iPhone iPhone Xs スマホの使い方 最新 iPhone予約
読了時間:約 2

iPhone XR、iPhoneXS、iPhoneXS Maxが話題となっていますが、ハードだけでなくソフト面も忘れてはいけません。新型iPhoneの発売に先んじて公開されたiOS12はいったいどんな機能を持っているのでしょうか。

特に気になるのがセキュリティ関連のアップデートについてでしょう。Appleは自社製品のセキュリティに関して非常に強いこだわりを持っており、アップデートの際は毎回ブラッシュアップを加えることで有名です。

今回はそんなAppleが力を入れているセキュリティ関連のアップデートの中でも特に話題性の高い「ソーシャル・パスワード管理」をテーマにiOS12が前OSと比べてどのように進化をしたのか見ていきます。

欲しかった機能が詰まった『iOS12』


画像引用元:Пользовательский тест iOS 12 – @vmv – GoldVoice.club
iOS12の前バージョンであるiOS11はAR機能など革新的な機能を搭載してはいたものの、総合的には評価の低いOSと言わざるを得ない出来でした。最もiOS11の足を引っ張ったのはバグに関する問題でしょう。

様々な機能を追加した弊害からか、iOS11は公開当初からいくつかのバグを抱えていました。例えば「ロック中のiPhoneから簡単に画像が取り出せる」、「QRコードの誤認」などは有名です。

そんな苦い経験をしたこともあって、iOS12ではiOS11で確認されたバグを徹底的に修正したことに加え、新機能の安定性にも重点を置いたデザインが為されています。

最も注目すべきなのは後述するセキュリティ関連の機能とSiriの進化でしょう。Siriはこれまで単なる音声補助ソフト程度の認識しかされてきませんでしたが、iOS12ではSiriの機能が強化され、「ショートカット機能」などのユニークな機能が追加されています。

また、遂に日本語翻訳が追加された点も重要です。Siriによる翻訳はiOS12よりも以前に導入されていた機能ですが、長らく日本語に対応していませんでした。

海外への旅行を控えているという方や、英語を勉強している方にとって日本語翻訳機能の追加はまさに待望のアップデートと言えるでしょう。

iOS12で追加された機能をおさらい

補償は大切
iOS12で追加された機能はSiriのショートカット機能や日本語翻訳機能だけではありません。ソーシャル・パスワード管理の使い方や安全性をご紹介する前に、iOS12で追加された機能をおさらいしてみましょう。

  • パフォーマンス向上
  • FaceTimeのグループ通話対応
  • デジタルデトックス機能の追加

細かなものを合わせるとiOS12の変更点は他にもたくさんありますが、特に注目されているのはこの辺りでしょうか。パフォーマンスの向上に関しては、新型iPhoneのユーザーだけでなく旧機種を使っている人にも恩恵があるため絶賛されています。

セキュリティ関連の機能をはじめとして様々な機能が追加されたにも関わらず、旧機種のパフォーマンスも向上するというのはユーザーにとってかなり恩恵のあるアップデートと言えるでしょう。

FaceTimeのグループ通話対応はユーザーの強い要望に応えた形です。iOS12では最大32人でのFaceTimeが楽しめるようになりました。iOS11で追加されたアニ文字や自分に似たキャラクターを作り出せるミー文字を通話中に使うことも出来ます。

デジタルデトックス関連は日本ではまだあまり浸透していないものの、アメリカを中心とする先進国では数年前から話題となっており、「メーカーはスマホの使いすぎを規制するべきだ」という主張が盛んでした。

iOS12では予め設定した時間以上アプリを使用すると「規定時間を超えた」という通知を出してくれる機能が追加されています。ついついスマホを使いすぎてしまうという方にとっては今後必須の機能となるでしょう。

新型iPhoneで使ってこそ真価を発揮する

旧機種のポテンシャルを高める機能を持つiOS12ですが、その真価は新型iPhoneで使ってこそフルに発揮されます。特にマシンパワーを必要とするAR機能などを古いiPhoneで動かすのは難しいでしょう。

というのも、新型iPhoneのひとつであるiPhoneXSに搭載されているA12チップはひとつ前の端末であるiPhoneXに搭載されたA11に比べて30%も総合性能が向上しているのです。

CPUだけでなくメモリやストレージ容量を比較するだけでも旧機種と新型iPhoneの差は一目瞭然。同じOSを使ったとしても動作の安定性や速度に格段の違いが出るのは間違いありません

とは言え、ソーシャル・パスワード管理等のセキュリティに関する機能は旧機種でも充分に扱うことが出来ます。例え新型iPhoneを持っていないとしても、iOS12に対応する古いiPhoneを持っているのならiOS12を入れるべきでしょう。

特にクレジットカード情報をiPhoneに登録している人や仕事用のスマホとしてiPhoneを使っている人はiOS12を導入してセキュリティを高めておくことをおすすめします。

iOS12で大幅に強化されたセキュリティ

ハッキング防止機能

元々iPhoneのハッキング防止機能はFBIが総力を持ってしてもロックされたiPhoneの中身を見ることが出来なかったということもあるほど強固なものです。ただ、従来のOSには致命的な弱点がありました。

それはロックから1週間以内であれば特別な知識や技術が無くとも簡単にロックを解除してしまえるという点で、盗難にあった場合iPhone内のデータを盗まれてしまうことが多々あったのです。

iOS12では物理的な手段を用いてのデータ抽出が不可能になるまでの時間が1時間にまで短縮され、例え盗難にあったとしてもiPhoneに保管しているクレジットカード情報や個人情報が盗まれにくくなりました。

FaceTimeの暗号化

FaceTimeに関するアップデートでは32人でのビデオ通話が可能になったことが大きく話題となっていますが、やり取りが暗号化された点に関しても注目しておきたいところです。

これまではFaceTimeだけに限らず公共Wi-Fiなどでアプリを用いてビデオ通話をした場合、会話が盗聴されてしまう危険性がありました。

しかし、iOS12ではFaceTimeの暗号化に大きくてこが入れられ、例え盗聴を目的としたWi-Fiを使って通信を行ったとしても通話内容やビデオをのぞき見することが出来なくなったのです。

ソーシャル・パスワード管理が目玉機能のひとつ


既にご紹介した通りiOS12では既存の機能のブラッシュアップだけに留まらず、たくさんの新しい機能が追加されました。その中でも最も多くの人に関係する機能は「ソーシャル・パスワード管理」でしょう。

ソーシャル・パスワード管理自体は真新しい機能ではないものの、iOS12では様々な機能が追加されたために使い勝手が大きく向上しました。具体的にはどのような機能が追加されたのでしょうか。じっくり見ていきましょう。

ソーシャル・パスワード管理とは

ソーシャル・パスワード管理とは簡単に言うと「Webサイトやアプリで使うパスワードをiCloudやSafari等に保存しておく機能」のことです。これはiPhoneだけに限らずAndroid端末等でも使われている機能ですが、セキュリティ上の不安を気にする声が多々ありました。

確かにすべてのWebサイトがSSL通信など外部からのハッキングに強い耐性を整えているわけではないことを踏まえると、どんなサイトでも即座に登録されたパスワードを呼び出せてしまう機能は便利な反面、危うさの残る機能と言えるでしょう。

特にクレジットカードの情報を登録していたり、クレジットカード情報が登録されたアカウントのパスワードを入力したりする際は入力するサイトが安全かどうか充分に確認しておかなければいけません。

実際にiOS11以前はこれらのリスクを嫌ってサードパーティ製のパスワード保存アプリを使いセキュリティを万全にしている人が非常に多くいました。

つまり、これまで「ソーシャル・パスワード管理」機能は単体で充分なセキュリティ能力を発揮してくれるものではなかったのです。

iOS12のソーシャル・パスワード管理


セキュリティ上の不安から重要なアカウントのパスワードやクレジットカード情報を保存することが難しかったソーシャル・パスワード管理機能ですが、iOS12ではセキュリティや使い勝手が向上し、ビジネス上のやり取りに使えるまでに進化しました。
iOS12で追加された機能は、

  • Password Manager API機能のブラッシュアップ
  • Safariのセキュリティ向上
  • Face IDとの連携強化

などです。これらの機能が追加されたことによりどのような恩恵が受けられるのかじっくり解説していきます。使っているiPhoneのセキュリティを高めたい人は是非目を通してみて下さい。

Password Manager API機能のブラッシュアップ

最も注目しておきたいのはPassword Manager API機能のブラッシュアップについてでしょう。Password Manager APIは1Passwordなどの他社製のパスワード保存アプリとSafariを紐づけるための機能です。

従来のiOSではパスワードをiCloudに保管しており、iCloudのセキュリティが懸念要素となっていたためにサードパーティ製のパスワード保存アプリがもてはやされていました。

今回のアップデートではiCloudのセキュリティを高めるだけでなく、既存のハッキング対策等が充分なサードパーティ製アプリとの連携を取ることで更にパスワードの安全性が高まったのです。

今後は徹底したセキュリティの元保管されているパスワードを必要に応じてSafari上に呼び出すということが出来るようになります。重要なアカウントのパスワードは手打ちしていた、という人にとっては非常に有難い機能と言えるでしょう。

Safariのセキュリティ向上


Safari側のセキュリティ向上もソーシャル・パスワード管理の利便性を高めるために必要不可欠なことでした。なぜなら、Password Manager APIを使ってパスワードを呼び出しても、Safari上でパスワードが盗難にあってしまっては意味が無いからです。

iOS12におけるSafariのアップデートではPassword Manager APIのパスワードの自動入力機能セキュリティ関連に力が入れられています。

例えばSafariで頻繁に入力されるパスワードの安全性に問題がある場合、自動でパスワードを変更するよう促してくれるようになったり、ユーザーの動向を追跡するトラッキングの防止によってプライバシーを保護する機能が追加されたりしました。

追加された機能の中で一番セキュリティ向上に役立つのは「ワンタイムパスコード」機能に関するものでしょう。SMSや指定のメールアドレス宛に時間制限付きのパスコードを送信してくれるワンタイムパスコードはとても便利なものです。

しかし、従来は送信されたワンタイムパスコードをいちいちコピーしたり手打ちしたりしなければいけませんでした。実際、安全性が高くなるのは分かっていても、面倒なワンタイムパスコードはあまり使いたくないと考えていた人は少なくないでしょう。

iOS12ではソーシャル・パスワード管理機能の一環としてワンタイムパスコードの自動入力機能が追加されたため、セキュリティを高めつつ、スムーズなログインが可能となりました。

Face IDとの連携強化

強力なセキュリティを求めるユーザーにとってFace IDによる認証は最も重要な機能のひとつと言えるでしょう。実際、Face IDと通常のパスワードを使っての2ファクタ認証を導入しておけば、例えパスワードが外部に知られたとしてもデータの安全性は保つことが可能です。

今回のアップデートではFace IDの使い勝手が向上し、通常のパスワード入力に比べて面倒な手順が必要になる2ファクタ認証を行う際でもスムーズにロックを解除することが可能になります。

これまでのFace ID機能はセキュリティを気にするあまり、一度認証に失敗すると一旦ロック画面に戻ったり、パスコードを入力したりする必要がありました。iOS12では画面を上にスワイプするだけで再度認証を行えるようになります。

小さな変更点ですが、暗い場所や光の点滅が激しい場所等でFace IDを使って認証する際の利便性が高まったことは間違いないでしょう。

ソーシャル・パスワード管理の何がスゴイ?


少し前のことを思い返してみれば分かりますが、ほんの数年前までログインに必要なIDやパスワードを入力するためにはわざわざそれらの情報をキーボードで打ち込まなければいけませんでした。

そのため、出来るだけ入力の手間を省こうと数字だけ、アルファベットだけのセキュリティの低いパスワードを使っている人は多く、簡単に悪意を持った第三者の不正ログインを許してしまっていたのです。

しかし、ソーシャル・パスワード管理を使えば自分でも覚えきれないような複雑なパスワードをタップするだけでブラウザに入力することが出来ます。更に今回のアップデートでパスワード自体の安全性も高まりました。

上記の点をまとめると、ソーシャル・パスワード管理の凄さは「利便性と安全性を両立している点にある」と言えるでしょう。ビジネスユースでiPhoneが必要な人や、オンライン決済を頻繁に行う人にとって、ソーシャル・パスワード管理は必要不可欠なものです。

ソーシャル・パスワード管理の使い方

auからの乗り換えは「タイプD」と「タイプA」どっちがいい

iCloudを使う方法

iCloud上でパスワードの自動入力や保存を行うためにはまずパスワードを入力するサイトへ行かなければいけません。例えばFacebookにログインしたい場合は、一度Facebookにて自分でパスワードを入力する必要があるのです。

パスワードを入力すると、パスワードを保存するかどうか質問されるので、iCloud上にパスワードを保存したい場合は保存を選択しましょう。パスワードが保存されているサイトへ再度アクセスすると、以降は自動でパスワードが入力されるようになります。

サードパーティ製アプリを使う方法

まずはセキュリティの高いサードパーティ製のパスワード保存アプリをダウンロードしましょう。ソーシャル・パスワード管理に対応していて、尚且つ日本での普及率が高いのは「1Password」などのアプリです。今回は1Passwordを使った方法をご紹介します。

1Passwordのダウンロードが終わったら「設定」を開き、「パスワードとアカウント」、「パスワードを自動入力」へ進みましょう。次に「パスワードを自動入力」をオンにして、1Passwordにチェックを入れます。後は表示される小窓に従って通知を許可し準備完了です。

次に1Passwordを起動し、保存したいパスワードを入力していきます。iCloud上にパスワードを保存している場合は同期を行うことでパスワードの情報を移すことが可能です。

Safari上での1Passwordを用いたパスワード入力はiCloudからパスワードを呼び出す際と似たような方法で行うことが出来ます。まずはSafariでパスワードの入力が必要なサイトまで行き、入力欄をタップして下さい。

そうすると、1Password内に保管されたパスワードを使うか問われるため使用を選択します。その後、パスワードが自動で入力されログインが可能な状態となります。

ソーシャル・パスワード管理で安全性と利便性が高まる

simロック
パスワードを保存しておけるソーシャル・パスワード管理はiOS11以前も非常に便利なものでしたが、セキュリティが万全とは言い切れない部分がありました。

しかし、今回のアップデートでサードパーティ製のパスワード保存アプリとの連携が取れるようになったため、今後は安心してパスワードの自動入力機能を使うことが出来ます

重要なデータが保存されたアカウントのパスワードやクレジットカード情報は必ずキーボードを使って入力していた、という人はこれを機にソーシャル・パスワード管理の自動入力機能を試してみると良いでしょう。

Pocket