キャリア公式オンラインショップなら頭金0円で在庫も充実しているので断然お得!
読了時間:約 2

「nuro mobile(ニューロ モバイル)」とは、ソニーネットワークコミュニケーションズが2016年10月1日よりサービスを開始した格安SIMです。

以前は「So-net」が継続して提供してきたモバイル通信サービスを置き換える目的でサービスが開始されています。

「So-net」で提供されていたサービスである「0SIM」も「nuro mobile」で引き続き申し込みを受け付けています。

他社にはないお得でユニークな料金プランを利用できる点が特徴的となっております。

ソニー製のハイエンドスマホをSIMとセットで購入した場合では、本体代金に割引が適用されます。

また、通常の格安SIMでは得られない快適な通信環境を利用できるメリットなども存在します。

「nuro mobile」にMNPするメリットとMNPの手順についてまとめています。

トップ画像引用元:nuroモバイル

メリットその1:シンプルな料金プラン

大手キャリアの料金プランは非常に複雑になっている場合が多くなっています。

その為、最終的な利用額がどうしてその金額になるのか全てを理解していないようなユーザーも少なくありません。

回線をドコモとソフトバンクから選ぶ「nuro mobile」では、回線によって料金が異なるものの、料金プランの内容を理解するのはいたって簡単です。

以下が料金プランとなります。

【ドコモ回線の場合】※税抜

プラン
(データ容量)
データ専用SIMデータSIM+SMS音声通話SIM
お試しプラン
(0.2GB)
300円450円1,000円
Sプラン
(2GB)
700円850円1,400円
Mプラン
(7GB)
1,500円1,650円2,200円
Lプラン
(13GB)
2,700円2,700円3,400円

【ソフトバンク回線の場合】※税抜

プラン
(データ容量)
データ専用SIMデータSIM+SMS音声通話SIM
お試しプラン
(0.2GB)
500円1,200円
Sプラン
(2GB)
980円1,680円
Mプラン
(7GB)
2,300円3,000円
Lプラン
(13GB)
2,980円3,680円

料金プランは非常にシンプルとなっていてデータ通信のみで十分か、SMSも必要かで選びます。

また、音声通話機能もあった方が良いのかといった判断材料からSIMを選択し、後は普段の利用状況によりデータ容量を選ぶだけです。

SMSとは「Short Message Service(ショートメッセージサービス)」の略で、電話番号宛に70文字以下の短いメッセージを送信することができます。

また、「SMS認証」を必須としているアプリがあったり、コミュニケーションアプリの「LINE」では「SMS認証」ができた方が友人の登録が楽になったりします。

ただ、ソフトバンク回線では、「データ通信+SMS」の料金プランが選択できませんので、SMSが含まれるのは「音声通話SIM」に限られます。

ドコモ回線とソフトバンク回線の料金を比べるとドコモ回線の方が安いため、ドコモ回線を利用したいところです。

しかしソフトバンク回線ではソフトバンクで購入した端末をSIMロック解除なしでSIMの差し替えだけで利用できる利点があります。

手持ちの端末がSIMフリー端末であったり、SIMロック解除をしていれば料金の低いドコモ回線がオススメです。

POINT
ショートメッセージは普段は使わないと思うかもしれませんが、アプリの認証なので使用することも。そのため格安SIMではSMSを付けることをオススメします。

メリットその2:500MB以下の利用月は無料になる「0SIM」

画像引用元:0 SIM | nuroモバイル

始めに触れていますが、他の格安SIMにはないユニークな料金プランとして「0SIM」があります。

データ通信を毎月1GBも使用していないという方では、「0SIM」のデータ専用SIMを利用する場合、月額料金が最大で無料になります。

無料となる月間通信量は500MB未満で、500MB以上の場合は100MBごとに100円加算された料金となります。

2GBから5GBまでは1,600円で定額となりますので、天井知らずで料金がただ上がっていく訳ではありません。

5GBを超えた場合は速度制限がかかりますので、普段のデータ通信量が少ない方にオススメです。

【0SIM利用額】※税抜

 データ専用SIMデータSIM+SMS音声通話SIM
月額料金0円〜1,600円150円〜1,750円700円〜2,300円

注意点としては、データ専用SIMを契約していて毎月のデータ通信量が3GB程度利用している場合、1,600円の料金は他の格安SIMと比べてやや高めとなります。

2GB以上利用する場合には5GBまで利用しないと損になります。

POINT
「0SIM」プランは「0SIM」によるデータ通信が全く利用されない月が3ヶ月間続くと自動解約となるので、普段Wi-Fiを利用してる方はご注意を!1MBでもいいので気をつけて使用する必要があります。

メリットその3:余ったデータ容量をプレゼントできる(パケットギフト)

画像引用元:nuroモバイル

友人や家族の誰かが「nuro mobile」を利用していて、しかも回線がドコモかソフトバンクで同じであれば、

余ったデータ容量をあげたり、もらえたりしてデータ通信を使いすぎてしまった時に助け合うことができます。

しかもデータ容量のプレゼントは何回でも行えて、費用はかかりません。

注意点としては、誰かにプレゼントできるデータ容量の限度は、契約している料金プランの容量までとなります。

そのため、前月の繰越分や誰かからもらったデータ容量、追加購入分はプレゼント出来ません。

プレゼントできる容量は1度に10MB以上であれば1MB単位で細かく指定でき、余った容量を無駄なく使い切ることができます。


1 2