読了時間:約 3

いよいよ2019年新型iPhoneの発表が近づいてきました。

予約日を予測してスケジュール調整を始めなければなりませんが、実のところどのキャリアで予約すると一番得するのでしょうか?

ここではこれまでのiPhoneの傾向からキャリア比較を行い、どこが一番安くなりそうかを予測してみたいと思います。

そもそも、新型iPhoneのスペック、価格などが気になる方は、こちらの記事を見てみてください。

2019年発売「iPhone 11」の評価レビュー|買う理由と買わない理由

新型iPhoneを購入時の重視するポイント

まずは2019年新型iPhoneの予約をする際に抑えておきたいポイントを紹介します。

  • ドコモ・au・ソフトバンクのキャンペーンでどれくらい安くなるか
  • 下取りはどのくらいで買い取ってもらえるのか
  • 新型iPhone予約はオンラインショップ店舗はどちらがお得なのか
  • 予約したiPhoneを発売日当日に受取る方法
  • 新型iPhoneのスペックと価格がそもそもどうなるのか

早速、ポイント毎にご紹介していきます。

記事の後半では予約の流れ購入後のセットアップ方法についてもまとめてご紹介しているので、是非最後までチェックしてみてください。

2019年発売のiPhoneで利用できる
ドコモの割引キャンペーン

ドコモで新型iPhoneを予約購入するならドコモ公式オンラインショップです。

公式なのでキャンペーンもしっかり受けられ、安心して予約購入できるのでおすすめです。

スマホおかえしプログラム


画像引用元:スマホおかえしプログラム | キャンペーン・特典 | NTTドコモ

スマホおかえしプログラムは36回の分割払いで購入した対象機種を返却することで、その翌々月請求分以降の分割支払金の支払いが最大12回分不要となります。

たとえば108,000円のスマホを購入した場合、最大36,000円引きの72,000円で端末を購入できることになります。

スマホおかえしプログラムは月額料金無料で利用でき24ヶ月以内の返却でも12回分の支払いは不要です。

下取りプログラム


画像引用元:下取りプログラム

下取りプログラムは今使っている端末の下取り申込みをしてドコモに預けると、購入代金から最大80,000円(税込)が割引かれるサービスです。

下取り価格は定期的に更新されていますが、ドコモのHPで簡単に確認できます。

なお下取りプログラムをオンラインショップで利用すると手続きの関係上、新しく購入する端末代金の値引きには充てられません。

この場合後日ポイントで付与されることになるのでご注意ください。

下取り対象機種下取り価格
良品画面割れ品不良品
iPhone XS/64GB57,000円17,100円11,200円
iPhone XS /256GB66,000円19,800円13,200円
iPhone XS /512GB69,000円20,700円13,400円
iPhone XS MAX/64GB65,000円19,500円13,200円
iPhone XS MAX/256GB75,000円22,500円15,400円
iPhone XS MAX/512GB80,000円24,000円16,000円
iPhone XR/64GB40,000円12,000円8,600円
iPhone XR/128GB47,000円14,100円10,000円
iPhone XR/256GB50,000円15,000円10,600円

ドコモは2018年モデルのiPhone XR/XS/XS MAX、pixel、Galaxyなどを値下げしています。

もし、旧モデルも気になっている方は、こちらの記事で比較してみてください。

ドコモ iPhone XR/XS/XS MAX、pixel、Galaxyなど人気機種が大幅値下げ!

2019年発売のiPhoneで利用できる
auの割引キャンペーン

auで新型iPhoneを予約購入するならau公式ショップです。

ネットがあればどこからでも予約が出来て、キャンペーンも受けられるのでおすすめです。

アップグレードプログラムEX/EX(a)


画像引用元:アップグレードプログラムEX/EX(a) | スマートフォン・携帯電話 | au

アップグレードプログラムは旧機種の回収を条件に割賦金の支払い額を免除するサービスです。

アップグレードプログラムEXは48回割賦払いを選択する。

アップグレードプログラムEX(a)は24回割賦払いを選択するという点で違いがあります。

これらのプログラムを利用すれば、新型iPhoneの価格を最大半額にする事ができるでしょう。

ただしアップグレードプログラムEXは月額390円の利用料が必要ですので、25か月目で機種変更した場合9,360円の費用が必要となります。

下取りプログラム(機種変更)


画像引用元:キャンペーン・割引特典 | スマートフォン・携帯電話 | au

auで今使っている対象のスマホ・ケータイ・タブレットを下取りに出すと、新しい端末の購入で最大51,840円分のWALLETポイントが付与されます。

対象機種ごとの下取り価格はauのHPで確認できますが、新しく購入する端末代金から直接割引かれないところが少し残念です。

他に機種変更とは価格の違う乗りかえでの下取りプログラムも提供されています。

下取り対象機種下取り価格(ポイント)
通常品画面割れ品
iPhone X(256/64GB)51,840円15,120円
iPhone 8 Plus(256/64GB)39,960円11,880円
iPhone 8(256/64GB)30,780円9,180円
iPhone 7 plus(256/128/32GB)23,760円7,560円
iPhone 7(256/128/32GB)18,360円5,400円

初スマホ割


画像引用元:初スマホ割 | キャンペーン | au

初めてスマートフォンを購入する方には「初スマホ割」がおすすめです。

ガラケーから対象となるスマートフォンへ機種変更や乗り換えをする場合、条件を満たせば新しく購入する端末代金から最大で37,800円が割引かれます。

満たすべき条件は以下のとおりです。

  • 「au購入サポート」で対象機種を購入
  • 購入時に以下の料金プランに加入

※「新auピタットプランもしくはauピタットプラン(s)」
※「2年契約・2年契約(自動更新なし)・スマイルハート割引のいずれか」

iPhone MNP au購入サポート


画像引用元:iPhone | au

こちらのキャンペーンは他社から乗りかえ(MNP)で対象のiPhoneを購入する方におすすめです。

対象のiPhoneを「iPhone MNP au購入サポート」で購入するとき同時に下記の要件を満たせば、最大32,400円の割引を受けることができます。

ただし機種が限られている事もあり、新型iPhoneが本キャンペーンの対象となるかはまだ分かりません。

  • 「新auピタットプラン/auピタットプラン(s)/auフラットプラン7プラス/auフラットプラン20/auフラットプラン25 Netflixパック/auデータMAXプラン」のいずれかに加入
  • 「2年契約」「2年契約(自動更新なし)」「スマイルハート割引」のいずれかに加入
  • iPhone 7(32GB/128GB)・iPhone 8/8 Plus(全容量)が対象

auの新料金プランについて詳しく知りたい方は、是非こちらの記事も参考にしてください。

auのデータMAXプラン Netflixパックで月額が安くなる?旧プランと比較

2019年発売のiPhoneで利用できる
ソフトバンクの割引キャンペーン

ソフトバンクで新型iPhoneを予約購入するならソフトバンク公式ショップです。

公式の他にも購入方法はありますが、やはり公式ショップがおすすめです。

半額サポート


画像引用元:半額サポート | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

対象機種を48回分割支払いで購入し、25か月目に機種変更する事で機種代金を最大半額にする事ができるキャンペーンです。

内容的にはauの「アップグレードプログラム」と似ていますが、プログラム料が不要のため利用しやすいキャンペーンだと言えます。

更にiPhone XRの場合は専用のキャンペーンが用意されているため、更に安い価格で入手する事が可能です。

この他に24回の分割支払いで機種代金の7か月分が免除となる「機種変更先取りプログラム」も提供されています。

下取りプログラム(機種変更)


画像引用元:下取りプログラム(機種変更) | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

2017年8月末までの「タダで機種変更キャンペーン」から名称を変更されたサービスです。

指定されたiPhoneを機種変更で購入すると、下取り機種に応じて最大63,600円が通信料金から24回の分割で割引かれるものです。

なお、こちらも下取り価格はソフトバンクのHPでチェックする事ができます。こちらも機種変更とは別に乗りかえ専用の下取りプログラムが提供されています。

下取り対象機種正常品破損品
iPhone X63,600円19,080円
iPhone 8 Plus39,600円11,880円
iPhone 833,360円10,080円
iPhone 7 plus23,760円7,200円
iPhone 723,760円7,200円

ソフトバンクでも今後旧モデルのiPhoneを値下げすることが予想されます。

値下げの時期や、どのくらい安くなるのか気になる方は、こちらもチェックしてください。

ソフトバンク新型iPhone発売でiPhoneXS/iPhoneXRの値下げの可能性を考察

2019年発売のiPhoneはどのキャリアが一番得?

今回ご紹介しているように、機種代金がお得になるキャンペーンは以外と多くあります。

現時点で新型iPhoneが対象になるか分かりませんが、各キャリアで実施されているオンラインキャンペーンも見逃せない内容となっているのです。

現状ではauが一番お得!?


画像引用元:製品情報 | iPhone | au

3キャリアの中でも、特にauは端末の割引キャンペーンを積極的に展開しています。

端末価格が約半額になる「アップグレードプログラムEX/EX(a)」はもちろん、iPhone向けの購入サポートやMNPキャッシュバックが提供されている点も見逃せません。

しかし「アップグレードプログラムEX/EX(a)」などは9月で終了する予定ですし、「iPhone MNP au購入サポート」も対象のiPhoneは限られています。

そもそも大手キャリアは2019年10月に実施される「改正電気通信事業法」に向けて料金プランやキャンペーンの大幅な見直しを進めている真っ最中です。

新型iPhoneが発表された後に新たなキャンペーンが登場する可能性も考えられますし、料金プランやキャンペーンはほぼ確実に更新されるでしょう。

改正電気通信事業法の主な内容

  • 定期契約の解約金の上限が1,000円
  • 定期契約の有無による月額料金の差額は170円
  • 端末の割引上限は20,000円

プランまで含めてキャリアを選ぼう

2019年9月現在、大手キャリアは使った分だけ料金が発生する「従量制」プランとあらかじめデータ量が決まっている「定額制」の2プランを中心としています。

通信料は少しずつ下がって来ているようですが、まだ格安SIMの安さには届いていません。

ただし今後端末の割引が減っていくにつれて通信料が大幅に値下げされる可能性もあるでしょう。

また、現時点での各キャリアのプランは家族で加入する割引がポイントとなっている点も見逃せないでしょう。

大手キャリアの主要料金プラン

キャリア従量制定額制
ドコモギガライト/1,980円
(みんなドコモ割&1GB未満)
ギガホ/4,980円
(みんなドコモ割/30GB)
au新auピタットプラン/1,980円
(家族割プラス&1GB未満)
auデータMAXプラン/5,980円
(各種割引適用/6か月間)
その他定額制プランあり
ソフトバンクミニモンスター/1,980円
(1年おトク割など&1GB未満)
ウルトラギガモンスター+/3,480円
(各種割引適用/12か月間)
新型iPhoneはどのキャリアがお得か
  • 現状ではauが一番お得
  • 2019年10月に実施される「改正電気通信事業法」に向けて料金プランやキャンペーンの大幅な見直しを要確認

法改正によるプランの変更について詳しく知りたい方は、こちらの記事も是非チェックしてみてください。

auのiPhone半額は9月まで!2019年新型に間に合う?法改正で変わる事

新型iPhoneの予約はオンラインショップと店舗はどちらがお得?

ドコモ・au・ソフトバンクの新型iPhoneは店舗(キャリアショップ)はもちろん、それぞれが運営するオンラインショップでも予約・購入する事ができます

ここではオンラインショップと店舗(キャリアショップ)それぞれのメリット・デメリットを確認してみましょう。

店舗のメリット&デメリット

全国に展開している店舗(キャリアショップ)は、キャリアと契約を結んだ企業によって運営されている代理店です。

店舗内には知識のあるスタッフが在籍しており、料金プランやオプションについて詳しくは話を聞く事ができます。

また、購入前にスマホの操作感を確かめられる事や、当日中に購入・契約まで終了できる事などがメリットです。

一方基本的にどの店舗も端末購入時の頭金が必要となりますし、本来加入義務の無い不要なオプションを勧められるような事もあるでしょう。

その他家電量販店でも新型iPhoneを取り扱いますが、独自のポイントが入手できる事以外基本的にメリット&デメリットは同じではないでしょうか。

店舗の主な特徴

  • 料金プラン・オプションなどについて詳しく聞ける
  • スマホの操作感を確かめられる
  • 当日中に購入・契約が終わる
  • 頭金が必要となる
  • 不要なオプションの勧誘がある

オンラインショップのメリット&デメリット

店舗(キャリアショップ)とは違い、オンラインショップはそれぞれのキャリアによって直接運営されています。

このためキャリアショップで当然のように設定されている頭金を払う必要はありませんし、オプションの加入も自身で決める事ができます。

一方スマホについてある程度の知識が必要となりますし、配送があるため実際にスマホを入手するまである程度の時間がかかってしまうでしょう。

新型iPhoneの場合は特に予約が集中する傾向にあり、店舗(キャリアショップ)・オンラインショップ問わず発売直後は品薄となる傾向があります。

ただし直営店の方が比較的在庫の入荷が早いため、オンラインショップを利用した方が早く入手する事ができるかもしれません。

オンラインショップの主な特徴

  • 頭金が必要ない
  • オプションなどの勧誘が無い
  • 在庫が豊富
  • スマホの操作感が確かめられない
  • 商品を受けとるまで日数がかかる

次のページでは、「2019年発売の新型iPhoneの予約方法」についてご紹介します。

やっぱりSIMフリーで購入したい!という方は、こちらの記事もチェックしてみてください。

格安SIM+新型iPhoneセット購入でお得になるのは?過去の傾向から予想
キャリア公式オンラインショップなら頭金0円で在庫も充実しているので断然お得!
1 2 3