ご入会&エントリー&ご利用で最大18,000※ポイントdポイント(期間・用途限定)プレゼント!
読了時間:約 2

お財布やカードがなくてもお買い物ができるおサイフケータイは、すでに多くの方に活用されています。

この記事は、docomo iDとdカード GOLD(ゴールド)をお使いの方に向けて、もっと得する方法を解説したものです。

docomo iDとdカード GOLD(ゴールド)を使い倒して、dカード GOLD(ゴールド)の年会費10,000円の元をとるだけでなく、とことん得するための参考にしてください。

ドコモ「dカード GOLD」の年会費1万円を払う価値とメリットまとめ

ドコモユーザーならdカード GOLD(ゴールド)がオススメされる理由

dカード GOLD(ゴールド)を利用すれば月々の支払がもっとお得になります。
年会費1万円と一見して高く感じますが、毎月の通信利用料金の10%をポイント還元、ケータイ補償やお買物や海外保険などの特典と手厚いのが特長です。
ドコモユーザーなら絶対持っておくことをオススメします!

>dカード GOLD公式サイトを見る

おサイフケータイなら財布もカードもいらない

docomo iDを使うなら、おサイフケータイが断然便利です。おサイフケータイでのdocomo iDの使い方を説明するまえに、まずはおサイフケータイの詳細について解説します。

おサイフケータイってどんなもの?


画像引用元:おサイフケータイ | サービス・機能 | NTTドコモ

お財布の中身をケータイやスマホへ入れたものがおサイフケータイです。コンビニエンスストアや駅の自動改札で、ケータイやスマホをかざしている人をよく見かけます。

これがおサイフケータイで、お財布に入れている現金や定期券のほか、クレジットカードや会員証などを端末に入れて使えるようにできるサービスなのです。

お財布を持ち歩きたくない方やお財布がかさばって困っている方にとって、おサイフケータイはとても便利なものといえます。

おサイフケータイでお財布が不要に

おサイフケータイでできることはたくさんありますが、大きく分類すると次の3つに分けられます。

現金として

おサイフケータイは電子マネーとして使えます。コンビニやお店での支払いは、ケータイやスマホをかざすだけでOK、レジでお財布を開けてお金を取り出してお釣りを受け取る手間が省けるため、スマートにお買い物ができます。

電車や飛行機のチケットとして

おサイフケータイは、電車や飛行機のチケットとして使えます。通常、乗り物に乗る前に切符や搭乗券を購入しなければなりません。けれどもおサイフケータイを利用すれば、切符や搭乗券を買わずにケータイやスマホを改札機や搭乗ゲートの機械にかざすだけで、直接乗り物に乗ることができます。

おサイフケータイを利用すれば、電車を乗り換えるたびに券売機に並んで切符を買い直す必要はありません。飛行機ならチェックインもケータイやスマホでできてしまうので、手間と時間を大幅に節約できますね。

会員証やポイントカード・クーポンとしても

会員証やポイントカード・クーポンをお財布に入れておくと、お財布がパンパンになってしまいます。見た目がスマートでないばかりでなく、お気に入りのお財布が傷んでしまうことも悩ましいところです。

また、いざ使おうとしてもお目当てのカードが見当たらなかったり、うっかり家に忘れてきてしまったりすることも。でも、おサイフケータイなら全部いれてもかさばらず、紛失する心配もありません

たとえばマクドナルド公式アプリをおサイフケータイに入れておけば、マクドナルドの店頭にあるリーダーライターにかざしてクーポンを利用できます。

その他、ticket boardの「ケータイ電子チケットサービス」を利用すれば、チケットの申込み→支払い→発券→入場までのすべてをケータイやスマホ一台ですませることができます。チケットをダウンロード後、コンサート会場でケータイやスマホをかざすだけで入場できてとても便利です。

現金払いより便利でおトクなおサイフケータイ

おサイフケータイは現金代わりとして使えるだけではありません。おサイフケータイを使って支払いをすると、各種ポイントやマイルを貯めることもできるので、現金で支払いするよりおトクなのです。

おサイフケータイが対応している会員証の主なものは以下のとおりで、おサイフケータイがこれらの会員証の代わりとなって、ポイントが貯まっていきます。

  • モバイルdポイントカード(ドコモ)
  • ゴールドポイントカード(ヨドバシカメラ)
  • ローソンモバイルPonta(ローソン)
  • ビックポイントケータイ(ビックカメラ)
  • モバイルTカード(TSUTAYA)

iDで100円利用ごとにdポイントが1ポイント貯まり、貯まったポイントはiDの支払いとして使うこともできます。「キャッシュバック」というサービスで、申込んだポイント分を請求金額からキャッシュバックされる仕組になっているものです。

おサイフケータイでdocomo iDが使える

docomo iDはドコモの電子マネー


画像引用元:タッチでお支払い iD

docomoiDは「アイディ」と読み、docomoが発行している電子マネーです。docomo iDはカードタイプとおサイフケータイで使えるタイプのふたつがあります。

docomo iDはケータイやスマホ、iDカードをかざすだけで支払いができ、利用代金は後払いの「ポストペイ型」のほか、あらかじめチャージしておく「プリペイド型」と口座残高の範囲内で即時引き落とされる「デビット型」があり、好きな方法を選べるのです。

プリペイド型だとお金を使い過ぎてしまう心配はありませんが、前もってお金をチャージしておく必要があるため少し面倒に感じられる方もおられるでしょう。デビット型はチャージ不要で、利用代金は口座から即時引き落としされます。

なお、docomo iDはおサイフケータイで使えますが、おサイフケータイで使えるdocomo iDはポストペイ型のみとなっているため、この記事ではポストペイ型を取り上げて説明しています。

iPhoneはおサイフケータイに対応していませんが、iPhone7以降の端末ならApple Pay でdocomo iDを利用できます。

おサイフケータイのdocomo iDでできること

dカードやdカード GOLD(ゴールド)を持っていれば、別途docomo iDの申込みをする必要はありません。携帯電話やスマホからの設定だけで、すぐにdocomo iDが使えるようになるのです。

設定が完了すれば端末をかざすだけで支払いができ、毎月のdカードやdカード GOLD(ゴールド)の利用代金とともにまとめて請求されます。おサイフケータイの場合、代金の精算方法はポストペイなので事前のチャージは不要です。また、お買い物の際にサインする必要もありません。

万一、携帯電話やスマホを紛失してしまっても安心してください。端末の利用中断手続きとともにdocomo iDの利用もロックすることができます。

おまかせロック対応端末をお持ちなら、遠隔操作でおサイフケータイをロックできるのでとても便利です。スマートフォンでdocomo iDを利用するときにおサイフケータイロック機能を使えば、不正利用を防ぐことができます。

また、iD/NFC対応のスマートフォンをお持ちなら海外でもdocomo iDを利用できます。現地通貨を現金で用意するのは面倒なものですが、docomo iDなら渡航先の店頭でスマートフォンをかざすだけで支払いが完了します。

おサイフケータイにdocomo iDを登録する方法

dカードまたはdカード GOLD(ゴールド)の契約がなくても、docomo iDをおサイフケータイで利用できます。その場合は、iDの利用に対応しているクレジットカード会社が発行するクレジットカード情報をおサイフケータイに登録しなければなりません。ここではカード情報を登録する手順を解説します。

クレジットカード会社にiDの利用を申し込む

iDの利用に対応しているクレジットカード会社は70社以上あり、dカード以外のほかにもイオン銀行やオリエントコーポレーション、クレディセゾン、ライフカードなどを指定することができます。

docomo iDをおサイフケータイで利用するには、まずクレジットカード会社にiDの利用を申し込んでください。イオン銀行の場合だと、「会員特約」に同意するとiD会員番号およびアクセスコードが発行されるので、iDの指定暗証番号を登録すれば申し込みが完了します。

iDアプリを確認

最初にご自身の端末にiDアプリがインストールされていることを確認してください。もしスマホのアプリ一覧にiDアプリのアイコンがない場合にはインストールする必要があります。

ドコモで購入した端末の場合は、dメニューのサービス一覧 からiDを選択すればOKです。ドコモ以外で購入した端末の場合には、Google PlayからiDアプリを検索してインストールします。

iDアプリを確認できたらIDを利用するクレジットカードを手元に用意したうえで、以下の手順に沿ってカード情報を設定します。

カード情報の設定方法

  1. iDアプリを起動し、カード情報を設定します。
  2. アプリを起動し、[はじめて「iD」を使う方]を選択
  3. [「iD」対応のクレジットカードで登録する]を選択
  4. 登録するカードを選択
  5. カード発行会社から通知されたアクセスコード・パスワードなどを入力
  6. 注意事項が表示されるので[はい]を選択
  7. 設定完了画面が表示されたら設定完了

dカード GOLD(ゴールド)でとことん得するには

dカード GOLD(ゴールド)は年会費以上のメリットあり

年会費10,000円はすぐに元がとれる

dカード GOLD(ゴールド)はドコモが発行しているクレジットカードです。通常のdカードの年会費は実質無料ですが、dカード GOLD(ゴールド)の年会費は税別で10,000円となっていて、「正直少し高いかも…」と思わる方が少なからずおられるかもしれません。

けれどもdカード GOLD(ゴールド)は会員特典が大変充実しており、元はすぐに取れてしまうものです。どのような特典があるのかというと、まずは毎月支払うスマホの月額使用料金1,000円につき10%分のdポイントが還元されます。

dポイントは1ポイントで1円に換算されるため、たとえば毎月9,000円の携帯料金を支払っているなら1年で10,800ポイントが還元されることになり、これだけで年会費はチャラになるのです。

また、スマホが壊れたときなどに利用できる補償サービスを月額料金無料で利用できます。ケータイ補償サービスの月額料金は機種によって異なりますが、月々330~750円程度が必要となります。けれどもdカード GOLD(ゴールド)会員ならスマホ購入後、3年間で最大10万円までのスマホ修理代を負担してもらえるのです。

dカード GOLDのポイント還元で付与されるdポイントは、携帯料金の支払いのほか、街のお店やネットショップでの買い物代金などにも使うことができます。

光回線もドコモにしてもっとおトクに

ドコモのサービスを普通に利用するだけで、dポイントはどんどん貯まっていきます。さらに自宅の光回線をドコモ光にすれば、携帯料金と同じく回線使用料1,000円につき10%分のポイントが還元されるのです。

毎月の光回線使用料が5,000円なら年間で6,000ポイントが還元され、携帯利用料金の支払いによって還元されるポイントと合わせると、年間で16,800円分のdポイントが戻ってきます。

dカード GOLDの高いポイント還元率でドコモユーザーにおすすめ

クレジット払いはまとめてdカード GOLD(ゴールド)で


ドコモのサービス以外の支払いでも、クレジット払いにしているものはたくさんあります。家賃や光熱費、外食での支払いのほか、日常の買い物などのクレジット払いをdカード GOLD(ゴールド)にまとめてしまえば、たくさんポイントが貯まります

さらにdカード GOLD(ゴールド)の年間利用額が100万円を越えると、利用金額に応じた各種クーポンがもらえるのです。年間100万円なら毎月84,000円程度となり、スマホと光回線の使用料に家賃60,000円と光熱費8,000円が加わればクリアできます。

年間利用額100万円でもらえるクーポンは、以下のようなものがあり、好きなものをひとつ選べます。

  • ケータイ割引クーポン 10,800円
  • d fashionクーポン 5,400円×2回分
  • dトラベルクーポン 10,800円
  • d ショッピングクーポン 3,600円×3回分
  • d デリバリークーポン 3,600円×3回分

旅行好きならさらにおトク

dカード GOLD(ゴールド)会員の特典として、全国28箇所の空港内にある有料ラウンジを無料で使用することができます。空港ラウンジにはドリンクや雑誌のほか、Wi-Fi環境などを無料で利用できるので、出発までの長い待ち時間をゆったりと過ごすことができます。

また、dカード GOLD(ゴールド)にはカード付帯保険が付いています。旅先での病気やケガなどのようなトラブルを補償してくれるサービスで、dカード GOLD(ゴールド)会員ならその都度旅行保険に加入することなく、安心して旅行が楽しめます。

dカード GOLD(ゴールド)付帯保険には航空便遅延費用特約もついていて、飛行機の遅延や欠航などのために宿泊が必要となった場合、ホテル代と食事代が2万円まで補償される手厚い内容となっています。

dカード GOLDの海外旅行保険を解説|自動付帯と家族特約で充実した補償内容

おサイフケータイでdカード GOLD(ゴールド)は使える?

dカード GOLD(ゴールド)はカードレスに非対応


画像引用元:dカード | dカード GOLD(ゴールド)のご紹介

dカード GOLD(ゴールド)は年会費以上のメリットがあるクレジットカードですが、スマホをかざすだけのおサイフケータイで使うことはできません

今のところ、クレジットカードの現物なしで使えるバーチャルカードは、ネット決裁に特化されたものしか存在しないため、カードの現物なしでdカード GOLD(ゴールド)を使ってのお買い物はできないのです。

けれどもカードの現物を持ち歩くことなく、dカード GOLD(ゴールド)を使い倒す方法はあります。おサイフケータイとdカード GOLD(ゴールド)の間にワンクッションはさむことで、dカード GOLD(ゴールド)をおサイフケータイでどんどん使うことができるようになるのです。

docomo iD経由でdカード GOLD(ゴールド)を使おう

おサイフケータイでdカード GOLD(ゴールド)は使えませんが、docomo iDなら使えます。そこでdocomo iDを経由させることで、間接的にですがdカード GOLD(ゴールド)をどんどん使うことができるわけなのです。

docomo iDをおサイフケータイで使う場合に利用代金の支払いはポストペイ、つまり後払いとなります。docomo iDでの利用金額は、ドコモで利用している携帯料金の支払いと合算して、ドコモ契約時に指定した方法で引き落とされます。

このときに指定するクレジットカードをdカード GOLD(ゴールド)にしておけば、docomo iDを経由してdカード GOLD(ゴールド)を利用したことになるのです。

docomo iDにdカード GOLD(ゴールド)を設定する方法

iDアプリで設定する場合

  1. docomo iDから[はじめて「iD」を使う方]を選択
  2. [「iD」対応のクレジットカードで登録する]を選択
  3. カード一覧から、「dカード」を選択
  4. dカードまたはdカード GOLD(ゴールド)の会員番号から下11桁と4桁の暗証番号を入力
  5. 「登録する」を選択すれば設定完了

4で入力する暗証番号は、iDでのショッピングなどに利用するために指定した4桁の数字です。端末の暗証番号やネットワーク暗証番号とは異なるものですが、iD利用の暗証番号を個別に変更していなければ、クレジットカードの暗証番号と同じです。

dカードアプリで設定する場合

  1. dカードアプリからおサイフケータイの「設定」を選択
  2. 「設定する」を選択
  3. dカードの暗証番号を入力したら「同意して設定」を選択
  4. おサイフケータイ設定完了画面が表示されたら完了

1で「設定」ボタンが表示されていなければ、オプションメニューの「おサイフケータイ 設定」ボタンを押してください。

また、3で入力する暗証番号はiDアプリでの設定と同様に、iDでのショッピングなどに利用するために指定した4桁の数字となります。端末の暗証番号やネットワーク暗証番号とは異なるため注意が必要です。

なお、iD利用の暗証番号を個別に変更していなければ、クレジットカードの暗証番号をそのまま入力してください。

おサイフケータイでdocomo iDとdカード GOLD(ゴールド)を使い倒そう


おサイフケータイは日本独特のサービスです。携帯電話に埋め込まれたFeliCaチップ(ICチップ)を使ってNTTドコモが開発したもので、おサイフケータイはドコモの登録商標です。

けれども他社がシステムや商標権を利用することが認められているので、ソフトバンクやauの携帯電話でもおサイフケータイは使えます。とはいえおサイフケータイといえばやはりドコモで、docomo iDとdカード GOLD(ゴールド)を組み合わせて使うことがおすすめです。

記事を参考に、おサイフケータイとdocomo iDの便利さとdカード GOLD(ゴールド)のおトクさを合体させて、もっとおトクに使い倒していただければと思います。

ドコモユーザーならdカード GOLD(ゴールド)がオススメされる理由

dカード GOLD(ゴールド)を利用すれば月々の支払がもっとお得になります。
年会費1万円と一見して高く感じますが、毎月の通信利用料金の10%をポイント還元、ケータイ補償やお買物や海外保険などの特典と手厚いのが特長です。
ドコモユーザーなら絶対持っておくことをオススメします!

>dカード GOLD公式サイトを見る