キャッシュバック
Pocket

読了時間:約 3

今のスマホがだいぶ古くなってきたので買い換えたい!新機種に乗り換えたい!と考えている人は多いでしょう。

機種代金が新たに発生するスマホ乗り換え(MNP)では、できればキャッシュバックをもらってお得に乗り換えたいものですよね。

スマホの乗り換えは、未だにキャリアの店舗で行うものと決め込んでいる人もいますが、現在は店頭よりもインターネットを利用して購入した方が、キャッシュバックを受けられる可能性が高いようです。

そこで今回は、MNPを考えている人のために

  • キャッシュバックを取り扱っているオンラインショップ
  • キャッシュバックで獲得できる現金と特典内容
  • もっとお得にオンラインショップでキャッシュバックを受けるコツ

を紹介します。

この記事を最後まで読めば、スマホの乗り換え(MNP)でキャッシュバックを最大限に獲得する方法が分かります!

オンラインショップのメリットを徹底比較


まずは現在機種変更やMNPが出来るオンラインショップの一覧です。それぞれ特徴がありますが、キャッシュバック可能なオンラインショップは一部です。
キャッシュバックを受けておトクに乗り換えるには最初のショップ選びがもっとも重要です。下記にMNPで利用できるプログラムをまとめてみました。

これからMNPにすることを考えている人は、比較しながら自分に一番合うショップを考えましょう。

店舗 キャッシュバック目安と店舗の特徴
おとくケータイ.net
公式サイト
10,000~
50,000

※時期による・要問合せ
乗換え下取りプログラム
(最大26,400円)
総額30万円キャンペーン
(抽選・100,000円×3名)
おうち割 光セット
(月額500~2,000円割引)
故障端末買取キャンペーン
(100~9,000Tポイント還元)
キャリアの公式キャンペーンとの併用可能
SMARTPHONE STORE
公式サイト
10,000~
60,000

※時期による・要問合せ
お友達紹介キャンペーン
(3,000~7,000円)
乗換え下取りプログラム
(最大26,400円)
キャリアの公式キャンペーンとの併用可能
ケータイ乗り換え.com
公式サイト
10,000~
50,000

※時期による・要問合せ
乗換え下取りプログラム
(最大40,800円)
複数台契約で賞品プレゼントあり
インターネット回線加入割引
(最大20,000円の割引)
他店対抗でプレゼントキャンペーンを実施
キャリアの公式キャンペーンとの併用可能
モバイルステーション
公式サイト
10,000~
50,000

※時期による・要問合せ
乗換え下取りプログラム
(2,400~44,000円)
インターネット回線加入割引
(フレッツ光契約者が光コラボ同時申込で最大22,000円の割引)
複数台同時申込
(最大10,000円還元・解約金・違約金の負担アリ)
キャリアの公式キャンペーンとの併用可能
ドコモ オンラインショップ
公式サイト
2018年3月現在未実施
乗換え下取りプログラム
購入半額サポート
端末にMNP特別価格設定(一部機種)
auオンラインショップ
公式サイト
2018年3月現在未実施
※地域により異なる
乗換え下取りプログラム
auデビュープログラム
(10,000円分の還元)
AndroidMNPau購入サポート
(16,000~59,400円割引)
ソフトバンク オンラインショップ
公式サイト
2018年3月現在未実施
乗換え下取りプログラム
購入半額サポート
端末にMNP特別価格設定(一部機種)
大型家電量販店
(ヨドバシカメラ・ヤマダ電機・ジョーシンなど)
2018年3月現在未実施
※地域により異なる
ポイント還元

MNPはオンラインショップの利用が常識!

ネットショッピング
キャリア店舗でスマホの契約を結ぶ人は、未だに多いようですが、上記の表の様にキャッシュバックなどお得なサービスを受けられるのは間違いなく各社のオンラインショップといえるでしょう。

ほとんどの設定が自分でできるスマートフォンが普及したことで、店舗へ行かなくても自分で設定できるようになったことが理由と考えられます。

オンラインショップは店舗運用費用が節約できます。そのため、多くの特典をユーザーに還元できるのでキャンペーンも破格の条件が多く用意されているのです。

そして、店舗と違い、店員の態度で嫌な気分になったり、店舗で長時間待つことなく手続きができることもオンラインショップの魅力でしょう。

これまで一般的だった店舗での手続きは、待ち時間の長さや頭金が発生するようになったなどの理由から利用する人が減少し、過疎化するエリアでは店舗が撤退しています。
MNPのキャッシュバックを行う店舗もかつては多く存在しましたが、今では都市部の大手店舗以外では未実施という店舗が多数を占めるようです。

「オンラインショップを利用したことがない」「オンラインショップがそんなに得だとは知らなかった!」という人は、この機会にぜひチェックしてみましょう。

キャッシュバックのあるオンラインショップの詳細解説


オンラインで乗り換え(MNP)できるオンラインショップについて詳細を確認していきましょう。

まずはキャッシュバックを受けられるオンラインショップの特徴と大手家電量販店のECショップの違いをを紹介します。

ネット上にMNP専門のオンラインショップは多数存在しますが、その中でも最もおすすめしたいのは、長期にわたって信用がありキャッシュバックの高額保証が受けられるおとくケータイ.net」と「SMARTPHONE STORE」。

おとくケータイ.net

おとくケータイ
ドコモやauから、ソフトバンクのスマホ・携帯に乗り換えることで、おとくケータイ.net限定の高額キャッシュバックを受けられます。

Webを中心に展開していますが、東京都・池袋に唯一の店舗があり、困ったことはそこで相談できるでしょう。

契約件数が20万件を超える大手Webストアであるため信頼性が高く、キャッシュバック資金も豊富。契約した翌月にはキャッシュバックされる点も魅力です。

この受け取った翌月というのは重要です。ショップによってはキャッシュバックが支払われるのが、契約した6ヶ月後など長い期間待たされことがあります

ソフトバンク光またはAirに同時加入すると、よりお得な特典を受けられます。

おとくケータイ.net

SMARTPHONE STORE

smartphone store
おとくケータイ.net同様に、ソフトバンクのスマホを取り扱う「SMARTPHONE STORE」もお得なキャッシュバックを受けられるので、おすすめです。

ただし、キャッシュバックを受けられるのは契約後から半年後となります。多くの特典がありキャッシュバック金額も高め設定なだけに「すぐに解約されては困る」という理由かも知れません。

逆に考えれば、それだけ「多くの特典があり頑張っているショップ」とも言えます。

お友達紹介キャンペーンも行っていて、紹介者も加入者双方ともにキャッシュバックを受けられます。加えてソフトバンクの紹介者キャンペーンもあるので、こちらはかなりお得な設定となっています。

iPhoneシリーズやXperia、DIGNOなど取扱い機種も豊富です。

専門の相談員がお得なパックプランを紹介してくれるので、料金プランで悩んでいる人は相談してみてはいかがでしょうか。

SMARTPHONE STORE

ケータイ乗り換え.com

ケータイ乗り換え.com
ケータイ乗り換え.com」はオンライン上のショップですが、東京・大阪・京都にも全部で5つの店舗も展開していて、スマホの
受け取り、プランの相談、故障の持ち込みなどでも活用できる
ので便利です。

「おとくケータイ.net」や「SMARTPHONE STORE」同様にソフトバンクのスマホを取り扱っていて、ソフトバンク同様に月額料金が1,000円オフとなるキャンペーンを行っています。

スマホの下取りキャンペーンを行っている点も魅力で、新しい機種代金を下取り料金を使ってお値打ちにできるでしょう。

ケータイ乗り換え.com

モバイルステーション

モバイルステーション
お客様満足度ナンバーワンを誇る「モバイルステーション」は、乗り換え完了日にキャッシュバックを受けられる点が最大の魅力。

スマートフォンのデータ移行もサポートしてくれるので、スマホの操作が苦手・・・という人も安心です。

iPhoneの最新機種はもちろん、XperiaやAQUOSも取り扱っていて、機種代金は最大で半額にすることができます。

下取りキャンペーンや光回線の同時契約で、さらにお得な特典も受けられるでしょう。

さらに、複数台契約すると最大で20万円の豪華賞品プレゼントが当たるチャンスがあります。

モバイルステーション

大手3大キャリアのオンラインショップ

ここまで紹介したオンラインショップはすべて、乗り換え(MNP)を前提としています。また、公式とは異なり少し手間があります。機種変更だったり、キャッシュバックがいらないならドコモ・ソフトバンク・auのオンラインショップがオススメです。

オンラインショップで購入すると、頭金がかからずに、簡単に申し込めるので、利用する人も多いようです。
下取りキャンペーンによるキャッシュバックは、ドコモ・ソフトバンク・auの3社で共通して実施されており、キャッシュバック以外のお得なサービスは揃っています。

加えてauでは2017年9月から「auデビュープログラム」として、iPhone8、8Plus、Xのいずれかの機種にMNPした人を対象に、au WALLETプリペイドカードに1万円分のキャッシュバックを行っています。

こうした現金化可能なサービスは今後規制される可能性もあるので、乗り換え時期にお得なキャンペーンを見つけたら、迷わず契約する方が良いと思います。

ドコモオンラインショップ
ソフトバンクオンラインショップ
auオンラインショップ

家電量販店のオンラインショップ

ヤマダ電機やヨドバシカメラ、ジョーシンなど日本国内にある家電量販店の多くで、大手3大キャリアのスマホを販売しています。

店頭はもちろん、オンラインショップからも購入可能です。

残念ながら家電量販店であまりキャッシュバックキャンペーンは行っていないようですが、それぞれのお店のポイントがつくという大きな魅力があります。

機種によりますが、1台当たりでもらえるポイントは300~3,000円程度。オプションを一緒に購入すればその分のポイントもゲットできる出しょう。

ヨドバシカメラやヤマダ電機のオンラインショップでは、送料無料サービスを行っているため、利用しやすいといえます。

各ストアの問い合わせ先

  • おとくケータイ.net」はこちら
  • SMARTPHONE STORE」はこちら
  • ケータイ乗り換え.com」はこちら
  • モバイルステーション」はこちら
  • ドコモオンラインショップ」はこちら
  • ソフトバンクオンラインショップ」はこちら
  • auオンラインショップ」はこちら

店舗系MNPキャッシュバックのこんなところに注意!

注意
とてもメリットが多いように思えるMNPキャッシュバックですが、特に店舗系では思わぬ落とし穴にはまってしまうこともあるのです。ここでは陥りがちな失敗事例を紹介しましょう。

有料オプションにはご注意

高額なキャッシュバックをちらつかせながら、複数の有料オプション加入を強制する会社は少なくはありません。

大抵「〇カ月加入すれば、その後は解約できますよ」と誘われますが、契約後解約を忘れて何カ月も月額料金を支払い続けている人が非常に多いのです。

これではキャッシュバックを受けた意味がありませんよね。
有料オプションへの加入を誘われた場合、必要がないものであれば、その店舗でのキャッシュバックは見送った方が良いかも知れません。

もし、有料オプションを加入した方がお得であった場合、解約することを忘れないようにしましょう。

この様な断わる気構えは有っても店舗だと「せっかく長い時間使ったし、もう面倒だから契約してしまおう」となってしまいます。
こうした意味でもオンラインショップのほうが勧誘がさほど多くなく、断りやすい、他店を検討しやすいという事で、人気となっているのです。

キャッシュバックを実施する店舗は全体的に減少傾向

2017年3月に総務省が「スマートフォンの端末購入補助の適正化に関するガイドライン」を公開しています。

これによると、MNP購入者を対象とした過度の割引キャンペーンやMNPキャッシュバック、実質的な端末代金の割引がこれから規制対象となりうるのです。

実際、このガイドラインが公開されてから大手3キャリアはキャッシュバックの実施を取りやめる方向で進んでいます。

これまでずっとキャッシュバックキャンペーンを行っていたオンラインショップが廃止してしまう可能性も十分に考えられるのです。

今MNPにしようかどうか悩んでいる人は、なるべく早く交換することをおすすめします。

信頼性の高いオンラインショップを選ぼう

スマホの乗り換え需要の高まりとともにMNPキャッシュバックの競争が激しくなりました。一時期、たくさんあったオンラインショップも閉店してしまう店も少なくはありません。

現に、2017年の時点で存在した「スマホカフェ」や「のりかえプロデュース」はすでにサービスを終了してしまっています。

こうなるとトラブルが起こったときに、誰に相談すればいいのかわからなくなってしまいますね。

キャッシュバックの金額ももちろん大切な比較材料ですが、安心と信頼できるオンラインショップ選びも重要な判断材料の一つです。

大手キャリア直営のオンラインショップはもちろんのこと、「おとくケータイ.net」や「SMARTPHONE STORE」は実績も豊富で、信頼性の高いオンラインショップです。

キャッシュバックを最大限に受けるためには


キャッシュバックのキャンペーンはできる限り最大限に受けたいものですよね。

しかし、公式のオンラインショップで提示されたキャンペーン以上の特典を受けるのはちょっと難しそうです。

そんなときには、MNP専門のオンラインショップの問い合わせフォームや電話窓口で交渉してみてはいかがでしょうか。

ここではキャッシュバックの交渉術を紹介します。

月末に交渉する

店舗で交渉するときもそうですが、オンラインショップで交渉するときも月末が狙い目です。

どのキャリアでもオンラインショップでも、月々の販売ノルマが決まっていることが多いため、月末が差し迫ると契約を取るのに躍起になります。
広告が増え、キャリアのキャンペーンが急に大盤振る舞いになるとき、実はオンラインショップでも同じ現象が起きているのです。

月末や繁忙期に交渉したらキャッシュバック金額をたくさんもらえたという人も少なくはないようです。

月末の携帯ショップは混雑しやすいというデメリットもありますが、オンラインショップならそれもありません。切り替え日数に余裕がある人は、月末を狙って行ってみてはいかがでしょうか。

解約手数料で悩んでいることを伝える

どのキャリアでも、携帯は2年ごとの更新が基本となっていて「携帯を契約したちょうど2年後の月(=いわゆる契約更新月)」に乗り換えをしないと、1万円前後の解約手数料が発生してしまいます。

もしあなたがMNPを考えているのであれば、MNP先の新しいオンラインショップ(公式を除く)で、解約手数料のことを相談してみてはいかがでしょうか。

「MNPはしたい、しかし決して安いとはいえない解約手数料のことが悩みだ」と一言添えると解約手数料分のオファーをもらえることがあります。

この場合、多くのキャリアではキャッシュバックという形で、解約手数料が支払われるようです。

ただし、店舗やオンラインショップによって対応は異なるため、もし最初の窓口で断られた場合、違うショップで聞いてみるのもいいでしょう。

他社のサービスを打ち明ける

格安スマホの台頭で、現在大手キャリアは顧客の獲得に力を入れているところが多い様子。もしあなたがMNPを考えているのであれば、ショップスタッフに他社で提示されたキャッシュバックの金額を伝えてみてはいかがでしょうか。

場合によっては、キャッシュバックを増額してくれるのかもしれません。

MNP予約番号を発行してもらいながら交渉

MNPを行うときには、どのキャリアでも今使用しているキャリアからMNP予約番号を発行してもらう必要があります。

インターネットや店頭で発行してもらうことも可能ですが、キャッシュバックを狙うのであれば電話がおすすめです。

オペレーターから解約する理由を尋ねられたら、「他社の方がお値打ちだから」「他社で〇万円分のキャッシュバックが受けられる」などと伝えてみましょう。

この場合、オペレーターが顧客を引き止めるために、さらにお値打ちな料金を提示してくることがあるのです。

内容はキャッシュバックだったりポイントだったりとさまざまですが、それによって得をするのであれば、継続してみるのもいいでしょう。

これらのサービスは「引き止めポイント」や「コジ割」と呼ばれていて、今から2~3年前までは声をかけられる人が多かったようです。残念ながら今は行っていないところも存在します。

しかし、そうだからといって諦めてはいけません。オペレーターによって対応は異なるため、ダメもとでチャレンジしてみましょう。

最大で5万円ものキャッシュバックを受けたという人もいるそうです。

MNPで賢くキャッシュバックをゲット!

かつては大手キャリアがキャッシュバックキャンペーンを実施していることが多かったものですが、近年はオンラインショップの活性化が進んだことで、キャッシュバックキャンペーン内容もオンラインショップの方が充実しているようです。

しかも問い合わせ窓口では店舗同様、、「他社の方がお値打ちだから」「他社で〇万円分のキャッシュバックが受けられる」など、いろいろな交渉も実は可能です。

オンラインショップはお値打ちなだけではなく、スタッフによる解約引き止めもないので、より多くのメリットを感じられるでしょう。

これから乗り換え(MNP)をしたいと考えている人は、キャンペーン内容や期間を把握した上でベストなタイミングで乗り換えてみてはいかがでしょうか。

MNPキャッシュバックがもらえるオンラインショップ一覧

おとくケータイ.net トップページ
ケータイ乗り換え.com トップページ
SMARTPHONE STORE トップページ
Pocket