iPhone Xs

読了時間:約 2

2017年に10周年モデルとして発売されたiPhone Xは、発売直後から品薄状態が続き、在庫の確保が困難でした。9月21日(金)から発売となる2018年の新型iPhoneも予約が混雑すると思われます。

本記事では、ソフトバンクオンラインショップを利用して、最速でiPhoneを予約する方法を紹介します。ポイントを押さえて、新型iPhoneをできるだけ早く手に入れましょう。

ソフトバンクで機種変更はいつも店舗で行っている方は一度読んでください!ソフトバンクオンラインショップがオススメされる理由が詳しく紹介されています。
ソフトバンクのiPhone機種変更はオンラインと実店舗どちらがお得か比較

2018年モデルのiPhone XS/XS Max/XRは9月21日から発売

iPhone XR
画像引用元:iPhone – Apple(日本)

2018年の新型iPhoneには、「iPhone XS/XS Max/XR」の3モデルが新たに登場しました。iPhone XSとiPhone XS Maxが9月14日(金)の16時01分から予約が開始、9月21日(金)に発売。iPhone XRのみ10月19日(金)の16時01分からの予約開始となります。

デザイン・スペックがより魅力的になった新型iPhone

正面はいずれもiPhone Xと同じベゼルレスな大画面ディスプレイで、加えて、新しく採用された高品位ステンレススチール製のフレームと、サプライズカラーとして追加された新色のゴールドが洗練されたデザインを実現しています。

iPhone Xの後継機にあたるiPhone XS/XS Maxは、引き続き有機ELディスプレイが採用され、XS Maxにいたっては解像度も2688 x 1242へと大幅に進化しました。

一方で、価格を抑えた普及モデルにあたるiPhone XRは、6種類のカラーバリエーションが用意されました。ディスプレイこそIPS液晶ですが、処理速度がさらに向上したA12チップをはじめ、スペックの上ではXSに見劣りしません

iPhone XSの進化したカメラ性能

iPhone XS
画像引用元:iPhone – Apple(日本)

iPhone XS/XS Maxの両モデルには、iPhone Xと同様デュアルカメラが搭載されました。デュアルカメラによって背景をぼかすポートレートモードは、より精巧なボケが可能になり、人物が際立ったプロ顔負けの美しい1枚が撮影できます。また、新たに搭載されたスマートHDRと呼ばれるセンサーによって、動いている被写体も正確に捉えられるようになりました。

新型iPhoneの主なスペック

2018年の新型iPhoneの主なスペックをまとめると、以下の通りです。

iPhone XS iPhone XS Max iPhone XR
ディスプレイ 5.8インチ有機EL 6.5インチ有機EL 6.1インチ液晶
解像度 2,436×1,125 2,688×1,242 1,792×828
サイズ(W/D/H) 70.9/7.7/143.6 mm 77.4/7.7/157.5 mm 75.7/8.3/150.9 mm
重さ 177g 208g 194g
CPU A12 Bionic
ストレージ容量 64GB/256GB/512GB 64GB/128GB/256GB
連続通話時間 最大20時間 最大25時間
メインカメラ 1,200万画素デュアルカメラ 1,200万画素シングルカメラ
防水・防塵性能 IP68相当 IP67相当
生体認証 Face ID
Apple Pay
カラー ゴールド、スペースグレイ、シルバー ホワイト/ブラック/ブルー/イエロー/コーラル/PRODUCT RED
価格 112.800円~ 124,800円~ 84,800円~

3機種の間で大きく異なるのは価格、ディスプレイ、カメラ、カラーの4項目。ぜひ自分に合った1台を見つけましょう。

新型iPhoneどこで予約する?

iphoneの場合は利用できない
新型iPhoneをどこで予約するかは迷いどころですが、ウェブから予約できて最速で発売日当日に届き、かつ新規購入には割引が効くキャリアでの購入がおすすめです。オンランショップなら人気機種でも店舗で待たされることはありません。

Apple Storeや家電量販店などで予約する方法もありますが、発売直後は定価販売の場合が多く、Apple Storeの場合はSIMフリー機になるので自分で設定する必要がある点がデメリットです。

SIMフリー機+格安SIM運用は?

SIMフリーのiPhoneを購入して、格安SIMで使うという方法もありますが、キャリアで新型iPhoneを購入した場合の割引額も計算に入れると、おトク感が薄いです。

一般的なキャリアのスマホユーザーは、毎月7,000円~10,000円の利用料金を払っています。格安SIMに乗り換えるとこれが3,000円~5,000円程度安くなります。2年間で計算すると3,000円×24ヵ月=72,000円の節約です。

詳しくは後述していますが、iPhone Xの256GBをソフトバンクで購入すると、「月月割」で割り引かれる額が7万円程度になります。新型iPhoneも近い額の割引を受けられると考えると、新型iPhoneを購入する場合は格安SIMのメリットがほぼなくなります。そのほかのサービスの充実度を考えても、最新のiPhoneを使いたい方はキャリアで運用する方がおすすめです。

予約はソフトバンクオンラインショップがおすすめ


本記事では、最速で確実に新型iPhoneを手に入れたいという方に、ソフトバンクオンラインショップをおすすめします。

最速で確実に手に入るソフトバンクオンラインショップ

新型iPhoneをソフトバンクオンラインショップから予約すると、最短で発売日当日に、店舗に並ぶことなく自宅にiPhoneが届きます。

毎年9月、新型iPhoneのためにApple Storeに並ぶ人たちが報道されていますが、実際に店舗に行く暇がない方でも、オンラインショップならウェブ上で手続きが完結。受け取り場所・受取日も指定できます。

ソフトバンクの「月月割」で最新iPhoneも安くなる

ソフトバンクで新機種を購入すると「月月割」の割引を受けることができるので、新型iPhoneも実質負担金は定価より安くなります。実際にiPhone X(256GB)を購入する例を見てみましょう。

■iPhone X 256GBモデル
機種変更 乗り換え(MNP)
分割支払金 (支払総額) 6,220円×24ヵ月 (149,280円) 6,220円×24ヵ月 (149,280円)
月々割 (割引総額) -2,810円×24ヵ月 (-67,440円) -3,210円×24ヵ月 (-77,040円)
実質負担金 (総額) 3,410円×24ヵ月 (81,840円) 3,010円×24ヵ月 (72,240円)

iPhone Xの定価は64GBが112,800円(税抜き)、256GBが129,800円(税抜き)。乗り換え(MNP)の方が割引額が優遇されていますが、いずれも約7万~8万円の割引が受けられるので、定価よりもかなり安く新型iPhoneを入手することができます。

ただし、データプランに「データ定額ミニ 1GB」を選んだ場合、「月月割」が適用されませんので、新規端末を購入する際はそれ以上のデータ定額プランを選択しましょう。

※「半額サポート for iPhone」は要注意


半額サポートは、新機種代金を48回払いに分割し、2年後に使用した端末を下取りに出して乗り換えると残りの24回払いが免除されるというものです。非常に得に思えますが、他社へ乗り換えしづらくなり、かつ2年後の下取りで査定基準を満たさない場合、20,000円支払う必要があるなど、メリットばかりではありません。

1 2