キャリア公式オンラインショップなら頭金0円で在庫も充実しているので断然お得!
読了時間:約 3

CMや広告で見かける機会が増えている格安SIM・mineo(マイネオ)は、当初UQモバイルと並んでau回線のMVNO(格安SIM)として登場しました。

繰り越したパケットをユーザー間で分けあえるパケットシェアなど、独自の機能がユーザーに支持され、新たにドコモ回線・ソフトバンク回線にも対応したことで、近年使い勝手がさらに向上しています。

本記事では、mineoから購入できる2019年度最新の人気機種を紹介します。キャリアとも十分張り合えるラインナップとなっていますので、mineoが気になっている方はチェックしてみてください。

トップ画像引用元:mineoが選ばれる7つの理由 |mineo(マイネオ)

【2019年版】mineoおすすめスマホはこの機種!


早速mineoが取り扱っている機種のなかから「2019年度版おすすめ機種」を見ていきましょう。

Apple(アップル)iPhone 8/8 Plus


画像引用元:iPhone 8またはiPhone 8 Plusを購入する – Apple(日本)

格安SIMではiPhoneの取り扱いが少ないイメージがありますが、格安SIMのシェア率の上昇とともにiPhoneのラインナップも充実してきています。

Apple StoreではSIMフリー版iPhoneが販売されていますので、これまでも格安SIMでの運用が可能でしたが、契約する格安SIMとセットで購入した方が手間もかからず簡単です。

mineoは当初iPhone 6sのみの取り扱いでしたが、現在はウェブ限定販売でiPhone 8/iPhone 8 Plus、iPhone 7/iPhone 7 Plus、iPhone 6sを購入できます

ただし、購入するタイミングによっては在庫が切れている時期もありますので、出来るだけ早く手に入れましょう。2019年1月時点では、iPhone 7/iPhone 7 Plusが在庫切れで、iPhone 8/8 Plus、iPhone 6sは購入することができます。

iPhone 8/8 Plusのスペック

iPhone 8 iPhone 8 Plus
発売日 2017年9月22日
サイズ(高さ×幅×厚さ) 138.4 × 67.3 × 7.3 mm 158.4 × 78.1 × 7.5 mm
重さ 148g 202g
ディスプレイ 4.7インチ Retina HDディスプレイ
(液晶)
5.5インチ Retina HDディスプレイ
(液晶)
解像度 1,334 × 750 1,920 × 1,080
OS iOS 12
SoC(CPU) A11 Bionicチップ
メモリ(RAM) 2GB(非公式) 3GB(非公式)
ストレージ(ROM) 64GB / 256GB
外部メモリ ×
バッテリー 1,821mAh(非公式) 2,691mAh(非公式)
連続通話時間 最大14時間 最大21時間
アウトカメラ 約1,200万画素 / F値1.8
光学式手ぶれ補正
デジタルズーム(5倍)
約1,200万画素 / F値1.8(広角)
約1,200万画素 / F値2.8(望遠)
光学式手ぶれ補正
光学ズーム(2倍)、デジタルズーム(10倍)
ポートレートモード
インカメラ 約700万画素 / F値2.2
Bluetooth Bluetooth 5.0
生体認証 Touch ID(指紋認証)
おサイフケータイ Apple Pay対応
ワイヤレス充電(Qi)
防水・防塵 IP67
接続端子 Lightningコネクタ
カラー シルバー、スペースグレイ、ゴールド
SIMカード種別 ドコモ:nanoSIM
au:au VoLTE対応SIM(nano)
ソフトバンク:nanoSIM
価格(税抜き) 64GB:67,800円(2,825円 / 月)
256GB:85,200円(3,550円 / 月)
64GB:79,200円(3,300円 / 月)
256GB:96,000円(4,000円 / 月)

前年の機種ながら2018年も売れ続けた名機


iPhone 8/8 Plusは2017年に発売されたモデルですが、2018年も年間通して売れ続けた人気の機種です。実売データ集計したBCNランキングでは常にランクインし続け、2018年の累計販売台数もトップに輝きました。

昨年モデルのiPhoneは値下げされて購入のハードルが下がるのもありますが、やはり機種としての完成度の高さも人気の理由でしょう。

mineoでもネット販売限定ですが、64GBモデルであれば67,800円(2,825円 / 月)で購入可能で、SIMカードもドコモ、au、ソフトバンクそれぞれに対応しています。

いずれの国内SIMフリー版で、保証を付けたい方はmineoで購入した後にApple Storeで「AppleCare+」に申し込むこともできますので、安心して使用可能です。

iPhoneならではの使い勝手の良さ

SoCのA11 Bionicチップは、処理性能に優れたチップセット。Androidに比べるとメモリが少なく見えますが、iPhoneはメモリ効率が良いことが知られており、あらゆる処理で軽快に動作します。

各メディアで公開されているGeekbenchやAntutuといった定番のベンチマークアプリの結果を見ても、Android最新のSnapdragon 845には及ばないものの、Snapdragon 835よりは高い数値を記録しています。

また、iPhone 8/8 PlusであればApple Pay、ワイヤレス充電といった機能も備わっていますので、格安SIMが取り扱っている機種のなかでも、使い勝手の良さはトップクラスといえます。

SHARP(シャープ)AQUOS sense2


画像引用元:AQUOS sense2 スペシャルサイト|スマートフォンAQUOS:シャープ

AQUOS sense2は2018年秋冬モデルとしてドコモやauからも発売されたSHARP(シャープ製)のAndroid。mineoからも2019年1月25日より発売されました。

前モデルのAQUOS senseは、ドコモからdocomo with対象機種としてリリースされたこともあり、ヒットを記録した機種で、2017年にシャープが国内出荷台数シェア率でアップルに次ぐ2位に輝いた要因のひとつとなりました。

そんなAQUOS senseのSIMフリーモデルとして、AQUOS sense liteがmineoからも販売されていますので、今回発売となったAQUOS sense2は実質AQUOS sense liteの後継機にあたります。

AQUOS sense2のスペック

AQUOS sense2
発売日 2019年1月25日(mineo)
サイズ(高さ×幅×厚さ) 約148 × 71 × 8.4 mm
重さ 約155g
ディスプレイ 約5.5インチ IGZOディスプレイ(液晶)
解像度 2,160 × 1,080(FHD+)
OS Android 8.1
SoC(CPU) Snapdragon 450
メモリ(RAM) 3GB
ストレージ(ROM) 32GB
外部メモリ microSDXC(最大512GB)
バッテリー 2,700mAh
連続待受時間 LTE:約620時間
アウトカメラ 約1,200万画素 / F値2.0
インカメラ 約800万画素 / F値2.2
Bluetooth Bluetooth 4.2
生体認証 顔認証 / 指紋認証
おサイフケータイ
ワイヤレス充電(Qi) ×
防水・防塵 IP68
接続端子 USB Type-C / イヤホンマイク端子
カラー ホワイトシルバー、ニュアンスブラック、アッシュイエロー、アーバンブルー、ターコイズグリーン(mineo限定カラー)
SIMカード種別 ドコモ:nanoSIM
au:au VoLTE対応SIM(nano)
ソフトバンク:nanoSIM
価格(税抜き) 33,000円(1,375円 / 月)

国内メーカー製の使いやすい機種


格安SIMから販売されているスマホはコスパの良い海外メーカー製が主流ですが、AQUOS sense2はシャープ製ですので、数少ない国内製スマホ

価格を抑えたローエンドモデルではありますが、おサイフケータイや防水防塵など、日本国内で需要が高い機能が備わっていますので、誰でも使いやすい1台となっています。

前モデルのAQUOS sense(lite)と比較すると、SoCはSnapdragon 450にグレードアップ。メモリの3GB、ストレージの32GBは共通ですが、前モデルよりも約20%も処理性能が向上しました。

テレビメーカーでもあるシャープのIGZO液晶

AQUOS(アクオス)といえばテレビのブランドとしても有名ですが、そんなシャープが手掛けたフルHD+のIGZO液晶も本機の売りのひとつです。


1 2