読了時間:約 2

Apple製のタブレット端末「iPad」はSIMカードを差し込むと外出先でもデータ通信を使うことができるようになるので活躍の場面が広がります。

スマホと併せてキャリアでの運用もありですが、より安く使いたいのなら格安SIM(MVNO)での運用がおすすめです。

本記事では、iPadを格安SIMで運用する際のポイントとiPadにおすすめの格安SIMを紹介しますので、iPadを購入予定の方やiPadをより安く運用したいという方はチェックしてみてください。

iPadを格安SIMで運用するためのポイント


キャリアよりもお得にiPadを運用できる格安SIMですが、iPadを格安SIMで使うにあたっていくつかポイントを押さえておく必要があります。

格安SIMで使えるiPadはセルラーモデルのみ


現在iPadは「Wi-Fiモデル」「Wi-Fi+Cellularモデル」(以下セルラーモデル)の2種類が販売されています。

SIMカードを差し込むことで単独でデータ通信が行えるのはセルラーモデルになりますので、Wi-Fi環境以外でもデータ通信を使いたい方はiPadのセルラーモデルを選ぶ必要があります

AppleStoreや公式サイトでは購入時にどちらのモデルか選択することができますので、自分に必要なモデルを選択するように注意しましょう。

一方、キャリアから販売されているiPadはすべてセルラーモデルです。セルラーモデルのiPadであれば、キャリアと格安SIMのどちらでも運用できます。

POINT

外出先でもiPad単体でデータ通信を行いたい方はセルラーモデル、自宅や職場などWi-Fi環境での使用を考えている方はWi-Fiモデルが最適です。

格安SIMの動作確認済みのiPadがチェックする

iPadにはいくつかシリーズがあり、毎年最新モデルがリリースされています。

利用する格安SIMとiPadの機種によっては、動作確認が済んでいないものがありますので、利用する予定のiPadの動作確認は必須です。

動作確認の済んでいないiPadでも使える可能性はありますが、使えなかった場合も自己責任となりますので、やはり確認しておくことをおすすめします。

キャリアで購入したiPadを使う場合は?


大手キャリアで購入したiPadには、スマホと同様にSIMロックと呼ばれる制限がかけられています。

これはiPadを契約中の回線以外で利用できないようにするもので、iPadのキャリアを変更する場合には、契約中のキャリアでSIMロック解除の手続きが必要です。

ただし、格安SIMはいずれかのキャリアの回線を借りてサービスを提供していますので、同じ回線を利用している格安SIMへの乗り換えであれば、手続きが不要になるケースもあります。

少し複雑ですが、キャリアで購入したiPadを格安SIMで利用したい場合、iPad自体の動作確認と、SIMロック解除手続きが必要か否かの2点に注意しましょう。

契約するプランは音声通話なしのデータプラン

格安SIMはキャリアのように音声通話が可能な「通話SIM」と、データ通信専用の「データSIM」の2種類のプランを提供しているところがほとんどです。

iPadの場合、アプリによる通話は可能ですが、iPad自体に通話機能はありませんのでデータSIMプランを選ぶことになります。

データSIMは通話が利用できない分、月額利用料も安く済ませることができます。

次は、iPadを運用するのにおすすめの格安SIMは?【2019年版】をご紹介します。

1 2