読了時間:約 3

格安SIMで人気のOPPOから、満を持して最新フラッグシップモデル「OPPO Find X」が登場しました。「OPPO Find X」で目を引くのは、ユニークな「飛び出すカメラ」。これにより、インパクトのあるフルビューディスプレイを実現しています。

今回は、「OPPO Find X」の性能と価格・用途からレビューし、買うべきかどうかを徹底的に検討しています。

OPPO Find Xの性能・用途をレビュー

世界初のスライド式カメラは見掛け倒しではない


画像引用元:未来、はじまる。スマホは、真の全画面の時代へ。 – OPPO 日本

「OPPO Find X」でまず目を引くのが、世界初のスライド式ステルス 3Dカメラですが、これは決して見掛け倒しのギミックなどではありません。

最近のスマホは、画面占有率をどこまで広げられるかにしのぎを削っています。スマホのトップランナーである「iPhone X」では、従来は端末上部ベゼルに搭載されていたフロントカメラや各種センサーなどをノッチ(切り欠き)部に収めることで、大画面を実現しています。

ところがOPPOの「Find X」は奇想天外な方法で、フルビューディスプレイを実現しました。それが、フロントカメラを本体内部に格納してしまうという方法です。つまりスライド式ステルス 3Dカメラは、マニアックなギミック愛好者向けに奇をてらっただけものではなく、画面占有率を限りなく高めるためのアイデアなのです。

スライド式ステルス 3Dカメラは多機能


画像引用元:未来、はじまる。スマホは、真の全画面の時代へ。 – OPPO 日本

3D顔認識システムの精度は指紋認証の20倍

スライド式ステルス 3Dカメラは、端末上部に格納されているというルックス以外にも、革新的な技術がいくつも内蔵されています。フロントカメラ・リアデュアルカメラに加え、3D顔認識システムやその他の画期的なセンサーです。

iPhone Xに搭載されたTrueDepthカメラは、これまでのスマホに搭載されていたような顔認証システムとは別モノです。赤外線ドットを照射し、顔を立体的にスキャンするシステムですが、この3Dセンサーカメラを搭載した最初のAndroidが「OPPO Find X」です。

画面ロック解除においては、指紋認識よりも20倍も安全とされています。なお、物理的に動作するスライディング構造については落下防止システムが採用されており、30万回以上の耐久性試験をクリアしています。

OPPOの強み「自撮り」がさらに美しく


画像引用元:未来、はじまる。スマホは、真の全画面の時代へ。 – OPPO 日本

OPPOの「自撮り写真」はキレイに撮れることで従来から定評がありましたが、「A.I.インテリジェント3Dカメラ」を搭載した「OPPO Find X」では、さらなる高みへと進化しています。

顔全体はもちろんのこと鼻や目などのパーツまでをもA.I.で分析してリアルタイムに補正を行うことでビューティー効果を付与し、自分らしさを最大限に活かした美しいポートレートを作成できます。

さらに芸術的なライティングを実現する「3Dライティング技術」でこれまでにない素晴らしいポートレート写真を撮影できるのです。

メインカメラも「AIシチュエーション」で自動補正

「OPPO Find X」のメインカメラは、ともに1600万画素と2000万画素のデュアルカメラ構成となっています。さらに、光学式手ブレ補正はもちろんのこと、AIが撮影シーンに合わせて最適なカメラ設定を行ってくれるのです。

「AIシチュエーション」や「AIポートレート」のほか、RAWデータをベースにHDR(ハイダイナミックレンジ合成)処理を行う「RAW HDR」といった機能を搭載しているため、ハイコントラストな対象物を撮影しても白飛びや黒つぶれのない写真を撮ることができます

ノッチがなく限りなく狭いベゼルの大画面


画像引用元:未来、はじまる。スマホは、真の全画面の時代へ。 – OPPO 日本

スライド式ステルス 3Dカメラの搭載によりノッチがなくなった「OPPO Find X」のパノラマアークスクリーンでは、93.8%という驚異の画面占有率となりました。

遮るものがなくなった6.4型フルHD+(2340×1080)の有機ELパネルはこれまでのスマホとは一線を画しており、写真や動画の閲覧時だけでなく、webブラウジングやゲーム・アプリの使用時にも快適な視覚性を体感できるものです。

またディスプレイは側面に向かってカーブする3Dガラスを採用、これによりベゼル部が極力抑えられています。

限りなく美しいフォルムとカラー


画像引用元:未来、はじまる。スマホは、真の全画面の時代へ。 – OPPO 日本

ディスプレイだけでなく端末全体に曲線を多用したクレッセントアークデザインとの相乗効果により、「OPPO Find X」は限りなく美しくエレガントな外観となっています。また手に馴染みやすく、端末の重さや大きさを感じさせません。

カラーバリエーションは「ワインレッド」と「サイレントブルー」の2色で、3D多面カラープロセスという手法によりいずれも宝石のように美しく輝くグラデーションカラーを楽しめます

最上位CPUと8GBメモリがかつてない操作性を実現


画像引用元:未来、はじまる。スマホは、真の全画面の時代へ。 – OPPO 日本

「OPPO Find X」にはAndroidのCPUとして最上位モデルの「Qualcomm Snapdragon 845」と8 GBのメモリ(RAM)が搭載されています。これにより極めて高いパフォーマンスが発揮できるのです。

さらに、256 GBの大容量ストレージ(ROM)により、より効率的なデータ処理を実現。ゲーム加速モードも搭載しており、高速かつスムーズにプレイを楽しめます。

グラフィック(GPU)は「Adreno 630」となっているため動画やゲームの再生は大変なめらかで、高速な動きにもストレスや違和感は感じられません。

バッテリーやストレージ容量はどれくらい?

「OPPO Find X」のバッテリー容量は3730 mAh(1700mAh×2)で、OPPO独自の「Super VOOC フラッシュチャージ」に対応しているため、35分で充電完了することが可能です。2つのバッテリーを直列で接続することにより、電圧を分散して充電速度を向上させています。

なおこの超急速充電は、同梱のアダプターとケーブルを使用した時のみ可能です。処理速度や画像の画素数がアップすれば、それだけバッテリーの消費量も増えていきますが、35分の急速充電ができれば万全ですね。

OSはOPPO独自の「ColorOS 5.1」


画像引用元:未来、はじまる。スマホは、真の全画面の時代へ。 – OPPO 日本

「OPPO Find X」には、Android 8.1をベースとした独自OS「ColorOS 5.1」を搭載しています。操作からビジュアルまでを一新したUIデザインとA.I.により、洗練された画面と簡単な操作、スマートな機能が提供されているのです。

たとえばスワイプ操作でホーム画面に戻れる「スワイプアップジェスチャーナビゲーション」のほか、スワイプで現れるバーによりスクリーンショットの撮影や、メッセンジャーアプリの呼び出しができる「フルスクリーンマルチタスク」機能などが利用できます。

国内の回線にはフル対応

SIMフリーの海外スマホには、日本国内の回線に対応しきれていないものがあります。バンドが未対応だと電波の受信が悪くなるだけでなく、最悪の場合は電波が全く受信できないこともあるため注意が必要です。各キャリアの回線に対応しているバンドは以下のとおりです。

ドコモ系の格安SIM LTEバンド1,3,19 W-CDMAバンド1,6
au系の格安SIM LTEバンド1,18または26 au VoLTE
ソフトバンク系の格安SIM LTEバンド1,3,8 W-CDMAバンド1,8

冒頭で紹介しているスペック表からも分かるように、「OPPO Find X」ではドコモ回線・ワイモバイル回線・au回線/au VoLTEのいずれにも対応しているので、安心して購入できます。

「OPPO Find X」はDSDVにも対応

1 2