MNP予約番号まとめ|取得方法と乗り換え費用

  • 2021年1月17日

そろそろスマホの携帯キャリア会社を変えたい。でも、番号は変えたくない!そんな人の多くは、番号乗り換え(MNP)を利用してみましょう。

MNPはMobile Number Portabilityの略で、キャリアを乗り換えて携帯・スマホを新しくしても電話番号を変えずに使うことが出来ます。

MNPは料金がお得になる可能性がありますが、あちこちの携帯電話ショップに行かなければならないため、面倒に感じる人もいるでしょう。

乗り換えるにしても、できれば効率よく、短時間で交換しておきたいものですね。

そこで今回は、キャリアの乗り換え(MNP)の基本的な手順と、乗り換え手順を効率よくするテクニックを紹介します!

手順やコツを知っていれば、MNPも簡単にできますよ。

携帯キャリア会社ごとのMNP問い合わせ先・連絡先についてはこちらの記事で詳しく紹介していますので参考にしててください。
携帯乗り換えのMNP連絡先まとめ|手続きの流れと注意点

乗り換えは(MNP)はわずか2段階!

MNPのステップは、

  1. 今契約している携帯キャリア会社のMNP予約番号を取得する
  2. これから契約する携帯キャリア会社に行って、新規申し込み・機種購入をする

のたった2段階で完了します。

とっても簡単ですが、できればそれぞれのステップにかかる時間を短縮したいところ。次章からはそれぞれのコツを紹介します。

MNP予約番号をまずは取得しよう!

新しい携帯ショップでスマートフォンを購入するために、現在使用している携帯キャリア会社からMNP予約番号を取得する必要があります。

手間がかかると思われがちですが、電話やインターネットで取得できる会社がほとんどなので、発行にもさほど時間はかかりません。

ただし、予約番号の取得手順や、取得時に必要なものは携帯キャリア会社によって異なるので、自分が現在利用している会社の手順に合わせて準備をしておきましょう。

ドコモのMNP番号取得方法

ドコモはWebから取得できる

他の2社とは異なり、ドコモではWebからMNP予約番号を取得することができます。

パソコンやスマホから取得する場合は、ドコモの公式サイトにアクセスし、My Docomo→My docomoサービス一覧→各種お申込・お手続き一覧→ご契約内容確認・変更→携帯電話番号ポータビリティ予約→申し込みの順番に進みます。

こうすることによってMNP予約番号・有効期限が表示されますので、メモを取りましょう。

ガラケーを使用している方は、iモードから取得することができます。24時間いつでも取得できるのでおすすめです。

iモードを立ち上げたら、i-menu→お客様サポート→申込・手続き→各種申込・手続きの順番に進みましょう。

電話でもMNP予約番号を取得可能

ネットが使えない人も、電話をかければMNP予約番号をすぐに取得できますよ。ただし、営業時間が9~21時と決まっているので気を付けましょう。

・携帯→151へ電話
・一般電話→0120-800-000へ電話

いずれも通話料金は無料です。

ドコモショップで取得

ドコモショップで受付スタッフに頼めば予約番号を取得できます。しかし、先客がいると待ち時間がかかり、さらには身分証明書の提示を求められるので、できればネットか電話で取得することをおすすめします。

ドコモからMNP予約番号の取得するには?手数料や期限を確認

ソフトバンクのMNP番号取得方法

ソフトバンクは3G携帯所持者以外は、ドコモのようにネットからMNP予約番号を取得することができません。

番号は電話または店頭で取得できますが、店頭で取得を申し込んだ人の多くが店員からの引き留めにあった!という報告もあるので、電話で申し込んだ方がよさそうです。

電話から取得

電話を掛けてMNP番号を取得することが、ソフトバンクの一般的な手順です。この際、4桁の「ネットワーク暗証番号」が必要になりますが、忘れてしまった人はオペレーターに繋がりますので、そこでMNPをしたいことを伝えましょう。

予約受付時間は9~20時と決められています。

・携帯電話からの場合:*5533へ電話
・一般電話からの場合:0800-100-5533へ電話

3G携帯から取得

3G携帯を使っている人はMySoftbankにアクセスして番号を取得しましょう。パソコンやスマホからはできません。

MysoftBankから設定・申込→設定・変更→契約者情報の変更→番号ポータビリティ(MNP)予約関連手続き→番号ポータビリティ(MNP)予約で申し込み完了です。

すぐに予約番号が発行されますが、予約受付時間は9:00〜21:30と決められているので、時間内に電話しましょう。

店頭で予約番号を取得

ソフトバンクもドコモと同様に、身分証明書の提示を求められるので、忘れずに持参しましょう。

ソフトバンクからMNP予約番号を取得。発行に必要な費用と手順

auのMNP番号取得の手続き方法

auはソフトバンクと同じで、パソコンやスマートフォンからはMNP予約番号を取得できません。

やはり電話か店頭で、またガラケー所持者はEZwebから番号を取得しましょう。

電話から予約番号を取得

auでは電話から取得する手順が最も一般的なようです。

・一般電話/携帯電話共通: 0077-75470

へ電話すると本人確認が行われ、すぐに予約番号が発行されます。

予約受付時間はソフトバンクと一緒で9~20時です。ネットワーク暗証番号があるとスムーズに発行されるので、用意しておきましょう。

EZwebからの取得方法

ガラケーを使用している人は、EZwebから取得できます。

EZキーボタン→トップメニュー→auお客さまサポート→申込・変更する→au携帯電話番号ポータビリティ(MNP)の順に進むと、すぐにMNP番号が発行されます。

こちらも、24時間対応ではなく9:00〜21:30の間でしか取得できません。

店頭で予約番号を取得

他の2社と同様に、身分証明書の提示を求められるので、忘れずに持参しましょう。

auからMNP予約番号を取得。発行に必要な費用と手順

新規申し込みをする携帯会社(MNP先)に行って契約しよう

MNP予約番号を無事取得したら、その足で新しく契約する携帯キャリア会社に向かいましょう。
その際に下記の物を必ず持参してください。

店頭に持参するもの

  • MNP予約番号
  • 本人確認書類(運転免許証、パスポートなど)
  • 口座名義・番号がわかるもの(通帳、キャッシュカードなど)+印鑑
  • クレジットカード払い希望の方はクレジットカード(VISA/MASTER/JCB/AMEX/ダイナース)
  • 機種購入代金(クレジットカードでも支払い可能)
  • 承諾書などの別書類(18歳未満のみ)

契約の所要時間の目安と利用したい来店予約制度

MNP予約番号を使って新規購入するのには、約30~1時間程度かかる様子。

しかし、携帯ショップは混雑していることが多々あり、土日祝日だと、待つのに30分、そこから手続きにさらに1時間かかった!なんて報告もありました。

待ち時間を短縮するためにおすすめしたいのは、ドコモ、ソフトバンクが行っている「来店予約」制度です。

来店予約をすることで待ち時間をぐっと短縮できるでしょう。

ドコモは来店の30日前から、ソフトバンクは2週間前から予約可能です。

auの場合は、「au STAR」に無料会員登録すれば、2週間前からの来店予約ができるようになります。

乗り換え契約の手順

一般的な契約の流れは、「契約書類の記入」→「本人確認」→「契約プランの決定」→「登録」→「開通」です。

ひとつひとつの作業はさほど時間がかかりませんが、書類に不備があったり、契約プランを決めるのに時間がかかったりすると、時間がかかりますので、公式サイトを見てある程度どのプランにするのか決めていくといいでしょう。

3社それぞれの公式サイトから、端末や料金プランを選ぶとおおよその月額料金が産出されますので、来店する前に試してみてはいかがでしょうか。

乗り換え(MNP)にかかる3つの費用

MNPを行う場合、大きく分けて3つの費用が発生します。現在利用している携帯キャリア会社と、これから契約を結ぶ携帯キャリア会社に支払う費用の2種類があります。

MNP転出手数料

現在利用している携帯キャリア会社にMNP予約番号を出してもらう費用として、MNP転出手数料が発生します。

金額は会社によって異なりますが、ドコモは2,000円、ソフトバンクとauは3,000円で少しだけドコモの方がお得です。

その場で支払うこともできますが、最終の支払い時に残債料金と合わせて支払うこともできます。

契約解除料

こちらも乗り換え前に利用していた携帯キャリア会社に支払う料金です。一般的に携帯電話は2年更新が基本ですが、更新月に解約すれば、契約解除料は発生しません。

更新月以外に解約する場合は、どの携帯会社でも9,500円の契約解除料が発生します。

なるべくであれば、更新月に解約したいものですよね。きちんと確認しておくようにしましょう。

契約事務手数料

契約事務手数料は、新しく契約する携帯キャリア会社に支払わなければならない料金です。

MNPに必要な契約事務手数料は各社ともに3,000円程度。多くの場合、初回請求時に端末料金やデータ・通話料ともに請求されます。

お得にMNPするポイントとは

端末を乗り換えるとさまざまな料金が発生しがちですが、できる限りリーズナブルに乗り換えしたいものですね。

そんな人におすすめしたい裏技がいくつかあるので紹介します。

解約手数料が発生しない時期に乗り換える

解約手数料の9,500円は痛手ですよね。なるべく更新月を狙って乗り換えることをおすすめします。1万円近い費用が浮くので、とってもお得ですね。

自分の契約更新月が分からない人は、MNPで手数料や解約違約金の抑え方は?キャリア乗り換えガイドをご覧ください。

ドコモ・ソフトバンク・au3つの携帯キャリア会社すべての情報が記載されています。

キャンペーンのある店舗で乗り換える

ドコモ、ソフトバンク、auは全国に店舗を展開していますが、その中にはキャンペーンを行っている店舗も少なくはありません。

キャンペーンの内容はさまざまですが、解約手数料を負担してくれたり、端末料金を値下げしてくれたりするところが多い様子です。

販売している端末は、同じ携帯キャリア会社であればどの店舗でもさほど変わりませんので、ぜひキャンペーン開催中の店舗を探して行ってみましょう。
くじ引きや粗品を提供している店舗もありますよ。

オンラインショップから購入する手段もあり

「仕事や家事が忙しくて、なかなか携帯ショップに行く時間がない。」

「待ち時間が長いとイライラする。」

という人は、各携帯キャリア会社(ドコモ・ソフトバンク・au)のオンラインショップを利用してみてはいかがでしょうか。ネット環境があれば、どこでも申し込み可能です。

ドコモオンラインショップからの購入

ドコモのオンラインショップからは、MNP予約番号と運転免許証などの本人確認書類とクレジットカードがあれば、すぐに購入できます。

本人確認書類をアップロード(郵送も可能)し、料金プランや端末を選択、支払い情報を入力すればそれで完了です。

10日程度で新しい端末が自宅に届くので、パソコンから開通手続きをして、同封されているドコモUIMカードを新しい端末に挿入し、設定を行います。ただし、この作業を行えるのは9~21時までと決められています。

ソフトバンクオンラインショップからの購入

ドコモと同じようにもMNP予約番号と本人確認書類、クレジットカードを用意しましょう。

本人確認書類は郵送、またはアップロードし、料金プランや端末を選択、支払い情報を入力します。

ここまでの過程は他の2社と変わりませんが、ソフトバンクの場合は郵送だけではなく、機種によっては店頭受け取りを選択することもできます。

指定した店舗に端末が届き次第、連絡が入るので足を運んで来店手続きを取りましょう。

届いたら、オンライン切替ページ(9~20時30分まで)から開通手続きを行います。

auオンラインショップからの購入

auのオンラインショップから購入する場合もMNP予約番号と本人確認書類、クレジットカードを用意しましょう。

本人確認書類は郵送、またはアップロードし、料金プランや端末を選択、支払い情報を入力し、完了ボタンを押すと確認メールが届き、発送予定日が伝えられます。

端末が届いたら、PCサイトのauオンラインショップから切替え手続きを行います。この際に、auオンラインショップのご注文番号と注文時に発行された「注文履歴確認用パスワード」と切替え予定の携帯電話番号が必要です。

ただし、auオンラインショップの受付も9~21時15分までと決まっているので気を付けましょう。

効率よく乗り換えて新しいスマホをゲット

携帯キャリア会社の乗り換えをするときには、なるべく早く、効率的に行いたいものですよね。

最近はオンラインショップを利用する人も多いので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

初期設定が苦手という人は、やはり店頭を利用することをおすすめします。

効率的かつリーズナブルに乗り換えて、新しいスマホライフを楽しみましょう!


ドコモユーザーはdカード GOLDがお得!
dカード GOLD(ゴールド) VISA
国際ブランド
mastercardロゴvisacardロゴ
電子マネー
アイディ
dカード GOLDのメリット
  • ドコモケータイ・ドコモ光の利用料金1,000円(税抜)につき10%還元
  • 最大10万円までのケータイ補償
  • 海外旅行保険が最大1億円
  • 国内・ハワイの空港ラウンジを無料で利用可能
  • Amazon・マツキヨ・スタバ・ローソンなど人気店でポイントがお得
年会費10,000円(税別)審査最短5分で審査完了
ポイントdポイント還元率1~10%
保険国内・海外ありETCカード無料
家族カード1枚目:無料
2枚目:1,000円(税別)
スマホ決済Apple Pay
おサイフケータイ
この記事を書いた人
スマホのススメ編集部
スマホやケータイの最新情報や、ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルに関する総合情報メディア「スマホのススメ」の制作を監修。スマホのレビューやドコモのお得クレジットカードdカード GOLDについても解説しています。スマホ関連の「分かりづらい内容を分かりやすく」することを目標に、誰でも簡単にお得にできるようにユーザー目線で記事を配信しています。