読了時間:約 2

eスポーツとはエレクトロニック・スポーツの略称となっており、ゲームを用いて対戦する競技を指します。

アジア競技大会(アジアオリンピック)でのメダル種目化に伴って、eスポーツは現在世界中で注目されている一番HOTな競技といっても過言ではありません。

今回はそのeスポーツの中でも今後オリンピック種目になるかもしれない可能性の高い6タイトルの概要や賞金などに注目して解説をしていきます。

eスポーツとは

eスポーツとは、コンピューターゲーム・ビデオゲームを利用した対戦競技・スポーツの事です。ゲームに使われる電子機器にはPC・家庭用ゲーム機・スマートフォンなどが含まれます。

また、タイトルによっては業務用のゲーム機が使用される事もあります。

eスポーツのオリンピック種目入りの可能性

eスポーツの競技人口は現在では数億人とも言われており、世界中で拡大の一途を辿っている。

近年4年に一度開催されているアジアオリンピックでも、2022年の中国・杭州大会からメダル種目として正式認定され、eスポーツが今後近い将来にオリンピック種目となるのも現実味を帯び始めています。

eスポーツの歴史

ゲームを利用した競技自体は、まだ一般家庭にゲーム機が普及するより前の、1972年には実施されていたといいます。

そのような競技がどのようにして現在のeスポーツにまで至ったのか、その歴史を紹介していきます。

世界での歴史

1980年代に家庭用ゲーム機が登場して以来、その普及と共にまたゲームプレイヤーも爆発的に増加していきました。1990年代にかけてはデベロッパーをはじめとした、プロモーションを主な目的とする競技大会が多く実施されるようになります。

目を見張るほど大会規模の大きかった北米では、プレイヤーのプロ化が進んだのもこの時期です。

その後1990年代後半以降のPCの一般家庭への普及により、この流れはPCゲームへと移行していき、競技大会は「eスポーツ」として世界的にも注目されるようになりました。

また、2000年には韓国の「韓国eスポーツ協会」、ドイツの「エレクトロニック・スポーツ・リーグ社」が相次いで設立されました。

フランス・中国・イギリスなどでも、eスポーツをイベントとして扱う企業・団体などが次々に設立されていき、現在では世界各地でeスポーツが行われています。

日本での歴史

日本でも家庭用ゲーム機の普及によって、そのプレイヤーの増加も世界的な流れと同じではありましたが、1990年代には格闘ゲームを中心に業務用ゲーム機での大会が主流であったのも特徴となっています。

2000年代以降にはゲームの中心となるのは家庭用ゲーム機・スマートフォンへと変化していきます。2010年代以降には、格闘ゲームのジャンルから日本人のプロプレイヤーが次々と登場しその話題性から人気が広がっていきました。

この流れを受け、日本eスポーツ協会・eスポーツ促進機構・日本プロeスポーツ連盟に分かれていた組織も、2018年2月にようやく「日本eスポーツ連合(JeSU)」に統合される運びとなりました。

また、日本オリンピック委員会の認可団体となるなど、日本のeスポーツは現在急速な広まりを見せています。

eスポーツの今後

このeスポーツの広がりにさらなる勢いをつける為、「日本eスポーツ連合(JeSU)」が公認タイトルのプロライセンス発行を始めました。

その他にも一般社団法人デジタルメディア協会が賞金1,000万円の大会「闘会議」を開き成功させるなど、現在eスポーツ推進に向け徐々にその環境も整ってきています。

これらの動きはプロプレイヤー育成を目的とした専門学校の開校や、eスポーツの底辺の底上げには欠かせないものとなっています。

このようにeスポーツに関連した動きは、もちろん2022年のアジアオリンピックを見据えての事ではあるが、「日本eスポーツ連合(JeSU)」としてはその先の2024年に開催されるパリ五輪をも視野に入れています。

組織の統合をしてまで、「日本eスポーツ連合(JeSU)」が日本オリンピック委員会の認可団体となったのも、パリ五輪出場の思惑があっての事です。

これにはオリンピック委員会でもeスポーツの最近の過熱ぶりを見過ごすことはできず、パリ五輪での正式種目化が検討されている為でもあります。

今後オリンピック種目になるかもしれない公認eスポーツ6戦

ここでは、今後オリンピック種目となり得る世界的にも注目されているeスポーツ種目である6タイトルのそれぞれの特徴などをみていきます。

Dota 2

画像引用元:Dota 2

賞金総額1億3,308万4,761.24ドル(1位)
参加プレイヤー数2,338人
トーナメント数882大会
リリース時期2013年
ジャンルMOBA

2018年時点での過去大会賞金総額は1億3千万ドルを超え、年に一度実施されている公式世界大会「The International」では、プレイヤーがゲーム内に設けられた特設コンテンツを購入する事で賞金総額が増額される仕組みを取っています。

この仕組みである「クラウドファンディング型賞金制」を採用し、毎年eスポーツ大会の最高額賞金を更新している事でも有名なのが、Valve社が開発運営を行う「Dota 2」です。

使用可能なキャラクターは115体にもなり、その全てがアカウント作成直後から使用可能となっています。キャラクターについても現在、年に数体のペースで新規追加が行われているのも特徴です。

キャラクタースキン・MODなどユーザーが主導となる制作コンテンツも多く、購入するだけでなくそのトレードも可能となっています。

MOBAタイトルでは、集団戦におけるチームワーク・マップ上のオブジェクトの奪い合いなど、その重視されるゲーム性もタイトルによって異なります。

試合時間はオブジェクトの奪い合いの場合が長時間続くといった傾向にあり、チームワークに寄ったタイトルの方がより「カジュアル」とされます。

「Dota 2」は細かな操作面からマクロ戦術に至るまで、とても細かく繊細で複雑なシステムを持った「基本無料プレイMOBA」の代名詞といえます。

【MOBA】
「MOBA (Multiplayer Online Battle Arena)」とは、RTSをその源流に持つ新しいジャンルとなっています。

ひとつのマップを見下ろす複数対複数の人戦ゲームがその基盤となっていて、ひとつの試合では複数のプレイヤーから成るチーム同士で対戦を行い、先に相手本拠地を破壊したチームが勝利となります。

1人のプレイヤーは1キャラクターのみを操作する事が、多くのユニットを同時に操作するRTSとの大きな違いともなっています。

また、キャラクターはそれぞれ異なった能力や弱点を持っているのも特徴で、マップ上の敵ユニットなどを倒して得られる経験値・ゴールド(お金)によって成長を行うといったプレイ内容は、RPGのような要素も併せ持ったゲーム性となります。

有利に進める為の戦略・戦術・チームワーク・個人の持つプレイスキルなどを、プレイ中のプレイヤーと同じ視点から観戦できるのも醍醐味といえます。

League of Legends

画像引用元:リーグ・オブ・レジェンド

賞金総額4,950万1,718.80ドル(2位)
参加プレイヤー数5,224人
トーナメント数1,975大会
リリース時期2009年(ベータ版)
ジャンルMOBA

 「League of Legends(LoL)」は、世界でもっともプレイ人口が多いとされるeスポーツのタイトルとなっており、2016年3月より日本でもサービスが行われているタイトルです。

キャリア公式オンラインショップなら頭金0円で在庫も充実しているので断然お得!
1 2