読了時間:約 2

関西電力系企業「株式会社ケイ・オプティコム」が運営する格安SIMサービスである「mineo」ですが、2014年6月のサービス開始当初ではau回線を利用する唯一の格安SIMとして、注目を集めました。

2015年9月からはドコモ回線を利用したDプランが新設され、さらに2018年9月からはソフトバンク回線を利用したSプランも新たに新設されました。

今ではau・ドコモ・ソフトバンク、大手全キャリアの回線を選択する事が可能なトリプルキャリアサービスを展開している格安SIM事業者となっています。

今回はそんなトリプルキャリア対応の格安SIMを好みに合わせて選択する事を可能とした、mineoの料金プラン・サービス内容を詳しく紹介していきます。

トップ画像引用元:プラン/データ容量|サービス紹介|mineo(マイネオ)

mineoのおすすめ料金プラン

画像引用元:プラン/データ容量|サービス紹介|mineo(マイネオ)

「mineo」で利用できる料金プランはDプラン・Aプラン共に、500MB・1GB・3GB・6GB・10GB・20GB・30GBの7種類のプランが用意されています。どの料金プランでも大手キャリアと比較してもとても割安で利用が可能となっている非常にお得な料金設定といえます。

お得な料金プランが用意された「mineo」が提供する料金プランの中でも、最もお得といえる料金プランは3GBプランとなります。

その中でもAプランの場合では月額料金はシングルタイプが月額900円、音声通話も利用可能なデュアルタイプが月額1,510円となり大変リーズナブルなのが分かります。

また、「mineo」のAプランの最大の特徴はSMS料金が無料となる事にあります。

最近の格安SIMキャリアの3GBプランというのは、各社がこぞって数十円単位で料金設定を争っている激戦料金区間ともいえる様な様相を見せています。

各社が凌ぎを削る中「mineo」ではSMSの料金が無料というだけで、「mineo」のAプランのシングルタイプ3GBが業界最安値に躍り出ています。

さらに「mineo」でおすすめのAプラン3GBデュアルタイプの場合では無料通話10分間のオプションをつけたとしても、月額2,360円というリーズナブルな料金設定で利用する事が可能となっています。

mineoの3GBプランの料金設定と注意点

「mineo」の3GBプランではdocomo回線を利用したDプランのシングルタイプでは月額900円、SMS付きで1,020円、音声通話が利用できるデュアルタイプでは月額1,600円で利用が可能です。

対して、au回線を利用したAプランではシングルタイプで月額900円、SMS付きも同額となる月額900円、デュアルタイプでは1,510円となりその料金の安さに目を引きます。

「mineo」の料金体系では3GBプランから使えるデータ通信量が一気に増え、かなり使いやすい料金プランともなっています。

データ通信プランと比べても100円の差で1GBプランの3倍、200円の差で500MBプランの6倍のデータ通信量が利用可能となっており、1GB当たりのコストパフォーマンスもかなり良くなっているのも分かります。

また、利用可能なデータ通信容量もデータ繰り越しサービス、フリータンクを利用した場合には、月に5.6GBまで増量する事も可能です。

以上の事からも、5.6GBまでデータ通信容量が増やせる融通の効く3GBプランは「mineo」で1番人気の料金プランとなっています。

3GBプランの注意点

mineoでおすすめの3GBプランの注意点としては、日常での普段使い程度であればこれといって気をつける様な注意点も特別ありません。

ユーザー自身が毎月どのくらいのデータ使用量なのか把握している様な場合には特に利用しやすい料金プランとなります。

使えるデータ通信容量も最大で5.6GBまで増量する事も可能ですし、何よりAプランのみに適用されている、3日間のデータ通信上限もそれほど気にする程ではありません。

料金プラン全体を見ても「mineo」の3GBプランはDプラン・Aプラン共に、高次元でバランスが取れている料金プランだといえます。

無料通話オプションの料金と通話料の節約方法

「mineo」では音声通話をよく利用するユーザーに向けたお得な無料通話オプションも用意されています。

「mineo」で利用可能な、無料通話オプションは「10分間かけ放題」オプションとなります。

「10分間かけ放題」オプションとは、2017年からサービスが開始された、他の格安SIMでもお馴染みの無料通話オプションと同様のオプションサービスとなります。

「mineo」で利用できる「10分間かけ放題」オプションは月額850円となっており、1度の通話で10分間を超過した部分については10円/30秒で通話を継続する事も可能です。

「mineo」の無料通話オプションである「10分間かけ放題」オプションで1度の通話が10分間を過ぎた場合の通話料金も通常の半額となる為、それを含めたとしてもお得な料金設定となります。

「10分間かけ放題」オプションでは1ヶ月の通話時間が43分を超える様なユーザーの場合には特にお得となる料金設定ともなっています。

「10分間かけ放題」オプションは850円の月額料金で利用が可能ですが、「mineo」の月額料金を考えると、その1/3を占める大きな支払いともなります。

その為、「10分間かけ放題」オプションの利用を検討するユーザーは、自身の1ヶ月の通話時間を把握してからオプションに加入する事をおすすめします。

通話料金の節約

「mineo」では「10分間かけ放題」オプションを利用する事によって、月額料金850円を追加で支払うだけで通話料金をお得に節約が可能だという事が分かりました。

しかしながら、いくらお得なオプションサービスとはいえ1ヶ月に43分以上の通話を行うユーザーでなければそのお得な恩恵を受けにくくなっておりますので、月の通話時間が43分未満のユーザーの場合には他の通話料金の節約方法を考慮する必要が出てきます。

そんな通話のライトユーザーにおすすめなのが、「楽天でんわ」・「LaLaCall」となります。

「楽天でんわ」とは、キャリアを問わず利用が可能な通話料金が半額になるサービスとなっており、通常20円/30秒の通話料金を半額の10円/30秒で利用が可能です。

「楽天でんわ」では月額料金は無料で、通話を行った場合に限り料金が発生する仕組みを採用しています。1ヶ月の通話時間が少ないユーザーは絶対に利用して損はない通話料金の節約サービスとなっています。

もう一つおすすめしたいのが、IP電話サービスの「LaLaCall」です。

IP電話サービスとは通常の音声通話回線を使用する事なく、データ通信回線を利用した通話サービスの総称です。

「LaLaCall」の基本料金は月額100円で、携帯電話へは9円/30秒、一般固定回線への通話は8円/3分という格安で通話が可能となっています。

また、「LaLaCall」はmineoと提携しているサービスですのでmineoのユーザーは毎月100円分の無料通話がついてきますので、更にお得に利用可能です。よって、携帯電話へは10分程度、固定回線への通話はおおよそ36分の通話が無料で利用可能となっています。

「LaLaCall」の利用はシングルタイププランでも利用する事が可能で、登録時に050から始まる新しい電話番号が付与されます。

また、データ通信のみを利用可能なシングルタイプはデュアルタイプよりも、月額料金が500円以上も安くなっていますので、シングルタイプで「LaLaCall」を利用するという方法が月額料金的に見た場合にもお得度はナンバー1となります。

「LaLaCall」は通話料金がお得になる一方で、特にデュアルタイププランにおいては音声通話回線についてくる電話番号と「LaLaCall」から付与されるIP電話番号の2つの番号を管理する必要があり、その面では少々難儀といえます。

それでも、デュアルタイプの利用を検討されているユーザーは固定回線との通話を頻繁に行う様な場合には、絶対的に「LaLaCall」の方がお得となりますので要チェックです。

「楽天でんわ」・「LaLaCall」の使用では専用のアプリが利用可能です。

キャリア公式オンラインショップなら頭金0円で在庫も充実しているので断然お得!
1 2