キャリア公式オンラインショップなら分割支払い時の頭金0円で断然お得!
読了時間:約 3

携帯を乗り換える時、店舗に行って手続きする方が多いようです。そんな方には、公式または正規代理店のオンラインショップで手続きをすることでお得になるということをお伝えします。

そこで「ドコモ」「au」「ソフトバンク」で購入を検討される方がほとんどですが、どういった点がお得になるのか、その中で各社の特徴を解説していきます。

ちなみに結論から言ってしまうと、「公式オンラインショップ」や「キャッシュバックのあるオンラインショップ」で乗り換えてしまうのがおすすめです。

携帯を変えようと思っている方、できればお得に乗り換えたいと考えている方のお役に立てれば幸いです。

店舗で携帯を乗り換えると損している?

結論から書くと、下記オンラインショップ以外でのMNPはメリットがほとんどありません。

  • おとくケータイ.net」はこちら
  • スマホ乗り換え.com」はこちら
  • ドコモオンラインショップ」はこちら
  • ソフトバンクオンラインショップ」はこちら
  • auオンラインショップ」はこちら

あまり知られていないのですが、多くの人は店舗で乗り換えることによって損してきた可能性が高いです。
その理由を説明します。

頭金がかかる

気を付けて頂きたいのですが、これでほとんどの方が損をしています。
何の気なしにこれは支払わなければならないものだとそのまま頭金を支払っている人が多いのですが、お店によって頭金の金額も違います。

本来は10万円の商品のものに頭金を1万円支払うとすると、ローンは9万円になります。
しかし携帯ショップでの頭金というのは、10万円の商品に頭金1万円支払ったところで10万円のローンを組まされるのです。

つまり頭金というの名の店舗手数料です。

「え?そうだったの?」
と思う方は意外に多いようです。実際、スマホの機種変更にベテランの方でも「頭金払った分は機種代金から差し引かれていると思ってた!」と勘違いされている方が多いようです。

店舗での待ち時間がある

平日ならまだしも、休日や祝日に店舗に行って何時間も待たなければなりません。

来店予約を事前に登録しても、時間通りに案内されることは少なく、前のお客様が遅刻したり、説明が長引いたりすると、やはり待たされます。

特に学割シーズンなど2~4月の繁忙期だとなおさらです。

店舗にはノルマがある

店舗で直接手続きした方はオプションの加入を、ほぼ必ず勧められます。
「割引する為の条件です。」
と言われることがあると思います。

更に聞いてもないのにタブレットの購入や、インターネットの加入も徹底して勧められることが多いはずです。
それは親切心からではなく、店舗のノルマ達成の為の営業トークを聞かされているからなのです。

キッパリ断ることができるかというと、非常に言葉巧みで、解約に行ったのに機種変更して光回線まで変更してしまった人もいるほどです。

もちろんそうしたケースはほとんどが、後々になって後悔します。

スマホの受け取りの手間

営業トークを一通り聞き終えた後、手続きの説明やスマートフォンの設定に凄く時間がかかります。
間違った説明をしてしまうとクレームになってしまう可能性があるので、店員の方も慎重になっているようです。

わかっていることを何度も細かく説明されたり、最初から店員の方が初期設定をすることによって時間が取られるのってもったいないですよね。

オンラインショップで携帯を乗り換えるメリット

これからはオンラインショップでのメリットをお伝えします。

こちらをお伝えしてしまうと、店舗で乗り換えることのメリットを感じなくなってしまうかもしれません。

頭金がかからない

頭金というのは販売店が手数料として設定しているものであるので、オンラインショップであれば支払う必要がありません。意外と知られていないことなのですが、よく考えてみると支払う必要のないものにお金を払っているという認識を持って頂けるとわかりやすいです。

24時間いつでも注文できる

いつでも気兼ねなく24時間365日オンラインで手続きを完結することができるのは大きなメリットです。

お仕事をされていて朝も早く、夜は終わるのが遅くて手続きする時間が間に合わない方が多いですよね。
かと言って土、日、祝日に手続きをしようとすると店舗であれば混雑する可能性が非常に高いです。

日本であれば送料無料

スマホや携帯電話を購入する際の配送料はかかりません。
これは大きなメリットですよね。

更にいうとオプション品をオンラインショップで購入することもできます。
こちらに関しては一定の料金を超えると配送料が無料になりますが、フィルムやケースを一緒に購入する場合は基本的に超えてくる金額なので問題ありません。

au、ドコモであれば2,500円以上の注文で配送料が無料です。
ソフトバンクであれば5,400円以上の注文で配送料が無料です。

契約内容を自由にチョイスできる

オンラインショップであれば、入りたくないプランや必要のないオプションの加入を勧められたりすることがありません。
自分の好きなプランをチョイスできるのが良いところです。

営業トークも聞くことなく、自分のペースで自分の買い物ができる。
これは普通のことなのですが、携帯は携帯ショップで買うという昔からの名残で店舗に足を運んでいる方が大勢います。
今やネット社会の時代なので、時代の流れに逆らわず自分自身が楽で得できることを選択することが一番の近道です。

大手3キャリアのオンラインショップ

ここまででオンラインショップのメリットに関してお伝えしてきましたが、実はそもそもオンラインショップというものは2種類あります。そこでまずは大手3キャリア(au、ドコモ、ソフトバンク)のオフィシャルキャンペーンを確認していきましょう。

公式のキャンペーンなので高額キャッシュバックはありませんが、機種変更よりはお得に乗り換えることができます。

auオンラインショップ

au-logo
画像引用元:https://www.au.com/

auデビュープログラム」を実施しています。

「iPhone8」「iPhone8plus」「iPhone X」いずれかに乗り換えた方には、「au WALLETプリペイドカード」に1万円分チャージされます。

iPhoneユーザーには優しいキャンペーンですね。

auで最新機種を買うならauオンラインショップがオススメ!

ドコモオンラインショップ

NTT-docomo-logo
画像引用元:https://www.nttdocomo.co.jp/

こちらも「春のiPhoneデビュー割キャンペーン」をやっております。

「iPhone8」「iPhone8plus」をご購入の方は8,424円引きが入るというキャンペーンです。
やはりこちらもiPhoneユーザーには優しいですね。

ただ気を付けておきたいのが「iPhoneX」は対象ではないのでご注意ください。

ドコモで機種変更するならオンラインショップがオススメ!

ソフトバンクオンラインショップ

Softbank_logo
画像引用元:https://www.softbank.jp/

こちらは「みんな家族ご紹介キャンペーン」というものがあります。紹介した人は10,000円分の値引きが入るので、ソフトバンク以外の方がご家族の中にいる場合は紹介するだけで安くなるというメリットがあります。

更に「ワイモバイルからソフトバンクへ番号移行プログラム」というキャンペーンというものあります。
「解約手数料」「事務手数料」「転出手数料」全て無料になるというなんともお財布に優しいキャンペーンです。

更に5G以上のプラン(基本的なプラン)であれば、月々1,000円値引きが入るという良いことばかりですね。

ワイモバイルも会社自体はソフトバンクなので、ソフトバンク以外に転出しないでほしいという思いが伝わってきます。

ソフトバンクで機種変更するならソフトバンクオンラインショップがオススメ!

オンラインショップでMNPキャッシュバック貰う

続いて、高額キャッシュバックが受けられるオンラインショップをご紹介します。

今回はソフトバンク取扱店に絞りましてお得にキャッシュバックを受けられるところを3つ紹介します。auやドコモを使っている方は是非おすすめです。

また、キャッシュバックを受けた上に、キャリアのキャンペーン特典も受けられるのでお得です。

おとくケータイ.net

高額キャッシュバックといえばこちらです。実績やキャッシュバックの振込までの早さなど信頼性の高いオンラインショップと言われています。

高額なキャッシュバック額も、人件費や店舗の維持費がほとんどかからないため、キャッシュバックに回すことができるのでしょうね。

オンラインショップでスマホを購入したことがないという方は一度電話をして見積もりを貰うのがおすすめです。

フリーダイヤルなので電話代もかからないですし、店舗に行って見積もりをだして貰うより楽です。何より見積もりを出してもらうのは無料ですからね。

おとくケータイ.netでキャッシュバック額を見積もり

スマホ乗り換え.com

おとくケータイやSMARTPHONE STOREと比べると目立った特長がなく、3番手感があったオンラインショップでしたが振込までの期日が業界の最速となっています。

今まで、最速といわれていた「おとくケータイ」でも振込までに2か月かかっていたのが、スマホ乗り換え.comは特定条件下では翌週振込も対応しています。

今後伸びていくことが期待できるオンラインショップです。

スマホ乗り換え.comでキャッシュバック額を見積もり

MNPキャッシュバックは携帯キャリアオフィシャルのキャンペーンと併用可能

ここまで大手3キャリアのオンラインショップと、高額キャッシュバックのオンラインショップ2種類を紹介してきました。そこで気になった方もいらっしゃるとおもいますが、実はオフィシャルのキャンペーンと高額キャッシュバックのキャンペーンは併用できてしまいます。

併用できる例

「みんな家族ご紹介キャンペーン」とはオフィシャルのキャンペーンで家族を紹介すると10,000円値引きが受けられます。

「お友達紹介キャンペーン」とは友達(家族)を紹介すると現金キャッシュバックが受けられます。(両社共)

こういった具合に併用しても何ら問題ありません。なぜならオフィシャルはどこでも受けられるキャンペーンだからです。そこに気づけた方は、店舗に行ってオフィシャルのキャンペーンだけ案内されても心に響かなくなります。

携帯の乗り換えを更にお得にする為の交渉術

オンラインショップでやるメリットや、キャッシュバックを受ける為にどうすれば良いかはお伝えしてきました。

それではどのタイミングで、どうすれば良いかを解説していきます。

交渉の前にMNPの予約番号を発行する

MNP(モバイルナンバーポータビリティ)の予約番号を発行してくれるセンターに電話します。先に言っておくと、センターの方は仕事なので引き留める為に必死です。

「こういったデメリットがあるので、まだやらない方が無難です。できれば月末にやって頂いた方が良いですよ。ポイントもお客様限定でこれだけプレゼントさせて頂きますので。」

という流れで引き止められますが、とりあえず予約番号を発行しておいて損はないです。なぜなら発行することで解約にはならないからです。

切断型の予約番号発行という特殊な方法で予約番号を発行する場合は別ですが、基本的には有効期限が15日有るのでそれまでに乗り換えてしまえば問題ありません。

万が一有効期限内に乗り換えることができなかったとしても、その後でもう一度予約番号を発行してしまえば良い話なので大丈夫です。

その際に「解約手数料」「転出手数料」が発生することを伝えられますので、しっかりメモを取るようにしてください。

MNP予約番号の取得方法とキャリアを乗り換えにかかる費用

乗り換える気があってもそれを隠す

ここから本番でさっそくオンラインショップに電話で交渉します。ちなみに「乗り換える気があってもそれを隠す」とはどういうことかというと、交渉せずに乗り換えてしまうと多くキャッシュバックを受けられるはずだったのに受けられない可能性がでてくるからです。

「そちらの頑張り次第で乗り換えるかもしれないです。」というスタンスを取っておくことが大事です。

そうすることによって、キャッシュバックの金額が少しあがるかもしれません。

最後の最後に解約金の話をする

例えば3万円のキャッシュバックをしてくれるとなった場合、
「それだけくれるのであれば乗り換えしようかな。」
と思った時に交渉します。

「そういえば再来月が更新月で解約金がかかってしまうんですよね。だから再来月にまた考えようかな。」

というと、
「解約金もプラスするので今月是非やってください。」

という流れになる可能性が高まります。

他店の見積もりを用意して電話する

暇な時間があって、とにかく損をしたくないという方はとりあえず近くの携帯ショップに足を運ぶのもありです。

その後で先ほど紹介したキャッシュバックのもらえるオンラインショップに電話するとそれ以上貰えることが多いでしょう。

早く新しいスマホを買いたい方

ここまではどうすればお得にできるかということでしたが、もっとスマートに早く新しいスマホを安く買いたいという方に向けて解説いたします。

早速電話して聞いてしまう

「今より安くなって新しいスマホになるのであれば、問題ない。」
という方もいらっしゃるとおもいます。その場合はすぐに電話してしまって、見積もりをしてもらい納得すればそのまま乗り換えてしまうのも時間の効率は良いかもしれません。

それで思ったより安くなかったりキャッシュバックもそこまで貰えなければ、フリーダイヤルに電話した労力だけで済みます。

データ移行について

「早くスマホが欲しいけど、データ移行一人でできるか不安。だからキャッシュバック少なくても、データ移行やってくれるところで機種を変えようかな。」

この考えはもったいないです。iPhoneであればAppleのコールセンターに電話してしまえばデータ移行の方法は優しく教えてくれます。

Androidであれば、写真や電話帳やカレンダーなどもGoogleが同期してくれます。更にSDカードにデータが入っていればそのまま挿すだけで終わりの可能性も高いです。

どうしても誰かにバックアップしてほしいという方がもしいれば、オンラインショップでキャッシュバックをもらった後でデータ移行をしてくれる店舗に行くのが一番望ましい選択になります。

スマホ機種変更時のデータ移行・バックアップ完全ガイド

メールアドレスについて

実際に乗り換えをすることで使えなくなるのはメールアドレスだけです。
ただ最近ではGmailやYahoo!メールなどのフリーメールを使ってやりとりをする方が増えているので、キャリアのメールアドレスが使えなくなっても困ることはほとんどありません。

登録しているアカウントが昔から使っているメールアドレスであったとしても、パスワードさえ覚えていればログインすることは可能なのでこれを機に機種変更しかしてこなかった方も乗り換えてみましょう。

オンラインショップ×携帯乗り換え=最高のパフォーマンス

結論、オンラインショップで乗り換えをすることによって「コストを抑える」「キャッシュバックを受ける」「手間がかからない」と最高のパフォーマンスを得ることができます。

ただこれは得をする為にやることでもあるのですが、スマホを乗り換える度に店舗に行って「お金」と「時間」を無駄にしてしまっていたと考えるともったいないですよね。

この記事を最後まで読んでくださった方には、そういった思いをこれからはしないで頂きたいです。「機種代がなくなるタイミング」「解約金がかからないタイミング」まで待つ必要ありません。今の料金が高いと感じるのであれば今すぐオンラインショップへご相談ください。

快適なスマホライフを応援します。

携帯乗り換えでオススメのオンラインショップと特徴

店舗 キャッシュバック目安と店舗の特徴
おとくケータイ.net
公式サイト
10,000~
50,000

※時期による・要問合せ
乗換え下取りプログラム
(最大26,400円)
総額30万円キャンペーン
(抽選・100,000円×3名)
おうち割 光セット
(月額500~2,000円割引)
故障端末買取キャンペーン
(100~9,000Tポイント還元)
キャリアの公式キャンペーンとの併用可能
スマホ乗り換え.com
公式サイト
10,000~
50,000

※時期による・要問合せ
乗換え下取りプログラム
(最大40,800円)
複数台契約で賞品プレゼントあり
インターネット回線加入割引
(最大20,000円の割引)
他店対抗でプレゼントキャンペーンを実施
キャリアの公式キャンペーンとの併用可能
ドコモ オンラインショップ
公式サイト
2018年3月現在未実施
乗換え下取りプログラム
購入半額サポート
端末にMNP特別価格設定(一部機種)
auオンラインショップ
公式サイト
2018年3月現在未実施
※地域により異なる
乗換え下取りプログラム
auデビュープログラム
(10,000円分の還元)
AndroidMNPau購入サポート
(16,000~59,400円割引)
ソフトバンク オンラインショップ
公式サイト
2018年3月現在未実施
乗換え下取りプログラム
購入半額サポート
端末にMNP特別価格設定(一部機種)
大型家電量販店
(ヨドバシカメラ・ヤマダ電機・ジョーシンなど)
2018年3月現在未実施
※地域により異なる
ポイント還元

こちらの比較表は、現金やポイントなどでMNPキャッシュバックをもらえるショップを紹介しています。

キャッシュバック額は、乗り換えする時期やタイミング、条件などで大きく変わってきます。また、ショップごとにもらえるキャッシュバック額も違うため、値上げ交渉もテクニックの一つです。

交渉が苦手だという方でも、各ショップに見積もりの連絡(無料)だけして比較することをオススメします!