povoの料金シミュレーション!乗り換えるといくらお得になるのか解説

povoに乗り換えると毎月いくらお得になるのか、料金シミュレーションして解説します。povoはauが提供する格安料金プランで、毎月の通信費を抑えたい方には非常におすすめです。これからpovoに乗り換える予定のある方は、ぜひチェックしてみてください!

  • 2022年6月20日
povoの料金シミュレーション!乗り換えるといくらお得になるのか解説

本記事ではpovo2.0の料金シミュレーションや乗り換えるといくらお得になるのかを解説しています。

povoのサービスが始まってから1年以上が経過し、2022年5月には契約が120万件を超えたと発表されています。

povoは基本料金0円から始められ必要なものだけをトッピングして利用できる料金プランですが、実際のところどれくらいお得になるのでしょうか。

スマホ代を節約したい人や、povoへ乗り換えるとどれくらいお得になるのか知りたい人はぜひチェックしてください。

auは人気新機種がお得!
機種1位2位3位4位
本体iPhone14 ProiPhone14 ProiPhone14iPhone14Xperia 5 IVXperia 5 IVGoogle Pixel 7Google Pixel 7
価格89,700円~71,760円~74,060円~45,310円~
特徴A16 Bionicチップ搭載
Apple最新スマホ
iPhone14シリーズを
コスパで選ぶならこれ
Androidの最新
ハイエンドモデル
Google Pixel初!
顔認証搭載の機種
購入公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト

auのpovo2.0とは:料金プランをおさらい!

povo2.0 au
povo2.0
au povo2.0の基本情報(税込)
月額料金0円
※180日間以上有料トッピングの購入などがないと、利用停止や契約解除となる場合あり。その他、別途所定の手数料等がかかる場合あり。
月データ容量0GB
データ容量が0GBの場合の通信速度最大128kbps
国内通話30秒あたり22円
国内SMS
利用料
送信1通あたり3.3円[70文字まで]
受信無料
トッピング(オプション)データ使い放題 (24時間)330円/回
データ追加 1GB(7日間)390円/回
データ追加 3GB(30日間)990円/回
データ追加 20GB(30日間)2,700円/回
データ追加 60GB(90日間)6,490円/回
データ追加 150GB(180日間)12,980円/回
DAZN 使い放題パック(7日間)760円/回
smash. 使い放題パック(24時間)220円/回
5分以内通話かけ放題550円/月
通話かけ放題1,650円/月
スマホ故障サポート830円/月
支払い方法クレジットカード
eSIM利用可
契約できる方13歳以上の個人

povoは基本料金0円で通話と国内SMSの送受信、最大128kbpsでの通信ができる料金プランがベースとなります。

このベースに自分で必要なトッピング(データ容量やオプション)を追加購入して、自分にとってベストな料金プランを作れるのが特徴です。

例えば普段はWi-Fiに繋いで使用している人が外出時にのみ330円(税込)のデータ使い放題(24時間)を申し込むというように、節約をしながら使えます。

トッピングは購入しなくても利用できますが、180日間以上有料トッピングの購入がない場合、利用停止や契約解除となる場合があるため注意してください。

povo1.0との違いは?

au povo1.0の基本情報(税込)
月額料金2,728円
月データ容量20GB
データ容量が0GBの場合の通信速度最大1Mbps
国内通話30秒あたり22円
国内SMS
利用料
送信1通あたり3.3円[70文字まで]
受信無料
トッピング(オプション)データ使い放題 (24時間)220円/回
データ追加 1GB(31日間)550円/回
5分以内通話かけ放題550円/月
通話かけ放題1,650円/月
契約可能なユーザー20歳以上の個人
支払い方法クレジットカード
※auからの移行は「KDDIまとめて請求」なども引き継ぎ可能
eSIM利用可
※auからの移行は利用不可
契約できる方20歳以上の個人

現行のpovo2.0は2021年9月29日午前9時から受け付けがスタートしました。

povo2.0の受け付け開始と同時に、2021年3月23日から始まったpovo1.0は新規受付終了となりました。

povo1.0は月2,728円(税込)で20GBまで使える定額制プランとなっていたのが大きな特徴です。

20GBの定額制プランとして見れば大手キャリアよりはお得ですが、あまりデータを使わない方にとっては使いづらいプランとなっていたのも事実です。

povo2.0はトッピングで小容量のデータ追加も可能ですし、20GBでもpovo1.0より少しだけ安い価格となっています。

自由にデータ容量などを選べるため、ユーザーを選ばないのがpovo2.0のメリットとなっています。

\最大22,000円割引キャンペーン実施中!/
矢印au公式オンラインショップを見る

au povoの料金シミュレーション

povo2.0 料金
povo2.0 料金

auの各料金プランやUQモバイルからpovoへ乗り換えた場合、どれくらいお得になるのか料金シミュレーションを行います。

今使っている料金プランを中心に、ぜひチェックしてください。

auの使い放題MAX 5G/4Gから乗り換え

au 使い放題MAX4G/5G
使い放題MAX 5G/4Gから乗り換え
料金シミュレーション(税込)使い放題MAX 5G/4Gpovo
適用する割引
・オプション
家族割プラス
auスマートバリュー
au PAY カードお支払い割
データ追加150GB
(180日間)
1ヶ月の料金4,928円〜7,238円-
半年の料金29,568円〜43,428円12,980円
1年間の料金59,136円〜86,856円25,960円

auの使い放題MAX 5G/4Gは、月額7,238円(税込)で月間データ量無制限で利用できる料金プランです。

家族割プラスやauスマートバリューなどの各種割引を適用すると、月額4,928円(税込)から利用できます。

一方のpovoでデータ無制限にする場合は、1日330円(税込)の24時間データ使い放題トッピングを30日分利用するとして9,900円(税込)必要です。

単純計算にするとデータ量を無制限で使いたい場合は、auの使い放題MAX 5G/4Gの方がお得になります。

ただし、無制限プランとは行かないまでも1ヶ月あたりのデータを抑えれば価格を下げる事が可能です。

例えば月25GBまでしか使わない場合は、データ追加150GB(180日間)を利用するとお得です。

データ追加150GB(180日間)は180日間=半年間で150GBまでが12,980円(税込)で利用できます。

auの使い放題MAX 5G/4Gを半年利用すると、29,568円(税込)〜43,438円(税込)となるため約1万円〜約3万円お得になる計算です。

特にデータ量をたくさん使う日があれば、1日330円の24時間データ使い放題トッピングも併用できるので、povoならお得にデータをたくさん使えます。

auのピタットプラン 5G/4Gから乗り換え

対象機種
ピタットプラン 5G/4Gから乗り換え
料金シミュレーション(税込)ピタットプランpovo
適用する割引
・オプション
家族割プラス
auスマートバリュー
au PAY カードお支払い割
-
1GBまで2,178円~3,465円-
1GB〜4GB3,278円~5,115円990円(3GB)
4GB〜7GB4,928円~6,765円2,700円(20GB)

auのピタットプランは実際に使ったデータ量に合わせて月額料金が変動する段階性プランです。

家族割プラス3人以上加入、au PAY カードお支払い割などの割引を活用すると最低2,178円(税込)〜4,928円(税込)で利用する事ができます。

povoでは30日間で3GBまで使えるトッピングが、990円(税込)で利用できるため、毎月1,188円(税込)〜2,288円(税込)安くなります。

ピタットプランで4GB以上使う場合は月額4,928円(税込)必要ですが、povoなら20GBまで使えて2,700円(税込)と約2,200円安く使える計算です。

UQモバイルから乗り換え

UQモバイルプラン
UQモバイルから乗り換え
料金シミュレーション(税込)UQモバイルpovo
3GB1,628円990円
15GB2,728円2,700円(20GB)
25GB3,828円12,980円(半年間)
※1ヶ月あたり約2,163円

UQモバイルでは、3GB・15GB・25GBの3種類の料金プランが用意されています。

3GBの場合1,628円(税込)となりますが、povoでは990円(税込)なので約600円安く使える計算です。

15GBの場合は2,728円(税込)、povoでは20GBまで使えて2,700円(税込)なので料金の差はあまりありませんがデータ量は5GB多く使えます。

25GBの場合は3,828円(税込)で利用でき、povoでは180日間で150GB使える12,980円(税込)のトッピングを利用すると、1ヶ月あたり約2,163円(税込)です。

ちなみにUQモバイルの増量オプションⅡを利用すれば料金そのままでデータ量が増えますが、キャンペーン期間の1年を過ぎると価格が上がります。

大容量のプランをUQモバイルで使うよりもpovoを利用した方が約1,600円安く使えます。

\最大22,000円割引キャンペーン実施中!/
矢印au公式オンラインショップを見る

povoに乗り換えて損する人

povoが選ばれるポイント
povoが選ばれるポイント
povoに乗り換えて損する人
  • 大容量のデータ通信を利用する人
  • キャリアに家族で加入している人
  • 高性能スマホをお得に購入したい人
  • キャリアメールなどの機能を利用する人
  • オンライン手続きが苦手な人

povoは基本料金0円で、必要に応じてデータ量を追加する仕組みの料金プランとなっています。

データ使い放題や大容量のプランはありますが、auなどの使い放題プランと比較すると月額料金は高くなります。

ゲームや動画、仕事などで安定した大容量通信を利用するならauなどの大手キャリアを使った方が安心できるでしょう。

また、auなど大手キャリアの場合は家族で加入する事で受けられる割引サービスやキャンペーンも提供されています。

割引サービスを使えば月額料金はお得になりますし、キャンペーンで高性能スマホをお得に購入する事も可能です。

大容量データを使っており家族割やキャンペーン、auのサービスを利用する場合は無理して乗り換えを行わない方が良いかもしれません。

povoに乗り換えて得する人

povo
povoがおすすめな人の特徴
povoに乗り換えて得する人
  • スマホ代を節約したい人
  • 月によってデータ量の使用に差がある人
  • 契約キャリアで家族割などを受けられない人
  • スマホの扱いに不安がない人
  • サポートやキャリアメールを必要としない人

povo2.0はスマホ代を節約したいすべての人におすすめの料金プランです。

また、必要に応じてデータ量などのトッピングを追加購入できるので、無駄なくスマホ代を節約したい人におすすめです。

大手キャリアでは家族割などを利用するのが前提なので1人で加入する場合は割引無しでの価格が基本のpovoの方がお得になるでしょう。

ただし、povoはサービス開始から一貫してオンライン専用プランとなっています。

手続きはもちろんサポートを受ける際もオンラインから連絡する必要があるため、スマホ操作に不慣れな方などは戸惑ってしまうかもしれません。

スマホのトラブルを自身で解決できるなら問題ありませんが、対面でのサポートが必要だと感じる人は実店舗のあるauやUQモバイルを選択するのがおすすめです。

\最大22,000円割引キャンペーン実施中!/
矢印au公式オンラインショップを見る

povoのメリット・デメリット

povoが選ばれるポイント

povoは2.0となった事で基本料金やトッピングの内容が大きく変わりました。

ただし、以前シンプルならプランである事からメリット・デメリットがはっきりしているのが特徴です。

povoのメリット

povoの主要なメリット
  • auの4G/5G回線を使える
  • 基本料金0円、自由にプランを作れる
  • 事務手数料・違約金は0円※2回線目は事務手数料3,300円(税込)

povoのメリットはいくつかありますが、やはり注目すべきは使い方に合わせてトッピングが可能な点です。

データは6種類のトッピングが用意されており、必要に応じて通話やコンテンツなどのトッピングを追加して自由にプランを作る事ができます。

事務手数料・違約金も0円なので、とりあえずお試しとして利用するのにも適した料金プランとなっています。

povoのデメリット

povoの主要なデメリット
  • サポートはチャットのみ
  • トッピングは自動更新なし
  • スマホ販売なし、対象外サービスあり

povoは基本的にすべて自分自身で手続きをしなくてはならないというデメリットがあります。

サポートはチャットのみとなりますし、トッピングの自動更新はないため必要な際に都度手続きをしなくてはなりません。

スマホの販売はなく利用する端末も自身で用意する必要があるなど、月額料金が安い分手続きなどの手間は増えるでしょう。

au関連サービスのpovoの対応状況は下記の表を参照してください。

各種サービス(2022年6月時点)
メッセージサービスキャリアメール×
※auメール持ち運びサービス利用可能
+メッセージ
通話サービス留守番電話サービス×
着信転送サービス×
国際サービス国際通話・国際SMS
国際ローミング提供予定
割引サービスauの家族割プラス割引/カウントの対象外
auの家族割
(家族間通話料・SMS利用料の割引)
割引対象外
auまとめトーク割引対象外
端末保障サービス故障紛失サポート
故障紛失サポート with Cloud
auから移行する場合継続可能
故障紛失サポート with AppleCare Services
故障紛失サポート with AppleCare Services & iCloud+
auから移行する場合継続可能
その他auかんたん決済提供予定
auでんき
auスマートパスプレミアム
利用可能
auモバイル優遇割
auご利用料金割引プログラム
au自動車ほけん auユーザー向け割引特典
LINEの年齢認証サービス
×

povoは自分に合った料金プランを作れるのが魅力

本記事ではpovoの料金シミュレーションを行い、auの各プランやUQモバイルから乗り換えるといくらお得になるのかを解説しました。

povoは基本料金0円から自分にあったトッピングをその時々で選べるため、無駄なくスマホ代を節約できます。

具体的には、povoへ乗り換えることで年間最大約6万円もの節約も可能です。

スマホ代を節約したい人や自分にあった料金プランを選びたい人はpovoへの乗り換えを検討してみてはいかがでしょう。


※ahamo(アハモ)に関する公式の注意事項はこちら
ドコモユーザーはdカード GOLDがお得!
dカード GOLD(ゴールド) VISA
国際ブランド
mastercardロゴvisacardロゴ
電子マネー
アイディ
dカード GOLDのメリット
  • ドコモケータイ・ドコモ光の利用料金1,000円(税抜)につき10%還元
  • 最大10万円分までのケータイ補償
  • 海外旅行保険が最大1億円
  • 国内・ハワイの空港ラウンジを無料で利用可能
  • Amazon・マツキヨ・スタバ・ローソンなど人気店でポイントがお得
年会費11,000円(税込)審査最短5分で審査完了
ポイントdポイント還元率1~10%
保険国内・海外ありETCカード無料
家族カード1枚目:無料
2枚目:1,100円(税込)
スマホ決済Apple Pay
おサイフケータイ
※ご利用料金1,000円(税抜)につき100ポイント
※端末等代金分割支払金・各種手数料など一部の料金はポイント進呈の対象外となります。
※ahamoをご契約の方は、「ドコモ光」ご利用料金のみ10%ポイント還元いたします。
この記事を書いた人
みけねこ
契約社員・ウェブライターのWワークで活動しています。 10年以上ドコモユーザーでしたが3年ほど前に格安SIMを使い始めました。特にお得なキャンペーン情報には目がありません。「スマホはお得が一番」をモットーに、 最新機種はもちろん料金プランなどの情報をユーザーの目線からわかりやすくご紹介していきます。