iPhone 11/11 Proに機種変更するメリット・デメリットと最適時期

  • 2020年4月17日
iPhone 11

iPhone 11・iPhone 11 Proに機種変更をするメリットとデメリットをスペック・機能・価格・口コミを見てまとめました。

2019年にAppleから発売されたiPhoneシリーズの最新作・iPhone 11/11 Proに機種変更を検討する方多いでしょう。

しかし、iPhone 11シリーズに機種変更することのメリットやデメリットを明確にしておいた方が、他機種との比較検討もしやすいです。

今回はiPhone 11/11 Proに機種変更するメリット・デメリットや機種変更をする最適な時期について紹介していきます。

全キャリア比較!iPhone 11に機種変更で60,000円得する最安購入方法

画像引用元:iPhone 11 – Apple(日本)

iPhone 11/11 Proに機種変更するメリット

最初はiPhone 11/11 Proに機種変更するメリットです。

やはり気になるところは最新機種に搭載されているスペックや機能です。

iPhone 11シリーズに機種変更するメリット
  • 新機能搭載でカメラ性能がパワーアップ
  • ファッションアイコンにもなるカラー展開
  • バッテリーの寿命UP
  • ゲーム・映画好きにおすすめ
  • iPhone 11は最新機種で驚きの価格!

新機能搭載でカメラ性能がパワーアップ

iPhone 11シリーズから新たに搭載された超広角レンズは、これまでの画角の4倍広い範囲を撮影することができます。

これにより、広い風景や大人数の写真も難なく撮影できます。

特にiPhone 11 Pro/11 Pro Maxには超広角・広角・望遠のトリプルレンズが搭載されているため、これまでのiPhoneのカメラ性能よりも更に高く精密な写真を撮影できます。

また、iPhoneのプロセッサ(賢さを表す部分)が向上したことにより、スマートHDRやポートレートモードの写真が更にトーンや色彩・明暗差を上手に引き出せます。

新たに搭載されたナイトモードがあれば、夜間の暗い場所でもフラッシュをたかずに明暗差を引き出して被写体を明るく撮影することができます。

この他にも映画撮影の気分を味わえる4Kビデオ撮影や、写真撮影からシャッターを長押しするだけでそのままビデオ撮影に移れる機能など新しいカメラ機能が搭載されました。

まるで一眼レフを持ち歩いているかのように本格的な写真撮影を楽しめるようになったことは、今回の最新機種の大きな目玉です。

ファッションアイコンにもなるカラー展開

2018年のiPhone XRから新たに始まった6色カラー展開は、iPhone 11にて引き継がれました。これまで登場したことのないグリーン・パープルを追加した6色展開です。

また、iPhone 11 Pro/11 Pro Maxは従来のiPhoneカラーであるスペースグレイ・シルバーと新たに登場したゴールドに加え、今作からミッドナイトグリーンが追加されました。

iPhone 11のカラフルな6色と、iPhone 11 Pro/11 Pro Maxの落ち着いた4色は新たなファッションアイコンになるでしょう。

バッテリーの寿命UP

バッテリーの寿命は毎年最新機種に搭載されるプロセッサによって向上していますが、iPhone 11シリーズのバッテリーはとても寿命が長いです。

その秘密はプロセッサとして搭載されたA13チップ。

このチップにより、前作既にスマートフォン史上最強だったCPU性能のA12チップと比べ、15〜40%の消費電力削減に成功しています。

消費電力の削減によりバッテリーの消耗が減るため、経過年数によりバッテリーが劣化していく可能性もこれまでのiPhoneシリーズと比べ低くなっています。

長くiPhoneを使っていきたい、という方にとってはバッテリーの消費電力が改善されたことは最大のメリットでしょう。

ゲーム・映画好きにおすすめ

ゲームや映画好きの方にとっては、iPhone 11シリーズはおすすめです。その理由は、iPhone 11シリーズから搭載されたDolby Atmosと空間オーディオの採用。

これにより、これまでのスピーカーよりも更に立体的な音響を体感することができ、3Dサウンドで臨場感のある映像体験ができます。

また、iPhone 11 Pro/11 Pro MaxのディスプレイはMacbook Proのディスプレイと似たSuper Retina XDRを新たに搭載しています。

より明暗差が引き出され繊細な映像美を届けてくれるディスプレイとオーディオで、いつものゲーム・映画を思う存分に楽しみましょう。

iPhone 11は最新機種で驚きの価格!

2018年発売のiPhone XSシリーズは10万円を超える高価格でしたが、iPhone XSより基本スペック・カメラ機能が向上したiPhone 11は10万円を切る価格です。

iPhone 11 Pro/11 Pro Maxは機能・スペックがグレードアップされたモデルのため10万円を超えますが、こちらはiPhone XSの据え置きと言えるでしょう。

大きく値上がりし売上に影響が起きてしまったiPhone XSの反省を踏まえ、メインモデルを10万円以下の高コスパに、アップグレートモデルを据え置きにしました。

昨年よりも大きな値上がりはないため高いコストパフォーマンスを実現できています。

>ドコモ公式オンラインショップを見る>au公式オンラインショップを見る>ソフトバンク公式オンラインショップを見る

まとめ
  • トリプルレンズが搭載でカメラ性能がパワーアップ
  • ファッションアイコンにもなるカラー展開
  • バッテリーの寿命UP
  • 空間オーディオがの採用されゲーム・映画好きにおすすめ
  • iPhone 11は10万円以下、最新機種で驚きの価格!

iPhone 11/11 Proに機種変更するデメリット

続いてはiPhone 11/11 Proに機種変更するデメリットです。

注目したい点は、2017年モデルのiPhone 8〜2018年のiPhone XSなどの機種から、どれほどの変化が起きたのか?という点です。

iPhone 11シリーズに機種変更するデメリット
  • 背面デザインの大きな変化
  • ホームボタン・指紋認証は復活せず
  • Lightning端子の継続

背面デザインの大きな変化

トリプルカメラレンズの搭載により、背面のカメラ部分が大きな存在感を出してしまっていることはユーザーを中心にマイナスの評価が多く挙げられています。

HUAWEIシリーズやGalaxyシリーズなどにもトリプルカメラレンズが搭載されていますが、そのデザインはスタイリッシュなもの。

そのため一層iPhoneの背面デザインは違和感を感じてしまい、そこに抵抗があるという方も多いでしょう。

また、iPhone XSに引き続きデュアルカメラを搭載したiPhone 11も、iPhone XSのデザインとは大きく変えレンズ部分を強調させたデザインに。

洗練されたデザインというよりもどうしてもカメラ部分が気になってしまうというデザインになってしまいました。

ホームボタン・指紋認証は復活せず

iPhoneファンの間で期待する声が多いのが、ホームボタンや指紋認証の復活です。ホームボタン・指紋認証は2017年発売のiPhone 8を最後に廃止となりました。

これまでのiPhoneはホームボタン一つで操作することもあり、指紋認証の正確さ・素早さをラクに感じていたユーザーにとってはiPhone 11を機に復活してほしかったもの。

しかし今回は残念ながらホームボタン・指紋認証が復活されることはありませんでした

現在Appleは他のAndroidスマートフォンと同じく、ディスプレイ内蔵型指紋認証を開発しているのではという噂があります。実現するとなれば次作以降でしょう。

Lightning端子の継続

iPhoneの充電ケーブルはApple開発のLightning端子です。

しかしAndroid製品はUSB-C Type端子を使用しており、市販の充電ケーブルやモバイルバッテリーなどにおいてLightning端子に対応していない商品も多くありました。

しかしAppleは、ipadやMacbookからLightning端子ではなくUSB-C Type端子を採用したため、iPhoneもついにUSB-C Type端子になるのでは?という噂がありました。

もしもiPhoneがUSB-C Typeとなれば、既にLightning端子を廃止したMacbook Proやipadとケーブルを分ける必要性もなく効率が良いですよね。

しかし今回は残念ながら3機種ともLightning端子が継続されるということで、iPhoneユーザーの声が実現されることはありませんでした。

まとめ
  • トリプルカメラレンズの搭載により、背面デザインが不評
  • ホームボタン・指紋認証は復活せず
  • Lightning端子の継続

機種変更におすすめのiPhone 11の性能と口コミ


画像引用元:iPhone – モデルを比較する – Apple(日本)

メリットとデメリットを確認したところで、改めてiPhone 11とiPhone 11 Proの基本的な特長を比較して紹介していきます。

また、紹介したメリットとデメリットはあくまで性能からみたものだけなので、ユーザーの実際の口コミを見た感想もまとめました。

機種iPhone 11iPhone 11 ProiPhone 11 Pro Max
ストレージ容量64GB
128GB
256GB
64GB
256GB
512GB
カラーグリーン
パープル
イエロー
ホワイト
ブラック
PRODUCT RED
ミッドナイトグリーン
ゴールド
スペースグレイ
シルバー
ディスプレイ6.1インチ
液晶
Liquid Retina HD
5.8インチ
有機EL
Super Retina XDR
6.5インチ
有機EL
Super Retina XDR
ボディガラス
アルミニウム
テクスチャードマットガラス
ステンレススチール
カメラ12MPデュアルカメラ
(超広角・広角)
12MGトリプルカメラ
(超広角・広角・望遠)
プロセッサ第3世代のNeural Engineを搭載したA13 Bionicチップ
セキュア認証Face ID
バッテリーiPhone XRより最大1時間増iPhone XSより最大4時間増iPhone XS Maxより最大5時間増
(iPhone史上最長)
耐水性能水深2mに最大30分間水深4mに最大30分間
公式ショップ>ドコモ公式オンラインショップを見る>au公式オンラインショップを見る>ソフトバンク公式オンラインショップを見る

3キャリアでの販売価格

iPhone 11のドコモ・au・ソフトバンクでの販売価格(オンラインショップ参考)はそれぞれ以下になります。

iPhone 11ドコモauソフトバンク
64GB87,120円90,720円89,280円
128GB95,040円96,480円95,040円
256GB106,920円109,440円108,000円

続いてはiPhone 11 Proの3キャリアでの販売価格(オンラインショップ参考)です。

iPhone 11 Proドコモauソフトバンク
64GB126,720円127,440円127,200円
256GB142,560円144,720円145,920円
512GB166,320円170,640円172,320円

最後はiPhone 11 Pro Maxの3キャリアでの販売価格(オンラインショップ参考)になります。

iPhone 11 Pro Maxドコモauソフトバンク
64GB138,600円140,400円142,560円
256GB158,400円159,120円161,760円
512GB182,160円185,040円187,680円

3シリーズとも、3キャリアのなかでドコモが一番安い機種代金で提供されていることが分かりました。

ネットでよく見る口コミ

デメリットの口コミ
  • カメラの出っ張りで机などが傷つく
  • 指紋センサーがほしい
  • 少し重くて分厚い

iPhone 11のデザインが発表された当初からいわれていたカメラ部分の出っ張りがやはり悪い口コミになっていました。

カメラ部分の材質は硬く、机や他のスマホと接すると傷が付くという口コミが多くありました。カバーやケースをつけることで改善される想定なのかもしれません。

指紋センサーがなくなりfaceIDのみになってしまったことで、マスクが必要な時期などは手間になってしまうようです。

重さと厚さに関しては人によって感覚は違いますが、前モデルのiPhone XRなどを使っている方なら殆ど変わらないので気にならないようです。

メリットの口コミ
  • カメラの性能が最高にいい
  • ナイトモードが便利
  • バッテリー持ちがよくなってる

やはり今回一番進化したカメラについて良い口コミが多く見られました。

広角や超広角は一般的になってはいますがiPhoneのクオリティー撮れるのことに価値があるようです。

ナイトモードも「想像以上に暗いところでも撮れる」「撮れる写真の幅が広がった」など感動の声が多くありました。

バッテリーは2日くらいもつという口コミもあるり、使用するアプリにもよりますが1日の使用であれば安心して使えるでしょう。

メリットの口コミもデメリットの口コミもありますが、ハイスペックスマホに求められるものはやはり機能が大きいため、カメラで写真や動画が楽しめるiPhone 11は好評でした。

iPhone 11/11 Proに機種変更する最適な時期

iPhone 11/11 Proに機種変更する最適な時期とはいつなのでしょうか?

結論から述べると、機種変更する最適な時期は以下の2つです。

iPhone 11/11 Proに機種変更する最適な時期
  • キャリアの契約更新月
  • 適用中のプログラムの終了時期
  • キャンペーン期間中

3キャリアの解約タイミングはいつ?

現在お使いのキャリアから他キャリアに移って機種変更する場合の最適時期は契約更新月(解約月)になります。

契約更新月とは、いわゆる3キャリアでの解約に適したタイミングのことを指します。

通常3キャリアで解約をする際は、料金プランの契約期間中だと、解約金が発生してしまいます。

この解約金を0円に抑えるために、料金プランの定期更新の月となる契約更新月に解約をする必要があります。

ドコモ・au・ソフトバンクの契約更新期間は同じタイミングです。

契約満了月となる当月と翌月・翌々月の計3ヶ月間が契約更新期間となります。

他キャリアへの乗り換えを伴う機種変更の場合は、自分の契約満了月から翌々月までの3ヶ月間に解約をすることをおすすめします。

適用中のプログラムの条件を達成できているか

他キャリアではなく同一のキャリア内で機種変更を検討している場合、現在お使いの機種に割引プログラムが適用されていないか確認しましょう。

たとえばドコモでは、毎月割引がされる「月々割」や機種代金が安くなる「スマホおかえしプログラム」等があります。

これらのプログラムは毎月の月額料金を安くすることができますが、「最低◯ヶ月以上機種を利用する」ことが条件となる場合が多いです。

この最低利用期間を無視して機種変更してしまうと、残りの機種代金の一括支払いを求められる・同一のプログラムが適用できなくなる可能性が高いです。

お得なキャンペーン期間中がおすすめ

3キャリアでは特定のシーズンになると期間限定キャンペーンが開催されることが多いです。

キャンペーン期間中に機種変更をすることで、通常よりも更にお得に機種代金や月額料金を下げることができます。

お得なキャンペーンが開催されやすいのは、機種変更が集中しやすい次の時期です。

  • 人気シリーズの最新機種が発売された直後:9月〜10月
  • 冬ボーナスやクリスマスといったイベントが集中する時期:12月〜1月
  • 進学や就職等新生活が始まる時期:3月〜4月

もちろんこの時期以外にもキャンペーンが打ち出されることはあるので、定期的に各キャリアのオンラインショップで確認してみて下さい。

>ドコモ公式オンラインショップを見る>au公式オンラインショップを見る>ソフトバンク公式オンラインショップを見る

まとめ
  • 3キャリアの解約ベストタイミングは満了月から3ヶ月間
  • 適用中のプログラムの最低利用期間を満たしているか
  • キャンペーン期間中の機種変更がお得

機種変更はオンラインショップが断然お得

ドコモオンライショップ
画像引用元:ドコモオンラインショップホーム
各キャリアでiPhone 11/11 Proへの機種変更を検討している方には、各キャリアで直営されているオンラインショップをおすすめします。

オンラインショップはその名の通りオンライン上で機種変更の手続きを行い、ネット注文でiPhone 11/11 ProをGETすることができます。

実は各キャリアが運営しているこれらのオンラインショップには、普通の店舗で機種変更をするよりもお得な理由があるんです。

3キャリアのオンラインショップがお得な理由
  • 頭金が0円
  • 待ち時間なし
  • 全国送料無料
  • 強制加入オプションなし
  • 自宅受け取り・店舗受け取りが選べる
  • 分からないことはチャットでサポート
  • お得なキャンペーンが開催される

店舗はフランチャイズ契約店が大多数を占めるため、店舗自体の売上として「分割支払い時の頭金」が請求されることが多いです。

しかし各オンラインショップはキャリア直営のため、売上として計上される頭金が必要ありません

店舗により頭金は異なりますが多くても1万円ほどを請求されてしまうので、オンラインショップを利用するだけで約1万円がお得になりますよ。

オンラインショップのため、ショップのように待ち時間が発生する心配もないですし、機種変更であれば全国送料無料です。

契約方法について分からないことも随時オンラインチャットで対応してもらえるので、オンラインショップを初めて利用する人も安心できますね。

ドコモのおすすめキャンペーン

ドコモオンラインショップで利用できるおすすめキャンペーンについて紹介します。

ドコモオンラインショップ開催期間内容
下取りプログラム常時開催現在使用する機種の下取り価格に応じてdポイント進呈
ギガホ割2019年5月22日〜毎月1,000円割引(最大6ヶ月)
はじめてスマホ割2019年5月22日〜はじめてのスマホ契約で月額料金から毎月割引
スマホおかえしプログラム2019年6月1日〜36回払いの機種代金のうち最大12回分支払い免除
端末購入割引2019年10月12日〜対象機種の契約でdポイント進呈
はじめてスマホ購入サポート2019年11月1日〜対象機種にはじめてのスマホ契約でdポイント進呈
ギガホ増量キャンペーン2020年1月1日〜月30GB→60GBまで増量
ドコモの学割2019年12月1日〜2020年5月31日ギガホ・ギガライトの月額料金から毎月割引(最大12ヶ月)
オンラインショップSPECIAL特典2020年2月1日〜ドコモオンラインショップから対象機種に機種変更で3,000ポイント進呈

ドコモオンラインショップでは機種変更向けのキャンペーンが多く開催されやすいです。

また、期間限定のオンラインショップ限定キャンペーンもよく開催されているので、ドコモオンラインショップはおすすめですよ。

ドコモオンラインショップは他キャリアのオンラインショップと違い、契約事務手数料も0円なところがポイントです。

既にドコモユーザーの方やiPhone 11/11 Proへの機種変更をドコモで検討している他キャリアユーザーの方は、ドコモオンラインショップを利用してみて下さいね。

auのおすすめキャンペーン

auオンラインショップで利用できるおすすめキャンペーンについて紹介します。

auオンラインショップ開催期間内容
下取りプログラム常時開催現在使用する機種の下取り価格に応じてWALLETポイント進呈
auでおトクにスマホデビュー常時開催はじめてスマホデビューで対象プランの月額料金が毎月割引
ケータイ→auスマホ割2018年11月16日〜はじめてスマホに対象プランで契約で毎月1,000円割引(12ヶ月)
auの学割2019年11月1日〜25歳以下のユーザーが対象プランに契約で毎月割引
スマホ応援割Ⅱ2019年11月1日〜対象プランの契約で毎月1,000円割引(最大6ヶ月)
初スマホ割(3G)2019年12月6日〜はじめてスマホに機種変更で最大38,500円割引
auオンラインショップお得割(新規・乗りかえ)2020年2月1日〜auオンラインショップで対象機種を購入すると最大22,000円割引

auオンラインショップは初めてスマートフォンデビューをする方向けのキャンペーンがよく開催されています。

また、新規契約や乗り換えを伴う契約であればiPhone 11/11 Proの契約時に機種代金から割引がされるキャンペーンもあります。

auオンラインショップ限定のキャンペーンとして開催されているので、この機会に是非利用してみて下さい。

ソフトバンクのおすすめキャンペーン

ソフトバンクオンラインショップで利用できるおすすめキャンペーンについて紹介します。

ソフトバンクオンラインショップ開催期間内容
下取りプログラム常時開催現在使用する機種の下取り価格に応じてPayPayボーナス進呈
1年おトク割2018年9月6日〜対象プランに加入で毎月1,000円割引(最大12ヶ月)
トクするサポート2019年9月13日〜48回払いの機種代金のうち最大24回分支払い免除(月額料金あり)

ソフトバンクオンラインショップは機種変更向けのキャンペーンがあまり打ち出されていない印象が強いです。

しかし、ソフトバンクユーザーなら必ず利用したい様々なプレゼントキャンペーンがあるのはソフトバンクならではの魅力です。

PayPayユーザーであれば、ソフトバンクはPayPayボーナスの進呈や特別還元が多いので、ソフトバンクオンラインショップがおすすめですよ。

まとめ
  • オンラインショップは頭金0円・待ち時間なしで利用できるおすすめの購入方法
  • ドコモオンラインショップ:契約事務手数料も0円・キャンペーンが豊富!
  • auオンラインショップ:スマホデビューにおすすめのキャンペーンが充実
  • ソフトバンクオンラインショップ:PayPayユーザーは見逃せないプレゼントキャンペーンが充実
  • iPhone 11/11 Proの機種変更時におすすめ:ドコモオンラインショップ

高コスパなiPhone 11/11 Proのメリットまとめ

今回はiPhone 11/11 Proに機種変更するメリット・デメリットと、機種変更に最適な時期について紹介しました。

2018年のiPhone XSシリーズと比べスペックやカメラが更に向上したiPhone 11ですが、その価格は7〜9万円台と以前より価格が抑えられました。

また、iPhone 11 ProもiPhone XSの据え置き価格なので、これだけでも機種変更をする大きなメリットになります。

ぜひ今回の記事を参考に、最適な購入時期を検討しながらiPhone 11/11 Proへの機種変更を検討してみてくださいね。


ドコモユーザーはdカード GOLDがお得!
dカード GOLD(ゴールド) VISA
国際ブランド
mastercardロゴvisacardロゴ
電子マネー
アイディ
dカード GOLDのメリット
  • ドコモケータイ・ドコモ光の利用料金1,000円(税抜)につき10%還元
  • 最大10万円までのケータイ補償
  • 海外旅行保険が最大1億円
  • 国内・ハワイの空港ラウンジを無料で利用可能
  • Amazon・マツキヨ・スタバ・ローソンなど人気店でポイントがお得
年会費10,000円(税別)審査最短5分で審査完了
ポイントdポイント還元率1~10%
保険国内・海外ありETCカード無料
家族カード1枚目:無料
2枚目:1,000円(税別)
スマホ決済Apple Pay
おサイフケータイ
この記事を書いた人
oohhalun
oohhalun
現役大学生・春からは社会人1年生。在学中は3大キャリアで携帯販売イベントスタッフのアルバイトを経験。 趣味はスポーツ観戦や映画鑑賞、配信サービスのおかげで充実した毎日を送っています。