携帯を乗り換えする前に確認するべきチェック項目と解決策

  • 2018年8月6日

スマホやガラケーを機種変更した後や携帯会社を乗り換えで損することがあるって知ってましたか?

携帯の機種変更と一緒に携帯会社も変えるときに、電話番号を変えずに変更することをMNP(=乗り換え)といいます。

MNPする時に、単純に近くの店舗で乗り換えする方は損をしてしまう可能性があるので注意が必要です。

この記事では、後で知って後悔して欲しくないと思いMNPを検討している方にMNPする前に確認すべきチェック項目と解決策を案内します。

解約金・手数料がかかる

MNPするとき、解約金や手数料などがどれぐらいかかるかというのは気になる点だと思います。

新しいスマホの機種代金は割引が適用されて実質かからないという場合も往々にありますが下記の費用がかかる場合があるので確認しておきましょう。

  • MNP転出手数料
  • 契約解除料
  • 契約事務手数料

MNP転出手数料

今使っている番号を持ったまま他社にMNPる時の手数料として必要なのがMNP転出手数料です。

ドコモ 2,000円(税別)
au 2,000円(税別)
ソフトバンク 3,000円(税別)

契約解除料

現在、月々の利用料金の割引のためにスマホを2年契約で契約している方がほとんどを占めています。

契約解除料がかからない契約更新月が設定されており、その設定された月にMNP・解約する場合、契約解除料はかかりません。

しかし違う月にMNP・解約する場合、契約解除料として9500円(+税)がかかるので注意が必要です。

契約事務手数料

MNP先と新しい契約を交わす形になるので、手数料として契約事務手数料が3000円(+税)かかります。

対策その1:更新月を確認して解約金をおさえる

契約解除料は更新月以外にMNPするとかかってしまう解約金ですが更新月にMNPすれば、かかりません。

契約解除料は9500円と微々たる金額とも言いがたいと感じる方も多いと思います。

契約更新月の確認はキャリアごとのお客さまサポートもしくは契約しているキャリアのキャリアショップで確認できます。

ドコモ お客さまサポート
ソフトバンク お客さまサポート
au お客さまサポート

対策その2:契約解除料などについて店舗で相談する

今すぐMNPしたいけど契約解除料が足かせになっている方は店舗で相談して下さい。

店舗によっては契約解除料分のキャッシュバックをしてくれる店舗もあります。ただ経営方針は店舗ごとに違うため複数の店舗で確認するのがオススメです。

今使っているメールアドレスが変わる

MNPする際、携帯電話番号はそのまま他社で使えますがメールアドレスは契約している会社ごとにアットマーク以降(「@docomo.ne.jp」「@ezweb.ne.jp」「@softbank.ne.jp」)が違うため、新たに取り直す必要があります。

もし契約会社を変えるたびにメールアドレスが変わったと伝えるのを億劫に感じる方にはキャリアメールではなく、以下のメールアドレスを連絡手段に使うのがおすすめです。

iCloudやGmailのメールアドレスをメインとして使う

iPhoneを検討している方にはiCloudのメールアドレスを活用するのがおすすめです。

iCloudのメールアドレスをApple IDに設定、管理しておけば写真などのデータをiCloud経由でスムーズに移行できます。

またキャリアメールと同じようにメールが受信できるのでとても便利です。

Androidを検討している方にはGmailのメールアドレスを活用するのがおすすめです。

GmailのメールアドレスをGoogle IDに設定している人は少なくないと思いますが、こちらの場合も写真などのデータ管理にも活用できますし、キャリアメールと同じようにメールが受信できるのでとても便利です。

貯まっていたポイントが失くなる

スマホをドコモ、au、ソフトバンクで使っているとポイントが少しずつ貯まってきますが、携帯会社をMNPした場合なくなる点に注意が必要です。

MNPする前には持っているポイント数の確認とそのポイントを使ってオプション品などを購入するのがおすすめです。ちなみに確認方法は以下のとおりです。

ポイントを確認する方法

ドコモ
「My docomo」で確認できます。電話やドコモショップでも確認できます。
au
「au WALLET」で確認できます。電話やauショップでも確認できます。
ソフトバンク
「My SoftBank」から確認できます。電話、請求書、ソフトバンクショップでも確認できます。

何度も確認するのは面倒だと感じる方もいると思うので、分割残金や契約更新月の確認と一緒に持っているポイントを確認するのがおすすめです。

ポイントを使うなら・・・

携帯会社のポイントは色々なものに交換できます。食品や生活用品に交換できたり、マイルに交換できる場合もあります。

スマホを快適に使うためのモバイルバッテリーや車載充電器などもポイントで購入できるので、持っているポイントで何が買えるのか、どういったサービスがうけられるのか確認して損はありません。

家族割引がなくなる

複数台で契約していた場合、1台だけをMNPするとなると基本使用料や通話料の割引だった家族割引が適用されなくなるという点に注意が必要です。

これまでの利用スタイルが家族間の通話が多かった方の場合、今後のプラン内容によっては通話料が高くなるという場合も考えられます。

今後も家族間の通話が多いのが予想される場合の解消方法は以下のとおりです。

対策その1:家族複数人でMNPする

複数人でプランを分けあいたい、家族割引がなくなると損をしてしまうと考えている方におすすめしたいのは家族みんなでのMNPです。

そうすれば家族割引はもちろん設定できますし、今なら家族複数人でMNPた場合の割引もあるのでとてもお得です。

ドコモ
家族まとめて割
au
現在、公式で複数人対象のキャンペーンは行なっていないそうです。(2018年3月現在)
ソフトバンク
みんな家族割

auは公式での複数人を対象とした割引キャンペーンはありませんが、オンラインチャットで確認したところショップ独自のキャンペーンや割引をしている店舗もあるそうなので気になる方は近くの店舗に聞いてみるのがおすすめです。

家族でMNP(乗り換え)する時にオススメのキャリア|メリット・デメリット

対策その2:LINEやSkypeなどを活用する

現在LINEやSkypeなどの音声通話やメッセージのやり取りができるツールが増えています。

そういったアプリは基本使用料は無料で家族間通話や連絡ツールとして活用できるアプリです。通話だけでなく、文章や画像、動画のやりとりにも使えてとても便利です。

ただ、インターネット回線を使って通信をおこなうアプリなので通話の品質は通信状況に依存します。

そういった点が気になる方や通信量をなるべくおさえたい方にはあまりおすすめできないという難点もあります。

長期優待割引がなくなる

携帯電話やスマホの契約期間がドコモ、au、ソフトバンクで10年以上など長い場合、長期優待割引をうけられますが、その割引はMNPする時になくなります。

ただ、MNP先でキャッシュバックや別の割引がうけられるので、この点をデメリットと感じるという話は近頃は聞こえてきません。

ただ店頭の場合キャッシュバックの金額が店舗ごとに違ったり、機種によってはキャッシュバックがうけられない場合もあるので注意が必要です。

もしソフトバンクにMNPを検討している場合は『おとくケータイ』がおすすめです。最新機種でも高額キャッシュバックに対応しており、他店の方がキャッシュバックの金額が高い場合の相談にも応じてくれます。

もちろんキャリアショップや量販店で購入する時、勧誘される有料オプションへ入会する必要もないので、月々の利用料金が気付いたらすごく高かった、有料オプションの退会方法がわかりにくいなどのトラブルに発展する心配もありません。

携帯の長期利用者優遇度合い|継続で一番得なのはどのキャリア?

デメリットは解決策がある

MNPする方、MNPした方がデメリットに感じる事と、その解決策を案内しました。

MNPの時に感じるデメリットは乗り換えた後に知るとすごく損した気分になると思いますが、解決策を先に知っておけば実はなんてことない内容が多いです。MNPする前に必要な情報を準備して新しいスマホを活用してあげてください。


ドコモユーザーはdカード GOLDがお得!
dカード GOLD(ゴールド) VISA
国際ブランド
mastercardロゴvisacardロゴ
電子マネー
アイディ
dカード GOLDのメリット
  • ドコモケータイ・ドコモ光の利用料金1,000円(税抜)につき10%還元
  • 最大10万円までのケータイ補償
  • 海外旅行保険が最大1億円
  • 国内・ハワイの空港ラウンジを無料で利用可能
  • Amazon・マツキヨ・スタバ・ローソンなど人気店でポイントがお得
年会費10,000円(税別)審査最短5分で審査完了
ポイントdポイント還元率1~10%
保険国内・海外ありETCカード無料
家族カード1枚目:無料
2枚目:1,000円(税別)
スマホ決済Apple Pay
おサイフケータイ