Android iPhone 格安SIM・格安スマホ 機種変更
Pocket

読了時間:約 2

スマートフォンやガラケーに限らず、携帯電話は比較的高価なものです。所謂ハイスペック品なら高いもので10万円以上する事もありますから、ユーザーとしては出来るだけ長い期間使い続けたいと思うのは当たり前です。

しかし、故障や破損など以外でも、例えばOSのバージョンや通信方式が新しいものに対応しなくなったとしてやむを得ず買い替えを検討しなくてはならない状況も出て来るでしょう。ここでは、スマートフォン・ガラケーに限らず携帯を買い替える際におすすめのショップなどをご紹介しています。

特に費用に焦点を当てていますので、これから携帯の買い替えを検討しているという方は是非チェックしてみてはいかがでしょうか。

携帯の買い替えはどこでする?


ソフトバンク・au・ドコモの携帯をお使いなら、「買い替え」と聞いて最初に思い浮かぶのはキャリアショップではないでしょうか。

モバイル関連のマーケティング調査を実施している株式会社MCAが発表したデータによると、大手3キャリアとワイモバイルなどの格安SIMのキャリアショップの総数は2018年5月下旬時点で全国に約8,400店舗あります。

数の違いこそあれどの都道府県にもキャリアショップがある事になりますから、単純に近いというだけで携帯の購入・買い替え先に選んだというユーザーも多いのではないでしょうか。しかし、スマートフォンなどの携帯の購入・契約まで実施している店舗はキャリアショップ以外にもいくつか存在しています。

ここでは知名度の高いキャリアショップを中心に、各店舗の違いについて理解しておきましょう。

直営店と代理店

ソフトバンク・au・ドコモなどのキャリアショップは現行の携帯電話が多数揃えられており、各種オプション品の品ぞろえも比較的充実しています。しかし、多くのショップはキャリアと契約を結んだ「代理店」であり、キャリアが直接運営する「直営店」は実は少ないのです。

代理店か直営店かどうかは、キャリアショップのHP上に記載されている運営会社をチェックすれば分かります。例えば、ソフトバンクではHP上の「店舗を探す」よりキャリアショップの検索をする事が可能ですが、運営会社がソフトバンク株式会社になっていれば直営店という事になるのです。

現状直営店の数は少なく、東京・大阪・名古屋など大都市圏を中心に数店舗~数十店舗ほどしかありません。一般的に直営店の方がサービスの質は高い傾向にあり、代理店のような不要なオプションを勧められるような事は無いとされています。

これはキャリアとは別会社が運営しているので販売条件や価格などを代理店の自由に決められるためですが、お近くのキャリアショップが一概にキャリアショップに劣っているという訳ではありません。ちなみに、キャリアショップに対してAppleが運営するApple Storeは直営店となります。

このため、iPhoneを取り扱っているキャリアショップはAppleとも契約を結んだ代理店という事になるのです。

直営店を運営している会社

  • ソフトバンク=ソフトバンク株式会社
  • au=KDDIプリシード株式会社
  • ドコモ=株式会社ドコモCS

代理店にも種類がある

前述のようにキャリアショップはその多くがキャリアと契約を結んだ代理店という事になります。しかし、代理店はキャリアショップだけでなく他にもいくつか存在している事をご存じでしょうか。

例えばヤマダ電機やビックカメラと言った大型の家電量販店でも携帯を取り扱っていますが、このような店舗もキャリアと契約を結んだ代理店という事になります。キャリアショップが代理店の中の「専売店」として扱われているなら、家電量販店はその名の通り「量販店」として分類されるわけです。

また、この他には小規模な量販店のような「併売店」という店舗も存在しています。この3つの代理店の中では、キャリアのサポートショップとしても機能する専売店=キャリアショップが修理や故障受付など各種サービスに特化しているのも特徴的です。

キャリアショップと家電量販店のメリット・デメリット

直営店と代理店という2つの店舗の違いについて理解した所で、続いてはキャリアショップと家電量販店のメリット・デメリットについて確認していきましょう。

代理店には大きく分けて3種類あるという事は先ほどもご紹介しましたが、この中で携帯の買い替えと言うと専売店=キャリアショップ・量販店=家電量販店の利用が最も多くなるかと思います。

キャリアショップのメリット・デメリット


いくら代理店とは言え、キャリアの名称を看板に掲げて営業しているのがキャリアショップです。このため、新規購入や買い替えを含めてキャリアが扱っているサービスをほとんど網羅しています。携帯の契約内容や機種について詳しくない方にとってはキャリアショップほど相応しい店舗はありません。

キャリアショップや店員の質にもよりますが、基本的には時間をかけて買い替えについての疑問を解消してくれる事でしょう。

また、最新機種はデモ機が用意されている事もあるため実際に触って操作感を確認する事が出来る事や、店舗によっては旧機種の大幅な値下げが行われている事などもキャリアショップのメリットとなります。

しかし、代理店によっては機種変更などの際の頭金や本来加入しなくても良い不要なオプションが設けられている事があります。携帯を購入・買い替えした際に「1ヶ月無料で使えるオプション」など加入させられた経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

このようなサービスは本来加入義務が無く、加入数に応じてインセンティブが発生するため代理店側からすれば積極的に進めてくるわけです。加入を断る事は当然可能ですが「加入義務がある」と誤解を招く説明しているキャリアショップもあるため、一概に断る事が出来ないのが現状です。

基本的に頭金はオプションに加入する事で割り引かれるようになっていますが、全体的な費用は明らかに高くなりますのでデメリットと言えるでしょう。対して、直営店であるApple Storeでは不要なオプションの勧誘などは行なわない傾向が見られます。

キャリアショップの買い替えポイント

  • 機種やプランについて確認出来る
  • 実際に触って機種を確認出来る
  • 頭金・不要なオプションの加入を勧められる

家電量販店のメリット・デメリット


画像引用元:ヨドバシ.com – マルチメディア新宿東口

家電量販店では修理や料金の支払いなどは受け付けていませんが、携帯の新規購入や買い替えを行う事は可能です。キャリアショップと比較すると、家電量販店は規模が大きいものも多く携帯の品揃えも豊富です。

新機種はもちろんの事、型落ち品などを安く販売している事もありますから機種の豊富さという点ではキャリアショップに勝っていると言えます。

また、こちらも店舗によりますが専門の店員を配置している事がほとんどですので、機種だけでなくプランについても適切なアドバイスをもらう事が出来るのではないでしょうか。

一方、新規契約・機種変更に限らず契約の手続きはFAXなどを使って外部で行っていますから、キャリアショップよりも時間がかかる傾向があります。

基本的に頭金も設定されており、携帯の初期設定などがオプションになっている事を考えるとキャリアショップより費用が高くなってしまう可能性があるでしょう。

ちなみに、スマートフォンでは一括購入の場合に限り10%以上の高ポイントを還元されるキャンペーンも頻繁に実施されています。還元されるポイントだけに捉われず、全体的な費用で考える事が必要ではないでしょうか。

家電量販店の買い替えポイント

  • 品揃えが豊富、安売りされる機種も多い
  • キャリアショップよりも時間がかかる可能性
  • 1 2