読了時間:約 2

iPadを運用するのにおすすめの格安SIMは?【2019年版】


ここからはiPadを運用するのにおすすめの格安SIMを紹介していきます。

それぞれの格安SIMで特徴が異なりますので、自分のiPadの使い方に合った格安SIMを探してみてください。

動画や音楽の再生がメインという方は「BIGLOBEモバイル」


画像引用元:【公式】格安SIM/スマホのBIGLOBEモバイル

iPadでは動画サイトを見たり、音楽をストリーミング再生することが多いという方は、BIGLOBEモバイルがおすすめです。

通常のプランに月額480円で「エンタメフリーオプション」を追加することで、対象となるアプリのデータ通信量が毎月のデータ容量にカウントされません。対象となるアプリは以下の通りです。

対象となるアプリ YouTube / YouTube Kids / YouTube Music / AbemaTV / Google Play Music / radiko.jp / Spotify / AWA / U-NEXT / Amazon Music / Apple Music

エンタメフリーオプションでは、YouTubeやAbemaTVといった大手動画サイトやSpotifyやApple Musicといった音楽配信サービスが使い放題になります。

また、データ容量の関係で外出先で使用するのが躊躇われる動画配信サービスのなかから、U-NEXTがカウントフリーの対象となっている点も魅力的です。

BIGLOBEモバイルのデータSIMプラン

BIGLOBEモバイルのデータSIM向けプランは以下の通りです。

プランの種類 データ通信+SMS データ通信のみ
3ギガプラン 1,020円 900円
6ギガプラン 1,570円 1,450円
12ギガプラン 2,820円 2,700円
20ギガプラン 4,620円 4,500円
30ギガプラン 6,870円 6,750円

最安プランはデータ容量3GBを月額900円で利用できるプラン。エンタメフリーオプションを利用する場合は、各料金に月額480円がプラスとなります。

SMS機能を利用したい場合はデータ通信にSMS機能が付いたデータSIMも選択可能です。

BIGLOBEモバイルで使えるiPadは?SIMロック解除は?


2018年に発売された新iPad ProやiPad mini4など新しめのモデルはAppleストア販売版、ドコモ販売版を中心に動作確認が済んでいます。

一方で、au版のiPad各種、少し世代が古いiPadは動作確認端末として記載されていませんので注意が必要です。詳しくは下記の公式サイトから確認してください。

BIGLOBEモバイルはドコモ回線(タイプD)とau回線(タイプA)の両方のプランを提供しています。

SMS機能なしでデータ通信のみのプランについてはタイプDのみですので、ドコモ以外のキャリア版iPadを利用する場合はSIMロック解除の有無に注意しましょう。

動作確認端末|格安SIM/スマホのBIGLOBEモバイル

通信速度を重視するなら「UQモバイル」か「Y!mobile」


画像引用元:乗りかえはUQ、だぞっ|【公式】UQ mobile|UQコミュニケーションズ
通信速度を重視するならUQモバイルかY!mobileがおすすめです。

この2社はUQモバイルはau系列、Y!mobileはソフトバンク系列がそれぞれ運営しているので、サブブランド系と呼ばれており、通信速度に定評があります。

毎週格安SIMの通信速度を計測しているモバレコや、MMD研究所の調査データでも安定した速度を記録していますので、通信速度においては格安SIMトップの2社といって間違いないでしょう。

格安SIMは、特に昼(12:00~13:00)や夕方(18:00~19:00)の時間帯にトラフィックが混雑するため通信速度が下がります。

その時間帯にiPadの使用を考えている方は、速度低下の少ないUQモバイルかY!mobileを選ぶのが良いのではないでしょうか。

UQモバイルとY!mobileのデータSIMプラン

UQモバイルとY!mobileが提供しているデータSIM向けプランは以下の通りです。

ブランド名 プラン名 データ容量 通信速度 月額料金
UQモバイル データ高速プラン 3GB 受信最大225Mbps
送信最大25Mbps
980円
データ無制限プラン 制限なし 送受信最大500kbps 1,980円
Y!mobile データプランS 1GB 1,980円
データプランL 7GB 受信最大112.5Mbps
送信最大37.5Mbps
3,696円

通話SIMに比べてデータSIMの選択肢は両社ともあまり多くなく、一長一短といったところです。

UQモバイルはデータ高速プランは3GBのみですが、980円の格安で利用でき、さらに最低利用期間が設定されていないのでiPadを格安SIMで試しに使ってみるのにも最適です。

データ無制限プランについては、データ容量の制限がないのでお得に見えますが、通信速度が送受信最大500kbpsに制限されていますので、動画再生や3Dアプリゲームなどデータ通信容量が大きい使い方には向いていません。

Y!mobileは1GBと7GBと選べるデータ容量に幅がありますが、UQモバイルやほかの格安SIMより割高。さらに3年間の契約期間がありますので、しっかりと3年間使い切ると決めてから契約する必要があります。

UQモバイルとY!mobileで使えるiPadは?SIMロック解除は?


UQモバイルは過去には動作確認端末としてiPadが記載されていたのですが、2019年2月時点では、iPadは動作確認端末には記載されていません

ただし、15日間無料でお試しできる「TryUQmobile」がありますので、自身のiPadが動作するか疑似的に確認することは可能です。

Y!mobileについては、2018年発売の新iPad Proなど最新モデルを中心に、キャリア版も併せて動作確認が取れています

SIMロック解除については、UQモバイルは回線を利用していますのでau以外の端末、さらにau端末でもVoLTE対応端末についてはSIMロック解除が必要です。

Y!mobileはソフトバンクの回線も利用していますが、自社回線も持っていますので全キャリアの端末でSIMロック解除が必要になります。

格安SIMでのiPad運用のまとめ
  • iPad単体でデータ通信を行いたい方はセルラーモデル、自宅や職場などWi-Fi環境での使用を考えている方はWi-Fiモデル
  • 動画や音楽の再生がメインという方は、「エンタメフリーオプション」のあるBIGLOBEモバイルがオススメ。
  • BIGLOBEモバイルでドコモ以外のキャリア版iPadを利用する場合はSIMロック解除の有無に注意。
  • 通信速度を重視するなら「UQモバイル」か「Y!mobile」。
  • UQモバイルでiPadは動作確認端末には記載されていないが、15日間無料でお試しできる「TryUQmobile」で動作確認するのがおすすめ。au以外の端末、さらにau端末でもVoLTE対応端末についてはSIMロック解除が必要。
  • Y!mobileについては、2018年発売の新iPad Proなど最新モデルを中心に、キャリア版も併せて動作確認が取れている。Y!mobileは自社回線も持っていますので全キャリアの端末でSIMロック解除が必要。

スマホだけでなくiPadのお得な運用にも格安SIM!

お買い物あんしん保険を利用しないと損
スマホを安く使いたいユーザーを中心に確実に利用者を増やしている格安SIMですが、iPadを安く運用するのにもおすすめです。

現在はWi-Fiモデルを使っているというiPadユーザーも、買い替えの際には外出時にも自由に使えるセルラーモデル+格安SIMも検討してみてはいかがでしょうか。

1 2