読了時間:約 2

格安SIMにMNPで乗り換えたい」と思っても、数ある格安SIMの中から自分に合ったキャリアを探すのは至難の業です。

自分にとってベストな格安SIMを見つけ出すには様々な格安SIMのサービス内容を知っておかなければいけません。

今回は格安SIMの中でも大手のひとつに数えられるOCNモバイルONEへMNPするメリットをご紹介していきます。

MNPの手順についても詳しく解説するので、乗り換え先の格安SIMを探している方、OCNモバイルONEが気になっている方は是非目を通して見て下さい。

OCNモバイルONEへMNPするメリット


画像引用元:OCN モバイル ONE|格安SIM・格安スマホ | NTTコミュニケーションズ 個人のお客さま

独自の料金プランを備えている

OCNモバイルONEの魅力は何と言っても「独自の料金プランを備えている」という点でしょう。

特にデータ通信上限が「〇GB/月」ではなく、「〇MB/日」となる日割プランはかなり高い人気を誇っています。

また、OCNモバイルONEはオプションも独自色の強いものを揃えており、通話かけ放題オプションに至っては3種類ものオプションが存在します。

様々な料金プラン、オプションを組み合わせて自分だけのプランを作りたいのならOCNモバイルONEは乗り換え先として間違いのない選択です。

カウントフリーサービスがある


格安SIMだけでなく大手キャリアでも人気の高い「カウントフリーサービス」。

OCNモバイルONEのカウントフリーサービス「MUSICカウントフリー」は名前の通りミュージックサービス特化のカウントフリーサービスとなっています。

MUSICカウントフリーの対象となるのは、

  • amazon music
  • AWA
  • Aniuta
  • dヒッツ
  • Google Play Music
  • LINE MUSIC
  • Spotify
  • ひかりTV ミュージック

の8つ。また、5/31までの期間限定ではありますが、アイドルマスターシャイニーカラーズもカウントフリーの対象となっています。

これだけ多くのミュージックサービスがカウントフリーになるサービスはほとんどありません。

音楽系のカウントフリーサービスを求めていた、という方にとってOCNモバイルONEは最適な格安SIMと言えるでしょう。

データ量を繰り越せる

データ量の繰り越しサービスは非常に便利なもので、上手く使えば少ないデータ量のプランでも速度制限を回避することが出来ます。

OCNモバイルONEはそんなデータ量の繰り越しに対応しており、余ったデータ量は翌月末まで繰り越すことが可能です。

データ量の繰り越しは通常のプランだけでなくデータ量日割プランにも適用され、日割プランの場合は翌日までデータ量を繰り越せます。

ただ、全てのプランで繰り越しが出来るわけではなく、500kbpsコースについては元々通信速度が制限されているためにデータ量の繰り越しをすることが出来ません。

他にもプリペイドプランはデータ量の繰り越しに対応していないので注意しておきましょう。

追加で購入したデータ量に関しても問題なく繰り越すことが出来ますが、期限はプラン毎に設定されているデータ量を繰り越す際と同じく翌月までとなります。

低速モードでデータ量を節約できる


最近格安SIM界隈で話題の低速モードですが、「わざわざ通信速度を落とすメリットってあるの?」と考えている方は少なくないでしょう。

低速モードを使う最大の理由は「データ量を節約すること」にあります。

しかし、他社の低速モードはただ速度が遅くなるだけの機能であるため、LINEなどの低速時でも比較的快適に通信が行える作業以外には使えません。

一方、OCNモバイルONEには「バースト転送」と呼ばれる通信の瞬間だけ通信速度を引き上げる機能があり、低速モードでも快適に通信を行うことが可能です。

バースト機能を持った低速モードを上手く使えば、データ量を節約し、携帯料金を抑えつつ快適にデータ通信を楽しむことが出来るでしょう。

支払い方法が複数ある

キャッシュレス化が進んでいることも手伝ってか、格安SIMのほとんどは支払い方法をクレジットカードのみに限定しています。

中にはデビットカードすら受け付けないキャリアもあり、クレジットカードを持っていないためにそもそも契約することが出来ないというケースも少なくありません。

そんな中、OCNモバイルONEは格安SIMの中では珍しく口座振替による支払いに対応しています。

もちろん他の格安SIMと同様クレジットカードによる支払いにも対応しているので、乗り換えの際は好きな支払い方法を選択すると良いでしょう。

OCNモバイルONEへMNPするメリット
  • 独自の料金プランを備えている
  • カウントフリーサービスがある
  • データ量を繰り越せる
  • 低速モードでデータ量を節約できる
  • 支払い方法が複数ある

OCNモバイルONEへMNPするデメリット

やや料金が高い

格安SIMを選ぶ上で料金の高低は重要な要素のひとつですが、OCNモバイルONEはやや料金が高い部類に入ります。

ただ、利用開始月は料金が無料である点や、アプリを使うことで通話料を半額に抑えられることを考えれば高過ぎるということはありません。

提供されるサービスと料金が釣り合っていると感じるのであれば、OCNモバイルONEへの乗り換えを検討してみると良いでしょう。

通信速度は並み程度


大手キャリアと違い、格安SIMはキャリアによって通信速度が大きく異なります。

OCNモバイルONEの通信速度は「遅くもなければ速くもない」というもので、通信速度を重視する方にはあまり向きません。

特に12~13時、17時~20時などの通信が混雑する時間帯では快適に通信することが難しく、苦労することになるでしょう。

一般的に通信速度が遅いと言われる格安SIMほどではないにしろ、大手キャリアのサブブランドとして営業している格安SIMほど通信速度が安定することはありません。

次のページでは、OCNモバイルONEへMNPする手順をご紹介します。

OCNモバイルONEへMNPするデメリット
  • やや料金が高い
  • 通信速度は並み程度
1 2