読了時間:約 2

格安SIMは料金プランの節約になると思い大手キャリアから乗り換えるユーザーも少なくありません。

しかし、意外と通話料自体は高くなっておりますので、電話を頻繁にかけるユーザーにとっては乗り換えに踏み切れないというケースも少なからずあるようです。

大手キャリアでは、通話定額プランが用意されているので電話料金を気にせずに通話をしていたというユーザーも、格安SIMでは20円/30秒の通話料金がかかってきます。

そこで基本料金を抑えてなおかつ通話もしたいというユーザーの要望に応えるために、mineo(マイネオ)でも新オプション「10分かけ放題」が用意されるようになりました

今回は、mineo(マイネオ)の新オプション「10分かけ放題」は本当にお得なのか?という事にフォーカスして、メリット・デメリット・注意点を中心にどのくらい安くなるのかを紹介していきます。

トップ画像引用元:mineoでんわサービス|サービス紹介|mineo(マイネオ)

mineo(マイネオ)の10分かけ放題とは

画像引用元:mineoでんわサービス|サービス紹介|mineo(マイネオ)

mineo(マイネオ)で提供されているサービス「10分かけ放題」とは、月額850円を支払うことで10分以内の通話であれば何度電話をかけても通話料がかからないといったオプションになります。

長電話をする場合にはLINE・Skypeなどを利用して、無料で通話を利用するというユーザーも増えてきています。しかし中には仕事場の上司などに電話をかけたり、飲み会の予約で電話を使ったりと、電話を使う機会も少なくありません。

通常の電話料金は20円/30秒となり、10分間の通話では200円もの通話料がかかってしまいますので、通話をしたくても躊躇してしまうといったユーザーも多いはず。

そんな時でも「10分かけ放題」に加入していれば、電話をかけなければいけないようなシーンでも通話料を気にせず目一杯電話が可能となります。

10分じゃ短いんじゃないかと思われがちですが、ある調査では一般の通話の内ほとんどの要件は10分以内の通話で済んでしまうという報告もされています。

mineoの10分かけ放題オプションの要点

  • mineoの「10分かけ放題」は、月額850円で10分以内の通話であれば何度電話をしても通話料がかからない。
  • 元々5分かけ放題だったオプションプランが、無料通話時間の延長がされ10分になったが、月額料金は変わらず据え置きの月額850円。

mineoの「10分かけ放題」のメリット

一度の通話時間が短時間で通話を頻繁にかける際には、大変お得となる「10分かけ放題」ですが、月額850円となりますので、それだけの価値があるかどうかが気になるところでもあります。ここでは、「10分かけ放題」のメリットについて詳しく解説していきます。

10分以内の通話なら無制限に利用可能

mineoの「10分かけ放題」では、10分以内の通話であれば何度かけても、月額850円のみで利用が可能となります。

例えば、旅行の宿がなかなか取れない場合など、電話で何件も問い合わせをしただけでも、1回の電話が10分以内だとしても、通常の電話料金であればそれだけでも1,000円〜2,000円の通話料になってしまいます。

こんな事が続いた場合にはせっかく格安SIMに乗り換えても、通話料がかかってしまい基本料金を安く抑える事も出来ません。また、特定の友人などと電話をする場合には、10分以内無料という事を上手く利用する事が可能です。

一度電話をかけてもう少し話を長くしたいという時には、電話を一度切ってもう一度掛け直す事で、再び10分間は無料で通話が可能となります。

連続しての長電話は出来ませんが、短い通話を頻繁にするユーザーにとっては相当な通話料の節約が出来るのは間違いありません。

10分を超過した分の通話料は通常の半額

「10分かけ放題」で10分以上の通話を続けた場合には、超えた部分の通話に関しては通話料が半額の10円/30秒で利用が可能なのもこのオプションのメリットとなっています。

例えば上司や仕事の電話で取引先に電話をする場合に「一度かけ直しても良いですか?」という事がまかり通らない事もありますし、思わずして10分を超えてしまうと行った事も少なくありません。

そんな場合にもmineoの「10分かけ放題」であれば、10分以上通話が長引いたとしても、通常よりもお得に通話が可能ですので安心して利用が可能となっています。

電話番号も変わらない

mineoの「10分かけ放題」は、通常の通話ではなく、mineoの専用の「mineoでんわアプリ」から通話をする形で通話料を安くするオプションです。

また通話料を安くするアプリの中には、mineoの「LaLaCall(ララコール)」のように電話番号の頭が「050」になるものもありますが、mineoの「10分かけ放題」で利用するアプリの場合には通常の通話同様090・080の電話番号からかける事が可能となっています。

これは電話料金を安くする為に専用のアプリからかける場合に、別の電話番号を相手先に登録をお願いする必要もなく、相手に負担を全くかけずに通話料を節約する事が可能となりますので、意外と理にかなっています。

mineoの10分かけ放題のメリットの要点

  • mineoの「10分かけ放題」のメリットは、10分以内なら無制限に電話がかけられる・電話番号は通常の電話と同じ番号・10分以降の通話料金も通常の半額とお得
  • 短い電話を頻繁にするユーザーも、長電話を時々してしまうユーザーもお得

mineoの「10分かけ放題」のデメリットと注意点


短時間の通話を頻繁にするユーザーは大変お得となる「10分かけ放題」ですが、当然メリットもあれば、デメリットもあります。

「10分かけ放題」に加入したものの思わぬトラブルに見舞われないように、デメリットや気になる注意点についても把握しておく事がとても重要となります。

電話をしない月も最低でも月額850円はかかる

「10分かけ放題」は、10分以内の通話であればどれだけかけても月額850円ではありますが、逆手に取ると全く電話をしない月でも月額850円の維持費がかかってしまうともいえます。

通話料金を抑える為に「10分かけ放題」に加入したはずが、実際には短い通話が月に2・3回程度であればオプションに加入しない方が逆に安くはなります。

短い通話を無制限にかけられるというメリットはありますが、月により通話しなかったりする事が多いユーザーの場合には、「10分かけ放題」に加入した事により必ず通話料の節約が可能という訳ではありませんので注意が必要です。

データSIMでは加入出来ない

月額料金を抑えて、同時に通話料金も安くしようとしてデータSIMで契約をし「10分かけ放題」に加入しようとしても、「10分かけ放題」は音声SIMでしか加入が出来ません。

「10分かけ放題」は専用アプリから通話をしますが、そもそも通話が出来ないデータSIMでは利用する事は出来ない仕様となっています。「10分かけ放題」を利用する場合には、必ず契約するプランは音声SIMを選ぶ必要がありますので注意が必要です。

フリーダイヤル・110・119には発信不可能

「10分かけ放題」では、下記のような番号には利用が出来ません。

  • 0120から始まるフリーダイヤル
  • 0570から始まるナビダイヤル
  • 110番119番などの緊急番号

以上のような番号へmineoでんわアプリでは発信そのものが出来ない仕様となっています。

該当する電話番号へかける場合には、通常の通話でかける必要があります。

プレフィックス方式となり音質の劣化の可能性もある

1 2