読了時間:約 2

現在日本では「docomo」「au」「Softbank」の主要3キャリアが大半を占めています。

しかしながらサービスの品質向上に伴う料金の高騰やiPhoneなどの端末本体の値上げなどの影響を受け、「格安スマホ」と呼ばれる選択肢をとるユーザーも少なくありません。

今回は「格安スマホ」へと乗り換える際、何に注意すべきで何が必要なのか詳しく見ていきます。

いま格安スマホへ乗り換えるならどこがおすすめ?速度・プラン・キャンペーン別に比較

オススメの格安スマホはこちら

そもそも格安スマホって何?

現在格安スマホとひとことで言っても、「格安SIMが入ったSIMフリーのスマートフォン」と「スマホと格安のSIMをセットにしたプラン」の2つの意味が混在しています。

ここでは「スマホと格安のSIMをセットにした料金プラン」という意味の「格安スマホ」という言葉を使って乗り換えのタイミングや事前に確認が必要なポイントについて解説していきます。

最適な格安スマホ乗り換えタイミング

格安スマホに乗り換えるには、スマートフォン本体の準備や格安スマホ事業者の選定だけではなく、必要な準備がいくつかあります。

これを怠ったまま乗り換えてしまうと、余計な手数料がかかってしまったり、メールの送受信が出来ないなどのトラブルが発生してしまいますので、事前に把握しておくことをおすすめします。

更新期間を確認する

格安スマホへの乗り換えを考えているならば、現在使用しているキャリアの「更新期間がいつなのか」を調べておきましょう。

主要3キャリアは2年間の期間拘束契約(通称2年縛り)をすることで、基本料金の割引を行なっています。

これは契約者から解約の申し出がなければ自動更新をするという契約で、2年ごとに迎える2ヶ月間の更新期間外で解約をすると、違約金として9,500円かかってしまいます。

そのため、格安スマホに乗り換えるならば、更新期間内に乗り換えを行うことをおすすめします。

しかし「更新期間まで半年以上あるけど待つのには長すぎる」という場合には違約金9,500円を払って乗り換えるのも一つの手です。

格安スマホに乗り換えることで、ケースによっては毎月4,000~5,000円程度支払い料金を抑えることも可能となるからです。

違約金として払った金額も、乗り換えて数ヶ月で元が取れるという事も少なくありません。

主要3キャリアの更新期間の確認方法

【NTTドコモ】
「My docomo」にログインし、「ドコモオンライン手続き」の 「ご契約内容確認・変更」内にある「ご契約プラン」で契約の更新期間を確認します。
ドコモからMNP|乗り換え方法

【au】
「auお客さまサポート」にログイン後「契約の確認・変更」の「契約内容を確認・変更する」にある「ご契約情報」内の「誰でも割」で更新期間を確認します。
auからMNP|乗り換え方法

【Softbank】
「My Softbank」にログインしたのち「契約内容の確認・変更」の「ご契約内容の確認」にある「料金プラン」で更新期間を確認します。
ソフトバンクからMNP|乗り換え方法

ここで紹介した各キャリアのサポートサイトでは、契約内容だけでなく、「自分の毎月のデータ通信量」も確認できます。

このデータ通信量を確認しておくことで、格安スマホを契約する際のデータプラン選びの参考にすることが可能です。

また、長期の年間契約サービスを解約し、毎月の支払い料金を犠牲にする事で、いつでも違約金無しで解約を可能とする事もできます。

新しいスマートフォンの発売を待ちたいなどの考えがあり発売後即座に乗り換えたいなどの場合は更新期間中に期間拘束のないプランに変更して乗り換えのタイミングを待つのも一つの選択肢です。

MNPの手続きを確認

主要3キャリア間での移行と同様に、「携帯電話番号ポータビリティ制度(以下MNP)」を使うことで、主要3キャリアから格安スマホへと乗り換える際にも同じ電話番号のまま乗り換えることができます。

MNPを利用するためには、新しい通信会社との契約の前に現在利用しているキャリアにMNPの利用を申請することが必要です。

申請をする事で、「MNP予約番号」を発行してもらえます。

MNP予約番号は、各キャリアのサポート窓口への電話・各ショップ・サポートサイト(NTTドコモのみ)で発行が可能です。

MNP予約番号を発行・取得できたら、格安スマホの事業者と契約する際、MNPを利用したい旨を伝えます。

MNP予約番号を伝えた後に契約の手続きをすることで、これまでと同じ携帯電話番号を格安スマホでも使用することができるようになります。

注意点として、MNP予約番号には発行から15日間という有効期限が設定されています。

そのため、乗り換え先の通信会社との契約が締結したタイミングで、MNP予約番号が有効である必要があります。

事業者によっては申込時に10日程度の有効期間が残っている事が条件となる事もあるため、MNP予約番号は格安スマホ事業者によって取得時期にも注意し取得することをおすすめします。

また、2年契約の更新期間にMNPをする場合には契約締結の際、更新期間中であることも求められます。

格安スマホ事業者にMNPで新規で加入すると申し込みをした場合、その申し込みから回線の入替手続きまで、最長で7日程度かかることもあります。

格安スマホの申し込みをする際の手続きをより円滑にするため、MNP予約番号を取得するタイミングと格安スマホ事業者への申し込みをするタイミングにも気を使うことが大切です。

合わせて格安スマホを契約する上での手続き・手順を確認し、必要な書類などの準備をしておく事でスムーズな契約が可能となります。

MNP予約番号の取得方法と費用、キャンセルなどの詳細を各キャリアごとに紹介しています。
ドコモからMNP予約番号の取得するには?手数料や期限を確認
ソフトバンクからMNP予約番号を取得。発行に必要な費用と手順
auからMNP予約番号を取得。発行に必要な手続きと転出・転入費用

キャリアメール以外のメールサービスを導入しておく

格安スマホに乗り換え主要3キャリアを解約すると、NTTドコモの「@docomo.ne.jp」やauの「@ezweb.ne.jp」、Softbankの「@softbank.ne.jp」というようなキャリアから提供されているメールアドレス(キャリアメール)は使えなくなります。

家族間や友人、仕事での連絡のために使っている場合は別のメールサービスを導入しておく必要があります。

すでにキャリア以外のメールサービス、
(例としてはGoogleの「Gmail=@gmail.com」やAppleの「iCloud=@iCloud.com」Yahoo!JAPANであれば「Yahoo!メール=@yahoo.co.jp」マイクロソフトの「Outlook.com」など)

上記のメールアドレスを使っているのであれば、格安スマホへ乗り換えた後でも、そのメールアドレスを利用することができます。

これらのメールサービスをまだ使用していないのであれば、新規メールアドレスを取得し、そちらへ移行しましょう。

新規の移行先としてオススメなのはGmailです。GmailはAndroid端末との相性が優れているだけでなく、iPhoneやパソコンでも利用しやすく、迷惑メールフィルタや検索機能も優秀で、無料で利用が可能です。

キャリア公式オンラインショップなら頭金0円で在庫も充実しているので断然お得!
1 2