Pocket

読了時間:約 2

最近では格安スマホを販売する企業も多く、そのプランやサービスも充実したものが増えてきました。月額料金が安い分、日常生活で使用することの多いスマートフォンが故障してしまったら…なんて考えると不安になりますね。

今回は格安スマホがもしも1年で故障してしまったら…というシチュエーションで、どのように修理すればよいのか?格安スマホの保証サービスについて紹介していきます。

格安スマホとは


まずは格安スマホについて説明していきましょう。これまでのスマホはケータイ同様ドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアがSIMロック端末として販売していることがメインでした。

SIMカードには電話番号などの情報が書き込まれていて、これを端末に差し込むことで携帯電話としての通信が可能になります。これまでは大手携帯電話会社と契約した端末にはロックされたSIMが差し込まれていて、SIMを替えるには解約をする必要がありました

しかしSIMフリー端末が発売されることになり、様々な企業が毎月の利用料金を格安にしてスマホを販売することができるようになりました。格安スマホは、格安SIMカードと端末を組み合わせたものになります。

どうして格安?そのワケ

格安SIMを取り扱う事業者のことを、MVNOMobile Virtual Network Operator)といいます。MVNOはドコモやauなどの大手キャリアの通信ネットワークをレンタルしてユーザーに通信環境を提供しています。

また、公式オンラインショップや家電量販店での販売などが中心で専門ショップを置いているMVNOは多くはありません。

そのため、全国各地に通信拠点を設置する費用やショップの運営費用を抑えることができるので、その分格安の料金プランをユーザーに提供することができるのです。

通信の対応エリアは回線レンタル先の通信会社のエリアになります。ほとんどのMVNOがドコモの回線をレンタルしているので、安さから生じる通信面への不安はありません。

格安スマホのメリット・デメリット

格安スマホには、安い!以外のメリットももちろんあります。また、大手キャリアに比べたデメリットもあります。続いては格安スマホのメリット・デメリットについてみていきましょう。

<メリット>
・2年縛りがない
大手キャリアにあるデメリットとして挙げられるのが2年縛りです。2年毎にある契約更新期間(2ヶ月)外に契約を解除してキャリアを移る(MNP)と、解約金を出さなければいけない…という痛い出費があります。

MVNOの契約プランにはほとんど2年契約タイプはありません。もちろん各MVNOによって最低利用期間は存在します。ほとんどの場合が6ヶ月〜12ヶ月となっています。

・プランに柔軟性がある
格安スマホは「音声通話プラン」と「データ通信専用プラン」に分かれています。データ通信専用プランでは通話を利用できないので、2台目として利用する人やタブレットのみの契約の人が多いです。データ通信専用プランには最低利用期間がありません。また、利用するデータ量も選ぶことができます。

<デメリット>
・キャリアメール・決済を使用できない
ドコモなどの大手キャリアではメールアドレスとキャリア決済を利用することができますが、MVNOはキャリアメールがありません。メールアドレスサービスもありますが月額料金がかかります。また、キャリア決済も行うことができません。

・クレジットカード決済のみが多い
ほとんどのMVNOがクレジットカード決済のみとなっています。最近ではクレジットカードを持っている人も増えているので困ったことはないですが、現金しか持たないという人やまだクレジットカードを持っていない学生の方は契約がしにくいです。契約をする前にクレジットカードを準備しておきましょう。

格安スマホが1年で壊れたら…修理方法は?


スマホを利用したことのある人は、自然故障によりスマホが壊れてしまった…という経験をしたことがある人もいるのではないでしょうか。

また、スマホの扱いにくさから落としてしまい故障…水没してしまった…なんてことも珍しいことではありません。

重要なのは壊さないように利用することももちろんですが、壊れてしまった場合の修理方法を確認しておくことです。修理方法は主に2つあります。

1つはメーカー保証を利用する、もう1つはMVNOの端末保証サービスを利用することです。

自然故障はメーカー保証で修理してもらう

1年以内で壊れた端末が自然故障によるものだった場合は、メーカー保証で修理ができないか確認してみましょう。

ほとんどの格安スマホはメーカーの1年保証がついています。保証期間以内の自然故障であれば、無償での修理をメーカーが請け負ってくれるのです。

ただし水没や落下などによる故障が確認された場合は、自然故障と判定されず保証を受けることができません。その場合は自己負担での修理となってしまうのでご注意ください。

また、メーカーに修理を頼んだ期間は代替機が必要になります。代替機はメーカー提供がないため、ショップを利用しなければいけません。ショップによっては代替機が他の人に貸出中、または有料サービスとなっていることもあります。代替機についてもショップに確認してみましょう。

MVNOの端末保証サービスを利用する

自然故障も水没等のミスによる故障も対応しているのがMVNOによる端末保証サービスです。ほとんどのMVNOが端末保証サービスを有料で提供しています。代替機問題も端末保証サービスでは貸出をしてくれるので心配する必要はありません。

また、サービスの加入はほとんどの場合が端末の購入時にしておかなければなりません。注意しておきましょう。また、MVNOは格安SIMのみの販売も行っていますがSIMのみの契約では端末保証サービスは行っていません。端末をセットで購入する人は、端末保証サービスに加入しておくことをオススメします。

各MVNO社の端末保証サービス比較

MVNOによって端末保証サービスの価格や内容は異なります。まずはそれぞれの価格と保証内容の概要についての一覧を確認してみましょう。

MVNOサービス名月額料金
ワイモバイル故障安心パックプラス690円
故障安心サービス300円
楽天モバイル端末補償500円
つながる端末保証500円
イオンモバイルイオンスマホ安心保証au回線 350円
ドコモ回線 450円
イオンモバイル持ち込み保証Android・Windows端末 550円
iOS端末 650円
mineo端末安心保証サービス370円
持ち込み端末安心保証サービス500円
UQ mobile端末補償サービス380円
つながる端末保証500円

続いてそれぞれの内容について、更に詳しくみていきたいと思います。気になっているMVNOの端末保証サービスの内容を確認してみてください。

ワイモバイル


・故障安心パックプラス 690円/月
ワイモバイルの端末とSIMを同時購入時に加入できるオプションサービスです。「スマホプラン」、「シェアプラン」のいずれかの料金プランが対象となります。水濡れや自然故障などの修理・交換対応に限らず、盗難・紛失やデータ復旧といった対応も行ってくれるのが最大の利点となります。

<保証範囲>
自然故障、外装破損、水濡れ・全損、盗難・紛失、電池パック・内蔵バッテリー、セキュリティトラブル、データ復旧

<保証期間>
契約期間中

<自己負担金>
自然故障…0円
破損…最大1,500円
故障交換…7,500円〜12,500円 1年間1回まで
水濡れ・全損…5,000円
電池パック…無料サービス
内蔵バッテリー…3,000円引き 1機種1回まで
セキュリティトラブル…上限5,000円まで補償 1年間1回まで
データ復旧…0円 1年間1回まで

・故障安心サービス 300円/月
ワイモバイルの端末とSIMを同時購入時または機種変更時のみ加入できるオプションサービスです。保証対象内の故障は2年間無償で修理を請け負ってくれます。

<保証範囲>
全損・水濡れ・紛失・盗難・故障

<自己負担金>
全損・水濡れ以外…最大5,000円
全損・水濡れ・紛失・盗難…10,000円

楽天モバイル


・端末補償 500円/月
楽天モバイルの端末とSIMを同時購入時に加入できるオプションサービスです。
楽天モバイル端末補償センターに連絡をすると、交換端末が当日中に発送されます。(平日16時まで、または土日祝12時までに受付した場合)

<補償範囲>
水濡れ、破損、落下、故障

<自己負担金>
4,000円〜7,000円(機種により変動)

・つながる端末保証 500円/月
楽天モバイルのSIM単体の契約時に加入できるオプションサービスです。年2回の利用で、1回の故障につき5万円を上限に楽天モバイルが負担してくれます。

<保証対象>
国内で正規販売されたiPhone/iPad、Android、Windows、モバイルルーター端末

<保証範囲>
自然故障、破損、水没

<保証期間>
「つながる端末保証」契約期間中(自然故障のみ、端末発売日から 36ヶ月以内)

<自己負担金>
交換のみ、1回目4,000円 2回目8,000円
修理代金はなし

イオンモバイル


・イオンスマホ安心保証 au回線350円/月 ドコモ回線450円/月
イオンモバイルの端末とSIMを同時購入時に加入できるオプションサービスです。端末が後日配送の場合は、契約日から14日以内であれば後日加入も可能になります。

<保証範囲>
水濡れ、故障、破損、落下、液晶割れ

<保証期間>
契約期間中

<自己負担金>
4,000円/7,000円(機種により分かれる)

・イオンモバイル持ち込み保証
 Android・Window端末 550円/月 iOS端末 650円/月
イオンモバイル回線を契約する時のみ加入できるオプションサービスです。持ち込み保証ではイオンモバイルの端末ではない端末でも保証を受けることができます。端末を加入時に店舗スタッフに診断してもらいます。修理・交換合わせて年2回まで利用が可能です。

<保証範囲>
自然故障、水濡れ、破損

<自己負担金>
Android・Windows端末…修理/0円 交換1回目/4,000円 交換2回目/8,000円

iOS端末…修理/0円 交換1・2回目/12,000円

mineo


・端末安心保証サービス 370円/月
mineo端末とSIMを同時購入時のみ加入できるオプションサービスです。iPhoneシリーズの購入の場合、申込みはできません。保証期間内に2回まで利用することができます。

<保証範囲>
自然故障、破損、破裂、水濡れ、異常電圧

<保証期間>
契約申し込み日から35ヶ月後の末日まで

<自己負担金>
交換のみ 1回目 5,400円 2回目 8,640円

・持ち込み端末安心保証サービス 500円/月
mineoマイページからいつでも加入することができるオプションサービスです。(利用可能な端末は限られています)故障発生から10日経過すると修理・交換対応ができなくなります。また、3,000円で代替機の貸出も行っている。

<保証対象>
Android…キャリア端末は交換のみ、SIMフリー端末は修理・交換対応
iOS…iPhone、iPad共に修理・交換対応

<保証範囲>
自然故障、破損、破裂、水濡れ、異常電圧

<保証期間>
保証開始日は当サービスの課金開始日の1ヶ月後となる

<自己負担金>
修理は年2回まで無料、3回目以降は実費
交換は1回目 5,400円 2回目 8,640円 3回目以降は実費負担となる

UQ mobile


・端末補償サービス 380円/月
UQ mobileの端末とSIMを同時購入時のみ加入できるオプションサービスです。預かり修理の場合、年間のうち回数上限はないので、無制限に利用ができます。(端末交換サービスの場合は年間2回までとなります)

<補償範囲>
自然故障、部分破損、水濡れ・全損、盗難、紛失

<自己負担金>
1年目はメーカー保証により無償
交換は、1回目 5,000円 2回目 8,000円
修理は、負担額上限5,000円の差額分
代替機は1,000円で利用可能

・つながる端末保証 500円/月
UQ mobileのSIMを契約時のみ加入できるオプションサービスです。UQ mobileで購入した端末ではなくても、Android端末であれば保証対象となるサービスです。1回の故障に付き年2回まで、上限5万円までを負担してくれます。

<保証対象>
UQ mobileのSIMカードを利用する端末で、「つながる端末保証」の登録を専用サイトで行った端末

<保証範囲>
自然故障、破損、水没

<保証期間>
自然故障…製品の発売日から36ヶ月以内
破損・水没…契約期間中

<自己負担金>
修理は無償
交換は1回目 4,000円 2回目 8,000円

手続き方法を確認


MVNOで端末保証サービスを利用した修理・交換の依頼方法を確認しておきましょう。サービスによって細かな対応は異なりますが、ほとんど流れが同じなのであらかじめ確認しておくともしもの故障の場合も準備がしやすいです。

修理してもらう場合

  1. サポート窓口へ電話・WEBマイページから手続き
  2. 郵送で故障端末を発送
  3. 代替機を受け取る
  4. 修理の完了した故障端末を受け取る
  5. 代替機を返送する
  6. 修理代金の引き落としがされる

故障端末の発送・代替機の受け取りは配送業者の方が同時に行ってくれることが多いです。この場合、代替機を届けに来た際にそのまま配達業者の方に故障端末の集荷をお願いすることができます。

交換してもらう場合

  1. サポート窓口へ電話・WEBマイページから手続き
  2. 郵送で故障端末を発送
  3. 交換端末を受け取る
  4. 交換代金の引き落としがされる

交換の場合は一度の配達で交換端末の受け取りと故障端末の発送ができるので手順が少なくとても簡単。しかし自己負担金も修理に比べると多く、利用回数も限られていることがほとんどなのでむやみに交換することは控えましょう。

手続きにかかる日数

修理を依頼する場合は、修理する端末の破損具合や故障具合によって日数が異なります。修理で対応できる程度の破損や故障の場合ほとんどが1日から数日程度ですみます。しかし代替機はショップによって貸出ができない、ということもあるので事前に確認しておきましょう。

交換を依頼する場合は、交換端末が実際に届くまでの日数はMVNOにより異なります。故障の原因を調査する場合もあるので、実際どれくらいの日数がかかるかは各MVNOに問い合わせましょう

事前に格安スマホ・MVNOの保証を確認しよう


今回紹介したMVNO以外にも、端末保証サービスを行っているところはたくさん存在します。自分が今気になっているMVNOの各サイトの「オプションサービス」を探してみてください。

また、格安スマホの購入時にしか加入できないというタイプがほとんどなので、格安スマホに買い替える前には一度保証サービスに加入するか、ということを考えておいてください。

Pocket