読了時間:約 1 minute

複数ある格安SIMキャリアの中でもおすすめなのがmineo(マイネオ)です。

mineo(マイネオ)は光回線のeo光ネットなどでお馴染みのケイ・オプティコムがサービス提供を行っています。

ここではmineo(マイネオ)を利用するメリットとMNPの手順について詳しく紹介します。これから格安SIMへMNPを検討されている方はぜひ参考にしてみてください。
画像引用元:https://mineo.jp/recommend/

mineo(マイネオ)のメリット

なぜmineo(マイネオ)がおすすめなのか、実は他の格安SIM会社にはなかなかない魅力的なポイントがあります。

mineo(マイネオ)を利用するメリットをいくつか紹介します。

mineo(マイネオ)のメリット
  • 大手3キャリアの端末がそのまま利用可能
  • mineo(マイネオ)ユーザーが余った通信料をシェアしあう独自システム「フリータンク」を使用すれば1ヶ月で最大1GBまで無料で追加可能
  • パケットをシェアしたり、家族や友人が贈りあうことができる
  • 豊富なプランで選択肢が多い
  • 最低利用期間なし解約金不要

大手3キャリアの端末がそのまま利用可能

mineo(マイネオ)ではドコモ・au・ソフトバンクの3キャリアで現在利用しているスマートフォンを、そのまま使用することが可能です。

ドコモのスマートフォンをそのまま使える格安SIM会社は多いですが、auやソフトンバンクのスマートフォンが使える格安SIM会社は少数です。

特にソフトバンクの場合だとほとんどありません。

mineo(マイネオ)でも少し前まではソフトバンクのスマートフォンを使用することはできませんでしたが、2018年9月4日から対応になりました。

もちろん3キャリアに対応しているとはいえ、販売されたスマートフォン全てに対応しているわけではありません。

念のためmineo(マイネオ)の公式サイトで確認しましょう。

データ通信量を気軽に貰えて分け合える

データ通信量が余ったり、使いすぎて通信制限がかかってしまったりと使い方に波のある方は必見です。

mineo(マイネオ)にはデータ通信量を有効に活用する方法があります。

余ったデータ量は繰り越せる

余ったデータ容量は翌月まで繰り越せます。ただし繰り越した翌月に利用されなければ、さらに2ヶ月目に繰り越すというわけではありません。

繰り越した分だけが消滅します。

例えば3GBプランを契約していて、前月から繰り越されてきた1GBと合計で今月は4GB利用できるものとします。

今月全く利用しなかった場合、繰り越してきた1GBだけ消滅し残りの3GBを翌月に繰り越すことになります。

また翌月も同じように繰り越してきた3GBと契約の3GBプランで合計6GB使えますが、余れば繰り越してきた3GBだけが消滅します。

データ容量が繰り返し余るようであればプランを見直す他、下記で紹介する様々なサービスでデータ容量を有効活用することができます。

フリータンク

もし契約しているデータプランの容量以上のデータ通信量を使ってしまうと速度制限がかかります。

高速通信のまま利用したい場合、他社だと必要な分のデータ容量を追加で購入することになります。

mineo(マイネオ)でももちろん追加購入は可能ですが、実は「フリータンク」というサービスを利用すると1ヶ月で最大1GBまで無料で追加可能です。

フリータンクとはmineo(マイネオ)ユーザーの方々の間で余ったデータ容量入れたり取り出したりできる共有貯蔵庫です。

利用にはマイネ王のメンバー登録とeoIDとの連携が必要です。

意外かもしれませんが余ったデータ容量を入れてくれるユーザーの方は多いようです。

もちろんご自身が余った際にはぜひ他の方にシェアする譲り合い精神を持って利用しましょう。

パケットギフト

余ったパケットをフリータンクの場合は相手を指定して贈ることができません。もし相手を指定して贈りたい場合は「パケットギフト」がおすすめです。

贈る相手は家族に限定されず友人に贈ることも可能です。もちろんmineo(マイネオ)ユーザーであることが条件です。一度に贈れるデータ容量は9,990MBまでです。

パケットシェア

「パケットシェア」は前月に余って繰り越したデータ容量を最大10回線までシェアできるサービスです。

パケットギフトの場合はその都度相手を指定しますが、パケットシェアはあらかじめ組まれたグループ内での共有です。

また、あくまでも前月に余って繰り越したデータ容量をシェアするため、ご自身が契約しているデータ容量の当月利用分は必ず確保されます。

豊富なプランで選択肢が多い

mineo(マイネオ)はドコモ・au・ソフトバンクの3キャリアで利用できることからプランの選択肢も多くなります。

まずは3キャリアごとにドコモ回線のDプラン、au回線のAプラン、ソフトバンク回線のSプランに分かれます。

さらにそれぞれのプランでデータ通信のみのシンプルタイプ、データ通信+音声通話のデュアルタイプで選択し、必要な通信容量も合わせて選ぶことが可能です。

ご自身のエリア環境や使い方によって選択できるプランが多いのは魅力的です。

最低利用期間なし解約金不要

mineo(マイネオ)はなんと最低利用期間を設けていません。もし通信に不満があり解約したい場合すぐに解約しても解約金がかかりません。

ただしこれはあくまでも単純に解約のみをする場合に限りますので、他社へのMNP転出を伴う解約の場合は最低利用期間が存在します。

ご利用開始月の翌月から12ヶ月の間にMNP転出を行うとMNP転出料の2,160円(税込)と10,260円(税込)の解約金が発生します。

13ヶ月目からはMNP転出を伴う解約でも解約金は発生せず、MNP転出料の2,160円(税込)のみです。

通常はMNP転出を伴う・伴わない場合でも解約金が発生する通信会社がほとんどです。

mineo(マイネオ)であれば解約金がかからず、もしMNP転出をしたい場合も最低利用期間は13ヶ月なので気軽に始められます。

ここに注意
mineo(マイネオ)は最低利用期間を設けていないが、利用開始月の翌月から12ヶ月の間に他社へのMNP転出を伴う解約の場合は解約金が発生します!

1 2