料金確定日を混同しているために起こったミスと言えるでしょう。

楽天カードにおいては締め日=料金確定日ではないため、締め日に確認した支払い額はまだ未確定のものとなっています。

適切な支払い額を把握するためには、締め日の後の料金確定日を待たなければなりません。

上記の例を見ても分かる通り、支払いに関する日程を誤認してしまったために起こるトラブルは非常に多いです。

そのため、楽天カードを使う際は支払いに関する日程の詳細を正しく理解しておく必要があります

楽天カードの締め日はいつ?


15日締めなど中途半端なタイミングで締め日が来るクレジットカードもありますが、楽天カードの締め日は月末と分かりやすいタイミングに設定されています。

締めの期間は1日から当月末までです。例えば、1月の利用分は1月1日に計算がスタートし、1月31日に締められます。

1か月の利用分がまるまる締められる、と考えれば分かりやすいでしょう。

ただ、締め日は稀にズレてしまうことがあるため、必ずしも月末に締められるわけではありません。

というのも、月末利用分に関しては楽天側の都合により計算が間に合わず、締めの計算の対象外になってしまうことがあるのです。

この場合、翌月の支払いは本来支払うべき料金が繰り越されるために安くなりますが、その分翌々月の支払いは高額になるため注意しておきましょう。

締め日と料金確定日の違いは?

前述のように楽天カード以外のクレジットカードでは締め日=料金確定日となっていることもありますが、楽天カードでは締め日と料金確定日が分かれています。

具体的に説明すると、締め日は月末であるのに対し、料金確定日は毎月15日となっているのです。

また、料金確定日には仮確定日と呼ばれる日があり、毎月12日の仮確定日には名前の通り次回の支払いが仮確定します。

ここで決まった料金と締め日までに利用した料金に相違が無ければ、支払い額に変化は生じません。

しかし、締め日ギリギリでカードを使った場合など、仮確定日までに利用分の計算が間に合わなかった場合は15日の料金確定日にて支払い額が変更されます。

そのため、仮確定日に確定した支払い額はあくまで目安として考え、料金確定日までは油断してお金を使いすぎないようにしなくてはならないのです。

楽天カードの支払日


基本的に楽天カードでは支払い方法を口座振替に限定しているので、「支払い方法によって支払日が異なる」ということは無く、すべての方が27日に支払いを行います。

注意しておきたいのは口座振替のタイミングで、少なくとも前日までには口座に引き落としが可能なだけのお金を入れておかなければ正常に引き落としが行われません。

うっかり口座にお金を入れ忘れると支払い遅延と見なされ、クレジットヒストリーに傷がつくこともあるので、必ず支払日の前日までには充分なお金を入れておきましょう。

口座振替用の銀行口座を設定していない場合は銀行振込やコンビニ払いにて料金を支払うことも可能ですが、この方法は原則認められていません。

口座振替用の銀行口座を設定していなくとも問題なく楽天カードを使うことは出来ますが、利用限度額増枠の審査に通らないなどのデメリットが発生することがあります。

そのため、口座振替用の銀行口座を設定していない方は出来るだけ早く設定しておくようにしましょう。

また、銀行振込・コンビニ払いで料金を支払う場合も支払日は変わらず、27日に支払いをする必要があります。

支払日が土日祝日の場合は?

支払日、つまり27日が土日祝日と被る場合は翌営業日に引き落としが行われます。

例えば土曜日が支払日である場合は、土曜日・日曜日が休日であるために引き落としが行われず、月曜に引き落としが行われるのです。

支払日が早まるということは無いので、いつも通り27日までにお金を口座振替用の銀行口座に入れておけば問題なく支払いが完了します。

次のページでは、楽天カードの締め日でよくある疑問をご紹介します。

1 2