Pocket

読了時間:約 2

mimeo(マイネオ)は関西電力グループの(株)ケイ・オプティコムが提供している格安スマホです。大手キャリアの半額以下の月額使用料でスマホを利用できるほか、他の格安SIMにはないおトクなパケットサービスなどユニークなプログラムがあります。ここからはmineoにMNPするメリットと手順について、詳しくみてゆきましょう。

mineo(マイネオ)へMNPするメリット

mineoは、格安SIMのなかでは比較的通信速度が早く、回線はドコモとauの両方に対応しています。

そのうえ通話機能付きSIMでも違約金なしに解約できたり、他の格安SIMにはないユニークなサービスもあったりすることで、人気が高まっているのです。

安さが魅力のmineo


mineoをはじめ格安SIMの優位性は、なんといっても月額使用料の安さにあります。キャリアでスマホを持とうとすれば、安いプランを選んでも毎月6,000円以上の費用が必要ですが、格安SIMなら半額以下の料金ですむのです。

しかし格安SIMの場合、通常のプランでは通話料金が従量課金となり30秒毎に20円が掛かってしまいます。電話をよく利用する方にとっては、せっかく格安SIMにMNPして月額使用料を抑えてもおトクに感じられません。

ところがmineoなら10分かけ放題つきでも月額使用料は2,450円からと、電話をよく利用する方にとっても大変おトクな料金設定となっています。

mineoのおトクな電話プラン


キャリアから格安SIMにMNPするなら、デュアルタイプ(音声通話対応SIM)で音声通話を利用することになります。

安さが魅力の格安SIMですが、キャリアのような定額制の完全かけ放題プランはありません。そのため、電話をよく利用する方にとっては電話代が嵩んでしまうという問題が起きるのです。

そこでおすすめしたいのが、mineoの専用アプリ「mineoでんわ」。mineoでんわを利用すれば、通常20円/30秒(税抜き)の国内通話が10円/30秒(税込み)と53%OFFになります。

mineoでんわから発信すれば10分以内の国内通話がいつでも誰とでも何度でもかけ放題となるプランがあります。月額850円(税抜き)で利用できる、短い通話をひんぱんに掛けるという方にぴったりなプランです。通話時間が10分を超えた後は、30秒ごとに10円となります。

通話時間がもっと長い方には、月額料金840円(税抜き)で最大30分定額通話ができる「通話定額30」と、月額料金1,680円(税抜き)で最大60分定額通話ができる「通話定額60」があります。それぞれの時間を超えて利用した場合は、30秒ごとに20円で通話できます。

ドコモ・auどちらの回線でもOK


格安SIMを提供しているMVNO(Mobile Virtual Network Operator)の多くは、ドコモかauの通信回線を借りて事業を行っています。

格安SIMを入れたスマホの左上に「docomo」と表示されていれば、その格安SIMはドコモの回線を使用している証拠です。au回線を使用していれば「au」と表示され、それぞれDプラン・Aプランと呼んでいます。

しかし、格安SIMではDプランのみの対応となっているところがほとんどで、auから格安SIMにMNPするとき、それまで使用していた端末をそのまま使い続けることができません。

ところがマルチキャリアのmineoならDプラン・Aプランの両方に対応しているので、auユーザーがMNPするときにも端末を買い換えずにすむのです。

DプランとAプランの両方に対応していることは、後述するパケットのシェアにおいてもメリットがあり、mineoの優位性を高めているポイントとなっています。

違約金なしでいつでも解約できる


格安SIMのデータ専用SIMは、違約金なしでいつでも解約できます。しかし音声通話対応SIMの場合、格安SIMでも1年程度の最低利用期間(縛り)があるところが多いのです。

けれども、mineoならデュアルタイプ(音声対応SIM)でも最低利用期間が設定されていません。つまりMNPではない通常の解約であれば、いつでも違約金なしでmineoを解約できるのです。

ただしmineoの利用開始から13ヶ月以内にMNPする場合には、MNP転出手数料として12,420円が必要となります。また、利用開始から13ヶ月目以降にMNPする場合には、2,160円のMNP転出料が発生します。

ユニークなパケット(データ容量)サービス

フリータンク

mineoだけのユニークなパケットサービスとして「フリータンク」が挙げられます。フリータンクはmineo利用者が共有できるパケット貯蔵庫で、mineoユーザー間のつながり・助け合いの場としてmineoから提供されているものです。

ここに使いきれなかったパケットをINしておいて、足りなくなったらOUTして使えるというパケットの助け合いシステムで、ログインまたはマイネ王メンバー登録(無料)、およびmineo月額サービスで契約中のeoIDとの連携を行えばフリータンクを利用することができます。使い方のルールは、

  • パケット残容量が1,000MB以下でないとOUTできない(累計OUT量より累計IN量が多い方は制限なし)
  • OUTできるのは毎月21日~月末日の1日前

となっています。フリータンクはあくまでも一時的にパケットが不足した場合にOUTするという使い方を想定したもので、毎月OUTしたり転売したりするような使い方はNGです。災害時には「災害支援タンク」が開放され、被災地のユーザーからとても喜ばれています。

なお、ご自分の累計OUT量と累計IN量は、マイネ王のマイページ下方の「フリータンクの履歴(累計)」で確認できます。

パケットギフト

一般的に余ったパケットのやり取りができる相手は家族のみなどの制限があるのですが、mineoでは余ったパケットをmineoユーザー同士で分け合える「パケットギフト」というサービスが用意されています。

自分のパケットを他のユーザーにあげたりもらったりできるサービスは、大手キャリアにも他の格安SIMにも見当たらず、mineoだけのオンリーワンサービスなのです。

パケットギフトで余ったパケットをやりとりできるのは、mineoユーザーであれば家族でなくても住所が違っても全く問題ありません。

また、mineo はDプラン(ドコモ)とAプラン(au回線)のどちらでも利用できますが、DプランからAプラン・AプランからDプランのどちらでもパケットギフトを利用できるのです。

ただし、同一のeoIDで契約している回線間ではパケットギフトを利用できません。mineoを契約するときにはケイ・オプティコムのeoIDを作成しますが、ひとつのeoIDで5回線のSIMを契約ができるため、家族で契約するときなど個別のIDを作らないケースもあります。

この場合にはパケットギフトを利用できないので、後述するパケットシェアを利用するか個別にeoIDを作成しておく必要があるのです。

パケットギフトはギフトコードでパケットをやり取りします。ギフトコードの有効期限は2日間となっていますが、有効期限が過ぎてしまったギフトコードは発行元に戻るので、パケットが無駄になってしまう心配はありません。

ギフトコードの発行方法は、以下のとおりです。

  1. マイページの下方にある「パケットギフト」をタップ
  2. ギフトする通信量を入力して「ギフト発行」をタップ
  3. 確認画面が表示されるので、内容を確認後「ギフト発行」をタップ
  4. 表示された「パケットギフトコード」をプレゼントしたい相手に教えればOK

パケットギフトを受け取るには、パケットギフト画面に教えてもらったギフトコードを入力して「ギフト受取」をタップするだけ完了します。

パケットシェア

パケットシェアは、当月中に使い切れなかったパケットを登録済みの最大5回線同士でシェアできるサービスです。

パケットをシェアできるサービスは、大手キャリアや他の格安SIMからも提供されていますが、mineoのパケットシェアではDプランとAプランで相互にシェアできるところが大きなメリットとなっています。別々に住んでいる家族や家族以外のmineoユーザーとの間でも、パケットのシェアが可能です。

また、先にご紹介したパケットギフトでは同一eoIDの回線間ではパケットのやり取りはできませんでしたが、パケットシェアではOKとなっています。

パケットシェアを利用するには、パケットシェアを行うメンバーを登録しなければなりません。登録方法は以下のとおりです。

  1. mineoのマイページへeoIDとパスワードを入力してログイン
  2. マイページの中ほどの「ご契約サービスの変更」をタップ
  3. プルダウンメニューから「パケットシェア変更」をタップ
  4. 申し込み画面が表示されたらシェアしたいメンバーの電話番号を入力
  5. 「次へ進む」をタップして入力内容を確認後、「申し込む」をタップ

申し込み完了後、各メンバーのmineo.jpアカウント宛に承認依頼メールが送信されます。メール到着後1週間以内に承認されないとキャンセル扱いとなるため、注意が必要です。

なお、パケットシェアは代表回線を含めて5回線まで登録できます。メンバーが5人未満のときに登録メンバーを追加するには、新規登録と同様の手続きを行いましょう。

mineo(マイネオ)にMNPする手順

ここまでmineoへMNPするメリットをご紹介してきました。それではいよいよmineoにMNPする手順を解説してゆきましょう。mineoにMNPする手順の流れは以下のとおりですので、順番にみてゆきましょう。

MNP予約番号をもらう


現在契約しているキャリアでMNP予約番号を発行しておきましょう。手続きは電話一本でOKですが、ドコモではネットでも対応しています。

なお、予約番号を発行しただけでは解約したことにならないため、現在使用中のスマホはそのまま継続して使えるのでご安心ください。

回線切替手続きが終了すれば今まで使っていたキャリアのスマホは使えなくなります。キャリアの契約は自動的に解約になるため、キャリアショップでの解約手続きは不要です。

回線切替手続きを行う

事前準備

mineoにMNPするために必要な「MNP予約番号」「クレジットカード(本人名義)」「本人確認書類」[eoID・パスワード]を準備しておきましょう。

mineoのカードが到着したらSIMカードの入れ替えをします。これまでキャリアで機種変更やMNPをしていた方のなかには、SIMカードをどうやって取り出せばよいのかわからないということもあるかもしれません。

けれどもmineoなら、SIMカードと一緒に送られてくる「mineoご利用ガイド」のなかで分かりやすく図解されているので大丈夫です。

電話番号を引き継ぐ(MNP設定)

スマホにSIMカードをセットしたら電源を切り、インターネットに接続したPCなどで電話番号を引き継ぐためのMNP設定を行います。手順は以下のとおりです。

  1. mineoのマイページにアクセスし、「eoID」「eoIDパスワード」でログイン
  2. 「登録情報の変更/サポート」の「MNP転入切替/回線切替手続き」を選択
  3. SIMカード台紙に記載された「ICCID/製造番号」の下4桁を入力し、「回線切替」をタップ
  4. mineoに登録したメールアドレス宛に「回線切替受付メール」が送信される

メール到着後、Aタイプで30分程度・Dタイプなら1時間程度で回線が切り替わります。

新しい端末の電源をONして通話料無料のテストコール「111」をダイヤルしてつながれば、切替手続は完了です。なおMNP受付時間は9:00~21:00(年中無休)なのでご注意ください。

ネットワークをつなぐ(APN設定)

MNP設定が完了したら、次はネットワーク設定を行いますが、mineo端末を利用するならネットワーク設定は不要です。

ここからの設定にはWi-Fiを利用できる環境が必要で、ios端末とAndroid・Windows端末では操作方法が異なります。それではそれぞれの端末でのAPN設定方法を解説しましょう。

【ios端末】

ios端末では最初にプロファイルのインストールが必要となり、手順は以下のとおりです。

①mineoスイッチを使う方法

mineoスイッチは、データ通信速度の切替やデータ残容量の確認ができるアプリで、これを使えば簡単にプロファイルのインストールが行えます

  1. App Storeからmineoスイッチをインストール
  2. 「eoID」「eoIDパスワード」でログイン
  3. 画面下部のメニュー内の「プロファイル」を選択
  4. Aタイプ・Dタイプのいずれかを選択
  5. iOS用プロファイルのインストール画面に移動したら「インストール」をタップ

②mineoのwebサイトからインストールする方法

  1. Safariからmineoのwebサイトにアクセス
  2. トップ画面上部のサポートタブをタップ
  3. 「初期設定と各種設定」→「初期設定」→「ネットワーク設定(ios端末)」に進む
  4. 「プロファイルをインストールする」からSIMカードに対応するQRコードを読み取る
  5. プロファイルのインストール画面が開くので「インストール」をタップ
  6. パスコードを入力後、警告画面を確認して「インストール」をタップ
  7. インストール完了画面が開くので「完了」をタップ

なお、他キャリアのSIMカードを使用する場合にはプロファイルの削除が必要となります。手順は以下のとおりです。

  1. iphonの「設定」から「一般」→「プロファイル」を開く
  2. 削除したいプロファイルを選び「プロファイルを削除」をタップ
  3. パスコードを入力後、確認画面から「削除」をタップ

【Android・Windows端末】

まず端末電源を入れます。「auへようこそ」の画面が表示された場合は、「次へ」をタップして画面を最後まで進めましょう。

引き続いて「auかんたん設定完了」と表示されたら「次回からこの機能を起動しない」にチェックを入れて「終了する」をタップします。続いての操作は以下のとおりです。

  1. ホーム画面の「アプリ一覧」から「設定」を選択
  2. 「Wi-Fi」をOFFにしてから「その他の設定」をタップ
  3. 「モバイルネットワーク」をタップ
  4. 「モバイルデータ通信」にチェックを入れて「高度な設定」をタップ
  5. CPA設定画面にある項目に入力し、「保存」をタップ
  6. 「CPA接続」または「設定を有効にする」にチェックして完了

入力する項目は端末によって異なるため、下記の表を参考にして入力してください。なお設定画面に「保存」ボタンがあれば、各項目の設定後「保存」をタップします。

表記例 入力項目
名前/・ネットワーク名 (設定が必要な場合)
任意の名前を入力
APN/APN設定 mineo.jp
ユーザーID/ユーザー名 mineo@k-opti.com
パスワード/password mineo
認証タイプ/PPP認証方式/PPP認証設定 CHAPを選択

au VoLTE対応SIMカードを利用したau端末でSIMロック解除した場合は、ネットワーク設定の前に以下の設定を行う必要があります。

  1. 端末の電源を切ってからmineoのカードを挿入
  2. 端末の電源を入れ、Wi-Fiに接続
  3. 設定から「端末情報」を選択し、「SIMカードの状態」をタップ
  4. 「SIMカードの状態を更新」をタップ
  5. 画面が変わったら「今すぐダウンロード」を選択
  6. 「再起動」画面が表示されるので「OK」をタップ
  7. 再起動後、「SIMカードの状態」画面のステータスが「許可」になっていれば完了

mineo(マイネオ)へMNPして格安SIMに乗り換えよう


数ある格安SIMのなかで、mineoの人気が高まっています。

mineoのブランドステートメントは「Fun with Fans!」ですが、格安SIMサービス調査「顧客総合満足度」「iPhone利用者シェア」で2年連続して第1位を獲得したり、「NPS」でも第1位に輝いたりしたことはその現れでしょう。

記事を参考にmineoにMNPして、あなたも格安SIMをはじめてみませんか?

Pocket