読了時間:約 2

大手キャリアで契約するよりも大幅に使用料金を抑えられる可能性のある格安スマホですが、その支払い方法はクレジットカードに限られる場合が多くなっています。

そのためクレジットカードを持っていないユーザーは格安スマホが契約出来ないといった事態に陥るこ事も少なくありません。しかし、数ある格安スマホ事業者の中には、クレジットカードを持っていなかったとしても契約の出来る格安スマホも存在します。

そこで今回は、クレジットカード不要で利用可能なおすすめの格安スマホ事業者を紹介していきます。

POINT
LINE PayカードならLINEモバイル

デビットカードなら楽天モバイル

口座振替ならUQ mobile

格安スマホの支払いにおけるクレジットカード以外の選択肢

クレジットカードしか使えないと思われがちな格安スマホの支払い方法には、下記のようにクレジットカード以外にも選択肢は残されています。

クレジットカード以外の格安スマホの支払い方法は以下の通りとなっています。

  • LINE Pay カード
  • デビットカード
  • 口座振替

このように、上記の支払い方法に対応可能な格安スマホ事業者を選べば、クレジットカードに縛られる事なく格安スマホを利用する事が可能です。とはいえ、格安スマホサービスを提供する事業者により、対応可能な支払い方法は当然異なっています。

格安スマホを申し込む際には、クレジットカード以外の支払い方法に対応している事業者であるか事前にチェックしておく事が必要となってきます。

「LINE Pay カード」・「デビットカード」・「口座振替」の各それぞれの支払い方法の特徴、各支払い方法に対応しているおすすめの格安スマホ事業者を紹介していきます。

LINE Payカード

画像引用元:LINE Pay

「LINE Pay カード」は、コミュニケーションアプリでその知名度の高さがウリとなっている「LINE」が発行しているプリペイドカードです。

これは、LINEが提供している電子マネーサービスである「LINE Pay」と連携していて、お店でのショッピングや、オンラインショップでの支払い(※国内外のJCB加盟店)に利用可能となっています。

特徴としては、入会金・年会費が完全無料で利用が可能ということと、プリペイドカードの為、発行に関して年齢制限・審査もないため、誰でも手軽に作る事が可能です。

注意点として、格安スマホの支払いに「LINE Pay カード」を利用する場合には、請求日当日までに請求金額以上の残高がカードに入金(チャージ)されていない場合、格安スマホの回線が止まってしまい使用不可能となる事です。

「LINE Pay カード」へのチャージの方法は、コンビニのローソン・ファミリーマートで簡単にチャージが可能です。そのほか、銀行口座情報を登録しておけば、銀行口座からのチャージやオートチャージにも対応させることができるようになっています。

しかも、カード利用100円に毎に「バッジカラー」というランクにより最大でポイントが2ポイント貯まり貯めたポイントは、LINEスタンプとの交換・LINE Payのチャージに利用可能なのも特徴です。

「LINE Pay カード」では、銀行口座の登録は必ずしも必要ではないため、「デビットカード」・「口座振替」と比較しても、最もその敷居が低いのが最大の魅了ともいえます。

日頃からLINEのサービスを利用することが多いユーザーや、敷居が低く手軽に格安スマホを利用したいというユーザーには、「LINE Pay カード」による支払いに対応可能な格安スマホ事業者の利用をおすすめします。

また、LINE Pay カードは、コミュニケーションアプリのLINEから、「LINE Pay」にアクセスして、名前・住所を入力する事で、簡単に申し込むことが可能です。

申し込みからカード到着までの期間は、1週間~2週間ほどとなり、しかも複数のカードデザインから選択できるのも若者のユーザーを意識した仕様となっているようです。

LINE Pay カードに対応したおすすめの格安スマホ事業者

画像引用元:SNS使い放題 新・月300円キャンペーン|LINEモバイル
【LINEモバイル】

対応回線ドコモ
支払い方法クレジットカード:〇
デビットカード:×
口座振替:×
LINE Pay カード:〇
その他:LINE Pay ※クレジットカードの登録が必要
料金プラン例コミュニケーションフリープラン(※音声通話機能付きSIM)
・LINE、Twitter、Facebook、Instagramがカウントフリー
・3GB:月額1,690円
・5GB:月額2,220円
・7GB:月額2,880円
・10GB:月額3,220円

言わずと知れた、コミュニケーションアプリ「LINE」で強い人気・知名度を獲得している格安スマホ事業者です。

LINEモバイルでは、「LINE」・「Twitter」などの特定のサービス利用時に発生する通信量をノーカウントとし無料にする「カウントフリー」の仕組みを料金プランに採用しているのも特徴となっています。

カウントフリーの対象サービスにより、「LINEフリープラン」・「コミュニケーションプラン」・「MUSIC+プラン」の3プランで展開しています。

LINEモバイルでは料金の支払い方法には、クレジットカードに加えて、LINE Pay カードLINE Payでの支払いにも対応可能となっています。

LINE Payの場合には、クレジットカードの登録が必要になりますが、LINE Pay カードでの支払いを選んだ場合には、クレジットカードの登録もいらず格安スマホサービスを利用することが可能です。

そのほか、利用開始月を含む初月の月額基本料金が無料になる他、月々月額基本料金に対して最大2%分のポイントが付与される事も特徴となっています。

「LINE」の年齢認証・ID検索に対応しているという点においても、「LINE」のサービスを頻繁に利用するユーザーには、クレジットカードいらずで格安スマホを使いたいという場合にはLINEモバイルをおすすめします。

デビットカード

「デビットカード」とは、店頭での支払いやネットショッピングの支払いの際に、クレジットカードと同様に使用可能なプリペイド式のカードです。

カードの利用金額分の額面を後日引き落としとなるクレジットカードとは違っていて、デビットカードの場合には、利用金額分が登録されている銀行口座から即座に引き落とされるといった仕組みとなっています。

もちろん登録された銀行口座に入っている金額分のみが使用可能となり、口座残高が不足している場合にはもちろん使用は出来なくなります。

「デビットカード」はクレジットカードとは違い、入会審査も不要となっていて、15歳以上(※中学生を除く)であれば、誰でもいつでも作成が可能となります。

ポイント還元率などはクレジットカードと比較すると見劣りしますが、デビットカードの利用でもポイントが貯まるという点は利用者にとっても大きなメリットとなります。

一方では、「デビットカード」での支払いに対応可能な格安スマホ事業者であったとしてもその種類によっては、契約上の審査をパス出来ないパターンもあるという事も注意が必要といえます。

格安スマホ事業者によって、支払いに対応しているデビットカードの細かい種類などもホームページ上などで公開している事業者もあります。

事業者によっては対応可能なデビットカードを明記していないところもありますが、自身が所有しているデビットカードが格安スマホの支払いに対応可能かどうか不明な場合は、直接サービスセンターなどに問い合わせるか、試しに申し込みを試みるのも一つの手となります。

デビットカードに対応したおすすめの格安スマホ事業者

1 2