スマホの使い方 格安SIM・格安スマホ 格安SIM乗り換えガイド 機種変更
読了時間:約 2

格安SIMについて詳しくない層にも、名前だけなら知っているという方の多いワイモバイル。テレビCMなどでずいぶん浸透してきました。

実際どんなサービスなのか、お得なのか気になる方も多いのではないでしょうか。

ここではワイモバイルへMNPすることを前提に、ワイモバイルのメリットやMNPの手順などを確認していきましょう。

ワイモバイルのメリット

格安SIMには興味があるけれど、初めてでよくわからないといった方におすすめなのがワイモバイルです。

ワイモバイルの魅力とはどんなところなのでしょうか。代表的なものをいくつかご紹介します。

独自回線で安定した高速通信

格安SIMにすると月額基本使用料が安い分、通信環境や速度などが劣っているのではないかと不安な方もいらっしゃるかと思います。

ワイモバイルの通信回線は、ソフトバンク回線と前身であるイーモバイルやウィルコム回線を含む独自回線でサービス提供を行っています。

そのため安定した通信環境と高速通信が提供でき、”ワイモバイルは速い”といった評判も多く格安SIMが初めての方も安心して利用できます。

ソフトバンクのWi-Fiスポットが使える

できるだけデータ通信量を節約した方に手放せないWi-Fiスポットですが、なんとワイモバイルはソフトバンクのWi-Fiスポットが無料で使えます。

事前に一度Wi-Fi設定をしておけば、ソフトバンクのWi-Fiスポットに入ると自動的にWi-Fi接続に切り替わります。

ただし、ワイモバイルのWi-Fi利用の対象機種でない場合は、利用できない可能性がありますので注意しましょう。

かけ放題が10分間も

他の格安SIM会社の通話プランだと、通話した分だけ通話料がかかるか、1回5分以内の通話なら無料というものがほとんどです。

しかしワイモバイルの場合は”1回10分以内の通話なら無料”です。

あまり通話をしない方でも、たまにかける電話で5分だとうっかり超えてしまう方もいますが、10分なら充分時間に余裕があります。

格安SIMを選ぶ方の中には、普段LINEやメールで連絡を済ます方が多いのも特徴です。

だからこそ、わざわざ電話をかけるとなれば、5分より10分無料通話できる方がゆとりができ気兼ねなく話せるのではないでしょうか。

お得な特典・サービス

ワイモバイルにはぜひ利用したい魅力的な特典・サービスがあります。

Yahoo!プレミアム特典

Yahoo!ショッピングやヤフオク!などを利用する方は、Yahoo!プレミアムに登録している方も多いはずです。

Yahoo!プレミアム登録するとお得な特典やヤフオク!の利用制限もなくなり非常に便利ですが、月額料金462円(税抜)が毎月発生します。

しかしワイモバイルを契約している方は、月額料金462円(税抜)がかからず無料でYahoo!プレミアムを利用することができます。

Tポイントが貯まりやすくなったり、お得なクーポンが利用できたりと魅力がいっぱいです。

ワイモバイル契約時にはぜひこちらも登録しましょう。

Enjoyパック

Enjoyパックは、Yahoo!ショッピングやLOHACOを利用する方におすすめのサービスです。

利用するには毎月500円(税抜)の月額料金がかかりますが、3つのお得がセットになって利用できます。

  1. Yahoo!ショッピングで使える500円分のクーポンが毎月もらえる
  2. Yahoo!ショッピング・LOHACOでTポイントが+5倍になる
  3. 毎月パケットが500円分(0.5GB)もらえる

Tポイント+5倍の特典はYahoo!プレミアムに登録していることで合わせて10倍となり、さらにYahoo!JAPANカードお持ちの方は+2倍の合計12倍です。

貯まったTポイントは使えるお店やサービスも多いので、貯めておいて損はありません。

Yahoo!ショッピング・LOHACOをよく利用する方は申し込んでぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

ワイモバイルショップがある

他の格安SIM会社にはなかなかないワイモバイルの魅力の1つに、ワイモバイルの専用ショップがあります。

多くの格安SIM会社は手続きをWEBで行うのがほとんどです。(新規契約のみ家電量販店などで専門スタッフにて開通可能な場合があります)

しかしワイモバイルでは契約した後のプラン変更などの諸変更を店頭で相談・手続きすることが可能です。

また、ワイモバイルは現在ソフトバンクの子会社ではなく、ソフトバンクのサブブランドになっています。

そのため、ソフトバンクショップでも一部取り扱いがあり、ソフトバンクショップで契約や故障の受付を行っている店舗もあります。

ワイモバイルのメリットまとめ
  • 独自回線で安定した高速通信
  • ソフトバンクのWi-Fiスポットが使える
  • かけ放題が10分間も
  • Yahoo!プレミアム特典が無料
  • ワイモバイルショップがある

気になる月額基本使用料

魅力がいっぱいのワイモバイルですが、肝心な月額基本使用料がいくらかかるのかもしっかり確認していきましょう。

 スマホプランS(3GB)スマホプランM(9GB)スマホプランL(21GB)
ワンキュッパ割適用後基本料1,980円2,980円4,980円
SIM単体契約特別割引ー400円ー600円ー600円
全ての割引適用後合計金額1,580円2,380円4,380円

上記の表はSIMのみの契約を行った場合に適用される、「SIM単体契約特別割引」が反映された金額になっています。

ワイモバイルで機種購入を伴う場合はもちろんSIM単体契約特別割引は適用されません。

また、ワンキュッパ割の割引終了後は、スマホプランSが2,980円(税抜)、スマホプランMが3,980円(税抜)、スマホプランLが5,980円(税抜)です。

割引サービスは他にも、おうち割り光セット(A)、家族割引サービス、期間限定でワイモバ学割なども展開されています。

中には併用できないものもあるので、全てとはいきませんが可能な割引サービスはぜひ活用していきましょう。

MNPを行うための必要な準備

ワイモバイルに早速MNPをするとなれば、いくつか事前と確認しておくことがあります。

契約するときに必要なモノ

契約するときに必要なモノは、毎月の支払いをクレジットカードにするか、口座振替にするかで異なります。

いざ契約といった時に不足していては困りますので、しっかりチェックしておきましょう。

口座振替の場合

  • MNP予約番号
  • 運転免許証などの本人確認書類
  • 通帳、もしくはキャッシュカード
  • 金融機関お届け印
  • 機種購入代金(新しく機種を購入する場合のみ)

  • クレジットカード支払いの場合

  • MNP予約番号
  • 運転免許証などの本人確認書類
  • クレジットカード
  • 機種購入代金(新しく機種を購入する場合のみ)
  • また、未成年の方が契約する場合は、親権者同意書などの別途書類が必要となりますのでご注意ください。

    現在使用中端末が使えるか

    もちろんワイモバイルでもSIMのみの契約が可能です。しかし現在使用中の機種をそのまま使う場合は対象機種か確認が必要です。

    また、対象機種であったとしても、必ずIMロック解除が必要です。

    一般的にはドコモからドコモ回線の格安SIM、auからau回線の格安SIMへのMNPの場合、対象機種であればそのまま使用できます。

    他社回線へMNPを行う時だけSIMロック解除が必要ですが、ワイモバイルの場合はソフトバンクからのMNPでもSIMロック解除が必要です。

    何故と思われるかもしれませんが、ワイモバイルはソフトバンク回線以外にイーモバイル・ウィルコム回線も使用しています。

    そのためソフトバンク回線のみ対応のソフトバンクの機種では、SIMロック解除を行わないと使用できません。

    手続き後すぐ利用できるように、SIMロック解除も忘れず行いましょう。

    MNP予約番号発行する

    忘れてはならない一番重要な準備です。それぞれ現在利用しているキャリアでMNP予約番号の発行をしましょう。

    ドコモ・au・ソフトバンクでのMNP予約番号の取得方法は店頭・WEB・電話の3通りです。また有効期限は15日間となっています。

    15日を過ぎると無効となりまた取り直しになってしまうため、取得したら期限に余裕をもって手続きするのをおすすめします。

    またWEBでワイモバイルの契約をする場合、完全切り替えまでに時間がかかります。

    MNP予約番号を取得したら2日以内に申し込みを行いましょう。

    ワイモバイルでの転入手続き

    準備が整ったらワイモバイルでMNP転入手続きを行います。手続き方法はWEBと店頭の2つです。

    WEBサイトで行う場合

    MNP予約番号を取得したら専用ページに必要事項を入力し、本人確認書類なども画像としてWEBにアップロードする形となります。

    申し込み完了後SIM含む開通セットが届くので、同封されている切り替え手順を確認し電話の音声案内に従って手続きを進めます。

    回線切り替えの受付時間がAM10:00~PM7:00までなのでご注意ください。切り替えが完了したら利用開始となります。

    POINT

    開通セット到着から手続きせず6日を超えてしまうと、ワイモバイル側にて開通処理が開始されます。

    店頭で行う場合

    店頭の場合、必要書類を用意したうえであとはお店のスタッフの方から注意事項など案内を受けながら契約をするだけです。

    ご自身での契約や開通に不安があっても、目の前で相談や設定を手助けしてくれるのが店頭契約の良いところです。

    ただし週末などは混み合うことも予想されます。待ち時間が長くなることも考慮して、余裕をもってでかけましょう。

    手続きが終わったら

    ワイモバイルで機種の購入も伴う場合、開通処理が終わればあとは簡単な初期設定を行いそのまま利用できます。

    他に必要な作業と言えば、データ移行くらいです。

    もしSIMのみの契約で以前のキャリアのスマートフォンを使う場合はAPN設定やワイモバイル初期登録作業などが必要となります。

    そこまで難しくはありませんが、ワイモバイル公式サイトにも詳しく載っていますので、ぜひチェックしておきましょう。

    話題のワイモバイルにMNPしよう

    格安SIMが初めての方にも始めやすいのがワイモバイルの魅力。2018年12月頃から2019年5月末までワイモバ学割も行っています。

    お持ちの機種を使うのもいいですし、まずはどんな機種があるか相談も含めて実際の店舗に足を運んでみてはいかがでしょうか。

    Pocket