読了時間:約 2

毎年注目の的であるiPhoneシリーズ。例年通りであれば2019年9月にはまた新しいiPhoneが発売される可能性があります。

新しいiPhoneも気になりますが、2018年に発売された人気のiPhone XS/iPhone XS Maxを、乗り換え(MNP)でお得に手に入れたいと検討している方も多いのではないでしょうか。

ここでは大手3キャリアのiPhone XS/iPhone XS Max現在の価格比較や、どのキャリアが1番お得に乗り換え(MNP)ができるかをご紹介します。

iPhone XS/iPhone XS Maxの特徴をおさらい

まずはiPhone XS/iPhone XS Maxのスペックから確認しましょう。

製品名iPhone XSiPhone XS Max
OSiOS 12 iOS 12
本体サイズ143.6mm×70.9mm×7.7mm157.5mm×77.4mm×7.7mm
画面サイズ5.8インチ6.5インチ
重量177g208g
ディスプレイ有機EL有機EL
画面解像度2436×11252,688×1,242
最大通話時間最大20時間最大25時間
CPUA12A12
ストレージ64GB/256GB/512GB64GB/256GB/512GB
充電30分で50% ワイヤレス対応30分で50% ワイヤレス対応
アウトカメラ1200万画素1200万画素
インカメラ700万画素700万画素
Wi-Fi802.11 b/g/n/ac802.11 b/g/n/ac
防水IP68IP68
3D Touchありあり
Face IDありあり
Touch IDなしなし
指紋認証なしなし
発売日2018年9月21日2018年9月21日

カラーバリエーション

iPhone XS/iPhone XS Maxのカラーバリエーションは、シルバー、スペースグレイ、ゴールドの3種類です。

どのカラーもバックパネルだけでなく、側面のステンレス素材のフレームもカラーを合わせており高級感のある上品なデザインになっています。

カメラ機能

iPhone XS/iPhone XS Maxはどちらもポートレートモードでの撮影が可能ですが、今回新たな機能として撮影後に被写界深度をf1.4~f16まで変えられるようになりました。

ポートレートモードで撮影し、やっぱり後から背景のボケ具合をもう少し調整したいという時に便利です。

また、iPhone Xよりも自然なボケ感が出て写真性能が全体的にアップしています。

また、動画の撮影モードに”ステレオ録音”が可能になり、より一層臨場感のあふれる音の録音ができるようになりました。

A12 Bionic チップ

前シリーズではiPhone 8/iPhone 8 Plus/iPhone Xと全てA11 Bionic チップ、M11モーションコプロセッサを搭載していました。

iPhone XS/iPhone XS Maxでは”A12 Bionic チップ””M12モーションコプロセッサ”を搭載しています。

CPUの性能は最大15%も高速化、GPUの性能も最大で50%も向上し、アプリケーションのグラフィックスなどで高いパフォーマンスを発揮できるよう進化しました。

有機ELディスプレイ

前シリーズのiPhone Xと同様に今回も高精細で鮮やかな有機ELディスプレイを採用しています。

また、ベゼルレスデザインでホームボタンがなくなったことにより、基体をサイズアップせずフロント一面を大型ディスプレイ化しました。

ディスプレイサイズはiPhone XSが5.8インチ、iPhone XS Maxが6.5インチです。

画面が広いと一画面で表示できる情報量が多くなり、WEBサイトに閲覧や電子書籍などもより快適に楽しむことができます。

iPhone XSのおすすめケース・カバーランキング【2019年最新版】

iPhone XSの新規契約・乗り換え(MNP)機種料金

下記表は2019年7月20日現在のiPhone XS各キャリア別機種代金です。

上段: 64GB
中段: 256GB
下段: 512GB
Apple Storeソフトバンクドコモau
一括価格112,800円
129,800円
152,800円
136,800円
155,040円
180,000円
128,304円
147,744円
153,576円
128,640円
146,880円
171,840円
機種変更実質価格-68,400円
77,520円
90,000円
※1
85,536円
98,496円
102,384円
※2
64,320円
73,440円
85,920円
※3
MNP実質価格-68,400円
77,520円
90,000円
※1
85,536円
98,496円
102,384円
※2
64,320円
73,440円
85,920円
※3
新規実質価格-68,400円
77,520円
90,000円
※1
85,536円
98,496円
102,384円
※2
64,320円
73,440円
85,920円
※3

※1⇒半額サポートを適用し25ヵ月目に機種変更した場合の実質価格です。
※2⇒スマホおかえしプログラムの36回払いで25ヵ月目に機種変更した場合の実質価格です。
※3⇒アップグレードプログラムEX/EX(a)に加入し25ヵ月目に機種変更した場合の実質価格です。

容量によって若干の差異はあるものの、一括価格はドコモが一番安く、25ヶ月目の機種変更を前提としたサポートを利用した場合の実質価格はauが一番安くなっています。

他に下取りの割引を受けたり、家電量販店のポイントを支払いに使用するなどであれば、現時点では一括価格の安いドコモがお得と言えるでしょう。

新規契約・乗り換え(MNP)機種料金まとめ
  • iPhone XS…一括価格はドコモが一番安く、25ヶ月目の機種変更を前提としたサポートを利用した場合の実質価格はauが一番安い
  • iPhone XS Max…一括価格はドコモが一番安く、サポートを利用した分割ではソフトバンクの実質価格が一番安い
iPhone XS Maxのおすすめケース・カバーランキング【2019年】

iPhone XS Maxの新規契約・乗り換え(MNP)機種料金

上段: 64GB
中段: 256GB
下段: 512GB
Apple Storeソフトバンクドコモau
一括価格124,800円
141,800円
164,800円
136,800円
155,040円
180,000円
141,912円
161,352円
167,184円
141,600円
159,840円
184,800円
機種変更実質価格-68,400円
77,520円
90,000円
※1
94,608円
107,568円
111,456円
※2
70,800円
79,920円
92,400円
※3
MNP実質価格-68,400円
77,520円
90,000円
※1
94,608円
107,568円
111,456円
※2
70,800円
79,920円
92,400円
※3
新規実質価格-68,400円
77,520円
90,000円
※1
94,608円
107,568円
111,456円
※2
70,800円
79,920円
92,400円
※3

※1⇒半額サポートを適用し25ヵ月目に機種変更した場合の実質価格です。
※2⇒スマホおかえしプログラムの36回払いで25ヵ月目に機種変更した場合の実質価格です。
※3⇒アップグレードプログラムEX/EX(a)に加入し25ヵ月目に機種変更した場合の実質価格です。

iPhone XSでは一括価格はドコモ、サポート利用の分割ならauがお得でしたが、iPhone XS Max場合はやや異なります。

iPhone XS Maxでも一括価格はドコモが一番安いですが、サポートを利用した分割ではソフトバンクが一番実質価格が安いです。

ただあくまでもシンプルに機種代金を比較した場合の話ですので、下取りなどが絡んでくると状況は変わります。

下取り価格・割引に関してはのちほどご紹介します。

iPhone XS/iPhone XS Maxキャリア別プラン比較

データ量大容量プラン

ソフトバンク・ドコモ・auの2019年6月1日~の新プランで比較しています。

 ソフトバンクドコモau
新プラン
(データ+通話30秒20円)
7,480円(50GB)
※動画SNSは制限なし
6,980円(30GB)auフラットプラン20:
6,000円(20GB)
auフラットプラン
25Netflixパック:
7,150円(25GB)
auデータMAXプラン:
8,980円(上限なし)
通話オプション
➀5分以内の国内通話無料
➁国内通話かけ放題
➀500円
➁1500円
➀700円
➁1,700円
➀700円
②1,700円
合計金額7,480円~8,980円/月6,980円~8,680円/月6,000円~10,680円/月

※auデータMAXプランは2019年夏に受付開始予定です。

上記表の内容は、プランのみを組み合わせたものであり、各種割引は適用させていません。

条件によっては割引が適用されもっと安くなります。基本のプラン構成の最大金額として参考にしてください。

通話オプションは必須ではありません、また他にも機種の保険やオプションを加えれば料金は変動します。

auは大容量プランだけでも複数あり、どう利用したいかによって選択肢がわかれます。

単独の契約、固定回線のセット割りも適用しないなど他に割引を適用させられない方は、auが一番安くおさえられるでしょう。

また、auには大容量とまでは行きませんが、SNS使い放題でその他の通信上限7GBまでの「auフラットプラン7プラス」があります。

月額料金は5,480円/月で、通話オプションの国内かけ放題を組み合わせても7,180円/月です。

データ量定額従量制プラン

データ量を使った分だけ支払う定額従量制のプランです。

項目ソフトバンクドコモau
新プラン
(データ+通話30秒20円)
1GB3,980円2,980円2,980円
2GB5,980円
3GB3,980円
4GB3,980円
5GB7,480円4,980円
7GB5,980円5,480円
50GB8,480円
通話オプション
➀5分以内の国内通話無料
➁国内通話かけ放題
➀500円
➁1500円
➀700円
➁1,700円
➀700円
②1,700円
合計金額3,980円~9,980円/月2,980円~7,680円/月2,980円~7,180円/月

定額従量制のプランでもauが一番安いという結果になりました。

もちろんこちらの表も他の割引を一切適用させていませんので、条件によっては結果が変わる可能性があります。

ソフトバンクは5GBを超えて通信してしまうとあとは50GB使っても同じ金額になるため、5GBを超えるようであれば定額制の大容量プランを選択した方が堅実です。

ただ、3キャリアとも5GBを超える通信が続くようであれば、正直定額制のプランの方が気兼ねなく使えますし、料金もあまり変わりませんので見直した方がよいでしょう。

定額従量制のプランは、基本的には毎月の通信量が1GB~2GBほどで済む方、たくさん通信する月の方が稀な方に適したプランと言えます。

次のページでは、下取り料金比較をご紹介します。

キャリア公式オンラインショップなら頭金0円で在庫も充実しているので断然お得!
1 2