キャリア公式オンラインショップなら頭金0円で在庫も充実しているので断然お得!
読了時間:約 2

長らく使い古してきたiPhone6。

そろそろ買い換えたいけれど、『別に最新機種じゃなくてiPhone 6Sでスペックを維持しつつ、出来れば少しでも料金を安くしたい』そんな風に、お考えでないですか?

それならおすすめなのが、『格安SIM

現在お使いのキャリアからの乗り換えということになるのですが、格安SIM自体は知っていて、お得なのはわかっていても、どう乗り換えてよいか手順がわからない。

格安SIM』に乗り換えを検討しつつも、先送りにしてしまいがちな人の多くは、手順について煩わしさを感じる点にあるようです。

そこで、今回はおすすめ格安SIMへ乗り換えるために、『どのような手順を踏んでゆけばよいか?』についてお伝えしたいと思います。

格安SIMへ乗り換えるための手順は実は簡単!?

キャリアでiPhone6を契約した時のこと、覚えてますか?

お店のスタッフが契約手順や手続きなど、面倒な作業は全て手取り足取りやってくれたはずですが、こと格安SIMに関して乗り換え手順の作業は、全て自分でやらなければなりません。

何だか色々面倒そうだし、難しそうなイメージがありますよね。

ですが本当のところ、実はこれらの作業は別に難しいことではないんです。

それでは、順を追って説明していきましょう。

まずは手元に用意しておきたいもの3つ。

1.本人確認書類(免許証、保険証、パスポートなど補助書類が必要な場合あり)

2.MNP予約番号(現在利用中のキャリアに事前に連絡)

3.決済用のクレジットカード(格安sim契約時に使用料の支払いのために必要)

用意するものはこれだけでOKです。

MNP予約番号など、事前に手続きを済ませておくべき作業については後述していきます。

主にインターネットで手続きは完了するので、早速MVNOの公式サイトへアクセスしましょう。

MNP予約番号について・・・MNPとはMobile number portabilityの略で、他社に乗り換える時に今使っている電話番号を引き続き使用することの出来る制度で、この制度を利用するために格安simを購入する前に事前に、現在使用中のキャリアから予約番号を取得しておく必要があります。

お好きなMVNOを選出


おすすめする格安SIMにもそれぞれ料金、利用プラン、対応キャリア、お得なキャンペーンなど、各MVNOによって特徴があります

今回の場合、キャリアiPhone6から、MVNOiPhone6sとなりますので、SIMカードと一緒に端末を同時に購入する形でもいいかもしれません。

ご自分にあった格安SIMを選び、各公式サイトで手続きしましょう。

MVNOとは?・・・Mobile Virtual Network Operaterの略で、仮想移動体通信事業者とも言われています。MVNOはキャリアから回線を借りてサービスを行っている事業者で、契約・申し込みなどの手続きを、店舗ではなくオンラインで行うことで人件費を省き、格安simの利用でキャリアに比べてより安い料金プランでのサービスを提供しています。

MVNO公式サイトを見てみよう


ご希望のMVNOが決まったら、公式サイトでの手続きとなります。

手続きは、必要事項の入力等簡単な作業をしていき、最後に料金などのカード決済という流れになります。

公式サイトでは、わからないことがあれば、その場でチャットサポートをしてくれるサービスを提供しているところもあり、殆ど迷うことなく申し込めるかと思います。

作業に行き詰まったら(難しくないのでほぼないですが)遠慮なくサポートを利用しましょう。

MVNOの申し込みの流れは以下になります。

公式ホームページにアクセス
   ↓
契約プラン、端末購入の有無、SIMカードサイズの選択
   ↓
MNP予約番号と、携帯電話番号の入力
   ↓
オプション選択、本人情報の入力
   ↓
決済方法の選択
   ↓
本人確認書類のアップロード

大体どのMVNOも、このような流れで申し込みが完了します。

申し込んだら、郵送でSIMカードが自宅に到着するのを待ちましょう。(通常2日~1週間程度で自宅に到着します)

自宅に格安SIMカードが届いたら


申し込んだSIMカードが届いたら、早速カードをご自分の新しく使用するiPhone6sへと入れ替えていきます。

その後、MNPを完了させるために格安SIMのMVNO側へ電話申し込みを行い、開通の手続きをします。

格安SIMのAPN設定を行う


APN設定とは簡単に言えば、アクセスポイントの初期設定のことです。

ただし、iPhoneでAPN設定を行う場合Wi-Fiやモバイルルーターなど、データー通信が出来る環境が必要なのでネットが繋がる場所で行う必要があります

郵送されたSIMカードに同封されて、手順などは書かれているので、その通りに設定していけば問題ありません。

格安SIMへ乗り換え時の注意点6つ。

MNPの予約番号には有効期限がある


キャリアから格安SIMへと乗り換える時、電話番号を引き継ぐのに必要なMNP予約番号には有効期限があります。

発行した時に説明があるはずですが、発行から15日を経過すると失効してしまいます。

また、乗り換え先の格安SIMによっては、『発行後の有効期限が〇〇日以上残っている状態でお申し込みください』という条件を提示してくる場合もあるので、発行後から申し込みの手続きまではなるべく迅速に行う方がよいでしょう。

予約番号は発行後に実際に番号が使われた時点で、現契約の解除となり、使用されなかった場合は解約になりません。

MNP予約番号の発行時にはお金がかかる

MNP予約番号の発行時には転出予約手数料3,000円がかかります。

他にも利用していたキャリアの年契約の割引サービスを契約している場合、解約に伴い別途解除手数料が発生する場合があります。
(これらは、通常の携帯料金と一緒に請求されます)

詳しくは、MNP予約番号の取得方法とキャリアを乗り換えにかかる費用をご覧ください。

利用していたキャリアのサービスは解約と同時に終了

当然ですが、今まで利用していたキャリアのポイント、割引、メールアドレス、などのサービスは使用できなくなります

iPhoneで使っていたゲームやその他のアプリなど、事前に引き継げるかどうかは確認しておきましょう。

【メールアドレスが欲しい場合】
格安SIMになるとキャリアメールが使えなくなってしまいますので、不便を感じる方も多いかもしれません。

MVNOの中ではキャリアのように、メールアドレスドメインを持っている事業者もありますが、一般的にはYahoo!メールやGmailなどのフリーメールを利用するユーザーが多いようです。

また、iPhoneからiPhoneへ乗り換える場合は、iCloudがそのまま使えます。(iCloud mailはApple社が提供するフリーメールアドレスのため)

※ここまでは、MNPを行う時での主な注意点となります。もし、電話番号を引き継ぐ必要がない場合はこれらのMNPの作業は必要ありません。

iPhoneでGmailやYahoo!メールを使う方法は、iPhoneでGmailやYahoo!メールを使う設定方法をご覧ください。

SIMカードにはサイズがある


SIMカードにはサイズが3種類あります。

大きいのから、標準SIM、マイクロSIM、ナノSIMの三種類


1 2