読了時間:約 2

現在国内に数十社ある格安SIMですが、それぞれ価格やサービスも異なります。

乗り換え(MNP)を検討している方にとって最も自分に会うキャリアを選ぶことは中々難しいのではないでしょうか。

大手キャリアに安心を感じて利用を続けている方にとっては、料金が安くなるからといって格安SIMへ乗り換えるのは躊躇してしまうことでしょう。

今回紹介する「LINEモバイル」は大手キャリアの1つであるソフトバンクの子会社として回線提供をしています。

ですので、運営のサポートを受けられる点でも安心できます。

さらに、コミュニケーションアプリで知られる「LINE」の子会社となります。

「LINE」アプリをよく利用するスマホユーザーにとってメリットのあるサービスが用意されています。

「LINEモバイル」を利用するメリット、さらにはMNPへの手順についてまとめました。

トップ画像引用元:はじめに|サービス紹介・特徴|LINEモバイル

メリットその1:データフリー

画像引用元:はじめに|サービス紹介・特徴|LINEモバイル

「LINEモバイル」では最も安い料金プランとして月額500円のプランが用意されています。

最も安いプランでも「LINEアプリ」のデータフリー機能が含まれていて大変お得です。

データフリーとは、対象サービスのデータ通信においては、通信量を消費しません。

その月のデータ容量を使い切ったとしても速度制限がかからず継続して利用することができます。

つまり、対象サービスのみ追加料金が発生せずに使い放題で利用できます。

データフリー機能が含まれる各料金プランについて見ていきます。

最も安い料金プラン「LINEフリー」

【LINEフリー料金プラン】※税抜

データ容量データSIMデータSIM
(SMS付き)
音声通話SIM
1GB500円620円1,200円

【データフリー対象サービス】

コミュニケーションアプリ「LINE」の「音声通話」「画像・動画の送受信」「トーク」「タイムライン」の利用がデータフリーで利用できます。

音声通話は「LINE」の通話機能さえあれば十分という方にはLINE通話もフリーで月額500円はお得でしょう。

SNS使い放題料金プラン「コミュニケーションフリー」

LINE以外のSNSもよく利用するという方にオススメな料金プランです。

「LINEフリー」よりもデータフリーで利用できるサービスが多く、さらにデータ容量も3GBから10GBまで選ぶことができ、使い勝手の良いプラン内容となっています。

【コミュニケーションフリー料金プラン】※税抜

データ容量データSIM
(SMS付き)
音声通話SIM
3GB1,110円1,690円
5GB1,640円2,220円
7GB2,300円2,880円
10GB2,640円3,220円

【データフリー対象サービス】

「LINEフリー」と同じく「LINE」がデータフリーで利用できるのに加え、「Twitter」「Facebook」「Instagram」についてもデータフリーで利用できます。

SNSを頻繁に使いたい利用者にとってはお得です。

SNSに加え、LINE MUSICもデータフリー「MUSIC+」

「LINE MUSIC」は定額制オンデマンド型音楽配信サービスで、好きな曲やアーティストでプレイリストを作成でき、いつでもどこでも好きな音楽を好きなだけ楽しめます。

登録されている楽曲はおよそ4,900万曲と膨大です。

さらに、「コミュニケーションフリー」でデータフリー対象サービスとなっているSNSについてもデータフリーで利用できます。

好きな音楽を楽しみながらSNSの利用が可能です。

しかもそれらはデータフリーなので、残りの容量を気にせず好きなだけ楽しむことができます。

【MUSIC+料金プラン】※税抜

データ容量データSIM
(SMS付き)
音声通話SIM
3GB1,810円2,390円
5GB2,140円2,720円
7GB2,700円3,280円
10GB2,940円3,520円

【データフリー対象サービス】

「LINE」「Twitter」「Facebook」「Instagram」の各SNSサービスがデータフリーで利用可能です。

加えて、「LINE」の音楽配信サービスである「LINE MUSIC」についてもどれだけ利用してもデータ容量が消費されません。

「コミュニケーションフリー」の料金との差額が、月額料金に含まれる「LINE MUSIC」の料金と考えられます。

データ容量が多いほどに差額は小さくなり、10GBでは「コミュニケーションフリー」との差額はわずか300円です。

3GBでは差額が700円もあり、10GBとは倍以上違います。

POINT
「MUSIC+」はデータ容量が多いほど「コミュニケーションフリー」のみとの差額が小さくなります。だからSNS以外でもデータ通信を多く利用する方で、音楽も聴き放題で楽しみたい場合はとってもお得!

メリットその2:年齢認証とID検索

画像引用元:LINEの年齢確認をしてみよう : LINE MOBILE 公式ブログ

大手キャリアで契約し、「LINE」を利用してきた方が格安SIMへ乗り換えると「LINEモバイル」以外の格安SIMでは「年齢認証」と「ID検索」が利用できなくなります。

中々会うことのできない離れた場所にいる友達や知り合いとLINEでつながるには「ID検索」を使用することで「LINE」上で相手を見つけることが必要となります。

この機能が許可されているのは大手キャリアと「LINE」の子会社である「LINEモバイル」だけに限られています。

「ID検索」には未成年者が犯罪に巻き込まれるのを防ぐため「年齢認証」が必須となっています。

他の格安SIMでも「ID検索」が利用できるようにするには「LINE」に登録されているユーザーの個人情報である年齢を他社へ伝えることになります。

1 2