読了時間:約 1 minute

スマホやガラケーを機種変更した後や携帯会社を乗り換えで損することがあるって知ってましたか?

携帯の機種変更と一緒に携帯会社も変えるときに、電話番号を変えずに変更することをMNP(=乗り換え)といいます。

MNPする時に、単純に近くの店舗で乗り換えする方は損をしてしまう可能性があるので注意が必要です。

この記事では、後で知って後悔して欲しくないと思いMNPを検討している方にMNPする前に確認すべきチェック項目と解決策を案内します。

解約金・手数料がかかる

MNPするとき、解約金や手数料などがどれぐらいかかるかというのは気になる点だと思います。

新しいスマホの機種代金は割引が適用されて実質かからないという場合も往々にありますが下記の費用がかかる場合があるので確認しておきましょう。

  • MNP転出手数料
  • 契約解除料
  • 契約事務手数料

MNP転出手数料

今使っている番号を持ったまま他社にMNPる時の手数料として必要なのがMNP転出手数料です。

ドコモ 2,000円(税別)
au 2,000円(税別)
ソフトバンク 3,000円(税別)

契約解除料

現在、月々の利用料金の割引のためにスマホを2年契約で契約している方がほとんどを占めています。

契約解除料がかからない契約更新月が設定されており、その設定された月にMNP・解約する場合、契約解除料はかかりません。

しかし違う月にMNP・解約する場合、契約解除料として9500円(+税)がかかるので注意が必要です。

契約事務手数料

MNP先と新しい契約を交わす形になるので、手数料として契約事務手数料が3000円(+税)かかります。

対策その1:更新月を確認して解約金をおさえる

契約解除料は更新月以外にMNPするとかかってしまう解約金ですが更新月にMNPすれば、かかりません。

契約解除料は9500円と微々たる金額とも言いがたいと感じる方も多いと思います。

契約更新月の確認はキャリアごとのお客さまサポートもしくは契約しているキャリアのキャリアショップで確認できます。

ドコモ お客さまサポート
ソフトバンク お客さまサポート
au お客さまサポート

対策その2:契約解除料などについて店舗で相談する

今すぐMNPしたいけど契約解除料が足かせになっている方は店舗で相談して下さい。

店舗によっては契約解除料分のキャッシュバックをしてくれる店舗もあります。ただ経営方針は店舗ごとに違うため複数の店舗で確認するのがオススメです。

今使っているメールアドレスが変わる

MNPする際、携帯電話番号はそのまま他社で使えますがメールアドレスは契約している会社ごとにアットマーク以降(「@docomo.ne.jp」「@ezweb.ne.jp」「@softbank.ne.jp」)が違うため、新たに取り直す必要があります。

もし契約会社を変えるたびにメールアドレスが変わったと伝えるのを億劫に感じる方にはキャリアメールではなく、以下のメールアドレスを連絡手段に使うのがおすすめです。

iCloudやGmailのメールアドレスをメインとして使う

iPhoneを検討している方にはiCloudのメールアドレスを活用するのがおすすめです。

iCloudのメールアドレスをApple IDに設定、管理しておけば写真などのデータをiCloud経由でスムーズに移行できます。

またキャリアメールと同じようにメールが受信できるのでとても便利です。

Androidを検討している方にはGmailのメールアドレスを活用するのがおすすめです。

GmailのメールアドレスをGoogle IDに設定している人は少なくないと思いますが、こちらの場合も写真などのデータ管理にも活用できますし、キャリアメールと同じようにメールが受信できるのでとても便利です。

キャリア公式オンラインショップなら頭金0円で在庫も充実しているので断然お得!
1 2