BIGLOBEモバイル mineo(マイネオ) 格安SIM・格安スマホ
Pocket

読了時間:約 2

近年急速に普及しており、CMなどのメディア露出も相まって一般にも認知されるようになった格安SIM。

しかし、認知度に比べて実際に格安SIMに移行する事でどれくらいスマホの料金を安く出来るか知っているという方は以外と少ないはず。

ここでは、月々2,000円以下で利用する事が出来る格安SIM事業者を徹底的に比較・ご紹介しています。

料金やプランだけでなく初期費用や特徴なども合わせてご紹介していますので、格安SIMへの移行を検討している方はこの機会に是非チェックしてみてはいかがでしょうか。

格安sim比較|おすすめの格安SIMと気になる月額のお値段は?

あなたのスマートフォンの料金は?

デザインだけでなく性能も日進月歩で進化し、容量を除けば今や低~中程度のPCと肩を並べるようになったスマートフォン。その進化に比例して値段も上昇しており、現在ではハイエンドモデルなら100,000円を超えるようなスマホも当たり前となりました。

高額な値段もありますが、各キャリアが分割でのお得な割引サービスなどを用意している事などを考えると最新機種の端末代金を一括で支払うという方は少ないのではないでしょうか。

この端末代金を含めると、分割を利用した場合の毎月のスマートフォンの料金は通話代・データ通信料・オプション価格を合わせて4つの項目に分かれています。

スマートフォンの料金内訳

  • 端末代金
  • 通話代
  • データ通信料
  • オプション価格

大手キャリアのスマホ代

総務省が大手キャリアに見直しを求める等、近年になって料金が高い事が指摘されている日本のスマートフォン料金。総務省が発表している「家計調査」を見ると2017年度の総世帯当たりの移動電話通信料の価格は100,250円、月に換算すると約8,354円となります。

総世帯当たりの料金ですので一概には言えませんが、大手キャリアと契約している方なら大体これくらいの金額となっているのではないでしょうか。

しかしこれはかけ放題プランや5G前後のデータ容量を契約していた場合であり、例え大手キャリアであっても最低プランを選択する事で料金を下げる事は可能です。

以下は大手キャリアの現状最安プランを選択した場合の料金ですが、端末代金を除けば唯一auで1,980円という低価格でスマホを利用する事が可能です。

しかしデータ容量は~1Gまで、かけ放題にも条件があり2年目以降は2,980円となりますから総合的に見ればやはり大手キャリアのスマホ料金は割高だと言えるのではないでしょうか。

ちなみにドコモでもdocomo with等を利用する事で月額1,980円まで下げる事は可能ですが、家族3人でシェアパックに加入する事などが条件となっているためここでは除外しています。

伸び続ける格安SIMのシェア

マーケティング会社のMMD研究所が15~69歳の男女44,541人を対象にした調査を行った所、1年前と比較すると格安SIMのシェアは2.7ポイント増の10.1%となりました。(2018年3月発表

総務省側も独自に格安SIMのシェアを調査していましたが、同時期に発表された結果はシェアが10.3%とMMD研究所の結果とほぼ同じとなっています。また、大手キャリアでは先ほどご紹介した最安プランを持つau(KDDI)が微増、ドコモとソフトバンクが微減となっていました。

この結果を合わせて考えると、大手キャリアから格安SIMへと移行するユーザーは年々増加している事が分かります。CMでの認知度向上のほか、大手キャリアに匹敵する大容量プラン・シェアプランなどを積極的に展開している格安SIM会社のシェア増加は今後も続いていくのではないでしょうか。

主要15社!おすすめの携帯キャリアを徹底比較

ここからは、月々2,000円以下で利用する事が出来る格安SIM事業者を比較していきましょう。格安SIM事業者は近年急速に増え続けて来ており、マーケティング会社のICT総研が発表したデータによると2017年時点でその数はなんと600社以上もあります。

格安SIM業界の競争は年々激化している事になるわけですが、そんな中にあって知名度・契約数が高い事業者はごく一部に限られます。ここでは先ほどご紹介したMMD研究所のデータを元に、特にシェアの高い格安事業者15社を比較してみましょう。

格安SIM事業者を選ぶ際は料金やプランだけでなく、特徴やキャンペーンなども含めて総合的に比較する事が重要です。今回比較に用いたのは以下の15社となります。

    楽天モバイル/楽天株式会社
    mineo/株式会社ケイ・オプティコム
    OCN モバイル ONE/NTTコミュニケーションズ
    UQ mobile/UQコミュニケーションズ株式会社
    IIJmio/株式会社インターネットイニシアティブ
    BIGLOBEモバイル/ビッグローブ株式会社
    イオンモバイル/イオンリテール株式会社
    DMM mobile/合同会社DMM.com
    LINEモバイル/LINEモバイル株式会社
    BIC SIM/株式会社ビックカメラ
    nuroモバイル/ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社
    J:COM MOBILE/株式会社ジュピター テレコム
    I-mobile/株式会社U-NEXT
    DTI SIM/株式会社ドリーム・トレイン・インターネット
    LinksMate/株式会社LogicLinks

格安SIM・格安スマホ徹底比較|主要10社のメリット・デメリット・評判まとめ

対応キャリア

格安SIM事業者は大手キャリアの回線を使用して運営されており、それぞれソフトバンク系・au系・ドコモ系という3つに分ける事が出来ます。キャリアの端末は通常SIMロックがかかっており、そのまま他のキャリアで使用する事は出来ません。

これはつまり、他のキャリアの回線を使用した格安SIMでも使用する事が出来ないという事です。

SIMロック解除を行えばお使いがの端末をSIMフリー化する事も可能ですが、手数料3,000円を支払いたくない・手続きが面倒・解約後100日過ぎてしまった等でSIMフリー化の機会を逃してしまったという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

格安SIM/回線ドコモauソフトバンク
楽天モバイル
(データ専用SIMは無し)
×
mineo
OCN モバイル ONE××
UQ mobile××
IIJmio
(データ専用SIMは無し)
×
BIGLOBEモバイル
(データ専用SIMは無し)
×
イオンモバイル×
DMM mobile××
LINEモバイル×
BIC SIM
(データ専用SIMは無し)
×
nuroモバイル×
J:COM MOBILE××
U-mobile××
DTI SIM××
LinksMate××

上記は、主要格安SIM事業者15社の使用している回線となります。全体的に見るとドコモ回線・au回線と比較してソフトバンク回線は少なくなっていますが、これはソフトバンクが独自に運営している格安スマホ「Y!mobile」があるからではないでしょうか。

DMM mobileやBIC SIMはIIJmioが仲介・J:COM MOBILEはUQコミュニケーションズが仲介しており直接キャリアから回線を借りている訳ではない点に注意が必要です。

このような仲介業者はMVNEと呼ばれていますが、直接回線を借りていないからといって通信速度のスピードが遅くなるというような事はありません。その他、一部の事業者ではauのみデータ通信には対応していないなど細かな条件が見られます。

SIMロック解除を行っていない端末で格安SIMへの移行を考えているなら、契約前にまずは対応している回線を確認しておきましょう。

プランと料金ごとの比較(音声通話付き)

格安SIM/音声通話付き
(2018年)
500MB/1GB2GB/3GB4GB/5GB6GB
楽天モバイル-/-
低速通信(200kbps)
ベーシックプラン
1,250円
-/1,600円
(実質3.1G)
-/2,150円-
mineo
Aプラン=au
Dプラン=ドコモ
Sプラン=ソフトバンク
○/-
A:1,310円
D:1,400円
S:1,750円
-/○
A:1,510円
D:1,600円
S:1,950円
-/-A:2,190円
D:2,280円
S:2,630円
OCN モバイル ONE-/--/1,800円-/-2,150円
UQ mobile-/--/1,680円-/--
IIJmio-/--/1,600円-/-2,220円
BIGLOBEモバイル-/1,400円-/1,600円-/-2,150円
イオンモバイル1,130円/1,280円1,380円/-1,580円/-1,980円
DMM mobile-/1,260円
低速通信(200kbps)
ライトプラン
1,140円
1,380円/1,500円-/1,910円-
LINEモバイル-/1,200円-/1,690円-/2,220円-
BIC SIM-/--/1,600円-/-2,220円
nuroモバイル-/-
0.2Gお試しプラン
1,000円
1,400円/--/--
J:COM MOBILE-/--/1,600円-/2,100円-
U-mobile-/--/1,580円-/1,980円-
DTI SIM-/1,200円-/1,490円-/1,920円-
LinksMate-/1,100円-/--/2,100円-

上記は格安SIM事業者主要15社のプランと料金ごとの比較となります。最も低いプランではmineoとイオンモバイルの500MBがあり、以降各社バラバラですが3Gや5G・6Gのプランが比較的多い事が分かります。

1 2