読了時間:約 3

OPPO R17 Neoの日本での発売は2018年11月22日。販売は格安SIMのUQmobileのみでの専売の端末です。

販売価格は39,000円から端末代金+通信費込みでも月々3,300円からと非常に買い求めやすい戦略的な価格設定となっています。

以前は高価な高性能モデル、いわゆるハイエンドモデルばかりが販売されていたのですが最近では消費者の好みに合わせた様々な端末が主に格安SIMメーカー等から販売されるようになりました。

選択肢が増えた分、実際に購入した後で以前の高価な高性能端末よりも動作が鈍いなど、後に後悔をするなんて事もあり得ます。

後悔しないようにするためには、購入を考えている端末の特徴や性能、得意、不得意とする事などをよく吟味する事が、非常に重要になってきます。

ここではOPPO R17 Neoの性能を分かりやすく解説し、価格や用途面を通してご紹介していきます。

格安SIM|人気機種はどれ?UQモバイルのおすすめスマホ

UQ mobile公式サイトはこちら

OPPOとは?

画像引用元:About Us | OPPO 日本

OPPO R17 Neoの性能を書き出す前に、あまりまだ馴染みのないスマートフォンメーカー、OPPOについてご紹介します。

OPPO R17 Neoを設計生産するのは、OPPO(オッポ)という電気機器メーカーです。

OPPO は2003年に設立された中国に本部を置くメーカーで、近年ではスマートフォンはもちろん、部門は違いますが高級オーディオでも頭角を表しています。

スマートフォンを手がけた当初はネット販売には力を入れず、まずは実店舗専売とし特に地方に実店舗網を広げる戦略をとった結果、地方都市の若者の支持を集め2016年には中国のスマホ市場1位のメーカーとなりました。

また、アメリカでもOnePlusブランドとしても展開し、高い人気を誇っています。

広大な中国やアメリカ市場でも絶大な人気を誇る信頼性の高いメーカーといえます。

OPPO R17 Neoのスペック

画像引用元:About Us | OPPO 日本

OPPO R17 Neoの基本スペックは以下の表の通りです。

モデル名OPPO R17 Neo
サイズ約158.3×75.5×7.4mm
重さ約156g
ディスプレイ
(サイズ/タイプ/解像度)
6.4インチ/AMOLED/2340x1080
カメラメイン1,600万+200万画素
サブ2,500万画素
バッテリー3,600mAh
OS ColorOS 5.2(Based on Android8.1)
プロセッサSnapdragon 660(SDM660)
クロック数/コア数1.95GHz/4コア+1.8GHz/4コア
本体メモリ容量ROM128GB
RAM4GB
対応外部メモリ
(規格/最大容量)
microSD、microSDHC、microSDXC、最大256GB
防水・防塵非対応
ネットワーク
最大下り速度
279Mbps
BluetoothBluetooth5.0
Wi-Fi規格a/b/g/n/ac
テザリング対応
緊急地震速報・津波速報/災害・避難情報対応

ミドルハイクラスのQualcomm Snapdragon 660を搭載し端末を制御しています。

ROMメモリも大容量4GBを搭載し多数のタスクを同時進行させても端末の動作が遅くなるなどのストレスもなく操作が可能です。

OPPO R17 NeoのOSは、Android 8.1ベースの「ColorOS 5.2」です。従来のColorOSから機能面でいくつかのスペックアップを遂げています。

そのうちの一つが「スマートサイドバー」という機能です。

「スマートサイドバー」は、縦画面では右側、横画面では左側からスワイプをして小型アプリウィンドウを表示するアプリランチャーで、簡単にアプリや機能などを呼び出す事が可能です。

OPPO R17 Neoはやや大きな本体サイズとなっているため指の届きやすい場所にランチャーを呼び出す機能があるのはユーザー側に立った配慮された機能といえます。

ランチャーにはアプリを自由に登録できるため、よく使うアプリを登録しておけば、とても便利になります。

保存容量も十分で128GBとなり、さらにmicroSDで最大256GBまで拡張できます。

この大きな保存容量ならカメラで写真や動画を沢山撮影しても容量不足に困ることもまずないでしょう。

OPPO R17 Neoのサイズ感

画像引用元:OPPO R17 Neo -ディスプレイ指紋認証を日本で初めて搭載したスマートフォン。 | OPPO 日本

OPPO R17 Neoの外観の印象としては縦に長い比率でサイドボディが細くスリムに見えるデザインを採用していますが、それでも大型と感じる程の6.4型のディスプレイを備えています。

インチ数だけで言えば7インチタブレットに匹敵する大きさとなっていますが、ディスプレイ上部の極小のノッチ部分にインカメラを搭載したすっきりとしたデザインに仕上がっています。

OPPO R17 Neoの筐体は大きめなサイズですが厚みは7.4mmでスリム。手にとると薄いなと感じるくらいです。重量もこのクラスだと軽量な156gで長時間の使用にも優しい造りとなっています。

ちなみにiPhpne XRのサイズは143.6 x 70.9 x 7.7mmとなっており、OPPO R17 Neoの方がふたまわり近く大きくなっていますが、重量を比べるとiPhone XRが重さ174gに対しOPPO R17 Neoは156gといった軽量化にも成功しています。

他のスマートフォンと比較しても、群を抜く軽量化だという事がわかるくらいです。

OPPO R17 Neoの外観デザイン

画像引用元:OPPO R17 Neo -ディスプレイ指紋認証を日本で初めて搭載したスマートフォン。 | OPPO 日本

OPPO R17 Neoの本体の背面は非常には特徴的で美しいグラデーションカラーが採用され、赤系と青系の2色の本体カラーから選択が可能です。

また、背面にはデュアルカメラが搭載され、カメラベゼルにはゴールドカラーの装飾が付与され品の良いアクセントとなっています。

本体の下部にはイヤホンジャックやスピーカーそして充電用のmicroUSB端子が備わっています。ちなみにスピーカーはモノラル仕様です。

最近ではBluetoothを使った無線イヤホンの普及に伴いイヤホンジャックが廃止される傾向にありましたがOPPO R17 Neoにはイヤホンジャックが健在です。

お気に入りの有線イヤホンを継続して使用する事も、Bluetoothイヤホンと併用して使い分ける事も可能となります。

充電端子は最近増えてきている、USB-Cではない点には注意が必要です。

OPPO R17 Neoのカメラ性能

画像引用元:OPPO R17 Neo -ディスプレイ指紋認証を日本で初めて搭載したスマートフォン。 | OPPO 日本

OPPO R17 Neoのカメラ性能はアウトカメラが1,600万画素+200万画素AIカメラ、インカメラは2,500万画素となっており、この価格帯の端末としてはかなりの高性能カメラを搭載しています。

特にインカメラの2,500万画素は群を抜いており、SNS投稿に用いられる自撮りの画質を意識したメーカーのこだわりが垣間見えます。

公式サイトの製品イメージ写真にもインスタグラムやフェイスブックを思わせるイメージのポートレートを載せSNS投稿に適した機種であることをアピールしています。

画像引用元:OPPO R17 Neo -ディスプレイ指紋認証を日本で初めて搭載したスマートフォン。 | OPPO 日本

さらにカメラのソフト面でも画質性能をバックアップしています。

AI対応で端末が最適な画質に調整してくれる心配りにも圧巻です。また、OPPO R17 Neoでは、メインカメラもデュアルカメラ仕様となっています。

1,600万画素のメインカメラに一眼レフカメラを用いたようなボケのある撮影などに利用できる200万画素カメラを搭載。こちらもAIに対応しSNSなどに手軽で華やかな写真をアップしたいという方に向いている仕様といえます。

さらに美肌モードを搭載し自撮り好きの女性にも納得のチューニングがされています。当然AI以外にも個別でマニュアル設定が出来るなどの多様性も持ち合わせている至れり尽くせりの仕様となっているのも特徴です。

OPPO R17 Neoのディスプレイ性能

OPPO R17 Neoのディスプレイには6.4型/AMOLED、解像度2,340×1,080 でハイエンドクラスに搭載されることが多い有機ELパネルを搭載しています。この価格帯で考えると破格の性能といえます。

有機ELパネルは液晶パネルのように全体をバックライトで照らすのでは無く、ドット自体が自発光するので特に黒の表現がくっきりと美しく見せます。

液晶だと黒色がバックライトにより白がかるのですが、有機ELパネルは自発光タイプですので黒色を表現する時は消灯し、黒は黒の表現となります。

4万円以下の端末では異例の有機ELの搭載により、OPPO R17 Neoで撮影した美しい写真を閲覧する際にも一役かっています。カメラと合わせてSNSに適しているOPPO R17 Neoの大きな特徴となっています。

ディスプレイのノッチデザインの採用

1 2