読了時間:約 2

外でスマホを使っていて気になる毎月のデータ通信容量。スマホで動画などを見ていたらあっという間に速度制限がかかるというのもしばしばです。

そんななか格安SIMでは通信容量の制限がないデータ無制限プランを提供しています。

本記事では、格安SIMの無制限プランを選ぶポイントと、無制限プランを提供しているおすすめの格安SIMを紹介しますので、データ容量に縛られたくない方は参考にしてみてください。

格安SIMのデータ無制限プランを選ぶポイント


外でもデータ容量を気にせずにスマホを使えると聞くとメリットしかないように思える無制限プランですが、実際は以下のポイントに注意する必要があります。

  • 最大通信速度
  • 一定量を超えた場合の速度制限

「使い放題」や「無制限」と言えど、実際は利用できる最大通信速度自体を下げるか、短期間に一定量を超えた場合に速度制限がかかるという形で、無制限プランにも制約が設定されています。

データ容量の無制限を謳いながら、実際の使い勝手は良くないプランも多数ありますので、無制限プランを選ぶ際は慎重に検討するようにしましょう。

おすすめの格安SIMデータ無制限プラン


ここからは、格安SIMのおすすめデータ無制限プランを紹介します。

無制限プランのなかでも使い勝手の良さそうなもの、あるいは疑似的に無制限プランとして使える格安SIMとして以下の3社を選びました。

今回紹介する格安SIMデータ無制限プラン
  • 楽天モバイルのスーパーホーダイプラン
  • UQモバイルの低速無制限プラン
  • BIGLOBEモバイルのカウントフリーオプション

気になったものは詳しくチェックしてみてください。

楽天モバイルのスーパーホーダイなら最大1Mbpsが使い放題


画像引用元:楽天モバイル:安心・お得な格安スマホ(スマートフォン)/格安SIM

格安SIMシェア率1位の楽天モバイルの料金プランは4種類のスーパーホーダイプラン。

データ容量ごとに利用料金が設定された通常のプランで、「データ無制限」ではありませんが、速度制限後も最大1Mbpsの通信速度が使い放題のため、疑似的な無制限プランとして利用できます。

ただし、12:00~13:00、18:00~19:00の通信速度は最大300kbps

1Mbpsってどれくらいの速度?

1Mbpsの通信速度は、LINEやメール、SNSなどは問題なく閲覧できる速度です。

YouTubeなどの動画アプリや、NetflixやHuluといった動画配信サービスも利用可能ですが、快適に視聴できるのはYouTubeで480pまで、動画配信サービスで普通画質までといったところ。

POINT

楽天モバイルでは高速通信と低速通信の切り替えができますので、データ容量を自分でやりくりすればより快適に利用できます。

楽天モバイルの料金プランは?


楽天モバイルのスーパーホーダイプランの月額利用料は以下の通りです。

プラン名 基本使用料 楽天会員割 長期割
(最低利用3年)
月額料金
プランS
(2GB)
2,980円 -500円
(2年間)
-1,000円
(2年間)
1,480円 / 月
プランM
(6GB)
3,980円 2,480円 / 月
プランL
(14GB)
5,980円 4,480円 / 月
プランLL
(24GB)
6,980円 5,480円 / 月

「楽天会員割」は通常の楽天会員なら2年間500円割り引き、さらにダイヤモンド会員は1年目500円割引が追加される割引。

「長期割」は最低利用期間3年で契約すると2年間1,000円割引、最低利用期間2年で契約すると2年間500円割引が適用されます。

スーパーホーダイプランを無制限プランとして利用するなら、最小のデータ容量のプランSでも良いので、最低利用期間3年の契約なら月額1,480円(2年なら1,980円)で利用できる月額料金の安さも魅力です。
次のページでは、UQモバイルBIGLOBEモバイルをご紹介します。

1 2