LinksMateの通信速度の評判|他の格安SIMと比較して早い?遅い?

  • 2020年6月12日

快適なデータ通信が出来ると噂のLinksMateですが、実際のところどのくらい速いのでしょうか。

格安SIMの通信速度はキャリアによって大きく異なるので、乗り換え前に必ず把握しておきたいところです。

今回はそんなLinksMateの通信速度を他の格安SIMと比較していきます。快適な通信が行える格安SIMを探している方は是非参考にしてみて下さい。

LinksMateってどんなキャリア?


画像引用元:LinksMate(リンクスメイト) | ゲームプレイヤーのためのお得なSIM
有名格安SIMに比べると少しマイナーなLinksMate。他の格安SIMとの比較を行う前にLinksMateがどんなキャリアなのかご紹介しておきましょう。

2017年と格安SIMの中では後発のLinksMateはグランブルーファンタジーやシャドウバースなどの人気ソーシャルゲームを手掛けるCygamesの子会社『LogicLinks』によって運営されています。

大本がゲーム会社ということもあって、サービス開始直後はCygamesの運営するゲームのアイテムが貰えるキャンペーンを行うなどして利用者を急拡大させていきました。

優れた通信速度を持つ格安SIMであることが認知されて以降はゲーマーだけでなくゲームをしない一般利用者も増えつつあり、今ではドコモ系の格安SIMの中で最も勢いのある格安SIMとなっています。

POINT

LinksMateは人気ソーシャルゲームを手掛けるCygamesの子会社が運営。優れた通信速度を持つことが認知されゲーマーだけでなく一般利用者も増加。

通信速度に優れるLinksMate

通信速度はドコモ系最速

LinksMateの通信速度はドコモ系最速と言っても過言では無いでしょう。

元々はゲーマー向けに誕生した格安SIMということもあり、大きなデータのやり取りや連続通信時の快適さには目を見張るものがあります。

これまでドコモから格安SIMに乗り換える方は『通信速度が大手キャリア並の格安SIMが存在しない』という問題を抱えていましたが、LinksMateの登場以降は無理に通信速度に優れるau回線を選ばずともスムーズなデータ通信が行えるようになりました。

現状LinksMate以上の通信速度を誇るドコモ系キャリアは存在しないので、通信速度を重視するのならLinksMateを選んでおけば間違いないでしょう。

データ通信のシステムが特殊


LinksMateは少し特殊なデータ通信を行っており、用途によってデータ通信の速度を調整しています。

例えば計測上の速度では15Mbps以上となっていても、アプリをインストールする際の通信速度は4.5Mbpsに固定されていて、それ以上の速度が出ることはありません。

これはアプリや特定の動作毎に細かく設定設定されているため、ユーザー側から任意で制限された速度を変更することは不可能です。

また、基本的にはどの時間帯でも設定された速度以上の速さでデータ通信を行うことは出来ない仕様となっています。

とは言え、この仕様がユーザーに及ぼす影響はごく僅かであるため、あまり心配することは無いでしょう。

アプリのインストールに関わるデータ通信速度の制限や動画サイトを視聴する際の速度維持程度はどこのキャリアでも行われています。

設定されている制限速度があまりにも低いのであれば問題となりますが、LinksMateの場合は充分快適に利用できる範囲でデータ通信速度のコントロールを行っているので、通信速度に不満を覚えることはほとんどありません。

回線の安定性もバッチリ

格安SIMにおいて『サービス開始直後は速かったけど、しばらくしたら平凡な通信速度に落ち着いた』という話はよく耳にしますが、少なくともLinksMateには当てはまりません。

というのも、LinksMateは2017年にサービスを開始してからこれまで、ほとんど通信速度が変わっていないのです。

これは通信速度を重視する方にとっては嬉しいポイントと言えるでしょう。

トップスピードは速くても遅いときはとことん遅い、という回線の質が安定しない格安SIMを選びたくない方にもLinksMateはおすすめです。

他の格安SIMとLinksMateの比較


LinksMateと他の格安SIMとではどの程度通信速度に差があるのでしょうか。

速さを売りにしている格安SIMでも『他のキャリアと比べるとそこまで速くなかった』というケースはよくあるので、この点はしっかり確認しておきたいです。

ほとんどの格安SIMが比較にならない速さ

ドコモ系キャリアの中で最速と言われるだけあってLinksMateはau系、ソフトバンク系のキャリアを含めても圧倒的な通信速度を誇っています。

特に激安系の格安SIMと比べた場合の通信速度の差は比較にならない程で、時間帯によっては倍以上の通信速度が出ることも珍しくありません。

お昼時や夕方から夜に掛けての回線が混雑する時間帯に安定した速度でデータ通信が行えるのもLinksMateならではの強みと言えるでしょう。

大手キャリア程ではありませんが、一般的な格安SIMより遥かに快適な通信が行えます。

特殊なデータ通信を行っていることを加味してもLinksMateが格安SIMの中で高速な部類に入ることに変わりはありません。

業界トップの格安SIMに速度で勝つのは難しい


LinksMateはかなり高速なデータ通信が可能な格安SIMですが、業界トップレベルの通信速度を持つキャリアには流石に敵いません。

具体的にはUQモバイルやワイモバイルなどの大手キャリアのサブブランドと比べると、相対的な通信速度は遅くなってしまいます

というのも、大手キャリアのサブブランドであるUQモバイルやワイモバイルは母体となる企業がauやソフトバンクなどの回線設置事業者であるために、使用できる回線の質が他の格安SIMより高いのです。

しかし、通信速度に優れる分大手キャリアを母体とする格安SIMの多くはLinksMateなどのその他の格安SIMと比べると料金が高いという特長があります。

この点を踏まえれば一概にどちらが優れているとは言えません。

LinksMateとUQモバイルやワイモバイルなどのLinksMate以上に高速なデータ通信が出来る大手キャリア系の格安SIMとどちらを選ぶべきか悩んだら、料金と通信速度のどちらを重視したいのか考えてみると良いでしょう。

POINT

LinksMateはUQモバイルやワイモバイルなどの大手キャリアのサブブランドより通信速度は遅くなるが、料金面では安い!

低速モード・通信制限中の通信速度は普通

最近は通信制限中でもある程度高速な通信を行えるサービスを提供する格安SIMが増えつつあります。

しかし、残念ながらLinksMateはそのようなサービスを提供しておらず、通信制限中の通信速度は200kbpsと並み程度です。

また、LinksMateは3日間のデータ通信量が300MBを超えると通信制限が掛かるシステムを採用しているため、使い方によってはどれだけ容量の大きいデータ容量パックを使っていたとしても通信制限が頻発してしまいかねません。

月に何度も通信制限を掛けられてしまうと、制限中の通信速度が遅いことも相まってかなりストレスを感じてしまいます。

そうならないためにも、データ使用量には常に気を配っておきましょう

LinksMateの通信速度の評判

ゲームがサクサク出来る

通信速度があまり速くない格安SIMだと、大量のデータを連続してやり取りするゲームアプリを快適にプレイすることは困難です。

特に会社や学校の休憩時間や移動時間にゲームアプリをする場合は混雑する時間帯が重なりやすいこともあって、起動からログイン画面に行くだけでも一苦労することすらあります。

しかし、他の格安SIMより圧倒的に速いデータ通信速度を誇るLinksMateであれば、どんなタイミングでも快適にゲームアプリをプレイすることが可能です。

LinksMateには前述のようにグランブルーファンタジーやシャドウバースなどのCygamesが運営するゲームに関する特典が用意されているので、高速なデータ通信と相まってLinksMateはゲーマーには最適な格安SIMと言えるでしょう。

混雑する時間帯でも快適


回線が混雑していない時間帯なら大手キャリア並の通信速度を出せる格安SIMでも、お昼や夕方~夜に掛けての混雑する時間帯では動画視聴すら出来ないまでに通信速度が低下するというケースはよくあります。

一方でLinksMateはそんな多くの格安SIMとは違い、混雑する時間帯でもほとんど通信速度を落とすことなくデータ通信を行うことが可能です。

ただ、回線が混んでいない時間帯と混雑する時間帯を比較した場合、混雑する時間帯ではやや最高速度が落ちてしまいます。

そのため、大きな容量のデータをやり取りする際は比較的回線が混んでいないお昼過ぎや夜10時以降を狙うようにした方が良いでしょう。

カウントフリーオプションが安い

格安SIMだけでなく大手キャリアでもサービスが展開されている『カウントフリーオプション』ですが、キャリアによってデータ通信のカウントがフリーになるサービスは大きく異なるのが特長です。

LinksMateの場合はTwitterやFacebookなどの人気SNSはもちろん、AbemaTVなどの動画サイトなどが対象になっています。

格安SIMでこれだけのサービスをカウントフリーの対象にしているキャリアはそう多くはありません。

更にLinksMateではCygamesが開発・運営を行うソーシャルゲームを中心に、様々なゲームアプリのプレイ、インストールがカウントフリーとなっています。

大量のデータ通信量を消費するゲームアプリをカウントフリーでプレイ出来るのはゲーマーの方にとってはかなり大きなメリットと言えるでしょう。

上手く使いこなせば、今より安いデータ容量パックに切り替えることも可能です。

LinksMateの特徴
  • ドコモ系回線で通信速度がダントツで早い!
  • Cygamesが運営するゲームの特典あり!高速なデータ通信もあるのでゲーマーには最適
  • 混雑する時間帯でもほとんど通信速度を落とすことなくデータ通信が行える
  • カウントフリーオプションが安い!
  •  

ドコモ回線の格安SIMならLinksMateで決まり!


現状、ドコモ回線の格安SIMで高速なデータ通信が行えるキャリアと言えばLinksMate以上の格安SIMはありません。

LinksMateなら他の格安SIMからの乗り換えはもちろん、大手キャリアから乗り換えてもデータ通信速度に不満が出ることは無いでしょう。

また、LinksMateは高速なデータ通信を売りにする格安SIMの中では比較的料金が安く設定されているため、大手キャリア系の格安SIMと比べてもコストパフォーマンスに優れています。

通信速度に優れる格安SIMに乗り換えたいと考えている方や、今使っている格安SIMの通信速度に不満を覚えている方は、是非この機会にLinksMateへの乗り換えを検討してみて下さい。


ドコモユーザーはdカード GOLDがお得!
dカード GOLD(ゴールド) VISA
国際ブランド
mastercardロゴvisacardロゴ
電子マネー
アイディ
dカード GOLDのメリット
  • ドコモケータイ・ドコモ光の利用料金1,000円(税抜)につき10%還元
  • 最大10万円までのケータイ補償
  • 海外旅行保険が最大1億円
  • 国内・ハワイの空港ラウンジを無料で利用可能
  • Amazon・マツキヨ・スタバ・ローソンなど人気店でポイントがお得
年会費10,000円(税別)審査最短5分で審査完了
ポイントdポイント還元率1~10%
保険国内・海外ありETCカード無料
家族カード1枚目:無料
2枚目:1,000円(税別)
スマホ決済Apple Pay
おサイフケータイ
この記事を書いた人
empire
empire
スマホ、PCが大好きなガジェットオタクライター。大手キャリア系の記事を中心に担当し、格安SIMやクレジットカードも執筆中。誰が読んでも分かりやすく、どこよりも詳しい解説を心掛けています。