Android iD(アイディ) Suica(スイカ) おサイフケータイ スマホの使い方 電子マネーの使い方
Pocket

読了時間:約 2

聞いたことや見たことはあるけど意外とまだ使っていない人が多い「おサイフケータイ」。何でもかんでもスマホだけでやっていたら何か起きた時に心配と思っていませんか?

実は「おサイフケータイ」はロックもかけられますし、使用停止も簡単にできてしまうのでむしろ安全です。しかもお得なポイントが得られる場合あります。

今回は、まだ「おサイフケータイ」のことが良く分からない人に向けて、設定方法や注意点を紹介します。

おサイフケータイ|スマホの決済で上手にポイント・キャッシュバック

AndroidのおサイフケータイはDocomoが最初にスタート!その使い道とは?

駅やコンビニなどでスマホをかざして買い物などをすましている人を見かけることがあります。これが、これから紹介するおサイフケータイというシステムです。このシステムはAndroid限定のシステムで、iPhoneにはないシステムです。

まずはおサイフケータイがどんなものなのかを最初に紹介します。

おサイフケータイとは?Docomoが開発した電子マネー!

おサイフケータイという名前をよく耳にするのは最近かもしれませんが、もともとは2004年にDocomoが開発してサービスを開始したものです。現在ではDocomoの商標登録は行われていますが、その他のキャリアでも活用できるシステムになっています。

アプリに名前、住所、クレジットカード番号などを登録をしておくだけで買い物や乗り物に乗ったりすることがスマホをかざすだけで行える便利な機能です。

おサイフケータイという名前にしているように、お財布に入るものすべてをケータイに入れてしまっているサービスと思ってもらっても大丈夫です。みなさんもお財布にはお金以外も入れていると思います。

定期券、クレジットカード、会員証、クーポンなどいろいろなものをお財布に無理やり入れ込んでいませんか?そんな人にはこれから紹介するおサイフケータイがオススメです。

Apple Pay・NFC・Felica・おサイフケータイの違いは何?日本で便利なのは?

気になるおサイフケータイの使い道は主に3つ

おサイフケータイの使い道としては主に3つに分かれますのでここでは1つずつ紹介していきます。

1.お金をもっていなくても買い物ができる

あらかじめお金をおサイフケータイにチャージ(入れておく)して電子マネーにしておくことで、現金をもっていなくても簡単にかざすだけでコンビニやお店での支払いを行えます。買ったものに応じてお札や小銭の配分もいりませんし、何よりスピーディーに買い物ができます。

スマホ重視の生活を考えると、スマホをカバンから出す方がお財布をカバンから出すよりも早いでしょうし、スムーズです。

2.切符いらずで改札を通れるし、荷物が減る

おサイフケータイは乗り物に乗るときにも便利です。Suicaなどと同じでおサイフケータイは電車の切符の代わりになります。さらにはそれだけでなく飛行機のチケット代わりにもなります。

インターネットで購入した新幹線の切符や飛行機のチケットをわざわざ印刷して持っておく必要もなく、改札にかざすだけで入場できるので旅行前の荷物チェックもいりません。スマホだけもっていれば、すべて事足りるわけです。

旅行でチケットがなくて慌てて家に引き返すというようなことがなくなります。また、単純に持ち運ぶ荷物が減るのも嬉しいことですよね。いろいろなポイントカードにも対応しているのでスマホだけもっていれば、いろいろなことに対応できます。

おサイフケータイ|Suicaの登録方法と使い方・こんな場所でも利用可能

3.クーポンや会員証などにも使えて、残高や履歴の確認もOK

おサイフケータイはポイントカードやクーポンとしても利用できます。それだけでなく会員証としての役目を果たすこともあります。アプリ側での登録は必要ですが、それさえしておけば、その場でサイフやカードケースから該当するカードを取り出すことなく、かざすだけでポイントなどが使えます。

特にクーポンを持ち運ばない人は多いと思います。これも登録さえしておけば自動的にクーポンが対応して、割引などを行うことができます。わざわざカバンやお財布の中を探す必要がないのです。

「今日はクーポンを忘れたから買うのをやめよう」といったことがなくなります。単純にカードなどを探す時間も短縮できますし、快適に生活を行えます。さらに簡単に残高チェックができるのも便利です。

買い物をするときにお財布の中身をチェックするのが面倒な人は、スマホですぐに残高を確認できます。しかも、スマホの通信機能で先払い電子マネーなどによりいつでもどこでもチャージができるようになります。

わざわざ銀行やコンビニなどのATMに駆け込む必要もありません。さらに買い物をどれだけしたかもわざわざメモっていなくてもおサイフケータイの履歴を見れば分かるようにもなっており、家計簿などをつける際やちょっとした確認に活用できて便利です。

SIMフリースマホだと無理な場合も事前にチェックが必要


画像引用元:au公式

おサイフケータイは全てのAndroidスマホに対応しているわけではありません。Androidでおサイフケータイを使いたい場合には、事前におサイフケータイに対応したスマホであるかをチェックしておきましょう。

一般的にはキャリアで購入したスマホならおサイフケータイに対応している機種が多いのでオススメです。分からない場合には販売店の店員さんに聞いたら教えてくれますので必ず確認しましょう。後から追加できる機能ではありません。

特に注意しなくてはならないのが、SIMフリースマホです。SIMフリースマホの場合にはおサイフケータイ自体がそもそも最初からインストールされていませんし、使えない機種も多いのが現状です。

必ずSIMフリースマホを購入する場合には事前におサイフケータイ対応かを確認しましょう。また、海外生産のAndroidスマホもおサイフケータイが日本独自の文化であるために、対応していないので通販などで購入する場合には気をつけましょう。

おサイフケータイの設定方法と使い方

おサイフケータイの設定方法は普通にスマホを使ったことがる人なら誰でも簡単にできます。アプリをダウンロードして、各種情報を登録するだけです。それでは設定法ほと簡単な使い方を見ていきましょう。

まずはアプリを起動する


画像引用元:NTT Docomo公式

おサイフケータイのアプリをまずは起動させます。基本的にはホーム画面やアプリ一覧から見つけることができるはずですが、インストールされていない場合にはGoogle Playストアから探してダウンロードをしておきましょう。

アプリを起動すると現在登録されているサービスなどが表示されます。このおサイフケータイアプリはおサイフケータイで使えるサービス(ポイントカード、会員証など)を探したり、電子マネーの残高を確認することができます。

使いたいサービスを選択する


画像引用元:NTT Docomo公式

おサイフケータイのアプリを起動させると、画面に「マイサービス」が表示されます。最初は何もサービスがないので、「サービスを追加する」を選択します。そうすると、初回のみおすすめのサービスが表示されるのでその中から使いたいサービスを選択します。

初回以降はアプリを立ち上げると、現在使っている「マイサービス」の項目が開くので、その中から使いたいものを選びます。新しいサービスを探す場合にはおすすめをチェックしましょう。

サービスの初期設定をする

電子マネーやポイントカード、会員証、クーポンなどいろいろなサービスに対応しているので、まずは使いたいサービス、すべての初期登録を行いましょう。サービスごとに少しずつ設定方法は異なりますが、基本的には以下のようになります。

<初期設定方法>

①使いたいサービスのアプリをダウンロード

1 2