キャリア公式オンラインショップなら頭金0円で在庫も充実しているので断然お得!
読了時間:約 3

UQモバイル、楽天モバイル、mineo、CMで見かけることも多くなった格安SIM。知名度アップとともに、大手キャリアから乗り換える人が増えています。月々の携帯代を安くするために、乗り換えを検討している人も多いのでは?

auから格安SIMへ乗り換える場合は、同じau回線を使っていて、通信速度にも定評があるUQモバイルなら、あまり使用感も変わらないのでおすすめです。

今回は、auからUQモバイルに乗り換える手順と、乗り換え前にしておいた方がいい準備をわかりやすく説明しますので、乗り換える予定のある方、あるいは乗り換えを検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

※プランや料金などはすべて2018年6月時点のものです。

UQモバイル公式サイトを見る

auからUQモバイルへの乗り換えをおすすめする理由

auの多くの機種がそのまま使える

現在使っている機種のまま格安SIMへ乗り換える場合、auでSIMロックを解除して、端末に挿し込んであるSIMカードとUQモバイルのSIMとの入れ替えが必要です。

SIMカードの入れ替えに難しい作業は一切ありませんが、SIMロック解除に手数料が3,000円かかります。

その点、au回線を利用しているUQモバイルは、多くの機種でSIMロック解除が不要。手続きする手間も手数料もかからないというのは大きなメリットです。UQモバイルの動作確認済みの端末は公式サイトで確認できます。以下の一覧でSIMロック解除の欄が不要になっていれば、手数料もなしでUQモバイルへ乗り換えできます。

UQモバイル | 動作確認端末一覧

ちなみにiPhoneシリーズの一覧は以下の通りです。

機種名 SIMロック解除 機種名 SIMロック解除
iPhone X 不要 iPhone 6s Plus
iPhone 8 Plus 不要 iPhone 6s
iPhone 8 不要 iPhone 6 Plus 不要
iPhone 7 Plus iPhone 6 不要
iPhone 7 iPhone 5s 不要
iPhone SE

UQモバイルは通信速度が安定

UQモバイルは格安SIMを提供している各社の中でも、通信速度に定評があります。MMD研究所が2018年3月に実施した主要3都市(東京、名古屋、大阪)での速度調査では、下り平均30.3Mbpsを記録し、回線速度が落ちがちな昼の時間帯でも安定しています。

高画質な動画の視聴でも、必要な速度は3~5Mbpsといわれていますので、UQモバイルの通信速度はスマホを快適に利用するには十分です。現在auの回線で不便を感じていないのであれば、UQモバイルに乗り換えても、通信速度において大きく使用感が変わるということはないでしょう。

auからUQモバイルに乗り換えるための準備

auからUQモバイルへの乗り換えの手順に行く前に、「必要なもの」と「決めておくべきこと」に分けて、乗り換えのための準備を説明します。

乗り換えに必要なもの

クレジットカードか振替用の口座

UQモバイルの月々の支払いは、クレジットカードか口座振替になります。自分名義のクレジットカードか金融機関口座を用意しましょう。支払いに利用できるクレジットカードは以下の通りです。デビットカードは利用できませんので注意してください。

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • American Express
  • DINERS

支払いは口座振替の場合は翌月26日、クレジットカード払いはカード会社の指定日です。

本人確認書類

契約の際には本人確認書類が必要です。本人確認書類として使えるものは以下の通りです。

単体で可 健康保険証+で可
運転免許証 公共料金領収書
パスポート(日本国旅券) 住民票
住民基本台帳カード(写真付き) 行政機関発行の領収証
身体障がい者手帳または療育手帳または精神障がい者保健福祉手帳 届出避難場所証明書
特別永住者証明書
在留カード

運転免許証やパスポートなど、現住所記載で写真付きのもの1点か、健康保険証と補助書類を用意してください。写真付きでもマイナンバーカードや学生証は不可となっています。

MNP予約番号


乗り換えの際は、現在の電話番号をそのまま使えるMNPを利用する人が多いと思いますが、その場合は利用中のキャリアで発行した「MNP予約番号」が必要になります。発行の仕方については、手順のところで説明しますので、ここではひとまず頭の隅に入れておきましょう。

auからMNP予約番号を取得。発行に必要な費用と手順

連絡可能なメールアドレス

Webから申し込む場合、受付完了メールなどを受け取るメールアドレスが必要です。auのメールアドレスも解約まで使えるので大丈夫ですが、別にPCのメールアドレスを持っている人はそちらの方が安心です。

乗り換え前に決めておくべきこと

Webから申し込むか、店舗に行くか

UQモバイルへの申し込みは、WebサイトとUQモバイル取扱店どちらでも申し込みできます。取扱店はUQスポットや家電量販店、携帯ショップなど。公式サイトの販売店舗一覧から最寄りの店舗を探してください。

特に理由がなければWeb申し込みがおすすめです。Web申し込みですと初期費用3,000円が無料になりますし、キャッシュバックキャンペーンも利用できます。手続きするまでの待ち時間もかかりません。

都内近郊の人は「店舗受け取りサービス」を利用すれば、申し込んだその日に東京都秋葉原の店舗で商品の受け取りが可能です。

都内に受け取りに行くのが難しく、どうしても当日に欲しい人は、最寄りの店舗に在庫を問い合わせてから申し込めば、その日に受け取ることもできます。スタッフから詳しい説明を聞きたい人も店舗がいいですね。

UQモバイル | 販売店舗一覧

今の機種を使うか、買い替えるか


乗り換える際は、現在使っている機種を使うか、新しく購入するかも決めておく必要があります。ほかの格安SIMと同じく、UQモバイルも機種のラインナップは弱く、iPhoneや最新機種は販売しておりません。2018年6月時点で、UQモバイルで取り扱っている最新のiPhoneは、2016年春に発売されたiPhone SEです。

ラインナップの中では、実質頭金の108円のみで購入できるandroid端末が特にお得で、中でもAQUOS senseやHUAWEI P10 Liteといったコストパフォーマンスに優れた機種が売れ筋です。

人気機種はどれ?UQモバイルのおすすめスマホ【最新版】

現在使っている機種を継続して使いたい人は、上述したように、動作確認端末一覧のページでSIMロック解除が必要かどうか確認しておくといいでしょう。同時にSIM種別も申し込み時に選ぶことになりますので、確認しておくとスムーズです。

簡単にできる!auのiPhoneをSIMロック解除する方法と注意点

UQモバイルのどのプランを使うか

最後に契約するプランも決めておきましょう。auからの乗り換えですと、通話も利用すると思いますので、無料通話がついた以下のプランから選ぶのがおすすめです。

プラン 月額料金 データ容量 音声通話 契約期間
おしゃべりプラン S 1,980円 / 月 2GB / 月 5分以内何度でも無料 2年間自動更新
M 2,980円 / 月 6GB / 月
L 4,980円 / 月 14GB / 月
ぴったりプラン S 1,980円 / 月 2GB / 月 無料通話60分 / 月
M 2,980円 / 月 6GB / 月 無料通話120分 / 月
L 4,980円 / 月 14GB / 月 無料通話180分 / 月

auで「スーパーカケホ」を利用していた方は「おしゃべりプラン」、「カケホ」を利用していた方は「ぴったりプラン」がおすすめです。データ容量については、「My au」などで月々のデータ利用量を確認して「S / M / L」から組み合わせてください。

auで「フラットプラン」を利用しているような大容量のデータ通信には、現在のUQモバイルのプランでは対応するのが難しいです。月々のデータ通信量を抑えるか、UQモバイルと同じくauの回線を利用しており、大容量定額プランがあるmineoやBIGLOBEモバイルを検討してみてはいかがでしょうか。

auから格安スマホに乗り換えるといくらお得?格安SIMを比較

更新月まで待つか、早く乗り換えるか

手続きの前にauからUQへの乗り換えには総額でいくらかかるのか、そして安く乗り換えられるタイミングを確認しておきましょう。乗り換えに必要な費用は以下の通りです。

支払先 手続き 費用
au SIMロック解除料 3,000円
MNP転出手数料 3,000円
契約解除料 9,500円
UQモバイル SIMパッケージ料 3,000円

SIMパッケージ料は、UQモバイルにWebから申し込むことで無料にできます。一番高い契約解除料は、契約更新月以外で解約すると発生するので、更新月に乗り換えるればかかりません。

auは解約月を日割り計算しませんので、一番安く乗り換えるタイミングは、auの更新月の月末付近ということになります。末日が一番お得ですが、UQ側の手続きもありますので、1週間は余裕を持っておきたいですね。


1 2