iPhone 機種変更
読了時間:約 2

新しいiPhoneに乗り換える際にバックアップをするタイミングで気になるのが『ゲームデータをどうするか』という点です。

せっかく頑張ってやりこんだゲームのデータが無くなってしまうのは勿体ないので、しっかりとデータ以降の準備をしておきましょう。

とは言え、機種変更の際にゲームデータの引き継ぎをしたことが無い方にとって、バックアップを取ったり、アカウント引き継ぎの準備をしたりするのは難しいでしょう。

そこで今回は新型iPhoneに乗り換えるにあたって必要なゲームデータ・アカウントの引き継ぎ方法をご紹介します。

これまでデータ移行の経験が無い方でも出来る内容となっていますので是非参考にしてみて下さい。

新型iPhoneに乗り換える時のLINEバックアップとアカウントの移行方法

機種変更時に注意したいゲームデータのバックアップ


機種変更時にゲームデータのバックアップを忘れてしまって引き継ぎをすることが出来なかった、という話はよく聞きます。

ゲームによっては復旧に対応していることもありますが、基本的には前の端末を手放してしまった場合はデータ移行が絶望的です。

そのため、機種変更をする際は必ず事前にデータ移行の準備をしておかなければいけません。

また、ゲームによってデータ移行の方法は大きく異なっているため、複数のゲームアプリをインストールしている場合は原則個別でのデータ移行が必要になります。

最悪の場合データが消えてしまうことも

前項でも触れましたが、以前使っていた端末が下取り等で手元に無い場合かつ端末内にゲームデータが保管されていないケースだとデータの引き継ぎが絶望的になります。

データがサーバーに保管されており、アカウントでデータを管理しているケースであれば申請を行うことでデータが消えるのを防ぐことが可能なこともありますが、基本的には端末を失った時点でデータの引き継ぎは諦めなければいけません

詳しくは後述しますが、例外としてSDカードにバックアップを取っていた場合はデータの復旧が可能なこともあります。

しかし、iPhoneはSDカードに対応していないため、一旦パソコンを経由しなければいけません。

このようにゲームデータの移行は場合によってはシビアなことがあり、正しく引き継ぎに纏わる知識を理解していないと、大切なゲームデータを失ってしまうことになりかねないのです。

ゲームによってデータの保管方法は異なる

チェックしたい問題点
ゲームデータの保管方法はアプリによって異なります。

保管方法の違いによってバックアップやデータ移行の方法も異なるため、機種変更の際は各ゲームに対応した保管・移行方法を調べておかなければいけません。

まずはバックアップやデータ移行の方法を解説する前によくあるデータ保管の方法をご紹介します。

どのような種類か知っておくことで確実なデータ移行が出来るようになるため、しっかりと頭に入れておきましょう。

サーバーに保管されるケース

サーバーにゲームデータが保管されているケースではアプリを消してしまっても内部のデータまでは消えないため、簡単に復旧できる場合が多いです。

ただ、データを引き継ぐために必要な手続きをしておかなければ大切なデータを失いかねません。

というのも、データ自体はサーバーに保管されているとしても、データと端末情報やゲームアカウントを結び付けておかない限り保管中のデータを呼び出すことが出来ないのです。

データ引き継ぎの方法は後程詳しくご紹介しますが、AppleIDなどの端末で使用しているアカウントとゲームデータを紐づけてゲーム内部の情報を保管するゲームアプリは非常に多いので、自分のやっているゲームが該当しないか確かめておきましょう。

端末に保管されているケース

所謂『ソシャゲ』と呼ばれるゲームアプリはガチャやイベントの都合上、ユーザー間でやり取りをしていない間も常にデータ通信を行っています。一方で、ハード機で発売されていたゲームのスマホバージョン等のゲームアプリはほとんどの場合データ通信を行っていません。

一見、この違いはデータ通信の有無だけに思えますが、実は引き継ぎの方法を左右する重要なポイントとなります。というのもデータ通信を行うゲームアプリの大半はサーバーにデータを保管しているのですが、そうではないゲームアプリは端末にのみデータを保管しているのです。

つまり、この手のゲームデータを引き継ぐためにはアプリだけでなくアプリ内部のデータまで引き継がなければなりません。問題となるのは通常のバックアップ方法ではアプリ内部のデータまで引き継ぐことは出来ないという点でしょう。

ほとんどの場合、データ移行のためのプログラムが存在しますが、万が一引き継ぎ機能のないゲームだった場合、ゲームの情報を新しいiPhoneへ引き継ぐことは出来ません。

ゲームデータのバックアップ方法

補償は大切

サーバーに保管されている場合

サーバーにデータが保管されているケースでは前述のようにアカウントとゲーム内部の情報を紐づけしてデータを保存したり、機種変更コードを使ったりしてデータのやり取りを行います。

ただ、アカウントとゲームデータの紐づけは自動では行われないため自分の手で行わなければいけません。やり方はゲームによって異なるので、自分のやっているゲームではどのように紐づけを行うのか確認しておきましょう。

アカウントの紐づけが完了したら、後は紐づけしたアカウントを使って新しい端末でゲームにログインするだけです。万が一の場合に備えて、ゲームの引き継ぎが成功するまでは古い端末のデータを初期化してしまわないようにしましょう。

端末内部に保管されている場合

端末内部にゲームデータが保管されている場合は、新しい端末へデータ移行をする際にゲームデータをそのまま移行させなければいけません。一度アプリを消去するとデータも一緒にアンインストールしてしまうものもあるため、データ移行の際は充分な注意が必要です。

この手のゲームのデータを新しい端末へ引き継ぐ場合は、バックアップを取る際にアプリの情報も引き継げるソフトや方法を使用することをおすすめします。

すべてのデータをバックアップする」の項で解説している方法で、端末内部のデータをまるごとバックアップするのも良いでしょう。この方法であればアプリのインストール情報だけでなく、一部のゲームではアプリ内部のデータまで引き継ぐことが可能なこともあります。

すべてのデータをバックアップする


アカウントの移行手続き等が終わった段階でゲームデータの保存自体は完了していますが、アプリ情報をバックアップせずに機種変更をしてしまうと、ゲームアプリを再度インストールしなければならなくなります。

これを避けるには、機種変更に伴うデータ移行時にインストールしているアプリを含めた全データのバックアップをするという方法を取るのがおすすめです。

端末のデータすべてをバックアップする方法は大きく分けてパソコンを使う方法と使わない方法の2種類存在します。今回はその中でも簡単な方法をご紹介するので、機種変更後に再度ゲームアプリを入れ直すのが面倒という方は試してみて下さい。

パソコンを持っている場合


パソコンを使うやり方は使わないやり方に比べて手順が複雑な反面、ほぼ全ての情報をバックアップできるというメリットを持っています。また、暗号化してデータを保存することが出来るため、アカウントハックの対策としても有効です。

端末のアカウントにゲームの情報を紐づけている場合、ハックされるとスマホ内部のデータだけでなくゲームのアカウントまで盗難にあってしまうこともあります。そのような事態を避けたいのであれば、ハッキングリスクの低いパソコンを使ったバックアップ方法を選んだ方が良いでしょう。

iPhoneからiPhoneへ機種変更する場合

  • iTunesの入ったパソコン
  • iPhone本体
  • Lightningケーブル

iPhoneからiPhoneへ機種変更する際に必要なのは以上の3つです。まずはLightningケーブルを使って古いiPhoneをパソコンへ接続し、iTunesを起動しましょう。

iTunesを起動した後は画面左上に表示されているiPhoneマークをクリックします。そうすると左側にバーが表示されるので、バーの中から「バックアップ」を選択して下さい。

バックアップを開いたら「iPhoneのバックアップを暗号化」にチェックを入れ、「今すぐバックアップ」をクリックしましょう。後はバックアップの完了を待つだけです。

AndroidからiPhoneへ機種変更する場合

AndroidからiPhoneへ機種変更する場合、パソコンとUSBケーブル及びLignhtningケーブルを使ってデータ移行させることが出来ます。しかし、ゲームを含めアプリのインストール情報を新しいiPhoneへ移行させることは出来ません。

これはAndroidとiPhoneでは搭載しているOSが違うためで、同じタイトルのゲームでもOSの違いから仕様が異なっていることが関係しています。

少し手間は掛かりますが、AndroidからiPhoneへ機種変更する際は手動でゲームアプリをインストールし直し、ゲーム内で引き継ぎを完了させなければいけません。

パソコンを持っていない場合

古い端末は諦める
パソコンを持っていない場合は機種変更前の端末と新しい端末を使ってデータのやり取りを行います。パソコンを使う方法と比べるとバックアップできるデータに制限があるものの、手軽に出来るため特別な事情が無い限りはこちらの方法を使うと良いでしょう。

iPhoneからiPhoneへ機種変更する場合

アプリのインストール情報までバックアップしたいのならiCloudを使ったバックアップ方法がおすすめです。必要なものは機種変更先のiPhoneと古いiPhone、Wi-Fi環境のみ。

まずは古いiPhoneから設定を開きiCloudを選択、「iCloudバックアップ」がオンになっているか確認します。オンになっている場合はそのままデータ移行を始めることが出来ますが、オフになっている場合は「今すぐバックアップを作成」をタップして下さい。

古い端末でのバックアップ取得が完了したら、新しい端末に古い端末と同じAppleIDを使ってログインしましょう。そうすると、バックアップの復元をするか問われるので復元を選択しデータ移行を完了させて下さい。。

このようにiCloudを使ったバックアップ方法は非常に簡単ですが、バックアップするデータが5GB以上の場合は有料版にアップグレードして容量を増やさなければならないというデメリットがあります。

有料版にしたくない場合、入れているゲームが多い、写真を複数保存しているなどの事情でデータが多くなっている方はアプリのみをiCloudでバックアップし、他のデータは別の方法で移行させる方法を取る必要があるでしょう。

AndroidからiPhoneへ機種変更する場合

AndroidからiPhoneへデータ移行をする場合に良く使われる「Move to iOS」はアプリの移行には対応していません。他にもAndroidからiPhoneへデータ移行するためのアプリは存在するものの、現状ゲームアプリをそっくりそのまま引き継ぐのは難しい状態にあります。

これもパソコンを使った方法と同様で、同じゲームでもOSが違うとアプリの仕様が異なるためです。そのため、AndroidからiPhoneへデータを引き継ぐ際には写真や電話帳のみをMove to iOSで移行させ、ゲームアプリは再度インストールし直さなければいけません

データのバックアップに失敗したら?

auからの乗り換えは「タイプD」と「タイプA」どっちがいい
複数のゲームを引き継ぐ際や、他の重要なデータのバックアップに気を取られていた際にありがちなのが「アカウントの引き継ぎ・データのバックアップに失敗する」というものです。うっかり忘れてしまっていたというケースも少なくありません。

原則、アカウントの引き継ぎをしていない、これまで使っていた端末を手放してしまった場合はゲームデータを復旧させることは出来ませんが、ゲームによっては救済措置が用意されていることもあります。

これからご紹介する方法は絶対にゲームデータの移行に成功すると断言できるものでは無いものの、運が良ければデータを取り戻すことが可能です。基本的にはしっかりと引き継ぎの準備をしておくのが良いのですが、もしもの場合に備えて知っておくと良いでしょう。

運営会社に復旧を申し込む

ゲーム会社のサーバーにデータが保管されており、ソシャゲのようなデータ通信を行うゲームアプリの場合は運営会社に連絡を入れることでデータを復旧してもらえる可能性があります。

方法はゲームによって様々ですが、よくあるパターンとしては、

  • ゲーム内の申請フォームに記入する
  • 公式サイトにて申請フォームに記入する
  • 問い合わせフォームからデータの復旧を依頼する

などの方法があります。ゲームデータが復旧されるまでには概ね1週間から2週間程度の時間が掛かり、最終ログイン日時が数か月前であったり、復旧を持っている人が他にもたくさん居たりした場合はそれ以上かかるケースも少なくありません。

もちろん、申請した結果データが復旧されないこともあり、その場合はデータの引き継ぎを諦めることになります。運良く復旧されれば良いものの、この方法はあくまで最終手段であるため、出来る限り正規の方法でデータの引き継ぎをするようにした方が良いでしょう。

課金経験の有無が復旧の鍵となることも

どのゲームにも共通して言えることですが、課金経験があればあるほどデータ復旧の可能性は高くなります。例えば月に何十万円も課金をしていた人と、一切課金をしていなかった人とでは復旧までに掛かる時間も復旧できる可能性もまったく異なります。

最近はほとんど見かけませんが、課金していない人は復旧対応しないと宣言しているゲームもあるため、機種変更の際のデータ引き継ぎに保険を掛けておく意味も込めて課金しておくのもひとつの手でしょう。

機種変更する前にバックアップの準備を必ず行う

auから楽天モバイルへmnp
ゲームアプリの引き継ぎをする際はゲーム毎に準備をしなければならないため少し面倒です。しかしやり方自体は簡単で、ゲームの公式サイトやゲーム内のQ&Aを参考にすれば誰でも引き継ぎの準備をすることが出来るでしょう。

一番気を付けておかなければならないのは『引き継ぎの失敗』です。救済措置がまったくないわけではないものの、ゲームデータのバックアップやアカウントの引き継ぎに失敗すると、また1からゲームを始めなければならなくなります。

古い端末が手元にある場合はまだ良いのですが、下取りなどで手放していた場合は復旧が非常に困難となるため、機種変更をする際はゲームの引き継ぎ準備に不備がないかしっかりと確認しておくようにしましょう

新型iPhoneに乗り換えた時Spotify、AWAなどのダウンロード音楽はどうなる?

Pocket