au-logo
au auオンラインショップ iPhone MNP
読了時間:約 2

ドコモやソフトバンクから乗り換え(MNP)する時にいつも気になるのがau。
通信方式が違うためか、ソフトバンク→auやドコモ→auに乗り換える人は少数派なのかもしれません。

しかし、ピタットプランや三太郎CMのヒットなど、最近au尖っているし、安いという声もよく聞くようになりました。

そこで今回はauに乗り換え(MNP)した場合、どのくらいお得になるのか検証していきましょう。

特にポイントとなるのが最近「独自サービス」「安い最新iPhone」に力を入れている点です。

ドコモやソフトバンクのユーザーは自キャリアで機種変更した方が得なのか、それともauに乗り換え(MNP)した方が得なのかiPhoneの機種ごとの値段と通信費についてauオンラインショップを基準に「2年分の料金」細かく見ていきます。

これは、2年縛りでかかる料金は高額でびっくりする方もいると思いますが、皆さんこれだけ支払っているんです。正直ベースの徹底比較で、本当に安いのはどこかを見極めましょう。

auオンラインショップの魅力は、パソコンやスマホからオンラインショップにログイン・申込をするだけで、有料コンテンツ等に強制的に加入させられたり、必要のない商品を買わされることがないことです。

auへMNPで最新機種をお得に購入する方法をこちらの記事で詳しく紹介しています。あわせてお読みください。

最新iPhoneへ乗り換え(MNP)の価格比較

iPhone (MNP) (税込)|2年合計

au ドコモ ソフトバンク
iPhone 8 55,080円 22,680円 17,280円
iPhone 8 Plus 60,960円 34,344円 29,040円
iPhone X 73,440円 68,040円 54,000円

上記を見る限り、24ヶ月の分割支払いではiPhone 8とiPhone 8 Plusに限ってMNPでドコモとソフトバンクが端末価格競争をしているのがわかります。

ドコモは既存ユーザにこの価格では提供していません。ドコモへ乗り換え(MNP)専用の価格となります。

対して、auは(正直なのか、自信があるのか)特別価格を打ち出していません。そのため、他と比較すると高く感じます。しかし、通信料を加えていくと実は安くなるのがauの特徴です。

それでは、通信費の月額です。

通信費 (税込)/月 5GB

au ドコモ ソフトバンク
5分通話し放題 +
パケット上限5GB
5,918円* 7,560円 7,560円

*au2年目は7,344円(1年間割引の「ビッグニュース-1000円」がなくなるため)

通信費 合計総額 5GB料金テーブル|2年合計

au ドコモ ソフトバンク
1年目(〜12ヶ月) 71,016円 90,720円 90,720円
合計(13ヶ月〜) 88,008円 90,720円 90,720円
総合計 159,016円 181,440円 181,440円

5GBという料金テーブルに合わせた場合はauは安いですが、本来のピタットプランの良いところが出ていません。

しかし平均が3GBだと、auのみ価格が、さらに下がります。

通信費 合計総額 3GB料金テーブル|2年合計

au ドコモ ソフトバンク
1年目(〜12ヶ月) 62,208円 90,720円 90,720円
合計(13ヶ月〜) 75,168円 90,720円 90,720円
総合計 137,376円 181,440円 181,440円

上記のように圧倒的にauが安くなります。

つまりパケットをあまり消費しない人、平均が3GBで抑えられる人はauが圧倒的に得なのです。平均なので5GBの月もあれば1GB未満の月もある人という方にピタットくる料金です。

この安さに気づかず、端末価格だけでドコモやソフトバンクと契約すると高い通信費用を支払うことになります。

実際、auが不利になるのはiPhone8/8 plusの価格分のみであり、ドコモやソフトバンクは端末の割引がないと高くなる料金設定です。

パケットを一般的な利用で平均的に使う人には圧倒的に損なのです。これを前提に端末価格を加えてみましょう。

iPhone 合計総額|2年合計

au ドコモ ソフトバンク
iPhone8+通信5GB 2年間 214,096円 204,120円 198,680円
iPhone8+通信3GB 2年間 192,456円 204,120円 198,680円
iPhone8 plus+通信5GB 2年間 219,976円 215,784円 210,480円
iPhone8+通信3GB 2年間 198,336 215,784円 210,480円
iPhone X+通信5GB 2年間 232,456円 249,444円 235,480円
iPhone8+通信3GB 2年間 198,336円 249,444円 235,480円

上記のように、パケット利用が平均3GBであればauが一番お得です。逆にauの料金プランが他社以上の料金になるのは5GBを超えた辺りからです。
ピタットプランでは5GB~20GBの料金設定が割高になっています。

そのためにフラットプランがあるのですが、この記事ではできるだけ安くするためのMNPなのでフラットプラン20GB、フラットプラン30GBに関しては別記事で紹介させていただきます。

MNP転出・転入料金も忘れずに

MNPの場合は、別途手数料がかかります。MNPに必須の費用は以下となります。これは、どのキャリアでも変わりません。

名目 ドコモ au ソフトバンク
転出料 2,000 2,000 3,000
事務手数料(転入先) 3,000 3,000 3,000
違約金(かからない場合もあります) 9,500 9,500 9,500

またうかつにショップで乗り換えると不要なプランに入ることになり、お得感が全く無くなる場合があるので注意してください。

この記事を十分読み解いた上で、auオンラインショップで確認するることをオススメします。

店舗に行く場合でも一度はオンラインショップの価格を確認していきましょう。

最新のiPhoneもMNPだとお得に購入できる!?
携帯乗り換えのMNPだと、通常の機種変更よりも特典が手厚くなる傾向にあります。オンラインショップ限定のキャッシュバックやキャリア公式のMNPキャンペーンを賢く利用すれば、値段が高い最新iPhoneをぐっと安く購入することができます。
詳しくは最新iPhoneへMNPで得する方法|3大キャリアを徹底比較

auオンラインショップで最もお得で効率的に契約する

手続き

店舗や量販店で機種変更をすると様々なデメリットが出てしまいます。

特にデメリットになるのは時間の制約、そして、せっかく通信費を節約したのに余計なサービスに加入して、節約分がなくなってしまうことです。
「たった月額500円」も2年縛りだと12,000円の出費になることを念頭に置いて契約しましょう。

  • 有料コンテンツに加入したが金額がかさむ
  • 何時間も待たされて、契約の手間がかかる
  • 頭金や事務手数料がかかる
  • キャッシュバックやポイントバックが無い

乗り換え(MNP)も機種変更もで損しないようにするにはauオンラインショップから申し込むのがオススメです。
もしauへの乗り換えがお得なのか不安になるなら、お得ケータイ.netにも問い合わせしておきましょう。他社MNPの相場観が確認できます。

auオンラインショップでは好きな機種を選択し、カートに入れるだけで料金などを確認することができます。

24時間いつでも在庫が確認できる

auは通信形式の違いから、au専用端末を市場で見つけることが難しいので店舗かオンラインショップの2択になりがちです。

最新iPhoneのような最新機種を手に入れるためには、事前に在庫を確認しておく必要があります。特に色や容量にこだわるならなおさらです。

しかし、在庫を店舗に問い合わせるのは大変です。しかも営業時間内に。このような時は「au公式オンラインショップ(link)」を利用しましょう。

auオンラインショップを見れば営業時間にとらわれることなく、24時間いつでも都合の良いタイミングで在庫を確認できます。

仕事や学校が忙しい方はもちろんですが、ショップが遠くてなかなか足を運ぶことができないという方にもauオンラインショップがお勧めです。

店頭での待ち時間がない

週末は平日に比較するとお客さんの人数も大変多く、「来店予約」が取りにくく、待ち時間も長くなる傾向があります。

特にスマホデビューが多い春先は混み合う傾向にあります。

その点、オンラインショップなら、いつでも待ち時間なく短時間で手続きを終了することができます。

予約してから入荷までが早い

最新の機種のように品薄になりがちな機種ではオンラインショップの方が確実に手にはいります。

なぜなら、オンラインショップは店舗ごとの区分けで在庫を争うのではなく、オンラインショップという日本全国をカバーする在庫を共有するからです。

対して、全国にある携帯電話ショップの方は店舗あたりの確保可能な在庫が限定されます。

場合によっては1度の入荷台数が数台なんてこともあり、このようなショップで予約をしたとしても自分の番まで回ってくるまでには相当な時間がかかることも珍しくはありません。

新機種を一刻も早く手にしたいという方にもオンラインショップはお勧めです。

iPhone端末を取りに行く必要がない

オンラインショップの場合、注文した商品は自宅まで宅配で届けられますのでiPhone7を取りに行く必要がありません。

また、予約商品の場合には、初期の在庫に当たった場合には発売日当日に到着するように発送されるため、いち早く受け取ることができます。

ショップに足を運ぶ時間が確保できないという方や、予約商品を発売日当日に受け取りたいという方にもオンライショップはお勧めとなります。

日本全国、どこでも送料無料で受け取ることが出来る

オンラインショップでスマホを注文する場合、日本全国送料が無料になります。また代金引換も手数料無料です。

auオンラインショップ モバイル機器は日本全国無料

auの料金システムを理解しましょう

アップグレードプログラムEX

端末の本体料金を48回払いに分割し、1ヶ月の負担を減らした上で25ヶ月目以降の支払いを「auで機種変更した時に限り」免除されるプログラムです。

このプログラムを使う場合390円/月のプログラム料金がかかります。

この契約はとてもお得に見えますが、非常に重要なことが3つあります。

  • 2年後にauで機種変更すること。
  • その時、再びアップグレードプログラムEXかアップグレードプログラムEX(a)に加入すること。
  • 対象の旧機種は返却すること。

つまり、基本的にはauから抜けるのが難しくなります。

しかしながら、この方式はドコモ、ソフトバンクでも似たようなシステムなので、機種の割引=継続することへのメリット提示だと思ってください。

機種を返却するのも、その機種を再利用できるからであって、auが半額負担で大損しているわけではないです。

それらの機種は2年後に格安SIMのmineoやBiglobeでリフレッシュ品として再販可能だからこそ、破格の価格が提示できるのです。

アップグレードプログラムEX(a)

端末の本体料金を24回払いに分割し、1ヶ月の負担を減らした上で13ヶ月目以降の支払いをを「auで機種変更した時に限り」免除されるプログラムです。

このプログラムは5/31まで無料で利用できます。

この契約も厳しい条件がつきます。

  • 1年後にauで機種変更すること。
  • その時、再びアップグレードプログラムEXかアップグレードプログラムEX(a)に加入すること。
  • 対象の旧機種は返却すること

2年契約(誰でも割)

2年契約をすることで月額1,500円の割引ができるシステムです。

この割引を使わないと、auのメリットがほとんど無くなります。上にも書いたようにauは最新のiPhoneを最安値の通信費用で使えることがメリットなので、2年契約しないならauはオススメしません。

auピタットプラン(シンプル)

auピタットプランは5GBまでの毎月の料金が変動するシステムです。パケットを使わない時は最安値に、パケットを5GBまで使うと、それに合わせたり料金がかかります。

毎月の変動なので節約したいなら意図的パケットを抑えることができますし、急な利用でも必要分だけが課金されます。

月額料金を最安値で抑えたいならこのプランです。

(シンプル)は電話は無料分がなく話した分だけ料金がかかります。Line電話などはパケット利用となりますので(シンプル)で十分です。

本当に電話を頻繁に使う人に向いてません。

auピタットプラン(スーパーカケホ)

auピタットプランは5GBまでの毎月の料金が変動するシステムです。パケットを使わない時は最安値に、パケットを5GBまで使うと、それに合わせたり料金がかかります。

毎月の変動なので節約したいなら意図的パケットを抑えることができますし、急な利用でも必要分だけが課金されます。

(スーパーカケホ)は5分以内の電話は無料です。連絡などで電話を頻繁に使う人に向いています。

ただし基本料金が500円上乗せされます。究極節約目指したい場合は向いていません。

auピタットプラン(カケホ)

auピタットプランは5GBまでの毎月の料金が変動するシステムです。パケットを使わない時は最安値に、パケットを5GBまで使うと、それに合わせたり料金がかかります。

毎月の変動なので節約したいなら意図的パケットを抑えることができますし、急な利用でも必要分だけが課金されます。

(カケホ)は国内の電話は全て無料です。長電話が好きな人にはこのプランですが、1,500円上乗せされます。

電話を控えてSNSにするなど工夫し、その費用をパケット代に当てた方が良いと思います。

auフラットプラン

auフラットプランはパケット定額制のサービスです。パケット利用が5GB/月を頻繁に越えるようなら、auフラットプランの方が得になります。

auピタットプラン(シンプル)5GB~20GB利用が6,480円
auフラットプラン(シンプル)5GB~20GB利用が6,000円

ただ、当然ながら固定で使う月も、使わない月も同じ料金がかかります。

20GBだと最高品質の映画をWi-fiなし、回線だけで20時間分くらい見られる容量です。(1時間の目安が1GB前後。)

これは、かなりのヘビーユーザーでWi-fi環境がある場所で接続できないような方以外には、向いていないプランかもしれません。

ビッグニュースキャンペーン

1年間に限り1,000円/月割引されます。

1年で12,000円の割引となるのでとてもお得です。auのコストメリットを実感できる要素の1つです。

自動で割り当てられます。受付は2018/5/31(木)契約分まで。他社への対策のような即効性のある割引です。

ピタット学割

機種変更(購入)または新規契約(他社からお乗りかえ含む)と同時に「auピタットプラン」に加入した、25歳以下のユーザーに適用される割引です。

月額500円の割引があります。ただし、こちらも1年間です。2年目からは通常料金となりますので2年分を計算して考えましょう。

au au学割
iPhone8+通信5GB 2年間 214,096円 207,616円

フラット学割

機種変更(購入)または新規契約(他社からお乗りかえ含む)と同時に「auフラットプラン」に加入した、25歳以下のユーザーに適用される割引です。

3,980円/月〜で20GBのパケットが利用できます。ですが1年限定の上、かなり複雑な料金テーブルとなりますので、2年目以降の月額料金も計算して入ることをオススメします。

auはパケットを節約できる人には最適

格安SIMと違い、満足いく速度で利用できる上に通信料も抑えられるので最新機種を使いたい人にはコスパの高いキャリアです。

端末価格だけ見ると一番高く見えますが、料金プランと合わせて2年間、4年間で考えると3大キャリアの中では一番安いのが特徴になります。

特に3~5GB(一人利用)はソフトバンクもドコモも苦手なパッケージとなりますので、auが一番輝く価格帯とも言えるでしょう。

ぜひ検討してみてくださいませ。

auピタットプラン

料金プラン ~1GB ~2GB ~3GB ~5GB ~20GB
auピタットプラン(スーパーカケホ) 3,480円 4,480円 5,480円 6,480円 7,480円
auピタットプラン(カケホ) 4,480円 5,480円 6,480円 7,480円 8,480円
auピタットプラン(シンプル) 2,980円 3,980円 4,980円 5,980円 6,980円

割引適用例|auピタットプラン(スーパーカケホ)

料金プラン ~1GB ~2GB ~3GB ~5GB ~20GB
auピタットプラン(スーパーカケホ) 4,480円 5,480円 6,480円 7,480円 8,480円
2年割引
-1,000円
ビッグニュースキャンペーン(初年度のみ)
-1,000円
割引後価格(初年度のみ) 2,480円 3,480円 4,480円 5,480円 6,480円

auフラットプラン

料金プラン 20GB 30GB
auピタットプラン(スーパーカケホ) 8,000円 10,000円
auピタットプラン(カケホ) 9,000円 11,000円
auピタットプラン(シンプル) 7,500円 9,500円

割引適用例|auピタットプラン(スーパーカケホ)

料金プラン 20GB 30GB
auピタットプラン(スーパーカケホ) 8,000円 10,000円
2年割引
-1,000円
ビッグニュースキャンペーン(初年度のみ)
-1,000円
割引後価格(初年度のみ) 6,000円 8,000円

補足:乗り換えるなら比較したいサイト

サイト名 MNP先 推定割引 評判・評価
おとくケータイ ソフトバンク ★★★☆☆ ★★★★☆
スマホ乗り換え.com ソフトバンク ★★★☆☆ ★★★★☆
SMARTPHONE STORE ソフトバンク ★★★★☆ ★★★☆☆
おトクのりかえドットコム ソフトバンク ★★☆☆☆ ★★☆☆☆
ドコモオンラインショップ ドコモ ★☆☆☆☆ ★★★★★
auオンラインショップ au ★☆☆☆☆ ★★★★★
ソフトバンクオンラインショップ ソフトバンク ★☆☆☆☆ ★★★★★

補足:転出転入費用

名目 ドコモオンラインショップ au ソフトバンク
転出料 2,000 2,000 3,000
事務手数料 0 3,000 3,000
違約金 9,500 9,500 9,500

最新iPhone情報に関連する記事

(噂)2018年モデルの新型iPhoneの発売日はいつ?最新情報まとめ

Pocket